美人でもNG!残念な女のレッテルを貼られる女性の共通点

美人でもNG!残念な女のレッテルを貼られる女性の共通点

どんなに美人でも、性格が伴っていなければ残念な印象を受けますよね。


自分で気を付けようと思ってはいても、知らず知らずのうちにしてしまっている場合も多く、それもまた残念な女の特徴の1つ。


そんな“残念な女”の共通点をまとめましたので、一緒にチェックしていきたいと思います。



 


■肩書きや人徳を気にする


人の肩書きや、人徳を気にして付き合い方を変えるという人、いらっしゃいますよね。


いい大学を卒業している人や、年収の良い人に対しては積極的に仲良くしようとするけど、高卒止まりの人や中小企業に勤めている人に対しては興味も示さない…。


そんな女性は、その人の本当の中身を知ろうともしない“残念な女”。


人はどのような人生を送っているのかではなく、その人の生き様やそれに対する考え方が大切だということに気付けないようでは、今後どのような人からも相手にされない人生になるでしょう。


 


■人の陰口を言っている


その場にいない人の悪口を言って盛り上がる女性は多いかと思います。


そんな女性の裏の顔を見てしまった男性はドン引き。


すぐさまその女性を“残念な女”認定してしまいます。


相手のイヤなところを全てその対象の人に言えるという人は、ごく稀なのかもしれませんが、その場からいなくなった瞬間に「〇〇って、こういうところあるよね~」など、その人の悪口を言い始めることは関心出来ません。


どうせ言うのならグループ内ではなく、違うところで愚痴として話を聞いてもらう程度にしましょうね。


 


■周りと自分を比べる


自分に自信がないことから周りと比べて勝手に落ち込む…。


そんなネガティブな女性は、男性から見て“残念な女”だと思われてしまいます。


人は人、自分は自分と割り切り、「この人はこういうところがすごい!」と相手を素直に認めるような話し方だとGOOD。


「自分なんて…」と卑下している人と一緒にいて楽しいと思う人はいませんよね。


比べるのではなく、人の『すごい!』と思うところを参考にして自分も頑張っているという姿勢を見せると、男性から好印象を持ってもらえますよ。


 


■マナーを守らない


公共の場でマナーを守れない女性は、同性から見ても“残念な女”。


男性は、女性よりも厳しい目で見ていると思って良いでしょう。


電車の中での化粧や周りを気にせず大声で話をする、食事をしている時など、人として当たり前のマナーは守れる女性になりましょう。


『マナーも守れない女性とは友だちでも付き合いたくない』と思っている男性は多いもの。


そんなところで存在感をアピールしなくても、もっと他の良いところでアピールしていた方が、今後自分のためにも絶対にプラスになりますよ。


 


 



いかがでしたか?


大人の女性として、見た目だけを磨いて中身が伴っていないようでは、寄ってくる男性もそれなりの人だということを自覚しましょう。


内面からキレイになることを目指している女性は、自然と立ち振る舞いや雰囲気にもそれが現れてくるはずです。


“残念な女”だなんて思われないよう、これらのことだけは意識して振る舞うようにすると、気付いたときにはそれをわかってくれる人があなたの周りに集まっていることでしょう。



 


 


(きえお/ライター)


カテゴリ