彼女に飽きた彼がとりがちな言動4選

彼女に飽きた彼がとりがちな言動4選

今回は、彼女に飽きた彼がとりがちな言動について、一緒に見ていきたいと思います。


彼女に飽きたし……別れたいなとも思うし……こんなことを思っている彼は、いったいどんな言動をとるのでしょうか。


さっそくご紹介しましょう!



 


1:不自然なほどやさしくなる


「彼女に飽きて別れたいなあと思っている気持ちが、彼女に伝わってしまったら、彼女、かわいそうですよね。だからぼくは、飽きたとか別れたいと思えば、つとめて彼女にやさしく振る舞うようにしています」(27歳・通信)


かわいそうなんて同情はいらねぇ~よ! なんて思う女子もおいでかと思います。


でもね、ある種の男は、こう思うわけです。


別れって誰にとってもつらいことなわけで……同情するような下等な男ということでもなく、相手の心の痛みを想像することができる「いいヤツ」なのかもしれません。


 


2:遠くを見がちになる


「彼女に飽きてしまったら、ぼくは遠い目をするときが増えます。あんなに好きだった彼女のことを、おれはなぜ飽きてしまったのだろう……というようなことを、ときどき、ぼんやりと考えてしまうのです」(28歳・会社役員)


彼女のここがイヤ、あそこが嫌い、という理由だけで、ふつうは彼女に飽きるわけではないということです。


「なぜかわからないけど」自分で自分の気持ちに気づいたら、彼女に飽きてしまっていた(別れたいと思ってしまっていた)自分というものを、まず発見するわけです。


自分の気持ちを自分でどうにもできないとき……人はきっと遠い目をしちゃうのでしょう。


だから以下のような言動も生まれてきます。


 


3:テキパキ動かなくなる


「彼女に飽きた自分に気づいたら、ぼくは行動が鈍くなります。また別れか……別れたらまたおひとり様か……また淋しい生活が待っているのか……さて、別れるべきか別れざるべきか……こんなことを仕事中にも考えてしまうのです」(29歳・広告)


付き合っている相手に飽きたとか、別れとか、そういうのって、誰の人生においてもエマージェンシーなことですから、遠い目をしつつテキパキ動かなくなって……やがて朽ち果てることはないでしょうけど、ちょっと切なく我が人生を思ったりもしますよね。


男女問わず、こういう人っているのではないでしょうか。


 


4:キスの回数が減る


「当然ですが、彼女とのキスの回数が減ります」(27歳・飲食)


キスって、どちらかといえば女子が男子にするものですよね。日常的には女子が男子にする(あるいは求める)。


反対に男子が女子にキスをする場合、男子は軽くテンションを上げています。彼がキスをしてくれたときのことを思えば、わかりますよね。


でも、彼女に飽きてしまった彼は、そのテンションが、もうどうやっても上がらないわけです。


だから、彼女に飽きた彼が見せる、もっともわかりやすいサインは、この「キスの回数が減る」というものなのです。


 


 



いかがでしたか?


彼女に飽きてしまったら、彼の態度が冷たくなった……というのは、いわば付き合いの最後のほうの出来事ではないかと思います。


相手に飽きたとか別れたいとか、そういうネガティブな気持ちを、人は日常的に支えることができないので、無理にでもそれと反対の言動に打って出るというのが、わりと素直な見立てではないでしょうか。


彼が急にやさしくなったとか、彼が急にキスしてくるようになったとか……こういうのが一番ヤバいんですってば!



 


 


 


(ひとみしょう/ライター)


カテゴリ