加湿器がなくても大丈夫!加湿できるオススメの方法とは?

加湿器がなくても大丈夫!加湿できるオススメの方法とは?

乾燥しやすい冬は、加湿器がマストアイテムと言われがちですが、加湿器がなくても部屋を加湿する方法はたくさん。お金をかけずに気軽に加湿できて風邪予防にもなったら、一石二鳥ですよね。では、早速おススメの方法をご紹介します♪

 

○濡れタオルを干す

 

清潔なタオルを濡らしてから絞ったものを干すだけでも、効果テキメン。フェイスタオルよりバスタオルのように、布の面積が多い方がより加湿効果は高まります。洗濯物を干してもOK、洗濯の際柔軟剤を使ったらお部屋がいい香りでいっぱいになり、癒し効果も。ただあまり量が多いと一気に湿度が上がるので、ほどよく換気も必要です。今すぐできる、手軽な方法ですね。

 


○観葉植物を置く

 

意外だと思う方もいるかもしれませんが、実は観葉植物は、吸収した水分を葉から蒸発させているので、部屋の加湿に一役買ってくれるのです。インテリアにもなるので、自分のお気に入りの観葉植物を部屋に置いてみてはいかがでしょう。

 

○霧吹きで水分を

 

霧吹きで部屋にシュッと水分を補給するだけでも、違います。一日に数回やってみてください。その際、同じ水を使うのではなく、毎回水を入れ替えること。そうしないと部屋に雑菌をばらまいてしまうことになります。

 

○床を水ふきする

 

床を水ふきすることで、水分が空気に含まれ自然と加湿できるというわけ。家の掃除もできるし加湿もできるので、お手伝いにもなり親に喜ばれるかも?

 
○鍋を火にかけて沸かす

 
これはキッチンと一続きになっているリビングに有効な方法ですが、鍋ややかんを火にかけて沸かすだけでも、湿度のアップは期待できるでしょう。沸騰後に鍋ややかんのふたを開けっ放しにすると、さらに湿度はアップし、部屋も自然と温まります。

 

○マスクをする

 

自分の家でマスク?と思う方もいるかもしれません。でも、マスクをすると、自分の息で加湿し喉を潤すことができるのです。寝ている間の乾燥が気になる方は、マスクをしたまま寝れば、一晩中加湿できるということ。ぜひ、やってみてくださいね。

 

空気の乾燥は、風邪をひきやすくなるだけでなく、お肌にとってもマイナス。空気の乾燥をいろんな方法で防いで、ほどよい湿度をキープ。知らずの潤いある生活を目指したいですね。
 

カテゴリ