美声は美人度を3割アップさせる!モテ声になるために意識したいこと

美声は美人度を3割アップさせる!モテ声になるために意識したいこと

『声』はその人の印象を大きく左右し、美しい声の人は、美人度が3割増しくらいに感じられます。色白は七難隠す、ならぬ『モテ声は七難隠す』!



美声はモテる!


『声』はその人の印象を大きく左右します。ウグイス嬢やラジオのパーソナリティーを実際に見ることは少ないですが、その綺麗な声から、華憐で美しい人をイメージしがちですよね。


声で仕事をしている人でなくとも、綺麗な声で喋る人は良い印象を持たれます。

美しい声の人は、実際の顔の造作やスタイルとは関係なく、美人度が3割増しくらいに感じられます。


つまり、見た目にあまり自身がなくても、美しい声を出せるようになればより魅力的になれるということ。色白は七難隠す、ならぬ『モテ声は七難隠す』。声美人は見た目美人にも勝てる可能性だってあるんです!


 


モテる声とは?


モテ声の基本は、『よく通る』『落ち着いた』声。

加えて女性の場合は、少しだけ高めで澄んだ声。高すぎる声はうるさく感じられてしまいます。

電話に出る時のような、気持ちワントーン高めくらいの声を目安にすると良いでしょう。


よく通る声を出すには、腹式呼吸をすること。腹式呼吸をするには背筋が伸びて正しい姿勢である必要があるので、普段から姿勢を正し、お腹から息を吸うことを意識。


抑揚をつけることも大切です。棒読みにならないように、強弱をつけたり語尾の上げ下げをしましょう。抑揚をつけることで声が表情豊かになり、喜怒哀楽の感情も伝わりやすくなります。


つまり、モテる女性の声とは、『少し高めで抑揚にメリハリがあり、よく通る落ち着いた声』ということですね。


 


モテる声のつくりかた


いきなりモテ声を出そうと思ってもなかなか上手くいかないので、実践の前に練習が必要です。


まず、よく通る声を出すために、腹式呼吸。背筋を伸ばし、お腹から息を吸って、お腹が膨らんでいることを確認。


口角もキュっと上げましょう。口角を上げて発生することで、喉が開いて声がこもらず、高い声も出しやすくなります。口角を上げて微笑んだ表情で発声練習をすれば、実践の時も自然と笑顔になれるでしょう。


挨拶の言葉や短い文章で発声練習をしたら、それを録音して聞いてみましょう。不自然さがなく好印象なモテ声が出せるようになったら、実生活でもモテ声でコミュニケーション!


 


可愛い声、綺麗な声は、その人をより魅力的に感じさせてくれます。可愛い声に萌える、という男性も多いです。ちょっとしたポイントを意識するだけでモテ声を身に着けることは可能ですから、『声』磨きも頑張ってみては?

 


(東雲ほたる/ライター)


カテゴリ