かかとのやすり。正しい使い方で劇的につるつるに!

かかとのやすり。正しい使い方で劇的につるつるに!

乾燥本番のこの季節、かかとがガサガサで困っていませんか? 割れるまで角質をそのままにしていると、まず勝手に改善することはありません。


一番早いのはやすりで少しづつ削っていくこと! まずは「やすりでかかとを削る」という正しい使い方をマスターしておきましょう。



 


かかとの角質はなぜ厚くなる!?


かかとはからだの中で一番刺激を受けやすいところ。

全身の体重を常に支えているのですから、皮膚が薄ければ痛くて立っていられなくなります。


その為かかとに刺激を受けやすい靴などを履いていると、からだがかかとを守ろうとしてとたんに厚くなるのも特徴のひとつ。


クッション素材のある靴底、靴下などで守らないとすぐにガサガサひび割れかかとになってしまいます。

とはいえ、顔のように目につくところではないのでケアも後回しになり痛くなってから初めて気が付くことも。


2


 


軽石よりやすり


軽石は雑菌が沸きやすいだけでなく、均等に削ることが難しくかかとに傷がつきやすいのです。

おすすめのやすり(ファイル)状になっているものは、雑菌を防ぎ均等にけずれるだけでなく力も要らないので簡単にかかとをツルツルにすることができます。


 


やすりで劇的にかかとをツルツルにする方法


まずはゆっくりとお湯に浸かります。半身浴でもいいし足湯でもいいので10分を目安にしっかりとふやかします。

その後しっかりと水分をふき取りやすりで削っていくのですが、ここで水分がついてしまうと白い汁しか出ません。


もちろんそれでも削れているのですが、もっとかかとをツルツルにしたいのであればしっかり水分を取って【垢すり】の要領で角質を削っていくようにすることで劇的にかかとがツルツルになります。


ふやけたかかとにやすりをかける事で、消しゴムのカスのようなものが出てくるようになるのですが、実はこれ全部角質です。

面白いからといって一度に全部取ってしまうと、かかとの必要な角質まで取り過ぎて逆に痛めてしまうのでひび割れの部分からはじめて、少しづつ日を置いて行っていきましょう。


3


 


やすりで削った後はかならず保湿


角質を削ったあとのかかとは一枚皮がむけた無防備な状態。

オイルを塗って浸透させたあと、更にかかと専用の保湿クリームでしっかりと保護してあげて下さいね。

削った日だけでも綿やシルクの靴下をはいて眠ると、保湿効果が浸透してしてよりしっとり赤ちゃんかかとに。


 


日ごろからのかかとのケアとして、曜日などを決めてかかとのケアデイを作っておくと忘れにくくなりますよ。

そしてあまりにも厚くなり過ぎた角質や魚の目、タコなどは、病院にお任せすることも視野に入れておきましょう。

 


 


 


(只野あさみ/ライター)


カテゴリ