nutellaでカラーリング。パンじゃなくて髪に塗る

nutellaでカラーリング。パンじゃなくて髪に塗る



日本でも大人気のnutella(ヌテラ)。
パンにぬって食べるのが定番ですが、なんと、髪の毛をきれいなキャラメル色に染めて楽しむという使い方がいま、海外で注目を集めています。
nutellaで髪がキャラメルカラーに

Abedさん(@abedallahitani)が投稿した動画 - 2016 12月 9 1:05午後 PST

ドバイにあるサロン「ABED & SAMER Beauty Salon」のスタイリストAbed Allahitani(アベド・アラヒタニ)さんによると、
「nutellaに含まれるココア成分は、ヘアカラー剤としてはもちろんのこと、髪を輝かせるヘアトリートメント効果もある」
のだそう。
パンにぬって食べているnutellaが、即席ヘアカラー剤&トリートメントに早変わりするなんて、いままでになかった大胆な発想には驚きです。
でも、ゴージャスな美女が多いことで知られるドバイ発祥のビューティーテクだけあり、その効果には期待がもてそう。
ホリデーシーズン限定でヘアカラーを楽しむ
前出のスタイリストAbedさんによると、放置時間を変えることで、色の明るさも調整できるそう。
カラーの持続は個人によって差が出てきますが、通常2、3週間の間、きれいなキャラメル色が持続するとのこと。ホリデーシーズンの間だけ、思いっきり外国人風のヘアカラーを楽しみたい! というときにぴったりです。
自宅で簡単にできるnutellaカラーリング

Abedさん(@abedallahitani)が投稿した動画 - 2016 12月 13 9:46午前 PST

nutellaを使ったカラーリングは、自宅でも簡単に楽しめます。
カラーしたい部分にnutellaをたっぷりとぬったあと、その上からコンデンスミルクをかけ、アルミホイルでカバーします。色味を確認しながら、好みの明るさになるまで適当な時間放置します。その後、アルミホイルを外して、すべて洗い流せばOK。
Abedさんによると、「長く放置すればするほど、色味が暗くなり、色の持ち具合が長くなる」とのこと。
食べることを前提に作られたnutellaだけあって、髪を痛めることなくカラーリングが楽しめ、おまけにトリートメントまでできてしまうのはポイント高い! 以前からカラーリング剤独特のにおいが苦手でしたが、これなら甘いチョコレートとミルクの香りに囲まれて、待ち時間もテンションが上がりそうです。
食べるだけじゃもったいない、外国人風のキャラメルカラーが手に入るnutellaを使った美味しいビューティケア。
年末年始、自宅でゆっくりトライしてみたくなりました。
[METRO, COSMOPOLITAN, ABED & SAMER Beauty Salon]
写真/Shutterstock
こちらも読まれています
・素髪がきれいだとうれしい。トリートメントでそうなる
・じつはよくわかってない。これってPMS? 症状チェックリスト #sponsored
・眉メイク苦手から脱却。ワセリンを使った裏ワザ #sponsored


カテゴリ