要注意…男性が「どうでもいい」と思っている話題2選

要注意…男性が「どうでもいい」と思っている話題2選

女性と男性では、見えている世界が違います。

性別が違えば価値観も違うのは、これはもうしょうがないことです。


だから、男性が「これは素晴らしい」と思えるカルチャーが、女性には一切受け入れられないことはよくあること。

逆に、女性が気に入った物事が、男性の琴線には全く触れないなんてこともまた、珍しくありません。


たまに、このニーズの違いを意識しないまま会話をして、どちらかが白けてしまっているカップルを見ることがあります。

特に悲しいのが、女性が楽しそうに話題にしているものを、男性が「うん、どうでもいい」みたいな顔をして聞いているときです。


こういう悲劇はできるだけ避けておいた方がいいでしょうし、今回は男性があまり興味のない話の代表例について、書いていきたいと思います。



 


■血液型、性格診断、占いの類はどうでもいい


まずはよくあるケースから。

血液型ごとの性格の違いについての話は、男性にとっては非常にどうでもいい話だということは、ここではっきり書いておきましょう。

血液型によって性格が異なるかどうかの本質についての話ではなく、そもそも性格を診断して区分けすること自体、男性はあまり興味がないということですね。


「そんなこと知ったところで何が変わるのか」みたいな感覚で、こういう話を耳にしている男性ばかりです。


同じようなジャンルに、「占い」も挙げられます。

当たるも八卦、当たらぬも八卦の占いの結果にいちいち一喜一憂できるほど、男性は情操が豊かではありません。

年に一度、神社でおみくじをすればそれで満足するようなものなので、タロットやら手相なんてのは、本当にどうでもいいと感じています。


ですので、この手の話を彼氏にしてみても、反応は同性から得られるものよりは、いささか淡白になることがほとんどです。

時には大きなリアクションをしてくれる男性もいますが、そういう男性というのは無理をして、嫌われないようにしていることもあるので、そもそもやめておきましょう。


 


■家族についての話はどうでもいい


また、自分の家族関係について聞かれたり、彼女の家庭の話を聞かされるというのも、男性は苦手です。

家族構成についての話なんて、結婚した男女がやればいいと思っているものですし、その話でどうやってオチに持っていくのか、理解できないと思っている男性もいます。

こういうことを書くと「オチとかじゃなくて、彼氏に知っていてもらいたい」という反論がしばしば返ってくるのですが、それはエゴです。


知りたいときが来たら彼氏の方から聞いてくるでしょうし、聞かないということは、彼氏が「この子の家族にまでは興味がない」と感じていることの証拠です。

聞きたくない話で、しかも家族についての話なんてそこそこ重要なものですし、忘れたら嫌われる可能性まであります。

まさに男性にしてみれば、興味ないのに聞かざるをえない、本当にプレッシャーでしかない話題と考えてもいいでしょう。


さらに言えば、自分の家族について彼女に伝えるという行為も、男性にしてみればめんどくさいものです。

何で彼女に自分の家族のことを、特に何も話すこともないのに伝えないといけないのか。筆者も理解できない部分はあります。


 


■おわりに


会話というのは、双方向の受け答えです。

ですから、男性がどうでもいいと思っている話題は、可能であれば避けるのがいいでしょう。

それを察知する眼を培っておくのが大事ですね。


逆に言えば、彼氏の話す内容にも、正直どうでもいいにも程がある話題というのが、必ずあるはずです。

こういう場合には我慢して笑顔で聞くなんてことはしなくてもいいのです。


「ごめん、その話はあんまり面白くないや」と気軽に笑顔で言えるような立ち位置にいれば、関係はそんなに崩れませんし、交際していても気負うこともありません。

お互いに無理をしあわない関係を構築するためにも、やり取りする情報の選別は、男女ともに相手目線に立つべき、ということですね。


 

画像撮影 werner22brigitte


(松本ミゾレ/ライター)


カテゴリ