あれ、もしかして女扱いされていない…⁉︎ 彼の「お母さん彼女」にならないコツ




大好きな彼の身にまわりのことを何でもやってあげたくなる、という女性も多いのではないでしょうか?

家庭的で優しい彼女・・・なんて思っているのはもしかしてあなただけかもしれません。

尽くしすぎるとまさに彼の母親を思わせる「お母さん彼女」になってしまう危険が。

「お母さん彼女」になってしまうと女として扱ってもらえなくなるだけでなく彼の身のまわりのことをやってあげるのが当たり前になり彼がダメ男になってしまうことも。

彼の「お母さん彼女」にならないコツとは?








引用元




■家事を全て引き受けない。




ご飯を作って掃除をして洗濯をしてくれる女性=お母さん。


これは多くの男性がそう思っています。


最初はありがとうなんて喜んで感動してくれた料理も掃除もいつの間にか当たり前になっていきますよね。


少しは彼を頼ったり彼にお願いして家事は全て女がやるものという男性の意識を変えることが大切。




■お願い上手になる。




「洗濯して!」「なんで頼んだもの買ってきてくれなかったの?」。


こんな風に指示しては命令された、ととらえ彼はへそを曲げてしまいます。


問い詰めるのも


「またゴロゴロして!」なんて怒っても100%「うるさいなぁ」「ほっといてよ!」で返されます。


お母さんみたいにならないためにも「洗濯してくれたら助かるなぁ」「牛乳買ってきて欲しいな」のように甘えてお願い上手になりましょう。




■彼の苦手なものはなるべく作らない。




つい彼の身体を心配して「野菜いっぱいの料理にしないと」「これも食べて!」などとおせっかいを焼いてはいませんか?


彼女のうちは彼の好物だけ作っていればOK。


女性がやりがちなのが彼の為を思って野菜や魚料理ばかり出すことです。


しかし、いくら彼の健康を心配しても彼は口うるさい彼女をお母さんと重ねてしまいます。


男の子の母親は言っても言うことを聞かないので実はしつこく苦手な食べ物を食べさせてこなかった、という人も多いので「お母さんでもこんなに野菜ばっかり食べさせてこなかったのに」と不満を持つ原因に。


外でジャンキーなおいしいものを食べようとしたり周りに愚痴りだすだけなので要注意。




■心配しすぎない。




雨が降りそうなときに「傘持った?」。


帰りが遅いときに「連絡ないけど大丈夫なの?」。


これではお母さんと同じになってしまいます。


心配する気持ちをぐっと抑え彼のことをもっと信頼してあげましょう。


先回りしてあれこれ口にしてもうっとうしがられてしまいます。








引用元




一度「お母さん彼女」になってしまうとそこから抜け出すのはとても困難・・・。


逆に「掃除機今日かけてないの?」なんて言われかねません。


女扱いされなくならないためにも気を付けてみて下さい。



カテゴリ