スマホの中身はいまの自分。25歳NY在住アクターの場合

スマホの中身はいまの自分。25歳NY在住アクターの場合



スマートフォン。もう、それなくしては生きられないほど必須のガジェット。
その中身には、持ち主のリアルな生活がつまっています。
今回は、ニューヨークのミュージカルスクールをこの春に卒業、アクターとしてさらなる高みを目指して奮闘している女性のスマホをのぞいてみました。
NY在住・アクターのスマホの中身

Chia Yi Chan(チャイー・チャン)さん職業: アクター/シンガーNY在住歴:2年

台湾の音大を卒業後、ニューヨークに渡ったチャイーさん。
ミュージカルスクールを卒業したいまも、現状の自分に甘んじることなく、芝居も歌ももっと勉強したい! と意欲的な25歳のスマホの中身は...。

――いちばん使うアプリは?

Instagramです。779アカウントをフォローしていて、少なくとも一日に5回はチェックしているかな。コメントを書き込むこともあります。
ヴィクシーモデルのCandice Swaneponel(キャンディス・スワンポール)とか、Josephine Skriver(ジョセフィーヌ・スクリバー)をたくさんフォローしていて、彼女たちの普段着とかヘルシーに鍛えられたボディにインスピレーションをもらっています。

Candice Swanepoelさん(@angelcandices)が投稿した写真 - 2016 10月 9 12:31午後 PDT

それからコリアンモデルもフォローしてます。もともとアーティストのBIGBANGのファンで、それから脚本が素晴らしい韓流ドラマにハマって、韓国の文化やフードも好きになりました。
ニューヨークでアジアの味が恋しくなったら、コリアンフードを食べに行きます。ニューヨークの中華は、台湾出身の私から言うと、本当の中華じゃないんです。日本食も好きですが、ほかに比べて高いんですよね。

――暇つぶし用のアプリは入れてる?
Facebookメッセンジャーで、チャットしてます。台湾とは12時間の時差があるので、午前中は台湾の友だちと、午後はローカルの友だちを探します。

――ホームスクリーンはどんな画像にしている?

ネットで見つけて気に入った、韓国の女優コ・ジュンヒの画像。とってもクール。いつもはボブヘアが多い彼女ですが、ドラマの役作りでショートヘアにして、それが似合っていて人気です。ホームスクリーンは気分によってときどき変えています。

――朝イチでチェックするアプリは? 
「Weather」です。 天気によってその日の服を決めるし、アクターは移動が多いうえに荷物が多いので、天気はとても気になりますね。
いつも持ち歩いているのは、楽譜のバインダー、脚本、スケジュール帳、アイディアやレッスンのメモをとるノート、傘、あとはお弁当箱とか。お弁当は自分で作っているんですけど、ダイエットをしているので野菜中心のおかずです。油をあまり使わないようにボイルしたり、クックブックを参考に調理しています。
もっと筋肉のあるボディを目指してるんですけど、プロテインは食べ物から摂るようにしてます。プロテインパウダーは味が苦手で...。お弁当は倹約の意味もあります。
あとはレッスンがある日はダンスシューズも持ち歩きます。ポーチには目薬など、薬関係が入っていて、アイライナーなどのコスメはほとんど持ち歩かないですね。一度メイクすると化粧直しが必要になって、余分な荷物が増えるんで、普段はあまりメイクしません。

――寝る前にベッドでチェックするアプリはある?
「Clock」のアラームをセットします。だいたいは目覚まし用。いつもは7時に起きて準備をするんですけど、朝食を食べるときは1時間半、メイクをするときは2時間はみてます。メイクはアイメイクを中心にナチュラルに仕上げるのがポイント。

――音楽を聴くアプリとよく聴いている曲を教えて。
iPhoneのミュージックです。Appleミュージックに加入しているのでダウンロードはほとんどしません。よく聴くのはミュージカル「Bright Star」の曲で、とくに気に入ってるのが「Whoa, Mama」。 カントリーミュージックで、アップテンポ。アクターとのケミストリーも素晴らしくて、パワーをくれるんです。

――ワークアウトアプリは使ってる?

