清楚で万人受けがいい薄ピンク☆「男子受けもいいみたい」▷ネイル初心者にもおすすめ

清楚で万人受けがいい薄ピンク☆「男子受けもいいみたい」▷ネイル初心者にもおすすめ


薄ピンクのネイルは淡いカラーが魅力で、万人受けしやすいのが特徴的です。会社でもOKのところが多く、男性受けも良くなっていますよ。

様々なシーンに使える薄ピンクネイル

健康的に見えるカラー

健康的に見えるカラー

薄ピンクは健康的に見えるネイルカラーの代表的なものです。淡いカラーはネイルしている感じはなく、血色が良いように見えます。
オフィスでも浮かないのが薄ピンクネイルです。受付の女性などネイルの規則が厳しい会社もありますが、このくらいならOKの所も多いようです。
ちっちゃな爪もかわいいピンクネイル

ちっちゃな爪もかわいいピンクネイル

薄ピンクネイルはベーシックなカラーだから、どんな爪の長さの人でも似合います。小さいほうが可愛らしくなる色でもあるため、爪を伸ばせない方にもおすすめです。
淡いカラーのネイルなら、学生さんが休日に楽しむのにもピッタリです。始めての方はこんな薄ピンクネイルに挑戦してみましょう。
爪が長い人はエレガントに

爪が長い人はエレガントに

爪が長い人でも合わせやすいのが薄ピンクでしょう。元々の爪にある白い部分が上手くカバーされ、指が長くなったように見えます。
パステルは難易度高いですが、練習すれば絶対うまくいくと思うのでがんばってください☆
裏技としては一度目をあえて手持ちのパールホワイトなどにして
爪の地の色を隠す、という方法もあります。
こちらも一度目塗った後完全に乾かすのがコツです。
淡いカラーのネイルを綺麗に塗るにはコツが必要なんですね。ネイルは冷やしてからのほうが、ダマになったりしないという口コミも。

薄ピンクのフレンチネイル

ハート型のフレンチネイル

ハート型のフレンチネイル

ピンクと相性が良いのはハートでしょう。こんなハート型のフレンチネイルデザインもあります。ラメでポイントを付けて愛されネイルですね。
ハートフレンチをアイシャドーチップを使うと10分で出来ました!

使ったのはダイソーのロケットペンシル型?のアイシャドーチップです
100均で売られているアイシャドウチップを使うと、セルフネイルでも簡単に作ることができるのだとか。筆だと1回で綺麗に描けなかったりしますが、アイメイク用のチップならスタンプ間隔でできるようです。
テープのフレンチネイル

テープのフレンチネイル

薄ピンクでフレンチネイルにしたら、境目にテープを貼っています。真っ直ぐのラインなので、セルフネイルとしても取り入れやすくなっています。
ストライピングテープが
クルクルしちゃうあせる場合

ココから説明入りますね(o^^o)

まず、テープをピンと伸ばしすぎて
切ると、余計な力が加わって
切った瞬間にテープが
クルクルしやすくなります↓
細いテープを貼るのは意外と難しい。くるくる丸まってしまうのは、力の入れすぎのようです。
ホログラムのフレンチネイル

ホログラムのフレンチネイル

逆フレンチネイルを作り、ホログラムを貼っているデザインです。指先がキラキラと輝いて見えます。
薄いピンクの逆フレンチに六角ホログラム、親指と薬指に★を施したネイルです★
少しロックっぽいですが、薄いピンクなので印象はあまりきつくなりません^^
薄ピンクフレンチネイル

薄ピンクフレンチネイル

白フレンチの次に試してみたいのがコレでしょう。薄ピンクでフレンチデザインにしてあります。シールやホログラムを貼れば似たような感じになります。
先端のフレンチ部分に白のネイルカラーを塗ります。ボトルの口で液の量を調整し、筆先を整えておきましょう。サイドから中央に向かって、線をすっと引くイメージでラインを作ります。
同じ手順で反対側からもラインを引き、最後に中心を重ねることでキレイな円形になります。セルフネイルの方も是非挑戦してみて下さい。
ピンクドットフレンチネイル

ピンクドットフレンチネイル

薄いピンクのフレンチネイルをベースに、ドットが描き入れてあります。
ドットは1つ1つ筆で入れていく方法が良いでしょう。ドット棒or爪楊枝の裏でやると上手くいきます。

