彼と同棲したい人必見♡ 「一緒に住もう!」ってなるキッカケとは?




彼と同棲したいと考えているけど、なかなか言い出せないという方へ。すでに同棲している方は、どんなキッカケで同棲を始めたのでしょうか。同棲をするための良い口実にもなる「一緒に住もう」のキッカケを4つご紹介します。




一緒にいられる時間が少なくなったため








引用元




やはりせっかく付き合っているのに、会えない時間が長いとどうしても不安になってしまいますし、寂しい思いもしてしまいます。それは、彼氏・彼女ともお互い様。会えない時間が多いからこそ、一緒にいる時間を増やすために同棲するカップルも多いようです。同棲をなかなか切り出せない方は、寂しい、一緒にいたいという気持ちをアピールしてみても良いかも。




転職や転勤などを機に








引用元




すでに同棲しているカップルの中には、彼氏または彼女の転職や転勤を機に同棲を始めたというカップルもいるようです。例えば、転勤でお互いの距離が遠くなると会うことすら難しくなってしまいます。それならいっそ、相手にあわせて職を変え、同棲してしまおうということです。遠くに転勤や転職予定のカップルは、パートナーに相談してみてはどうでしょうか?




アパートの契約終了を機に








引用元




アパートの契約終了を機に同棲を開始するというカップルもいます。最近は更新料をとらないアパートもありますが、契約を継続するために更新料が必要なアパートもまだまだ少なくありません。やはり別々に住むよりも、一緒に住む方が更新料や家賃の節約にもなるので一石二鳥。「もうすぐアパートの契約が切れそう」ということを相談したら、「それなら家にくる?」と彼側から提案してくれるケースもあるようですよ。契約終了が間近なら、それとなく彼に耳打ちしてみると良いかも。




結婚を意識し始めてから








引用元




やはりロマンがあるのがこのキッカケ!「結婚」です。お互いに結婚を意識し始めてから、手はじめに一緒に暮らしてみることから始めようかと同棲を開始するカップルもいます。一緒に住み始めることで、今まで見えてこなかったことも分かりますし、なにより結婚生活をイメージしやすくなります。結婚を意識する場合は、結婚の期限を設けて、同棲を始めたいですね。




同棲を始めるには、みんな何かしらのキッカケがあるようです。同棲をしたいのであれば、今回紹介したキッカケを参考にしながら、なんで同棲したいのかそれとなく彼に話してみては?なかなか言い出せない場合は、彼から切り出してくれるような雰囲気に持ち込んでみましょう!



カテゴリ