彼女にマジで惚れている彼がとりがちな言動4選

彼女にマジで惚れている彼がとりがちな言動4選

今回は、彼女にマジで惚れている彼がとりがちな言動について一緒に見ていきたいと思います。


彼が本命の彼女にしかやらない言動やいかに?


さっそくご紹介しましょう!



 


1:目をじっと見られない


「マジで惚れてしまったら、ぼくは彼女の目をじっと見ていられなくなります。これってふつうのことですよね?」(25歳・通信)


マジで惚れたら、彼女の目をじっと見つめる……なんてことをする男子もいるかと思います。でも男の本質ってシャイってところにあるので、マジで惚れたら、相手の目をじっと見つめることができない……このへんに男子の、そこはかとない「マジ惚れ」のサインがあるのではないでしょうか。


 


2:彼女のことを心配しても途中で「まあいっか」となってしまう


「マジで好きになった彼女が、たとえば体調が悪いとなると、マジで心配になります。でも、そういう心配って、ときに彼女にうっとうしく思われてしまいそうなほどの長文メールを、ぼくに打たせるわけです。だからマジで好きな彼女には、心配はしても、途中で『ま、いっか』となってしまうのです」(27歳・IT)


大好きな彼女のことを思えば思うほど、女々しいほどの心配ごとが出てくるってことですよね。湯水のごとく溢れる心配ごとを、そのまま正直に彼女にぶつけてしまえば、彼女にうっとうしがられ、女々しい男に思われてしまう……こういう危惧と、彼女への愛情表現の葛藤を抱えている「マジ惚れ男子」……これもひとつの男の本質ではないでしょうか。


以下も似たような証言ですが、ニュアンスが少しちがうので、別の項としました。


 


3:メールの内容がそっけなくなる


「マジで好きな彼女に対しては、メールの内容がそっけなくなります。あまり『マジで好き』って気持ちを彼女に悟られてしまうのって恥ずかしいでしょう?」(28歳・飲食)


男子って、女子に比べて愛情表現がすごく下手ですから、こういう男子がいてもちっともおかしくないですよね。


もっと言えば、女子の前でベラベラとよく喋る男子の、女子に対する愛情は「それほどでもない」と言えるのではないでしょうか。


 


4:とても無口に甘える


「マジで好きな彼女に対して、ぼくは無口に甘えます。甘えたいんですが、甘え方を知らないというか、どこまで甘えたら彼女がイヤがるのかがわからないというか……」(26歳・建築)


マジで惚れている彼女に甘えるパターンはネット上によく出ていますが、「無口に」甘えるというのは、あまり見かけないので、ご紹介しました。


甘えたくても甘え方がわからない男子……男たちは生涯、この「甘えの距離感」に悩まされ続けるとみえて、ご高齢の作家が書いた小説に母親が登場すれば、たいていこの距離感の話が出てきます。


 


 



 いかがでしたか?


男子って、要するに素直な愛情表現が苦手だということです。


だからたとえば、好きだけど告白しない女子というのは、「男子のような生き物」なわけです。


男子と「男子のような生き物」が淡い恋心をお互いに抱けば……当然うまくなんかいかないですよね。どちらかがイタリア人のように高らかに愛を歌い上げる必要があります。


それはきっと、今の日本では女子の役割なのです。



 


 


 


(ひとみしょう/ライター)


カテゴリ