11月26日にロードショー!阿部寛主演映画「疾風ロンド」

11月26日にロードショー!阿部寛主演映画「疾風ロンド」

11月26日に公開される映画「疾風ロンド」。圧倒的なスピード感で最後まで一瞬も目を離したくないほどの面白さと評判です!。今回はこの映画の魅力をたっぷりとお伝えします。

○圧倒的なスピード感が最高!極上のサスペンス

とある大学の研究所から違法な生物兵器が盗まれ、研究所の所長のもとに、脅迫メールが届く。
「人質は全国民。3億円用意しろ」と。期間は、たったの4日間。盗まれた生物兵器を探すように命じられた研究者・栗林は、やむなく捜索をスタート。そこに「犯人死亡」の連絡があり、犯人の遺品から、日本最大級のスキー場に、生物兵器のありかのヒントがあるのではないかとひらめいた栗林。はたして、生物兵器は無事に見つかるのか?ドキドキハラハラのサスペンスは、ぜひとも観てほしい映画です。

○実力派のキャストが勢揃い

ちょっと頼りない研究者・栗林和幸役は、阿部寛さん。
「テルマエ・ロマエ」では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。どんな役も、味のある演技で魅了してくれる俳優さんです。

スキー場のパトロール隊員・根津昇平役は、関ジャニ∞・大倉忠義さん。まっすぐで熱い男を熱演します。
初挑戦したというスノーモービルを華麗にコントロールする姿も、見逃せません。
そして、同じくスキー場のパトロール隊員・瀬利千晶役は、元AKB48・大島優子さん。9歳からスノボをやっていたというだけあって、スノボのシーンもほとんど吹き替えなしでやっています。颯爽とスノーボードを操る大島さんは、文句なしでカッコいい!2人の運動神経の良さ、体当たりの演技にほれぼれ。

そのほかにも、豪華なキャストばかり。ムロツヨシさん、生瀬勝久さん、麻生祐未さん、濱田瀧臣さん…。実力派キャストたちが安定した演技を魅せてくれます。

○東野圭吾ワールドを満喫

東野圭吾さんの小説は、大好きという人も多いのではないでしょうか?
今や日本を代表する作家のひとりといっても過言ではない、東野圭吾さん。
数々の賞を総ナメにし、ベストセラーも多数。そんな東野さんの小説「疾風ロンド」が映画化となれば、期待が高まります。


監督は、大ヒットしたNHK連続小説「あまちゃん」の演出をした吉田照幸さん。
サスペンスに笑いの要素もプラスし、見ごたえあるエンターテイメント映画に仕上げています。
見逃せないのは、阿部寛さん演じる栗林の、お世辞にもうまいといえないスキーシーンです。
派手に転んだりと、その様子はまさにコミカル。絶妙な加減の「笑い」は、吉田監督ならでは。

主題歌は、B’z「フキアレナサイ」。この映画にぴったりの躍動感ある音楽で、よりスケールアップ。
「疾風ロンド」のロードショーで、日本全国に疾風を巻き起こすことは間違いなし。
カテゴリ