ピンクネイル柄入り

チェック入りのピンクネイル

チェック入りのピンクネイル

薄ピンクのフレンチネイルに、チェック柄を加えてあります。
セルフネイルでもチェック柄を作る方法があります。それがマスキングテープを使うやり方。具体的には次のように貼ると良いですよ。
マスキングテープでカバー

マスキングテープでカバー

一見難しそうなチェック柄ですが、マスキングテープでカバーしておけば、ほかの部分に色が移りません。後はスタンプみたいにスポンジで色を乗せればOKです。
マスキングテープや絆創膏を均一の細さに切った(長さは爪より長めに切った)ものを用意してください。切るのが面倒な場合は、もともと幅が細いものも売っているので、探してみてくださいね。
ピンクハート入りフレンチネイル

ピンクハート入りフレンチネイル

フレンチネイルの境目に、ハート模様が入ったラインを描き入れてあります。セルフネイルでは柄が入ったシールを活用してみましょう。
花の模様入りネイル

花の模様入りネイル

こちらは爪全体に花の模様が入っています。大きな花びらが特徴的ですが、小花柄など大きさを変えても印象が違ってきますよ。

薄ピンクフットネイル

素敵な印象になれるフットネイル

素敵な印象になれるフットネイル

薄ピンクはフットネイルとしても便利です。優しい印象になり、素足になるコレからの季節にも重宝します。足元の清潔感アップにも利用してみましょう。
足の爪もきちんと手入れされている人って、清潔感があります。爪全体に柄が入っているのはセルフでは大変そうです。がんばってやっている人は好感度が上がりそう。
キラキラアイテムプラスで華やかに

キラキラアイテムプラスで華やかに

薄ピンクは目立たない色だからか、取り入れる人は少なめかもしれません。でもラメやストーンなどを使うと華やかな印象になり、素敵ですよ。
ワンポイントの花

ワンポイントの花

シンプルになりやすいフットネイルですが、花のデザインを入れるとキュートでかわいい印象に。親指に模様を入れたほうが足は良さそうです。
花のデザインは100均で売られているシールでOKです。フット用に少し大きめのものを購入しておくと、少ない数でワンポイントが作れます。
薄ピンクのみのネイルデザイン

薄ピンクのみのネイルデザイン

薄ピンクのみになると、こんな風になります。色はあまりわかりませんが、ほんのりとピンク色なので万人に受けるネイルになります。
フットネイルは派手なカラーを取り入れていた方も、こんな薄ピンクもいいかも?と思ったかもしれませんね。足の爪が綺麗にお手入れされているイメージで、足元を誰に見られてもOKなのが嬉しいですね。

男性受けも良い薄ピンクネイル

男性受けを狙うならこれくらいがベター

男性受けを狙うならこれくらいがベター

男性的にはやりすぎはNGのようです。これくらいシンプルなデザインのほうが、男性受けが良くなります。
やりすぎは気持ち悪いけど、ベージュとか薄いピンクとかのネイルくらいはした方がいいかなーと思う。
私はセルフジェルだけど、旦那は 何もしてない爪よりいい って言ってます。
フレンチネイルOKの男性多し

フレンチネイルOKの男性多し

薄ピンク系でデザインを入れるなら、フレンチネイルがおすすめです。清楚なイメージがあるためか、男性受けは良いようです。
さり気ないフレンチネイル

さり気ないフレンチネイル

男性受けのネイルとして参考にしたいのがこのタイプ。さり気ないフレンチネイルが素敵です。爪の長さも伸ばしすぎずちょうど良い感じです。
トップコートのみで艶出しをしたり、爪の色が少し健康的に品よく見える桜色だったりすると逆に好感を持ってもらえるようですね♪
色で遊んでみるのもおすすめ

色で遊んでみるのもおすすめ

ネイルで凝ったタイプをしてみたい方は、こんな風に色を組み合わせてみるのも良いと思います。淡いカラーに合う組み合わせ方なら問題ないでしょう。
最初は気付かなくても、ふと目にした瞬間「キレイな指先だな」と感じるくらいのデザインが男性には好印象なのです。
リボンデザインのネイル

リボンデザインのネイル

リボンが付いたタイプは女性らしさもありおすすめです。ハート型などをポイントで1箇所だけ入れるのも良いですね。
親指と薬指にPerfectNail Jewelry Sealの3D Rubber Art、プルメリアちっくな花柄シールをちょちょいとのせて、OPIのトップコートをたっぷり重ねて作業終了。

カテゴリ