細くてすべるような描き心地。アイライナーで目もと自由に操る

細くてすべるような描き心地。アイライナーで目もと自由に操る



ノートに文字を書くためのペンだって、Tシャツにメッセージをのせるときだって、アイライナーをひくときだって、書き味がいい方がいい。
白と黒だけのクールなひな祭り。ひな人形の目もともクールに
書き味がよければ、描ける世界はぐんと広がります。その書き味のよさが伝わるのが、セルフメイクブランド「KATE(ケイト)」の動画。変幻自在のひな人形のアイライナーに注目です。

動画に登場する、今までにないクールなひな人形を手掛けたのは、伝統とモードを融合した斬新なひな人形作りで、若い世代からも注目を集める、節句人形工芸士の後藤由香子さん。
革新的な描きやすさと、流れるような描き心地を備えた「スーパーシャープライナーEX」を使って、目もとに印象的なアイラインをあしらった、ケイト仕様の独創的なひな人形を、約1年かけて制作したそう。
ラインが細く、何度重ねてもきれいに描けるアイライナー
そして、ひな人形に紛れたひとりの女性。ひな人形と同じように、アイライナーが印象的に描かれています。
ヘアメイクを担当した宮崎龍さんは、「スーパーシャープライナーEX」ついて、

「ラインがすごく細く描けるので、とても使いやすかったですね。普通は白塗りに一回描くと、筆に白塗りがくっ付いちゃって、色がのらないんですよ。でも、このアイテムは粘度が工夫されていて白塗りの上からでも、何回も同じように描けるのだそう。
ビューティだけでなく、白塗りをよく使うトラディショナルな和の作品とか、特殊メイクとか、プロが携わる色々なジャンルでも活用できると思いました」

と、使い心地のよさを話してくれました。
横に線を引くだけではなく、幾何学のようなデザインまで描けてしまう、「スーパーシャープライナーEX」。
大胆にもクールにも、その日の気分でで自由自在に目もとを変えられるアイライナーです。
[KATE]
こちらも読まれています
・ブラシもチップも使わない「指先メイク」 #sponsored
・『プラダを着た悪魔』から10年。働く女子のNEXTバイブル#sponsored
・「制限」から解き放たれた女子がしたいこと #sponsored


カテゴリ