構ってちゃんじゃダメ!彼を夢中にさせるLINEの送り方3つ

構ってちゃんじゃダメ!彼を夢中にさせるLINEの送り方3つ

男性って付き合った途端、連絡無精になる人が少なくないもの。


そうした彼の様子に、「もしかして、飽きられちゃったかな……」「ほかに好きな人ができたんじゃ!?」と、たちまち不安になってしまう女子も多いのでは。


いわゆる釣った魚に餌をやらない、この状態――。でも、彼が交際後も彼女に夢中になるかどうかは、意外とあなたの付き合い方次第かもしれません。


ということで今回は、彼を夢中にさせるLINEの送り方をご紹介します。



 


■用件があれば自分から送る


男性は女性に比べて、恋愛の熱量が低い人が少なくありません。そのため彼女へのLINEも、すでに恋人として関係が出来上がっている場合、「わざわざ毎日連絡しなくても……」と、用事がなければ疎かになってしまうことも多いのです。


でも、彼女への愛情が薄れたわけではないので、そこは安心して。「何かあればいくらでもメッセちょうだい!」という男性は多く、あなたが困ったことがあれば一目散に相談に乗ってくれると思います。


ですので、用件があれば物おじせず、積極的に自分から送る姿勢が大事です。例えば、「今日、仕事で怒られちゃって、すごい凹んでる……」「◯◯のことで悩んでいるんだけど、どうすればいいかな?」など。

用件を通じて、ふたりの仲が深まることもあるでしょうし、お互いのことがもっと知れるきっかけになることもあるはずです。


 


■自分の話ばかりにしない


好きな人ができると、つい構ってちゃんになってしまう女性は多いのでは。彼に相手にしてもらえると「愛されている」と感じられますし、可愛がられることに「嬉しさ」を感じますよね。


でも、あまり構ってちゃんな態度が過ぎると、男性は手間がかかるイメージが強くなり、あなたとLINEをするのが億劫に感じてしまうかも……?


自分のことだけではなく、彼のことも考えてあげて。仕事で疲れていないか、悩んでいることはないか。彼があなたを労わってくれるように、あなたも彼のことを気遣ってあげるのです。


そうすると、彼も「実は最近さ……」と自然と話すことができ、あなたとLINEをする楽しみが生まれるはず。つい彼に甘えたり頼ってしまう女性も、ちょっとこんなことを意識してみてくださいね。


 


■彼の恋人という意識を持つ


女性だと、彼から大事にされたい、愛されたい気持ちが強くあると思います。でも恋人関係は、お互いに相手を支え合い、苦楽を共にし合うものですよね。


彼が仕事のことで落ち込んでいるなら、少しでも元気になってもらいたいと、好きなものをご馳走してあげるとか。冗談を言って笑わしてあげるとか。


こうした恋人の味方になってあげる意識に、男女差ってないと思うのです。あなたの思いやりや温かい気持ちに、彼も「有難い」と感じられ、恋人としての仲も自然と深まっていくはずです。


 


■意識高くLINEをしよう


専らメッセージのやり取りが多いLINEですが、意識を持って連絡を取り合うのと取り合わないのとでは大違いです。LINEをふたりの仲を深めるツールとして、ぜひ有効に活用して、恋愛を前向きに楽しみましょう!


 


(柚木深つばさ/ライター)


カテゴリ