秋コーデには着やせのヒントがたくさんある

秋コーデには着やせのヒントがたくさんある



食欲の秋は、とにかくご飯がおいしい季節。
ついつい食べ過ぎて体重増量、なんていうのも毎年のことです。
だからといって、お洒落をあきらめる必要はまったくなし! 食べた分だけ着やせすればいいんです。
じつは秋のコーディネートには、着やせのヒントがたくさん詰まっています。
ダークトーンで全身を引き締める
©Imaxtree
ブラックを始めネイビーやグレー、ブラウン、バーガンディなど、深みのあるダークトーンはシルエット全体を引き締めるのに効果的です。
全身のカラーを統一するのは苦手という人も、トーンをそろえれば着やせすることは可能。
ブラウン×ネイビーや、グレー×ブラックといったシックな組み合わせで、コーディネートのバリエーションも楽しめます。
Vネックで顔回りをすっきり見せる
© Les babioles de Zoé 2016
顔にお肉が付きやすい、顎が気になるという人はVネックトップスが役に立ちます。
とくにVネックのニットは、ほどよくボリュームのある素材感との対比によって、デコルテをすっきり見せる優秀アイテムです。
胸もとが華奢な印象になって、女性らしいシルエットを作り出します。
ブーツカットで脚やせ効果
© 2004-2016 Rogers Media
食べると太ももに出やすい人は、ブーツカットのパンツが味方になるはず。
ボトムスは断然デニム派という人も、ブーツカットデザインを選べば脚長効果抜群。ヒールと合わせると、自分でも驚くほど足が細長く見えて、いっきにスタイルアップします。
「太い部分を隠す」というより「細い部分を強調する」ことで、よりメリハリのあるラインができるので自分の体に合ったカットを選ぶことが重要です。
柄が好きならなるべく細かいものを
©Imaxtree
秋冬だって柄物が好き! という人は、できる限り細かいプリントのものを。
柄が大きくざっくりしていると、全体的に膨張して見えてしまいます。逆に、柄が細かいと引き締め効果があり、すっきりして見えます。
ベースの色がブラックやネイビーといったダークトーンのものだと、より着やせ効果が期待できます。
ストライプで縦のラインを作る
© POPSUGAR Inc.
縦のラインを作ってくれるストライプは、面積を広く取り入れれば取り入れるほど、スタイルアップする魔法のようなアイテム。
オリヴィア・パレルモのように、ストライプコンビネゾン+ネイビーのカーディガンの組み合わせは、縦長効果と引き締め効果で、着やせして見える最強のコーディネートです。
せっかくおいしいものを食べても、その度にダイエットのことや体重のことを考えるなんて、精神衛生上よくありません。
ちょっとしたテクニックを使うだけで、着やせすることはできるんです。
食べた分は着やせして、秋の食材とファッションを思いきり楽しみましょう。
写真/Shutterstock


カテゴリ