肌は乾燥しているのにおでこテカる問題。メイク時の肌悩みどうにかしたい

肌は乾燥しているのにおでこテカる問題。メイク時の肌悩みどうにかしたい



冬も大づめを迎えるいまの時期。
冬は、ファンデーションのノリの悪さや、笑ったあとにうっすら残るシワなど、メイクの悩みは一向に解決しませんでした。
約800人の女性が、乾燥による肌悩みを感じていた
原因として考えられるのが、乾燥。
実際、「オレンジページくらし予報」が20才以上の女性790人を対象におこなった冬の肌とベースメイクについての調査でも、冬の肌悩み1位は「乾燥」なのだそう。

肌が乾燥して水分が奪われると、ファンデーションを肌に乗せたとき、伸びにくかったり、とどまりにくかったりします。また、夏の間はなんの問題もなかったパウダーファンデーションも、冬につけると時間の経過とともに粉をふく...なんてことも。
シワもできやすく、できたら跡になってしまうのも、乾燥のしわざ率が高いです。

乾燥ケアをしていても顔がテカるという声も

乾燥による肌トラブルに悩んでいる、という女性たち。そのぶん、乾燥対策には余念がない様子。
「冬のスキンケアで、あなたはどんなことを重視していますか?」という質問には、81.4%の人が、「十分に保湿して、乾燥を防ぐ」と回答しています。
ところが、ここで新たな問題が...。
全体の約半分の人が、「冬に肌は乾燥しているのに、だんだん脂が浮いてくる経験をしたことがありますか?」との質問に「はい」と回答。
乾燥しているのにテカリが出てしまうことに、不安や悩みを感じているようです。
夏と冬とではメイク崩れの対策方法は違う
乾燥しているのに脂が浮いてくるのは、乾燥で失われた肌の水分を、それ以上減らないようにするため、皮脂がより多く分泌するから。
この状態は、夏の汗によるメイク崩れとは、原因が異なるとのこと。そのため、ひと言に「メイク崩れ」といっても、夏と冬とではケアの方法が変わってくるのです。
乾燥で皮脂が浮き出てくることによる、冬のメイク崩れを防ぐには、保湿はもちろん、うるおい成分が配合された、伸びが良い下地やファンデーションを選ぶだけでも、ずいぶんとメイクのもちが変わります。
[オレンジページくらし予報]
写真/Shutterstock
こちらも読まれています
・森星は太陽の光をしっかり浴びる派。なのに美肌。どうして?
・イガリメイクは指だけで完成。血色感も立体感も高まる #sponsored
・「制限」から解き放たれた女子がしたいこと #sponsored


カテゴリ