一週間で美人になる!気合いデートの前にできること

一週間で美人になる!気合いデートの前にできること

イベントデートや、次こそ告白されるかも?なデートや、初めてのお泊まりデートなど、女子の恋には節目ごとに「気合いのデート」が発生します。


そんなデートには「私、イケてる!」と思えるベストな自分で臨みたいもの。気合デートまであと一週間!いますぐ美人になるなら、何をすれば劇的に変われるの?



 


お風呂の前はメイクの練習


メイクは濃ければいいとか、ナチュラルならいいというモノではありません。その人にあった濃さであること、長所を生かし、短所をめだたせないものであることが大切。


また、じわじわ上手くなるというよりは、コツを掴めば飛躍的に上達するモノでもあります。


とはいえ、出かける前のメイクで失敗してしまうと、その日は一日ブルーに。


朝のメイクを「練習」にするのは難しいですよね。メイクの練習をするならお風呂に入る前が一番のおススメ。


眉をいつもと違う形に書いてみたり、色を重ねていくうちに「あ、今の顔キレイ」という瞬間が見つかるはず。それが自分をキレイに見せるベストな濃さです。


デート用に買った新しいコスメも、ぶっつけ本番じゃ実力が半減。十分に練習してきれいな自分を模索しましょう。いつものメイクに足していくスタイルの練習なら、気合デートが退社後の予定でも、どこを重点的にお直しすれば可愛く見えるか見極める効果もありますよ。


 


%e3%82%b1%e3%82%a2%e3%82%92%e6%a5%b5%e3%82%81%e3%82%8b


 


落とすケアを極める


決まった期限までにキレイになりたいとき、優先しがちなのが保湿などの与えるケア。それも間違いではありませんが、一週間なら「落とすケア」に力を入れる方が断然キレイに。


余計な角質を落としてスキンケアの浸透をよくしたり、角栓や毛穴のくすみをしっかりオフしましょう。


クレンジングやリムーバーに少しお金をかけて丁寧に行う、泡をしっかり立ててもこもこの泡で洗顔する、など、落とすプロセスを丁寧に行います。


コレだけでもくすみが抜け、透明感が出ます。メイクで作るよりはるかにツヤツヤな美肌に近づけるはずです。


 


食で、ストレッチで!むくみをオフ


%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81


大きな目も通った鼻筋も、キレイな脚や華奢な指先も、むくみさえなければ叶うものです。


マッサージなどで血行をよくするのもアリですが、一週間の短期決戦なら食事の塩分・糖分を控えることで劇的にむくみをなくすことができます。


「塩抜きダイエット」と言って、ほとんど塩分を摂らない食生活だと3日で2キロくらい体重が減るといわれていますが、そこまでしなくても「薄味+水分摂取」でかなりイイ線いけるはず。


醤油などの調味料は直接かけずに取り皿に出してつけて食べるだけでも、かなりの塩分カットに。


また、塩分を控えるぶんダシを効かせれば物足りなさはありません。さらに、砂糖にもかなりの水分キープ効果があるので、甘いものを控えるのも、むくみオフに加えてダイエットにもなり一石二鳥です。


水分は白湯をこまめに飲んで体を温め&デトックス。さらに、寝る前のストレッチで筋肉のこりをほぐせば、血行もよくなるので更なるむくみオフ効果が期待できちゃいます!


過酷なダイエットで絞るより、むくみをオフしたほうが「なんかやせた?キレイになった?」と聞かれる確率アップです!


 


飲み物は白湯か常温の水


%e9%a3%b2%e3%81%bf%e7%89%a9%e3%81%af%e7%99%bd%e6%b9%af


一週間あれば、飲み物を変えて中からのキレイ度をアップさせることもできます。


甘いジュース類をノンカロリーのお茶類に変えればカロリーオフはもちろん、血糖値を乱高下させることがなくなり、ダイエット効果も。


さらに有効なのが「水を飲むこと」。無糖のお茶やコーヒーは利尿作用があるので余分なものが出ている!と思いがちですが、実はカラダにとって必要な水分までも排出してしまい、かえってむくんだり肌がくすむことも。


真水なら体内の循環をよくしてくれます。体内の血液が淀まずに流れることで、疲労物質が排出されやすくなり、表情までも元気に。


冷たいままでは体も冷えるし、水分の吸収もイマイチなので、白湯を飲むのがおススメです。体内の7割近くは水。総入れ替えするつもりで水分補給しましょう。


 


 



一週間でキレイになるためには、美容院やエステもいいけど地道なケアがものを言います。それも地味おなプロセスですが、一週間飽きずにできて、コツコツやることで自信にもつながります。


楽しみなデートを思い浮かべながら、自分を丁寧に扱ってあげましょう。


 



 


(中野亜希/ライター)


カテゴリ