嵐・大野智、嘘をつかない櫻井翔らしい発言が嬉しかった



6/17(水)放送の「ARASHI DISCOVERY」(Fm yokohama)。



嵐・大野智くんの恒例、「今日の一言」コーナー。



今日の一言は「凪の時に一番よく学べることと、嵐の時に一番よく学べることがある。」。



これはアメリカの女性作家、アン・ラモットさんの言葉だそうです。



リスナーさんからの「この言葉を見た瞬間、舞台で“凪”という役を演じた大野智と“嵐”というグループ内での大野智が頭に浮かびました。“凪”の時と“嵐”の時では学べることは違いますか?」というお便りからのお話です。



大野くんが“凪”という役を演じたのは2008年の「アマツカゼ」という舞台だったそうです。



「舞台は(嵐の)メンバーは全員観に来てくれてますし、僕も全部行ってますね」と言い、大野くんの舞台にメンバーが観に来た時の面白い話になりました。



TOKIO・松岡昌宏くんと大野くんの2人舞台「TRUE WEST」に出演した時のこと。



内容が多少難しい舞台だったそうで、セリフも難しかったそうです。



この舞台に櫻井翔くんと2人の嵐のメンバー(大野くんは松本潤くんと二宮和也くんだったのでは?と記憶があやふやだそうです)、3人で観に来たそうです。



舞台終了後に楽屋に来たメンバーは「かけあいで喋ってる舞台なんだね」などと感想を話していたそうです。



ところが翔くんだけは2人より後に楽屋に来たそうで、目が充血していたそうです。



翔くんは自分から先に「ゴメン、寝た!」と言ったそうです。



「それは嬉しかった。寝てないよって顔をされるより翔くんっぽいよね。目が真っ赤だから一発で分かった。俺は笑っちゃったよ」と話していました。



例え、舞台中に翔くんが寝てしまったとしても、観に来てくれたことが嬉しかったと大野くんは話していました。



大野くんは2011年に松潤が出演した舞台「あゝ、荒野」を観た時には、舞台に松潤が出ているだけで涙が出たそうです。



「同じメンバーが稽古をして、色々と格闘しながら舞台に出てる」と思うだけで泣けてしまうと話していました。



「次に(嵐の)メンバーの誰かが舞台に出たら泣いちゃうよ。俺も頑張ろうと思える」と言っていました。



そして「“嵐”のメンバーとしてやっていて、ソロでお仕事を頂いた時は(外へ)行き、新しい刺激を受けてメンバーの中に戻り新しい“嵐”が生まれる感じだった15年だったと思います。これからも色々学びたい」と話を締めくくっていました。


カテゴリ