結婚しても仕事は続けたい!同棲するなら必ずやっておきたい事

結婚しても仕事は続けたい!同棲するなら必ずやっておきたい事

結婚前の同棲について皆さんはどのようにお考えでしょうか?


「確認の意味を込めてしたほうが良い」などの肯定派、「ボロが出て上手くいかなくなりそう」などの否定派、様々な意見があると思います。


マッチアラーム株式会社が、20代、30代の独身男女763名を対象にした恋愛、婚活に関する調査では以下のような結果が出ています。


Q結婚前に同棲したい?


男性の回答:したい 89.7%・したくない 10.3%


女性の回答:したい 66.5%・したくない 33.5%


男女ともに「したい」という回答の方が多くなっています。


なかでも男性の方は圧倒的に「したい」という方が多いようですね。


そこで今回は、結婚後も仕事は続けたいという女性の為に「せっかく同棲するなら必ずやっておきたい事」をご紹介していきます。



 


■1:家事分担の基盤作り


結婚後も仕事を続けたいという女性にとっては、相手に家事分担を望む方が多いのではないでしょうか?


しかし、これはパートナーの理解や協力がないと成り立たせるのはなかなか難しい事かもしれません。


せっかく同棲するのであれば、早い段階で家事分担の基盤を作ってしまいましょう。


最初からこれが二人の生活スタイルだという事を相手に認識させる事が出来れば、その後の生活もあなたが思うように進める事が出来るでしょう。


また、実家暮らしが長かったという男性は全く家事が出来ないという可能性もありますので、結婚前に教育しておく必要があります。自分の事くらいは、自分でやって貰わないと困りますからね。


 


■2:ちょうど良い距離感を探す


二人共が仕事をしていると生活時間があわなかったり、気持ちがすれ違ってしまたりする事もあるでしょう。


そんな時の為に各々が一人になれるスペースを確保する、相手の状況にあわせた時間の使い方を意識するなど、お互いの存在が負担になってしまわないような環境を二人で作り上げて行く事が大切です。


何かあって一人になりたい時は遠慮せず、「少し一人になりたい」と相手に伝える事。


また相手が同じような状況であればそれを受け入れてあげる事、これを繰り返すうちに自然とお互いにとってのちょうど良い距離感が見えて来るでしょう。


■3:お互いの仕事について理解を深めておく


あなたがどんな環境で、どんな仕事をしているのかを相手に理解してもらう事です。


帰宅時間が遅くなってしまったり、時には休日出勤しなければいけない場合があるという方はその状況を相手に経験してもらっておくだけで結婚生活が随分と違います。


また、出来る限りお互いの職場の方とのつながりを作っておく事をおすすめします。


後々あなたの仕事が原因でケンカした時にフォローしてくれる人を作っておけば気持ちも楽になるでしょう。


プライベートな付き合いは面倒臭いという方でも、ガッツリとした家族付き合いをする必要はありませんので、あなた側の同僚と彼とのつながりだけでも作っておいた方が良いでしょう。


 


■おわりに


以上今回は「せっかく同棲するなら必ずやっておきたい事」をご紹介いたしましたが、いかがでしょうか?


今後も自分が仕事を続けていきやすい環境を、先手先手で作って行く事が出来れば安心して結婚生活を迎える事が出きます。


逆に家庭的なところをアピールしようとして全ての家事をこなしたり、仕事でくたくたなのに休日に彼の趣味に付きあったりなど、あなたにとって無理な状態下で生活基盤を作ってしまうのは危険です。


相手にとってそれが当たり前になってしまってから「本当はこうして欲しい、ああして欲しいと」言っても彼を変える事は難しいでしょう。


せっかくの同棲期間を利用しながら、彼の許容範囲を広げておく事が大切です。


 


(斎藤奈々子/ライター)


【参考】


マッチアラーム株式会社:「結婚前に同棲したい?」男性の約90%が「したい」と回答


カテゴリ