August24日(Sat)のランキング

1
WEST・桐山&濱田、『いたジャン』でJUMPと“ハイカロリー”企画挑戦「もう家に帰って寝たい」

WEST・桐山&濱田、『いたジャン』でJUMPと“ハイカロリー”企画挑戦「もう家に帰って寝たい」

 ジャニーズWESTの桐山照史と濱田崇裕が8月31日放送のフジテレビ系バラエティー『いただきハイジャンプ』(毎週土曜 前10:25)にゲスト出演。Hey! Say! JUMP・有岡大貴、八乙女光とともに番組の名物企画である『デカ盛りハイカロパ!』に挑戦。一軒目から、あり得ないほど大量のチーズと分厚いベーコンが印象的な超特大のピザに苦戦した桐山は「Hey! Say! JUMPって、すごいロケをしてるんやね…もう家に帰って寝たい…」と音を上げてしまう。【画像】Hey! Say! JUMPらのイラストカット この企画では1円あたりのカロリーが最も高いメニューをリサーチ。過去にもさまざまなデカ盛りメニューが登場してきたが、リサーチするだけでなく、完食しなくてはならない、というルールが。挑戦をしたメンバーは必ず地獄を見てきた番組史上、最も過酷な企画の一つだ。昨年1月27日以来、放送されることがなかったが3000件以上の視聴者の要望に応え、このたび、夏休み最後の日の特別企画として復活することとなった。 何も知らされるロケが始まった有岡と八乙女はスタッフから『夏休み最後の日の特別企画』の収録だと聞くと、有岡は「マリンスポーツ? バーベキュー?」と、八乙女さんは「プールだ!」と期待で胸を躍らせる。しかし、スタッフから『デカ盛りハイカロパ!』だと告げられると、有岡は「嘘だ!」と絶叫。「2人じゃ無理!」と主張する八乙女と有岡のもとに、ゲストとして桐山と濱田が登場する。 この日は4人でデカ盛りメニューを売りにしているお店を3軒、来訪し食すことが明らかになっても笑顔でいる桐山と濱田に、企画内容をわかっているか聞くJUMPの2人。濱田は「おいしいものを、いっぱい食べられると思っています」と平然としていたものの、一軒目から、桐山も濱田も、その笑顔が凍り付くことに。「このロケが終わったら俺たち、すごく仲良くなってるよ」と語る八乙女だったが、4人は無事3軒をクリアできたのか。夏休みの最後を彩る4人の奮闘に注目だ。

2
元KARAニコル、DJプレイ→EDM新曲初披露「人生で1曲くらいやってみたかった」

元KARAニコル、DJプレイ→EDM新曲初披露「人生で1曲くらいやってみたかった」

 KARAの元メンバーで歌手のニコル(27)が24日、東京・渋谷ストリームホールで6月に行われたコンサートの追加公演『ニコル CONCERT 2019~Summer Wave Encore~』を開催。9月25日に新曲「Champions(Prod.Tome&Jame)」のリリースを発表し、同曲の初披露でファンを沸かせた。【ライブ写真】肩出し&美くびれ露わな衣装で色気&かわいさ満載のステージ ライブ終盤、映像で新曲のリリースを発表。続いて、美しい海辺で撮影されたミュージックビデオのメイキング映像が流されると、久しぶりという自身のDJプレイから新曲「Champions」お披露目と続け、ファンを歓喜させた。同曲はオランダのEDMデュオTom&Jameが手がけた全編英語詞のEDMで「私の9月の新曲です。私の曲! カバーだと思った?」と観客に笑顔で問いかけた。 新曲でEDMに挑戦したことについて「今までの曲と全然違う曲だし、悩んだけど、人生で1曲くらいこういう曲もやってみたかった」と説明。「どんなに大変でつらいときも、君も私もチャンピオンですよという希望的なメッセージを込めている曲」と明かし、「いっぱい聞いてください」と呼びかけた。 MV撮影では7年ぶりに沖縄を訪れ、「肩だけ焼けちゃいました」とにっこり。10年ぶりに海に入ったといい、海ぶどうや泡盛を堪能したことなどを告白。ファンから「泳いだ?」と聞かれると「泳げるって言えるかわからないけど、死なない。生きることはできる」と笑い、犬かきや平泳ぎの手の動きだけできることを日本語で一生懸命説明し、笑いを誘っていた。 今回のライブは6月に東京と大阪で開催したコンサートの追加公演。両肩と美くびれあらわな衣装で、時に色っぽく、時にキュートなパフォーマンスと伸びやかな歌唱力で魅了した。 自身初のライブDVDの収録も兼ね、「新しいステージも準備しちゃいました。初めてのDVDなので大事にしたいと思って、入れられるものを全部入れたい。長く感じちゃうかもよ?」といたずらっぽく笑い、前回の公演でも披露した宇多田ヒカルの「First Love」のカバーに再チャレンジしたほか、パティ・オースティンの「Say You Love Me」などを新たに加えた。 ダンスナンバー4連発を披露後には「これはちょっとプライドの問題。10代のときは4曲連続でやるのは大丈夫だったからチャレンジしましたけど」と肩で息をして苦笑い。ファンから「大丈夫だったよ」と声が飛ぶと、マイクを通して「ハーハー」と息切れの音を伝えて「無理を感じてる」と言って会場は笑いに包まれた。■『ニコル CONCERT 2019~Summer Wave Encore~』セットリスト01. Don't Stop02. Precious Time03. Wonderful Baby04. Say Good Bye05. Recall06. Promise07. First Love08. (Dance Performance)09. Fantasy10. Lunar11. Mama12. Memories13. Say You Love Me14. (DJing)15. Champions(Prod.Tome&Jame)16. Need A Love17. Something Special18. Happy【アンコール】19. Need A Love

