第22回放送映画批評家協会賞“ Critics’ Choice Awards”の結果が発表!アニメ部門の結果をピックアップ!

12月11日に第22回放送映画批評家協会賞「Critics’ Choice Awards(クリティックスチョイスアワーズ)」の結果が発表となりました。この賞はアメリカとカナダのテレビやラジオ、インターネット等で活躍する批評家達が発表する賞で、過去の受賞結果からもアカデミー賞の結果の予測として重要視される映画賞の一つです。


今年は「ラ・ラ・ランド」が作品賞を含む8部門を受賞して最多受賞となりました。


受賞作諸々を一つ一つピックアップしていたらキリがありませんので、詳細は公式サイトをチェックしていただくとして、「あにぶ」ですのでアニメ部門の賞をピックアップして結果をお伝えします。


■BEST ANIMATED FEATUR―-長編アニメ映画部門

長編アニメ映画賞であるBEST ANIMATED FEATUREのノミネート作品は以下6作品。



「ファインディング・ドリー」


「モアナと伝説の海」


「ズートピア」


「レッドタートルある島の物語」


「Trolls」


「Kubo and the Two Strings」



この中から見事受賞作となったのは「ズートピア」でした。


今年はディズニー作品3作品が各種アニメ映画賞を共に戦っておりますが、中でも「ズートピア」が一番有力視されております。





■BEST ANIMATED SERIES―TVアニメ部門

そしてこちらはTVのアニメ部門・・・といってもTVに限らずネット配信作品からも選出されております。ノミネート作品は以下5シリーズ。



「アーチャー」


「ボージャック・ホースマン」


「サン・オブ・ゾーン」


「サウスパーク」


「ザ・シンプソンズ」



大人も楽しめるアダルトカートゥーンが出揃いました。過去4回受賞を果たしている「アーチャー」を押しのけ、今年は昨年に引き続き、「ボージャック・ホースマン」が受賞となりました。


本作はダメ男な馬のコメディアニメ。ネット配信作品らしくドラッグネタなど大人向けなネタが盛り込まれた作品となっております。日本でもNETFLIXで配信されているので、見ることができますよ!





■BEST SONG―歌曲賞

そして忘れちゃいけないベストソング賞。実写作品と並んでアニメ作品からも選出が有りました!


ノミネートは以下6曲。



Audition (The Fools Who Dream) – 「ラ・ラ・ランド」


City of Stars – 「ラ・ラ・ランド」


Drive It Like You Stole It – 「シング・ストリート未来へのうた」


The Rules Don’t Apply – 「Rules Don’t Apply※原題」


How Far I’ll Go – 「モアナと伝説の海」(アニメ)


Can’t Stop the Feeling – 「Trolls」(アニメ)



ディズニーとドリームワークスアニメーションの歌物作品がこちらの受賞に挑みましたが、結果は「ラ・ラ・ランド」の『City of Stars』が受賞となりました。残念!やはり「ラ・ラ・ランド」強し!





「モアナと伝説の海」の主題歌『How Far I’ll Go 』も名曲なので是非チェックしておくべしです!



以上。アニメ関連賞をピックアップしましたが、公式サイトではその他各種賞の発表が行われております。気になった人はそちらをチェックしてみて下さいね。


ゴールデングローブ賞のノミネート作品も発表されましたし、アカデミー賞に向けて、映画賞が盛り上がって参りましたよ!


Critics’ Choice Awards公式サイト:http://www.criticschoice.com/



トランプ大統領誕生!大ヒット作の「 ズートピア 」は夢と魔法の世界でしかなかったのか!?





(あにぶ編集部/ネジムラ)
カテゴリ