ジャスティン・ビーバーもVRに注目。公開24時間で500万回再生。

ジャスティン・ビーバーもVRに注目。公開24時間で500万回再生。



テクノロジーがストレスフルな現実社会を飛び越えさせてくれる、と実感できた2016年。
2017年、その流れはますます加速していくはず。
何にも縛られず自由に生きたい
一瞬だけでもつまらない既成概念を忘れ、カテゴリーに縛られず自由に楽しみたい。そんな気持ちを代弁してくれる動画があります。

先月アップされたDJ Snake ft. Justin Bieberの『Let Me Love You』のPV。
若く美しい男女が深夜のコンビニやダイナーを襲いお金を略奪、キャッシュの詰まったボストンバッグを抱えて車で逃走します。

James Leesさん(@jameslees)が投稿した写真 - 2016 11月 29 1:38午後 PST

James Leesさん(@jameslees)が投稿した写真 - 2016 12月 1 12:52午後 PST

ネオンの光る安モーテルの、無数のお札が散らばったベッドの上で愛し合うふたり。

James Leesさん(@jameslees)が投稿した写真 - 2016 11月 30 3:47午後 PST

裏社会のボスとの取引に罠を仕掛け、相手に後方から反撃されても無事なようです。ポリスとバトルしても、なかなか死なない。至近距離で撃たれようが、高いところから落ちようが、また動き出す。
現実と仮想が入り混じるVRの世界
この不思議なカップルの秘密が後半から最後にかけて徐々に明かされます。じつは、これは10歳ほどの少年と、ギークな雰囲気の小太りな男性がプレイするVRの世界だったのだと。
ネオン、モーテル、お金の詰まったボストンバッグ。ガソリンスタンドや銀行を襲い、警察に追いかけられながらビルの屋上から飛び降りて、カーチェイス。お約束のシーンの連続で前半は戸惑いますが、VRとわかって納得。
それは誰もが子どものころにどこかで見、想像した世界。タランティーノの映画のようにメチャクチャ、でも不思議な解放感に浸れる妄想ワールドです。
公開後、24時間以内に500万ビューを記録したというこのPV。
普段がんじがらめの世界でがんばっているからこそ、年齢も性別も外見も何もかも乗り越えて、思いっきり発散したい。テクノロジーがそれを叶えてくれる、というメッセージを感じます。
音楽の世界にもテックフレンドリーがどんどん入ってきています。
こちらも読まれています
・テクノロジーと仲良くなる。テックフレンドリーってなに?
・無性に料理がしたくなる動画みつけた #sponsored
・眉メイク苦手から脱却。ワセリンを使った裏ワザ #sponsored


カテゴリ