嵐・大野智、ファンライト演出は嵐の方が楽しんだかも



6/15(月)放送の「ARASHI DISCOVERY」(Fm yokohama)。



嵐・大野智くんの恒例、「今日の一言」コーナー。



今日の一言は「光彩奪目」。



この言葉は目を見張るばかりの美しい耀きや彩りを表す四字熟語だそうです。



リスナーさんからの「DIGITALIANのLIVE DVD&Blu-rayの発売待っていました。DIGITALIANツアーでは客席のファンライトの演出がきれいですごかったですね。みるのがとっても楽しみです」というお便りからのお話です。



7/29(水)に昨年末のライブツアー「ARASHI LOVE TOUR 2014 DIGITALIAN」がDVD&Blu-rayで発売されることになりました。



ファンライトの演出は「とにかくきれいだった」という大野くん。なんと、このライブのオープニングの登場シーンではセンターに立っていたそうです。



「オレ、センターか…」と端っこを好む大野くんは緊張していたそうです。



セリから上がり、スモークが上がり、スモークが消えて照明を浴びた瞬間に初めて見たファンライトが一気に光った時にはセンターでの緊張感が吹っ飛んで見入ってしまったそうです。



「こっち(嵐)の方が楽しかったよ」と話していました。



実はLEDライトをうちわにつけたファンライト演出は2年前から嵐のメンバーの中ではやりたいと話していたそうで、ようやく取り入れられた演出だったそうです。



また、今回のDVD&Blu-rayの初回限定盤にはメンバーがカメラマンになって裏側を撮影している“スッピンデジタリアン”というものもあるそうです。



大野くんは大阪を担当して密着したそうです。



「盛りだくさんなので是非見てください」と話を締めくくっていました。


カテゴリ