片思いの恋で大事なのは、じょじょに距離を縮めること。

片思いの恋で大事なのは、じょじょに距離を縮めること。

恋をしていると、相手がどう思っているか、どう考えているかはとても気になりますよね。

でも、結局のところ、相手の気持ちは相手に言ってもらうしか分からないもの。

悩んで相手に何もアプローチをしないでいると、距離がどんどん離れてしまい、成功する可能性が低くなってしまいます。


今回は愛カツの恋愛相談に寄せられたケースをもとに、片思いをしているときの心がけをお伝えします。



わがままな片思いがやめられない


社会人の先輩に片思いをしている、大学生の女性から寄せられた悩みを抜粋しました。


*


後輩をすごく可愛がってくれて、皆に慕われ、楽しくて、頼りになる方。

そんな彼を心から尊敬しました。そして、次第に恋心になりました。


きっと先輩に私は釣りあわないから諦めてしまえ、と考え今まで過ごしてきたのですが、結局忘れられず、大学では誰ともお付き合いできませんでした。奥手なだけに、別の大学に通う先輩に声をかけるなんて考えもしなかったのです。


しかし昨年の夏、どうしても会いたい気持ちで苦しくなって、連絡を取り、就職活動の相談という口実で食事をしてもらいました。

(忙しい社会人に対してかなり身勝手な、恥ずかしい行動をとったことは反省…)


結果、「すごく勉強になったし、高校時代に戻った気分で嬉しかった。激しく感謝…完」て感じです…以来、会いたい気持ちは高まるのに、忙しい社会人を呼び出すことに遠慮して、もう声かけられません。

彼女いるかもわからないのに、現状じゃ何の意味もない、執着だけのわがままな片思いなのに、やめられない。

身勝手な迷惑行為はダメ。恐らく恋に恋しているだけだ、と考えても、結局素直に彼が愛しい。


想いを伝えるだけじゃなくて、近くにいたい…頑張る彼を支えたい。でも今声かけるなんて迷惑なんじゃ、なんて。学生と社会人の恋の時点でハードル高いですが。臆病者ですね、マジで。

次のステップ、なにを踏み出せばいいのかなあ…。


*


じょじょに距離を縮めてみよう


相手の気持ちを聞けず、どんどん臆病になってしまう気持ちはとても分かります。

でも、もしかしたら彼は相談者さまのことを好きかもしれないし、そうではないかもしれない。

また、相談者さまのことを迷惑に思っているかどうかは、本人しかわからないですよね。


恋をする上で大事なのは、相手との距離を縮めること。どんどん臆病になってしまって、距離が離れてしまい、最後どうにもならなくなって告白……というパターンになると、

男性からすると、いきなり見知らぬ人から告白されるようなもの。


恥ずかしいし、勇気を持てないのは分かりますが、恋を成就させたいならば、距離を縮めていくアプローチを取りましょう。

ちょっとした会話で構わないのです。

相手に嫌がられない限りは、接触する回数が多ければ多いほど、恋がうまくいく可能性は高くなりますよ!


愛カツの恋愛相談掲示板では、皆さまからの恋の悩みをいつでもお伺いします。


(愛カツ編集部)


カテゴリ