フード付きコート。自分次第できれいめにもカジュアルにも

フード付きコート。自分次第できれいめにもカジュアルにも



ショッピングは、もはやオンラインでするのが当たり前。
周りの大人に守られていた、子どものころを思い出させてくれるリブタイツ。
もうひとつ、懐かしい気持ちにさせてくれるアイテムといえば、フーデッドコートです。
寒い冬、ちょっと大きめのフードをすっぽりとかぶると、なんだか不思議と安心できたのを思い出します。
フードが付いているだけでカジュアルになるので、合わせるスタイルの幅がぐっと広がるのもうれしいところ。

Laura Jacobsenさん(@laurajaco)が投稿した写真 - 2014 11月 26 11:39午前 PST

フードのシルエットや大きさによって重い印象になりがちですが、ライトグレーをチョイスすれば、軽やかな印象になるし、どんなファッションとも好相性です。
フードをきれいに見せてくれる計算されたデザイン

SHARE PARK / 23,760円(税込)
ケープポンチョのようなシルエットで、女性らしさが出せるAラインコート。フードが肩に乗るように計算されたデザインで、前から見ても後ろから見てもスタイリッシュです。
ポケットが大きめだったり再度にスリットが入っていたりと、機能性も抜群。
>>このコートが欲しい
ボタンが見えない比翼開きで、上品な印象に
a.v.v / 14,029円(税込)
やわらかな色味とカジュアルなシルエットがちょうどいいバランスです。
ポイントは比翼開き。前を閉めたときにボタンが見えないようになっているので、上品な印象になります。
>>このコートが欲しい
どんなボトムスでもバランス良しのショート丈
Steven Alan / 51,840円(税込)
裏表で色が違うバイカラー仕様が目を引くデザイン。
ショート丈でコンパクトなので、ロングスカートと合わせても、タイトなボトムスと合わせても、全身がバランス良くまとまります。
>>このコートが欲しい
ドロップショルダーがほどよくゆるく

MACKINTOSH PHILOSOPHY / 74,520円(税込)
リバー仕立てでやわらかな着心地のコート。ドロップショルダーがほどよいゆるさを醸し出しています。
カジュアルスタイルにはもちろんのこと、オフィススタイルにもさらっと合わせられるシンプルなデザインです。
>>このコートが欲しい
フードがくれる安心感が、心をほっとさせてくれます。
文/グリッティ編集部



カテゴリ