女子の未来は明るい

女子の未来は明るい



グリッティは、2016年12月3日で5年目をむかえました。
24時間365日。感情は上がったり下がったり、ぐるぐると目まぐるしく動いています。
そのときの気分に素直に生きていられたら、それで十分。付き合うべきは自分自身。すべてはそこから始まります。
そして、いまのグリッティが考えているのはこんなこと。
かわいくなってもいい。
すっぴんの自分を好きになってもいい。

夜中にラーメンを食べてもいい。
週末デトックスしてもいい。

ついぶりっ子しちゃってもいい。
男の人に頼らない自分がいてもいい。

流行の服を着てもいい。
10年前から着ている服があってもいい。

結婚してる友だちをうらやましく思ってていい。
ひとりでいることを楽しんでもいい。

本音で話してもいい。
誰にも言えない秘密があってもいい。

がんばってもいい。
ズル休みしてもいい。

誰かの真似をしてもいい。
自分らしさを追求してもいい。

黒を好きでもいい。
ピンクも好きでいい。

一日一歩も家を出ない日があってもいい。
予定をつめこんで、疲れはてる日があってもいい。

曖昧でもいい。
はっきり目標を決めてもいい。

東京を嫌いになってもいい。
でもやっぱり東京に住み続けてもいい。

将来のことなんて不安に思わなくていい。
いま夢中になっていたらいい。

グリッティはこれからも「女子の未来は明るい」と信じて、たったひとりの誰かの胸に届く情報を、誠実に、真摯にお送りできたら、と思っています。
5年目をむかえたグリッティを、これからもよろしくお願いします。
写真/田所瑞穂 文/グリッティ編集部


カテゴリ