夕方のくたっとまつ毛が復活。メーク直し用マスカラが優秀だった

夕方のくたっとまつ毛が復活。メーク直し用マスカラが優秀だった



朝のメイクはちゃんとする派。
それでも、お昼を過ぎたころには、まつ毛のカールがぐったりと下を向いています。
まつ毛のお手入れ具合は、顔の印象を上品にも手抜きにも変えるので、発売されたばかりの「まつ毛のメイク直し用マスカラ」を使ってみることにしました。
まつ毛のメイク直しに対する悩みを払拭

IPSA ラッシュリタッチャー(5.0g)3,240円(税込)
メイク直し用のマスカラとは、12月1日に発売された、『IPSA(イプサ)』の「ラッシュリタッチャー」のこと。
まつ毛メイクに起こりがちな、時間の経過にともなうカールの下がりや変色の悩みに対応してくれます。
カールやツヤ、深みを復活させ、メイク仕立ての美しさに仕上げてくれるのです。
まるでマツエクのような仕上がりに
翌日のメイク直しで、さっそく使ってみました。
あいかわらずぐったりとしたまつ毛に、さっそくコーム型のブラシをあてて毛をとかし始めます。すると、1本1本がきれいに分かれて、それぞれの毛をマスカラ液がコーティングしていくのを感じます。
まるでメイクしたてのような、ナチュラルなボリュームアップ感。この時点で、まつ毛が下がって眠たそうだった目もとが、ぱっちりと目覚めました。
とかし終わったまつ毛を見ると、カールはみごとに復活。マスカラ液で1本1本ていねいにコーティングされているせいか、ダマにならず、メイクしたてのようにきれいに仕上がっていました。
目もとをキュっと引き締めてくれる
そして、なにより驚いたのは、ラッシュリタッチャーをつけたあと、目もとがキュッとしまってみえること。まるで、マスカラでエイジングケアしている気分です。
その変化にびっくりして思わずコーム部分を凝視したら、マスカラ液が半透明のネイビーブルーなことに気づきました。この色にした理由を調べてみたところ、
「時間が経って黄味を帯びてきた黒の色材に、補色の青を塗布することで、黄味を払拭し、より深い黒を復活させる」
とのこと。
目もとが引き締まって見えるので、これならアイラインひかなくていいかも。ナチュラルなアイメイクにしたいときは、アイラインなしで仕上げるに越したことはありません。
午後からの私に自信が持てる
まつ毛をお直し用マスカラでササッと手直ししただけで、顔の印象が引き締まるなんて、衝撃的。
ランチあとのメイク直しにラッシュリタッチャーをプラスしてからは、午後からの顔にも自信が持て、気持ちよくがんばれるようになりました。
[IPSA]
イラスト/ニシクボサユリ
こちらも読まれています
・ボリュームタートルで小顔効果。ベージュの力でやさしくなりたい
・仕事をすること自体は好きだけど、ストレスフリーに働きたい #sponsored
・自然な眉になる。ワセリンを使ったメイクテク #sponsored


カテゴリ