ショッピングで無駄使いしないためのスマホ活用法

ショッピングで無駄使いしないためのスマホ活用法



大事なものから、手に入れていくために。
冬のセール真っ只中のこの時期は、物欲が全開になる。でも、焦点を決めずに買い物していると、つい価格や店頭での見せかたにつられて、必要ないモノまで買ってしまいます。
それで大満足できるケースもありますが、個人の経験からいうと、後悔することの方が多いような気がします。
つい余計なものを買ってしまうのは、自分の欲しいモノが明確になっていないからかも...。
そうならないためにも、日ごろから自分が好きなモノ、必要なモノを、整理しておくことが大切。そんなときに役に立つのが、いつも持っているスマホです。
Instagramの新機能で、自分の「好き」を整理
Instagramで、好きなファッショニスタやブランドをフォローしている人なら、そのなかで「このスタイル、好き!」「真似したい!」と思う発見があるはず。
そんな画像を簡単に保存できる機能が、最近のアップデートで新たに追加されました。
最新バージョンのInstagramアプリでは、表示される画像の右下に、ブックマークのアイコンが追加されています。ここをタップすると、ほかの人が投稿した画像でも、自分だけが見られるフォルダに保存することが可能。

保存した画像は、自分のプロフィール内で、ブックマークのアイコンをタップすると一覧表示されます。

これを買い物の前に見返せば、自分がいま好きなテイストやアイテムが確認できるんです。
スクリーンショット+Google フォトで整理
Instagram以外のツールで気になったものは、スマホのスクリーンショットを撮っておけば、画像として保存できます。
スクリーンショットは、iPhoneの場合はホームボタンと電源ボタンを同時に押すと保存されます。
また、Androidの場合は、電源ボタンと音量小ボタンを同時に数秒間押すことでスクリーンショットが可能(Android 4.0以降)。
ただ、スクリーンショットの場合に問題なのが、ほかの写真と混ざってしまうこと。
そこで便利なのが、「Googleフォト」。撮った写真を「デニム」とか「コート」といったキーワードで検索できるようになります。
Googleフォトをスマホで使うには、Googleアカウントを持っている人なら、「Googleフォトアプリ」をダウンロードすればOK。
さらに、Googleフォトアプリで「設定>バックアップと同期」をオンにしておけば、それ以降スマホに保存した写真やスクリーンショットはGoogleフォトにも自動的に保存されるようになります。
Googleアカウントを持っていない場合は、こちらの作成方法を参考に。
たとえば「デニム」で検索すると、こんな風に検索結果が表示されます。「この前、かわいいデニムを見たんだけどどんな丈感だったっけ?」なんて確認ができるんです。

また、「スクリーンショット」で検索すれば、保存したスクリーンショットがすべて表示されます。
ただ、キーワードで検索する場合は、写真に写っているものの中身が自動的に推定されているので、精度は100%ではありません。とはいえ、実際に使っている感触としては、ざっくりした使い方なら問題ない程度にちゃんと見つけてくれます。
ファッションの情報もスマホでどんどん入ってくるいま。流れていく情報が多すぎて、気に入ったものをきちんと覚えておけていないように感じています。
でも、画像として残しておけば、見返すことができて、入ってくる情報を行動に生かせそうです。
[Instagram, Googleフォト, Google]
写真/Shutterstock
こちらも読まれています
・料理がしたい! 脳が癒される動画みつけた #sponsored
・3割増し美人に見えるメガネ #sponsored
・1年の始まりにたてる目標は、簡単で楽しいことがいい #ふたりごと


カテゴリ