「Nike+ Run club」。ジョギングとかマラソンをするときに、距離や速度を教えてくれます。あとは「Nike+ Training」。これは、もっとエクササイズに特化したものです。
「Tabata(タバタ)」っていう最近人気の、有酸素運動と筋トレをミックスしたスタイルのワークアウトがあるんですけど、そのときアプリは何分エクササイズを続けて、何分休憩するか、といったタイマーの役目を果たしてくれます。

――天気や時計で登録している都市は?
ニューヨーク、親戚の住むイーストハノーバー、台湾。
台湾は小さな島なので、都市ではなく国として天気が出てきます(笑)。私の出身は台湾中部の南東なんですけど、島国である台湾で唯一海に面していない街なんですよ。日月譚(にちげつたん)っていう有名な湖があるところです。

――お気に入りのアプリを教えて。
iPhoneのメッセージ。 ポップアップで通知が出たり、機能的にはFacebookメッセンジャーと同じですが、オフラインでも使えるから便利です。

――FaceTimeは使う?
ほとんど使わないですね。LINEが多いかな。台湾の両親と話すことが多いんですけど、スマホに慣れていない両親にとってLINEの通話がいちばん簡単みたい。時間があればかけるようにしていて、週に一回は連絡をとっています。
でも、ほかにも兄弟がいるし、長女である私の不在にはもう慣れてるみたいで、ふたりとも忙しそう(笑)。時差のせいでお互いの行動時間が違うので、繋がるのが難しかったりしますが、少なくとも私がどこにいるかくらいはわかっていてもらうようにしてます。

――Siriは使う?
ときどき遊びます。彼女はユーモアのセンスがあると思う(笑)。

――お気に入りのInstagramのアカウントを教えて。

SymmetryBreakfastさん(@symmetrybreakfast)が投稿した写真 - 2016 10月 14 1:37午前 PDT

ゲイのカップルが毎日の朝食を載せている「Symmertrybreakfast」。ただひたすらふたり分の食べ物だけのアカウントです。

――最近いちばんウケたメッセージは?
街で知り合ったコリアンのウェイターからのKakao Talkのメッセージ。
ハロウィーンの日にセルフィーを送ってきたんですけど、仮装しているか、していないのか、中途半端な感じで。ただのナルシストかもしれないけど、何が言いたいのか本当に謎...。

――スケジュール管理はどうやって?

Googleカレンダーとモレスキンのスケジュール帳を使っています。オーディション情報のサイト「Backstage」に登録していて、気になるものがあれば、日時、内容、会場詳細を簡単にGoogleカレンダーに記録することができるんです。1日前にリマインドもしてくれるんですよ。
紙のスケジュール帳も使っていて、やり方がわからないですが、日本の女の子みたいにデコってみたいなって思ってます。

――最近「Uber」でどこ行った?
荷物が重すぎて地下鉄移動が大変なとき、帰宅するのに使いました。

――お気に入りの絵文字は何?

タバコの絵文字です。アクターはカッコつけた、気取ったことを言うときに、タバコを吸うアクションをするので。

最後の質問が終わると、グリッティについて興味津々に聞いてきてくれたチャイーさん。
日本語でしか読めないのが残念そうでしたが、日本のメディアのリサーチ力のすごさは以前から感心していたそうで、「Cool!」を連発してくれました。
お気に入りは不思議の国のカフェ

取材で訪れたのは、アッパーウェストサイドにある「アリスズ・ティーカップ・チャプター」。
不思議の国のアリスをモチーフにしたラブリーなカフェです。

種類豊富な紅茶とベストマッチは、やっぱりスコーン。バターミルク、アップル・シナモン・レーズンなど、日替わりのものを含め8種類ほどあるなかから、どれかひとつを選ぶのは至難の技かも。

現在、大学で修士号を取ることも視野に入れて、次なるステップを模索中のチャイーさん。芝居も歌ももっと勉強しなきゃ、という彼女。

取材の後は往復4時間かけてブルックリンへピアノを教えに行くとか。明るい笑顔でポジティブなパワーいっぱいにニューヨークを駆け抜けています。

>>連載「スマホの中身」をもっと読む



カテゴリ