足の概念が変わった「ニューバランス 原宿」。必要なのは筋肉。細さじゃない

足の概念が変わった「ニューバランス 原宿」。必要なのは筋肉。細さじゃない



女性のボディライン。
「細い=スタイルがいい」という時代がいよいよ終わりをむかえそう。
マネキンの足の太さへのこだわり
ボディラインは細ければいい、というこれまでの概念に終止符を打ってくれたのは、11月5日(土)にオープンするニューバランスのフラッグシップストア「ニューバランス 原宿」です。
ショップを覆うLEDのデジタルスクリーンや、スタジアムを意識したコンクリート風の壁よりもインパクトがあった女性のマネキン。
一瞬見ただけで、足の太さが、これまで見たことのあるものと違うことがわかります。太めでしっかりしたひざ下のマネキン。その理由を聞いてみると、
「ニューバランスでは、きちんとした筋肉がついていないとスポーツはできないと考えています。なので、しっかりと筋肉のついた足のマネキンを使っています」
とのこと。
きちんとした筋肉がついた健康的な身体が、これからのスタイリッシュになる予感がしました。そして、マネキンの足へのこだわりは、ニューバランスがユーザーのことを真摯に考えているからこそ、だとも感じました。
原宿・明治通り沿いのフラッグシップストア
今回オープンする「ニューバランス 原宿」は、世界で展開されるフラッグシップストアで5店舗め。これまで、ボストン、ロンドン、ミラノ、江南がオープンしています。
そのなかでも世界最大級の広さを誇るのが「ニューバランス 原宿」。
1階は、ランニングを中心としたラインナップ。健康のためのジョギングからフルマラソンを走るランナーまで、様々なランニングアイテムがそろいます。

陸上トラックのレーンを走ると、iPadで足の動きを計測でき、自分の足の動きに合ったシューズを提案してくれたり、3Dスキャンを使って、かかとからつめ先までのサイズや甲まわりのサイズまでを数秒で計測することができるサービスも登場。
走るための最適なシューズ選びを助けてくれます。
スポーツシーンもライフスタイルシーンも
2階は、ウイメンズとキッズ。スポーツシーンだけではなく、ライフスタイルに馴染むアパレルや、来年から本格的にスタートするゴルフアパレルもそろっています。

フラッグシップストア限定のシューズやTシャツも登場。アスレジャースタイルをもっと楽しみたくなります。
3階は、メンズフロア。ウイメンズと同様に、スポーツシーンからライフスタイルシーンまでのアイテムをワンフロアで体験することができます。
7種類のミルクから選べるコーヒー
そして、4階に併設されているのがカフェ「Nothing Better」。
「Nothing Better」=「このうえない、最高の」が意味するように、今までにない新しいコンセプトのカフェです。木のテーブルとガラス張りのカフェは開放感にあふれています。
楽しめるのは、7種類のミルクから選んでオーダーできる新スタイルのコーヒーと、南仏の香りを感じられるヘルシーフードたち。
コーヒーは「ラテアートチャンピオンシップ08 シアトル大会」でアジア人初のチャンピオンになった澤田洋史さん、フードは松島啓介さんがそれぞれ監修しています。
スポーツへのモチベーションを高めるスポットになるのはもちろんですが、なにげない日のお茶スポットとしてでも行きたくなるカフェです。
4階にはカフェのほかにシャワールームを完備。スポーツをしたあとの汗をすっきり流せるのはうれしい! 今後は「GIRLS NIGHT OUT」のようなイベントを開催予定だそう。イベントのあとは、シャワーですっきりして原宿の街を楽しむことができます。

単なる細くなるためだけのワークアウトはもう時代遅れ。ヘルシーな美しさを手にいれるために、まずは「ニューバランス 原宿」でモチベーションを上げてみる、という使い方もありです。
[ニューバランス ジャパン]
撮影・取材・文/グリッティ編集部


カテゴリ