刀剣乱舞 -花丸- 第9話「長月: その過去があるから 」【感想レビュー】

刀剣乱舞 -花丸- 第9話「長月: その過去があるから 」【感想レビュー】

この作品、ちょいちょい元の主関連のストーリーに触れてくれるので史実絡みの刀剣男子が好きな人はちょっと嬉しいかもしれませんね!


そんな今回新たに本丸に顕現していたのは「小狐丸」と「岩融」。果たしてどんな花丸な日々が描かれるのか、今回もあらすじと感想に参りたいと思います!


■刀剣乱舞 -花丸- 第9話 「長月: その過去があるから 」

新たに顕現した太刀、小狐丸と一緒に食べるため、稲荷寿司作りに勤しむ鳴狐。同じ狐ということで親近感を抱いているらしい。


当の小狐丸は、三日月とともに世間話に花を咲かせていた。


そこに老齢者の扱いに自信のある獅子王が顔を出すが、鳴狐の稲荷寿司に話題をさらわれてしまう。


介護 年寄りの世話で負けるのは老齢者でも使える刀として鍛えられた身として我慢がならないと、鶴丸に助言を頼むことにする。


一方、新たに顕現していたもう一振、薙刀の岩融はかつて主人同士が主従関係にあった刀、短刀の今剣とともに安定との手合わせに励んでいた。


安定が毎夜見るという池田屋事件の夢を聞いた今剣は、自身にも覚えがあると面を伏せる。


そんな中、岩融、今剣を含んだ六人に厚樫山への出陣命令が出された。かつての主人、源義経公を追い詰めることになった二軍の戦いに、今剣は表情を曇らせることになる。


■驚きコンビを一緒にすると事故る

画像引用元:©2016 アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会


今回のAパートは三条のじじいを驚きで楽しませたい獅子王と、それを盛り上げようとする鶴丸達でした。


二次創作を中心に「驚きコンビ」と呼称されているらしいこの二人、一緒にするとそこそこ事故るんだなと生暖かい目で見守りました。


しかし獅子王、彼も平安生まれのじじい属性のはずなんですがそこは無視していいんでしょうか。いいんだろうなきっと。


ところで鶴丸はどんだけサングラスを気に入ってるんですか。そしてあのサングラスタワーにどんだけネタ系サングラスが置かれていたんですか。


いや、鼻眼鏡よりはマシかもしれませんがなかなかのセンスです。初対面であのサングラスを装着した鶴丸に会ったら普通にびっくりすると思います。誰かが顕現した時に備えていろいろ練ってるんだろうなぁといろいろ想像できるのも鶴丸の魅力なのかもしれませんね。


乱ちゃんが女性向け雑誌を愛読して略語などなどに精通していたのは予測できる範囲でしたが、ここの審神者がその手の雑誌を持っているのが驚きでした。


勝手にモサめの引きこもり女子を想像してたんですが、普通に可愛い服も好きな女子力高め女子なのにひきこもりなのかな!?


ここの審神者の容姿の想像がつきません。これもまた一興でしょうか。


あと清光のネイル技術が半端なさ過ぎて……塗るだけじゃなかった……この子ネイルアートもプロレベルだった……。


しかし蜂須賀はなにゆえ獅子王に対して全部盛りを実施しようとしたんでしょうか。というかなにゆえこの黄金聖闘士に美的感覚を期待したのでしょうか鶴丸は。そこは歌仙か光忠じゃないのかよ。それとも遠征でいなかったんでしょうか。


出来上がりはまぁ、うん。見ていただくのが一番早いかと思いますが、面白いことになりました。全員の演技力も見ものです。可愛すぎですこの本丸。


■助けられるものなら手出ししたくなるのは当然の流れですよね

厚樫山に赴くことになった岩融と今剣、そして山伏と山姥切、安定と石切丸。数年後には義経公を自害へ追いやることになる二軍の戦場ということもあり、今剣ちゃんが歴史改変に揺れ動くのが良かったですね。


安定も毎夜夢に見ているせいか、歴史改変を望む気持ちは今でも理解できる様子。


というか安定が見ているこの夢、絶対ラストの伏線だろうと思いはするんですが最終回まで明かされないんでしょうか。さすがに毎夜同じ夢を見るというのは異常な事態だと思うんですが、相談するキャラが全員違うせいか、みんなかなり軽く流しているように見えて違和感を覚えたりもします。


もうちょっと真剣に聞いとかないと、後々大変なことになったりしないですかね。大丈夫ですかね。


しかし今剣ちゃんのそんな気持ちも、国広兄弟の言葉で見事払拭してくれましたね!!


今剣ちゃん回かと思ったらまさかの国広兄弟回でした。まんばちゃん推しさんがこぞって墓を建てた真剣必殺シーンは必見です。


でもラストで分かることですが、まさか彼があれで手入れ部屋に入っているとは思っていませんでした。どんだけ効いたんだろうね、あれ。


そしてエンドカードで明かされた、UK(ウツシキニシナイ)を気に入ったらしいまんばちゃん。今後また使用しているシーンが出たりしたらちょっと噴き出してしまいそうです。


さて、次回はあの刀派の二振りがくるようです!果たして次回も花丸な日々は続くのでしょうか!?楽しみに待ちましょうー!



刀剣乱舞-花丸- 感想レビューまとめ





(あにぶ編集部/井之上)
カテゴリ