つるふわ赤ちゃんかかとに!お家でできるお手入れ方法

つるふわ赤ちゃんかかとに!お家でできるお手入れ方法

【モデルプレス】ファッションは足元から!もうすぐ夏なのでサンダルを履く機会も増えますよね。

ところで、かかとはキレイでしょうか。冬の間にお手入れをサボって、ガサガサになっていませんか?

今回はそんなガサガサかかとでも、サンダルだって怖くないような赤ちゃんかかとになる方法をご紹介します。

■靴を見直そう

まず、今履いている靴のサイズは合っていますか?サイズが合っていないと靴の中で足が動き、かかとに摩擦が生じます。

ストッキングやタイツを履いている場合は滑りやすいのでなおさらです。

しかし「サイズはちょっと大きいけど、デザインが可愛いから買ってしまおう」といった経験がある人も多いのではないでしょうか。

ついサイズよりデザインを優先してしまうこともありますよね。

そんな時はインソールを入れてサイズを調節したり、滑り止めがついたものを使用するなど工夫してみましょう。

また同じ靴を毎日履かないことも大事。足の裏はなかなか意識しませんが、大量の汗をかいているんです。

ガサガサするのは乾燥だと思っていたけど、かかと水虫だった、なんてことを起こさないためにも、何足かの靴を交互に履きましょう。

■ケア前に温めよう

ガチガチになってしまったかかとはお湯で温めてからケアしましょう。ぬるま湯で温めることで皮膚も柔らかく、肌に保湿成分が入りやすくなりますよ。

ぬるま湯でかかとを柔らかくした後、石鹸で洗い、やすりや軽石をかけます。

長年蓄積したかかとの角質はすぐには除去出来ませんから、焦らずに少しずつケアするようにしてくださいね。

終わったら、しっかり保湿することも忘れないで下さい。

■クリームで保湿しよう

ケアの後の保湿にはクリームを塗りましょう。放っておくと、やすりや軽石の刺激によってさらに角質は固く、厚くなってしまいます。

とくにガサガサがひどいかかとには尿素が入ったものがオススメ。尿素には保湿と同時に固まった角質を柔らかくしてくれる嬉しい効果があるんです。

ただしここで注意したいのが、使い過ぎないこと。尿素配合のクリームは角質が柔らかくなったら使用を中止してください。

そのまま使い続けると刺激が強く、逆効果となるケースもあるんです。

またクリームを塗ったら靴下を履いて寝ましょう。

ラップで包むのも良いですが、体温で足がむれてしまうと、水虫の原因にもなりかねないので、時間を置きすぎないようにしてくださいね。

■角質ケアはやり過ぎないようにしよう

「ケアしているのにいつまでもツルツルにならない」とお悩みの方は、もしかするとケアのやり過ぎが問題かもしれません。

ガサガサ部分を取り除こうと一生懸命にやすりをかけるあまりに、角質を削り過ぎ、健康な角質層まで削ってしまうこともあるんです。

そうなるとそのダメージを保護しようと、健康な角質層の下のまだ出来上がっていない角質が表面に押し上げられてしまいます。

そしてまだ未熟なうちに固くなってしまうのです。

フット用のピーリング剤などもたくさんありますが、それらもやすり同様、週に1、2回で十分ですよ。

■血行を良くしよう

かかとがガサガサになるのは血流が滞っているから、という理由もあります。

足がむくんでいると感じたことはありませんか?

歩きまわらず、一日中オフィスにいた日だって結構、下半身は血行不良になっているもの。

マッサージをして足の血流を促すのも効果的ですよ。

同時に冷えないように足を温めることも忘れないでください。

いかがでしたか。

今回は自宅でできるツルツルかかとの作り方をご紹介しました。

夏には堂々とサンダルが履けるように、今からお手入れしてみませんか?(modelpress編集部)
カテゴリ