3
令和初の『24時間テレビ』がスタート 嵐・二宮&松本は中継で登場「心はひとつですよ!」

令和初の『24時間テレビ』がスタート 嵐・二宮&松本は中継で登場「心はひとつですよ!」

 人気グループ・嵐が6年ぶり史上最多5回目のメインパーソナリティーを務める日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ42』が24日の午後6時30分よりスタートした。令和初となる同番組で、今年は会場を東京・両国国技館に移しての放送となり、松本潤は宮城・東松島から、二宮和也は『24時間駅伝』のスタート地点から中継をつないでの登場となった。【画像】カラバリは5色! 嵐・大野智デザインのチャリTシャツ 国技館のステージに現れた櫻井翔は「別々の場所からスタートとなりますが、心は一つですよ!」と力強く掲げ、大野智も「そのとおりです!」と結束をアピール。大野の「今年は武道館ではなく、両国国技館です。くれぐれも間違えるなよ~!」の呼びかけに、チャリティーパーソナリティーの浅田真央、総合司会の羽鳥慎一、水卜麻美アナウンサー、24時間テレビサポーターに徳光和夫とともに「オーッ!」と声を合わせて気合を入れる、和やかなスタートとなった。 今年の『24時間テレビ』のテーマは「人と人 ~ともに新たな時代へ~」。『24時間駅伝』のチャリティーランナーはいとうあさこ、よしこ(ガンバレルーヤ)、近藤春菜(ハリセンボン)のほか1名が午後8時頃、発表予定となっている。

4
嵐・大野智、義足の少女と圧巻100人ダンス

嵐・大野智、義足の少女と圧巻100人ダンス

 人気グループ・嵐の大野智が24日、日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ42』(後 6:30~翌後8:54)内で放送された『義足の少女を応援 国技館100人ダンス』企画に参加。会場となる東京・両国国技館で双子の姉妹と高校生たち100人と圧巻のダンスを披露した。【画像】カラバリは5色! 嵐・大野智デザインのチャリTシャツ 今回、大野は生後まもなく右足を失いながらもダンスをすることがだいすきだという、澁澤紅瑠三(くるみ)ちゃん(11)をサポート。双子の姉・魅莉衣(みらい)ともっと、大勢の人と踊ってみたい!というくるみちゃんの願いを叶えるべく都立狛江高校ダンス部とともに、くるみちゃんがだいすきだという『アラジン』の世界をダンスで表現。 高校生たちが扮するランプの魔人・ジーニーやアラビアンなダンサーたちと、ジャスミンに変身した澁澤姉妹は元気いっぱいにパフォーマンス。紅瑠三ちゃんにとっては課題であり、今回の目玉であるターンも揃って魅莉衣ちゃんと左右2回見事に成功させると一際大きな拍手が巻き起こった。出来栄えについて「100点!」と笑顔弾ける澁澤姉妹に、大野も「僕も横でみていたけど完璧でしたよ!ターン回れちゃったね、極めちゃった」と太鼓判を押していた。 会場を東京・両国国技館に移した今年の『24時間テレビ』のテーマは「人と人 ~ともに新たな時代へ~」。メインパーソナリティーを6年ぶり史上最多5回目となる嵐が務めるほか、チャリティーパーソナリティーに浅田真央、総合司会は羽鳥慎一、水卜麻美、24時間テレビサポーターに徳光和夫が担当。チャリティーランナーはいとうあさこ、よしこ(ガンバレルーヤ)、近藤春菜(ハリセンボン)のほか1名がきょう夜発表予定。

