色あせた恋が復活!「恋愛断食」のススメ

色あせた恋が復活!「恋愛断食」のススメ

恋の安定とマンネリは紙一重。波風は立たないけどお互いの気配りも消えた状態は「付き合ってるのかなんなのか、もうわからない……」なんてことも。


そんな色あせた恋を復活させるにはどうしたらいい?冷めたマンネリの恋を蘇生させる手順をまとめました。



 


手順1:まずは自分を大切に


忘れがちなことですが「恋人がいない」ことは恥でも何でもありません。


結婚ともなればまた別のステージで、お互いを想う気持ちを復活させなくてはいけないこともあります。


でも、恋愛中なら愛情やときめきの消え失せた相手と無理に一緒にいる必要はありません。「復活はムリ、しなくていいかな……」という気持ちがあるならスパッと別れて、趣味に打ち込むなど自分磨きの時間を取ることも大切です。


「恋してないとダメかも」と言う思い込みは人を卑屈にします。「自分が幸せなのが一番」と思い出すのが大事です。


 



 


手順2:断食期間を設ける


それでも「やっぱりマンネリ解消したい!」となれば、食事ではなく恋の断食をするべき。


惰性で毎週デートしているという人は、次のデートは1か月後に設定してください。それまでは会わないことをあらかじめ宣言しておきましょう。


メールやLINEに関しては、「どうしても用があれば送る」「彼から来たら返す」でOK。「しばらく会わないから」と宣言すると彼も身構えるので「たまたま用事が重なっちゃって、ごめんね」という感じがよいでしょう。


先の見えない彼の不在は気持ちが不安定になりますが、自分で決めた期限ならそうではないはず。


リフレッシュ期間と割り切れば、「彼へのマイナスな気持ち」「イライラ感」が消え、次のデートを心待ちにできるようになるはず。


この期間はできればほかの男子ともデートしないこと。人の噂を面白がる人が彼にリークしたり、余計に彼の短所が目についたりして別れの確率が上がります。


 


手順3:ルックスと会話を磨く



会わない1ヶ月間は、自分磨きにあてて。マンネリ期間中にくすんでしまったルックスとトークを修正します。


ルックスが男子の目に与える刺激は大きく、うまく変えればまた「女子扱い」してもらえるようになることも。


ダイエット、スキンケアなどで磨きをかけましょう。再会するときの服装は、彼の好みを追うより、他人んに目で追われるような、世間一般の男子ウケを狙うのが効果的です。


トークについては「話す速度」を変えると「何か心境が変わった?」と相手に思わせる効果があります。


例えば早口でまくしたてるように話す人がゆっくり話すようになると「こんなに穏やかな人だったっけ?」と感じますよね。


ビジュアルも話し方も変えることで「会わない間にいい女になった?」と思わせる効果は絶大です。


 


手順4:ただただデートを楽しむ



一ヶ月ぶりのデートはできるだけにぎやかなところに行きましょう。間違っても「会わない間に私の事、真剣に考えてくれた?」などと迫ったり、語り合いの機会を持とうとしてはダメです。


テーマパークや話題の映画など、考え込んだり話し合う余地のないデートに出かけましょう。


そして、口にするのはポジティブな感想のみ!これは「二人の時間=楽しい」というイメージを刷り込み、互いの拒絶反応をなくすためのアクションです。


盛り上げるだけ盛り上げつつ、スキンシップやお泊りはしないこと。初デートのような緊張感をよみがえらせることができます。


「何もさせないこと」を気まずくしないためにも、デートは思い切り盛り上げ、スパッと帰る、というメリハリが大事です。


 


おわりに


マンネリの恋は放っておくと自然消滅します。


恋愛断食は勇気がいりますが効果は絶大!まずはアクションしてみましょう!


 


(中野亜希/ライター)


カテゴリ