今日は「冬至」!かぼちゃや柚子湯にはどんな意味があるの?

今日は「冬至」!かぼちゃや柚子湯にはどんな意味があるの?

2016年の冬至は12月21日。
冬至って聞いたことはあるし柚子湯も毎年家でやっているけど、どんな意味かいまいちわからないという人も多いのではないでしょうか?

○「冬至」の意味

冬至は、夜が一年で最も長い日のこと。この日を境に昼が長くなるけど、寒さは一段と厳しくなっていくと言われています。

そして、冬至のキーワードの言葉は、「一陽来復」。日本では、この日に太陽の力が一番弱まると言われています。つまり、陰から陽にまた転じていく日なんですね。冬至は、運が向いてくる幸運の日なのです。

○かぼちゃを食べるのはどうして?

冬至の日にかぼちゃを食べることがあると思いますが、「どうしてかぼちゃ?」と不思議に思ったことありませんか?冬の間に、風邪をひかないように、金運が高まりますようにという想いが込められ、冬至にかぼちゃを食べる習慣ができたようです。地域によっては、冬至の日午前10時にかぼちゃを食べる習慣があるところもあるんだとか。

運を呼び込むために、冬至に「ん」のつくものを食べるとよいと言われています。かぼちゃは漢字で書くと、「南瓜(なんきん)」。運が向いてきますようにという想いも込められ、冬至にかぼちゃを食べるのですね。

実際にかぼちゃは、体内でビタミンに変化するカロチンや肌をツヤツヤにするビタミンAが豊富で、皮膚や粘膜の健康を保ってくれる働きがあります。そしてかぼちゃは保存もききやすい食材なのも、冬至に食べられるようになった理由のひとつです。昔は、冬至の頃ほとんど保存できる野菜がなかったので、かぼちゃは重宝されてきたのです。

○柚子湯に入るのはどうして?

冬至(とうじ)には、昔は「湯治」(とうじ)という意味もあったので、それがきっかけで、柚子湯に入るようになったという説があります。柚子はビタミンCたっぷりで病気を防ぐにももってこい。夜が一番長い日に、体を温めてくれる柚子湯に入ってぐっすり寝ましょう、ということなのですね。さらに、柚子には「融通(ゆうづう)がききますように」という願いも込められているそう。

柚子湯のやり方は、さまざま。柚子をそのままお風呂に入れる家庭もあれば、柚子を半分にカットして入れる家庭、カットした柚子をネットに入れてからお風呂に入れる家庭もあります。一つや二つだけだったら香りもあまり感じられないので、せっかくなのでたくさん入れて、柚子の香りを満喫しましょう!

意味を知ることで、なんだか冬至に親しみを感じませんか?
かぼちゃを食べ、柚子湯で温まり、これからますます寒くなる年末年始を元気に乗り切りましょう!
カテゴリ