表参道で実感。都会を駆け抜ける気持ちよさ

表参道で実感。都会を駆け抜ける気持ちよさ



ファッションはアスレジャー。口にするものは、ヘルシーフード。
スポーツや健康志向が当たり前になったいま。もし、まだ一歩踏み出せないでいるのなら、そんな重い腰はとっととあげてしまうのが断然いい。
そう感じたのは、「GIRLS NIGHT OUT」に参加したから。
世界中の都市で開催されているスポーツイベント
GIRLS NIGHT OUTは、「NB WOMAN」が「いまを生きる女性が豊かな人生を送るためにスポーツのある毎日を」をコンセプトに、世界中の都市で開催しているイベント。
今回開催されたのは、東京・原宿。
ニューバランスが主催のイベントだけあって、アクティビティはどれも本格的です。約100名の女子が集合して、おそろいのタンクトップに着替えたら、イベントスタート。
表参道を駆け抜ける
まずは、ランニングからスタート。インストラクターがついてストレッチから指導してくれるので、ランニング初心者でも安心して参加できます。
準備体操を終えたら、いざ街へ!
いつもはお洒落をして歩いている表参道を、スポーツウェアで走る――。そんな初めての体験に心がドキドキ。
走り始めは、街を歩く人たちの視線をちらりと感じましたが、降っていた雨すら気持ちよく感じてしまったほど、走ることに夢中になっていきました。
表参道から青山、そして原宿までのランニングから戻ると、葡萄のスムージーがおでむかえ。ランニングの疲れを癒します。
ボクササイズとヨガで体を限界まで動かす
ランニングだけで終わらないガールズナイトアウト。少し休憩したら「暗闇ボクササイズ」に挑戦です。
名前の通り、暗闇のなかで行うボクササイズ。BGMが爆音でかかると、もう自分だけの世界。
ストレートにジャブ、アッパーとパンチ。その間に、スクワットや腕立て伏せも交えてのボクササイズ。
もう限界! と思っても、次から次へノンストップで続きます。ヘロヘロになっても、暗闇なのでどう見えるかなんて気になりません。終始、自分の限界との戦いでした。
激しいボクササイズのあとは、思いっきりリラックスできるヨガの時間。
ハープの生演奏という豪華な演出で、ボクササイズの激しさから一変して、心静まる空間へとなっていきました。
「NB WOMAN」アンバサダーは、秋元梢さん
ランニング、ボクササイズ、ヨガとすべてのアクティビティのあとは、「NB WOMAN」のアンバサダーでモデルの秋元梢さんによるトークショー。
秋元さんのボディメイクについて聞いてみると、
「いま、本当にトレーニングにはまっていて。週3回くらいパーソナルトレーニングに通っています。モデルってただ細いだけじゃだめで。私の場合は、お尻や二の腕を意識的にトレーニングしてます」
と、細いだけではない美しい体を目指している、と話してくれました。
また、ついサボりがちになるトレーニングについては、
「自分に合うトレーニングに出会えたから楽しいし、効果がわかるから、またがんばろうって、行く気が起きるんです」
と、続いている理由を明かしてくれました。
さらに、体だけではなく心の変化があったとも教えてくれました。
「トレーニングを始める前は、眠れないとかお腹が空かないみたいな、不調を感じていたけれど、トレーニングを始めたら、いろんなことがクリアになりました。心がリフレッシュして、集中力も高まった気がします」
体への効果だけではなく、心にもいい影響を与えてくれるトレーニング。秋元さんのスタイルと表情を見ていたら、トレーニングの素晴らしさを感じずにはいられませんでた。
リカバリーフードで体の内側を整える
そして、イベントの締めくくりは、運動で不足した栄養を補充してくれるリカバリーフードをいただきます。
しめじや銀杏など秋の味覚や、梅干し、ゆず、レモンなどクエン酸の入った素材で、体のなかも整えます。
体を動かしたあとは、栄養補給する。外側も内側も両方がバランスよくそろったときに、美しい体はできあがるのです。
体にいいことって、結局、自分がうれしい――。
そんなことを感じた「GIRLS NIGHT OUT」。
思いっきり体を動かしたあとに感じる心地よい疲れは、仕事の疲れとは別もの。体は疲れているのに、心は満足を感じる瞬間でした。
ひとりでも、誰とでも、思い立ったらすぐに始められるランニング。都会を駆け抜ける気持ちよさ、癖になります。
[GIRLS NIGHT OUT]
撮影・取材・文/グリッティ編集部


カテゴリ