パスタは食べてもOKだった?!◯◯制限ダイエットの落とし穴

パスタは食べてもOKだった?!◯◯制限ダイエットの落とし穴

どうも、はせハルカです。

少し前に糖質制限ダイエットで避けられていたパスタが、本当は食べてもいい食品だったというニュースが入ってきました。

本当のところはどうなのでしょうか?



 


◯◯制限系ダイエットの嘘


まず、健康的で、リバウンドしないダイエットの基本は、あらゆる食材を、季節の食材を取り入れつつ、まんべんなく食べ、毎日適度な運動をすることです。

糖質制限ダイエットが流行っているときも、私は白米・パスタを好きなときに食べていましたが、全く太る気配はありませんでした。

「◯◯を制限しなければいけない」や「◯◯を食べてはいけない」は、心の食欲へのストレスになると思います。

結果、ダイエットの後に、食べ過ぎでリバウンドする。 または、体質が「制限されているものから以前通りの栄養を吸収しようとする」体質になっていて、リバウンドするのです。

あとは「◯◯しか食べてはいけない」系のダイエットも危険です。 一定の食べものや、スムージーなどの流動食のみを極端に摂取するダイエットは、食道の動きを弱くしてしまいます。

ダイエットの後に普通の食べ物が受け付けられなくなり、健康を害することがあります。


 


パスタは食べてもいいの?


貝型パスタ


食べても全然大丈夫です!

パスタは食べ方に2つのコツがあります。

パスタのソースにカロリーの高いものがあるので、それを避けて食べること。

パスタの他に、タンパク質や野菜の副菜を添えて、炭水化物だけの食事にならないよう気をつけること。

私がよく食べるパスタソースはトマトやほうれん草などの野菜をミルにかけ、出汁と塩、小麦粉でとろみをつけたノンオイルのソースです。

物足りない時はハーブや胡椒で香り付け。 副菜に鶏肉と野菜か果物をつけていただきます。

どうしてもオイル系が食べたい時は、野菜やキノコを大さじ1以下の油で炒めて、出汁で伸ばして絡めます。

パスタはコンキッリェ(貝殻型)やフジッリ(ねじり型)など形の種類が豊富で、見た目もかわいいですし、工夫次第でとても満足感のある食事になります。


 


◯◯制限ダイエットは宗教的


一人で立つ女性


◯◯制限で痩せた!と大々的に例を挙げて特定のダイエット法を推し進めるのは宗教に似ています。

何故ならその方法を守っていれば痩せる!ということで、その方法を真似している間は「ダイエットについて何も考えなくていい」からです。

人はそれぞれ体質も違いますし、体に合う食事も違います。

ダイエットは自分の体の体質を知り、調子を毎日見て、初めてできるもの。

何も考えなくていいダイエットで目を閉じ何も考えていないと、リバウンドや病気という落とし穴に嵌ります。

目を開いて自分の体を真摯に見つめることが、キレイな体型を維持する基本です。


 


(はせハルカ/ライター)


カテゴリ