スマホの中身はいまの自分。32歳東京在住オリンピックメダリストの場合

スマホの中身はいまの自分。32歳東京在住オリンピックメダリストの場合



スマートフォン。もう、それなくしては生きられないほど必須のガジェット。
それだけにその中身には、持ち主のリアルな生活がつまっています。
今回は、柔道・オリンピックメダリストの女性のスマホをのぞいてみました。
柔道メダリストのスマホの中身

杉本美香(すぎもと・みか)さん職業:女子柔道コーチ東京在住歴:10年

小学5年生のときに柔道をスタート。それから柔道一本で生きてきて、28歳で出場したロンドンオリンピックで銀メダルを獲得した杉本さん。32歳。
その後は現役を引退し、いまはコーチとして選手の育成や柔道の普及に力を入れているとのこと。
スマホを「第二の杉本美香」と話す彼女のスマホの中身とは...。
――いちばんよく使うアプリは?

いちばんはLINEですね。あとはインスタ。そのとき起きたおもしろいこととか、楽しかったことを載せてます。ファンの方からもコメントが来るので、返したりします。
ファンの方は中高生の女子とか主婦の方とか、いろんな方がいますね。柔道を普及させていきたいので、SNSを通して「こんな道もあるよ」「こんな柔道家もいるよ」って伝わればいいなって。

――暇つぶし用のアプリは入れてる?
アプリじゃないんですけど、アルバムはよく見ます。めちゃくちゃ見返します。寝る前に結構見ますね。見ながら「またここ行きたいな」とか「楽しかったな」って思い返してます。

――ホームスクリーンはどんな画像にしてる?

ブータンで撮った写真です。子どもたちに柔道を教えるためにブータンに行ってきたんですけど、そこで出会った子どもたちとセルフィーしました。
ブータンでの柔道人口はまだまだ少ないです。でも、これからがんばっていきたい、ということで技術を教えて欲しい、ということで教えに行きました。みんなすごく一生懸命なので、何か力になれたら、と思って。
ブラジルで柔道を指導している杉本さん

――音楽を聴くアプリと、いま、いちばん聴いている曲を教えて。
音楽はiPhoneじゃなくて、iPod touchで聴きます。充電なくなっちゃうので。いま、いちばん聴いているのはベリーグッドマンさんの「ライオン」。歌詞もいいんですけど、ベリーグッドマンの人たちも関西人ですごくいい人たちなんですよね。
あとは、三浦タカさんの「ひとつの地球の中で」。アスリートでも普通の人でも胸に響くような歌詞がすごくいいんです。Twitterで載せたら、本人が気付いてくれて、CDを送ってくれました。

ブラジルで指導した子どもたち

ちなみにロンドンオリンピックでは、つるの剛士さんの「メダリスト」や、テーマソングだったいきものがかりの「風が吹いている」を聴いて、気分を高めていたという杉本さん。
ロンドンオリンピックを終えての感想を改めて聞いてみると、「決勝戦まで行ったのに金メダルがとれなくて悔しかった」とのこと。
銀メダルを獲得したにもかかわらず、それでも「悔しかった」と語る杉本さんの姿に、世界を舞台に戦う選手の意識の高さを感じました。

――天気や時計で登録している都市は?

リオオリンピックで解説席に座る杉本さん
東京、ブラジル、ブータンです。行ったところを登録してます。海外で仲良くなった人といまでも連絡とったりするので、また行きたいですね。

――お気に入りのアプリを教えて。
LINE。柔道とかしてるとスマホ触れないので、だいたい返信は夜から夜中になっちゃいます。でも、あんまり夜遅くに返すと非常識になるので、いったんメール作って一晩寝かせてそのまま忘れたりとか...(笑)。
スタンプはめっちゃ使います。スタンプで会話できるくらい。ブサイクなスタンプは特に使いますね。キモかわいい系の。後輩とやりとりするときは、「先輩おもしろい!」って言ってもらえるように使ってます。それもコミュニケーションかなって。

――FaceTimeは使う?
使わないです。そもそも電話が苦手で...(笑)。照れくさいんですよね。
あ、でもLINEのテレビ電話は、姪っ子と話したり、先輩のお誕生日をお祝いするときとかに使うこともあります。

――Siriって使う?
たまに使いますよ。天気を聞いたり、くだらない遊びしたり。たまにSiriがやさしい言葉をかけてくれるんです。Siriは本当やさしい(笑)。

――お気に入りのInstagramのアカウントを教えて。

Kojiro Watanabeさん(@bloodyhip)が投稿した写真 - 2016 9月 30 8:08午後 PDT

旦那さんが奥さんの隠し撮りをアップしてるアカウントなんですけど、めちゃくちゃおもしろいです。奥さんが必ず何かしら食べてる。そして隠し撮りに気づいたら、「こらー!」って旦那さんを怒ってるんです。それがもうおかしくておかしくて...。

――最近いちばんウケたメッセージは?
友だちから子どもの動画が送られてきました。「息子がムスコに気づいた日」っていうメッセージ付きの(笑)。その反応がすごくおもしろくて。この友だちは高校の柔道部で一緒だったんですけど、いまでも仲いい親友です。たまに手紙も送ってくれます。

――アラームって使ってる?
使ってます。会社がある日は7時くらいに起きて、会社がない日も朝の9時くらいから夜まで練習です。アラーム一発では起きられなくて、何回かスヌーズしちゃいます。

――スケジュール管理はどうやって?
「Lifebear(ライフベア)」。手帳みたいにスケジュール見れるので、便利です。仕事やプライベートの予定は全部ここで管理してます。
仕事は講演会とかもけっこうあるんですけど、聞きに来てくださる方は中高生から年配の方まで、その時々によって違いますね。毎回原稿を作っていくんですけど、やっぱり公演中は緊張してしまいます。

――SNSはどれくらいの頻度でチェックしてる?
いまやってるのがTwitter、Facebook、インスタなんですけど、そのなかでもTwitterはけっこう更新してますね。TV出演の告知とか、その日のおもしろかったこととか、インスタと連動させて投稿してます。
Facebookは、ちょこちょこ更新というよりは、写真を一気にまとめて投稿する感じです。あとはSnowもめっちゃやります。おもしろい顔して動画撮ったりしますよ。

ブラジルで柔道を指導している杉本さん
現役を引退後、柔道普及のために海外へよく遠征しているという美香さん。ブータンやブラジルなど、さまざまな国を訪れて、指導に当たっているそうです。
「柔道で成長させてもらったから、柔道をみんなに知ってもらって広めることで、恩返しをしたいんです」と、真剣に話す横顔がとても印象的でした。
お気に入りは茅ヶ崎

杉本さんのお気に入りスポットは、神奈川県・茅ヶ崎の海辺と近くのカフェ。
「TVのロケで一回行って気に入ってからは、後輩と一緒に行ったり、ひとりで行ったり。『はあ...』ってため息つきたい気分になったときに、車で好きな音楽流しながら行ってます。人ごみがそんなに好きじゃないので、茅ヶ崎は落ち着きますね」
とのこと。

インタビュー中は、終始笑顔を絶やすことなく話してくれた杉本さん。
世界のトップレベルで戦うことのできる人は、同時に、人としてのやさしさをあわせ持っていました。
撮影・取材・文/グリッティ編集部


カテゴリ