付き合うなら…「好きな人」or「好きになってくれた人」どっちが良い?

付き合うなら…「好きな人」or「好きになってくれた人」どっちが良い?

あなたは「肉食派」?それとも「草食派」?


「彼氏」と一言で言ってもどのような馴れ初めで付き合うかはカップルの数ほどパターンがありますよね。


あなたは「好きになった人」と「好きになってくれた人」のどちらを選びますか?


また、どちらを選んだら幸せになれるのでしょうか?


今回は筆者の経験談も交えながら一緒に考えていきましょう。



 


やっぱり…「好きな人」と付き合いたい!


そりゃあ、もちろん自分が好きになった人と付き合えたら最高ですよね。


ルックスが好みだから、趣味が一緒、一緒に居て落ち着く(と私は思う)から…色々理由はあるとは思いますが、好きになった相手には優しく接し大事にすることができ、良い恋愛関係を築けるのではないでしょうか。


しかし、1番難しいのは「自分が好きになった相手が自分を好きになってくれるのか」といったところでしょう。


例え自分自身は相手を好意的に思っていたとしても、相手が自分と同じように好きになってくれるかどうかは分かりません。


自分の好意を利用され、傷つけられる可能性だってあります。


 



 


もしかしたら、私も好きになるかもしれない…「好きになってくれた人」


そこで出てくるのが「(私はまだ好きじゃないけど)自分のことを好きになってくれた人」と付き合うという選択肢。


あなたはまだ彼に振り向いたわけではないので、相手はあなたに好きになってもらおうと一所懸命にアプローチしてくれます。あなたをとても大切にしてくれるでしょう。


もし、あなたが少しでも相手を現時点で「いいな」と思えて、今以上に関係が発展することを望んでいるのならお付き合いしても良いかと思います。


しかし「よし、この人を好きになろう」と努力の決意をするのなら…あまりお勧めしません。


 


「この人を好きになる」決意は時間と労力の無駄


※これは、筆者の持論であり決して科学的根拠に基づくものではありません。


私が昔お付き合いさせていただいていた人は「好きになってくれた人」でした。


私は当時「好きな人」がいながらも叶わず諦め、その人を「好きになろう」としました。


結果、好きにはなりましたが、その方は私が振り向いたとたんに、本性が出たのか(全てにおいて)ルーズになりました。


それを見た私も「好きになってあげたのに」この仕打ちはなんだと思うようになり、ケンカも増え結果、別れることになりました。


私の経験では「好きになる努力」は、自分勝手な怠慢に変化し幸せには結びつきませんでした。


 



 


恋はするものじゃない、落ちるものだ


この言葉は今話題のドラマ「東京タラレバ娘」で主人公の倫子(吉高由里子さん)が放ったセリフです。


私は、この一言に賛成します。


皮肉なことにも、恋は始めようと思ってもしようと思ってもなかなか難しく、気付いたら誰かのことを好きになっているのだと思います。


そして、自分が好きになった人が自分のことを好きでいてくれる状態がいかに奇跡かということに気づかされます。


結論は、あなたが相手を思いやり、同じようにあなたを大切にしてくれる相手であれば「好きな人」でも「好きになってくれた人」でも幸せなお付き合いができると思います。


 


(愛カツ編集部)


カテゴリ