嵐・大野智、ファッション用語を昔に戻して欲しい



6/22(月)放送の「ARASHI DISCOVERY」(Fm yokohama)。



嵐・大野智くんの恒例、「今日の一言」コーナー。



今日の一言は「the summer solstice」。



これは1年で一番昼間が長い日、夏至を意味する英単語だそうです。



この言葉からのお話です。



大野くんは現在、夏らしいことといえばサンダルを履いていることになるのだとか。一方、オシャレに多少気を遣い、いまはまだ短パンは履いていないそうです。



そんな大野くんが「今って長ズボンって言わないのかな?いつからパンツって言うようになったの?疑問に思っている」と話していました。



長ズボンのことを“パンツ”、靴のことを“シューズ”と発音を上げながら言うのが理解できないそうです。



また、“ブルゾン”という言葉もいつから出現したのかと思っている大野くんは「俺はもうついていけない」と話していました。



「昔に戻りましょうよ。長袖、長靴、長ズボンでいいじゃん!」と大野くんは主張していました。



短パンのことを“ハーパン”と言うことを知った大野くんは「今年の夏はボーダーとハーパンで攻めたいと思う」と話を締めくくっていました。


カテゴリ