ドライヤーのCOOL機能で日焼け髪もツヤツヤに

ドライヤーのCOOL機能で日焼け髪もツヤツヤに

日焼けやエアコンで痛んだ髪を復活させるドライヤーのCOOL機能!

ドライヤーで髪を乾かせる時に、温風だけで乾かせている人も冷風だけで乾かせている人も交互にあてていくだけでサラツヤ髪に変身できますよ。



 


ドライヤーの温風と冷風の効果


暑いときは冷風だけ。他は温風だけといった片方の機能だけしか使ってない人は損しています。

温風は髪を乾かせる。そして冷風も髪を乾かせる。しかし片方だけではキューティクルが広がったままで固定されてしまい、日焼けしたパサパサ髪を余計に痛ませてしまう事になります。


 


ツヤの出るドライヤーの使い方


8割位温風で乾かせた後は、冷風で髪を冷やすこと。

これだけで温風で開いたキューティクルをぎゅっと閉じさせて固定します。

痛んだ髪はキューティクルが開いたままで、髪の水分や栄養が逃げてしまいますます痛ませてしまうことに。

最後の冷風でキューティクルを閉じ込めるだけで、痛んだ髪もサラツヤ髪に。


2


 


セットにも使えるCOOL機能


髪にくせ付けするのに温風を使いますが、最後にこの冷風を使うだけで髪の内部のたんぱく質が固定されるので、セットが長持ちするのは美容師さんなら誰でも使っているワザ。

毛先や前髪のくせ付けに使うと、断然長持ちするようになり同時にツヤもでます。


 


髪のボリュームもおさえます!


髪全体に温風をあてたあと、頭皮から指を入れて髪をめくったあと冷風を送り込みます。最後は髪の毛先を持って上から下に向かって冷風をあてていきましょう。

すると髪に水分を閉じ込めて、髪のボリュームをおさえることができるように。

アウトバストリートメントに冷風機能をプラスすることで、より髪をしっとりサラサラに。


3


 


COOL機能のポイント


温風も冷風も、当てすぎると痛むことには変わりはありません。

温風は8割で止めて、冷風は乾かせすぎに注意してしっとりサラツヤ髪を目指しましょう!


 


これから美しいロングヘアを目指す人も、今から痛んだ髪をどうにかしたい人もおすすめなCOOL機能の使い方。

是非うまく使ってきれいな髪を作り上げてくださいね!

 


(只野あさみ/ライター)


カテゴリ