マイナス3センチ。たった30秒で小尻に近づく

マイナス3センチ。たった30秒で小尻に近づく



夏が終わっても継続中のダイエット。
お腹を凹ませたいなら腹筋。腕を細くしたいなら腕立てふせ。
という感じで、お腹とか腕のダイエットはなんとなくイメージがつくけど、ヒップのダイエットってなかなか想像がつきません。
そんな未知なるヒップやせに効くダイエットを見つけました。
だいたい30秒でパパッとできるダイエット
ヒップがやせるダイエットを考案したのは、カリスマトレーナーのMicacoさん。

1. 足先を真横に向け、両脚をクロスさせる(バレエのレッスン時の立ち位置をイメージ)
2. その状態で足を上下に曲げて伸ばす。これを8回行う
3. その後連続してお腹から息を、「ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ」と5回はく(息は吸わず連続してはく)
4. ヒップの穴に力を入れて2回引き締める
5. 左右の足を組みかえて、1~4までの動作を行う

ここまでで、だいたい30秒。
場所もとらないし短時間で済むので、ちょっとトイレに行ったときやTVを見ている最中にパパッとできそうです。
ヒップサイズが約3センチ減った
ヒップを鍛えれば、同時に骨盤まわりの筋肉も使うので、骨盤を動かして正しい位置に戻すことができます。
そのため、ヒップだけではなく、ウエストのサイズダウンも期待できるのです。
実際に、南海キャンディーズのしずちゃんがこのエクササイズを行ってみたところ、ヒップサイズが約3センチ減ったとのこと。
毎日継続したらどこまでサイズダウンできるのか、想像するだけでワクワクします。
こちらも読まれています
・80秒でOK。ふくらはぎマイナス2センチは、かかとあげるだけ
・今さらじゃなくて、今から。血色感チークが大人のデビューに自信をくれた #sponsored
・ワイドスクワットだった。太ももの内側を引き締めてくれるのは
写真/Shutterstock 文/グリッティ編集部
※この記事は2014年2月に公開した記事を再編集しています。


カテゴリ