通学時の防寒対策!着膨れせずにあたたかくする方法

通学時の防寒対策!着膨れせずにあたたかくする方法

本格的な冬がやってきて、身も心も寒いです。伊集院チワワです。
コンビニ店員さんに「お弁当温めますか?」って言われたら「私を温めてください」って言いたくなるシーズンですね。


は?


サムいこと言うなら夏に言え!!!(怒)


とうことで今日のテーマは「通学時の防寒対策」。
コートを着るだけでは足りない!だからといってもっと着込むと着ぶくれしちゃう…。

どうにか着膨れせずにあたたかくする方法ってないのかな。いろいろ調べてみましたよ!


1. 腰と下腹部に"貼るホッカイロ"をダブル貼り!

"貼るホッカイロ"を貼ると体が温まりますが、貼る場所に工夫するともっともっと温まります。

全身を効率的に温めるには、体の中心にホッカイロを貼るのがいいみたい。

腰や下腹部には大きな血管が通っています。そこを温めることで、温かい血液を末端まで送ることができ、冷えが解消されるのだそう。


2. 黒タイツの重ね履き

タイツ1枚では物足りない。だったら2枚履いてしまいましょう。
とくに登下校時は2枚履くと、外気をシャットアウトしてくれるのでいい感じです。

授業中暑くなってくるときもありますが、そしたら1枚脱げばいいだけ。あ、脱ぐときは教室じゃなくてトイレとかでw


3. マフラー×手袋×レッグウォーマー

首元、手元、足元を冷やさないようにするのも防寒対策には効果的です。

とくに首回りを冷やしてしまうと、血流が悪くなってしまい肩こりや首こりの原因にもなってしまうそう。
肩がこると、筋肉が収縮してますます血流が悪くなり、冷えのスパイラルに突入…。最悪の事態に!!

冬の通学の際は、マフラー、手袋、レッグウォーマーを三種の神器と崇めながら身につけましょー!


4. 毛糸のパンツも忘れずに!

毛糸のパンツも、あるとないとでは大違い!
私は最近、腹巻機能も備えた毛糸のパンツをゲットしたのですが、おしりとお腹が温かいだけでだいぶ通学がラクになりました。

下着屋さんや靴下屋さんで、可愛い系の毛糸のパンツがたくさん売られていますし、雑貨屋さんでも結構売られています。お気に入りを見つけてみてください♪


最後に

全部読んでくれてありがとうございます。
寒さが厳しいこの季節。しっかり防寒対策して、身体を冷やさないように気をつけていきましょうね!

風邪予防はもちろん、自転車通学時の鬼の形相予防にぜひぜひ参考にしてください。

以上、チワワでした!
カテゴリ