5
清水大登が丸刈りに!バリカンが入ると「これはヤバい」とトーンダウンし…

清水大登が丸刈りに!バリカンが入ると「これはヤバい」とトーンダウンし…

8月24日(土)23時40分~『それぞれの断崖』第4話遠藤憲一演じる“被害者の父”志方恭一郎と、田中美里演じる“加害者の母”八巻はつみの“禁断愛”が動き出し、ますます目が離せないオトナの土ドラ『それぞれの断崖』。第4話では、はつみ(田中)が、恭一郎(遠藤)の息子を殺害し少年院送致となった息子・満(清水大登)の面会に行く。丸刈り姿の満は、礼儀正しく挨拶をするが、目を合わさず「もう面会には来ないで」と、冷たく言い放つ。八巻満を演じるのは、清水大登15歳。今回が初めてのドラマ出演だが、田中美里は「堂々としていて肝が据わっている」「計算のない芝居ですごくリアル」と絶賛する。そしてこの夏、清水が初体験したのはドラマだけではなかった。清水大登の断髪式に密着!ビフォー同級生を殺害したにもかかわらず、14歳に満たなかったため少年院に送られた満。清水は、その役作りのため、人生初の丸刈りとなったのだ。“断髪式”は夏休み初日、都内の美容室で行われた。髪にバリカンが入れられ、徐々に丸刈りが出来上がってくると「コレはキツいな…」と一瞬トーンダウン。しかし、美容師やスタッフから「全然いいよ!カッコイイ」「頭の形も綺麗だし」と褒められると「(満の)反省感、出てます?」「更生できそうです!」とすっかりご機嫌に。中学生らしいいつもの清水に戻った。アフター!お似合いです遠藤憲一の印象は「サングラスにタキシード」そんな清水に、主演の遠藤について聞いてみると「最初のうちは『怖ぇー』って思いましたよね、オーラが何か違って。田中美里さんにもオーラを感じましたが、それとはまた違う感じがものすごく伝わってきて、これは一緒に(演技を)やれるのかと。でも遠藤さんの方から話しかけてくださって、そのうち打ち解けて『ああ、いい人なんだな』って。元々サングラスが似合いそうで、いつもタキシード着て『おいっ!』とか言ってそうなイメージだったのが、だいぶ薄れてきました(笑)」と、これまた中学生らしいコメント。初めてづくしとなった中学生最後の夏、清水の今後の成長に期待が集まる。番組概要オトナの土ドラ『それぞれの断崖』<放送>8月24日(土)23時40分~24時35分<出演者>遠藤憲一田中美里清水大登渡邉 蒼永瀬莉子仁村紗和 内田 滋梨本謙次郎目黒祐樹  ・田中美佐子ほか

6
稲本潤一・中澤佑二らと日韓W杯で活躍するはずだった…天才ストライカーの苦悩

稲本潤一・中澤佑二らと日韓W杯で活躍するはずだった…天才ストライカーの苦悩

 サッカー元日本代表の稲本潤一が、25日放送のTBS系ドキュメントバラエティー『消えた天才』(後6:30~8:54)に出演。2002年に開催されたFIFAワールドカップ日韓大会で活躍するはずだった天才ストライカーの存在を明かす。【写真】MCのバナナマンらスタジオ出演者 稲本より年下のその天才は、稲本をはじめ、小野伸二、遠藤保仁、小笠原満男、中田浩二、高原直泰らの“黄金世代”がひしめく中、飛び級でU-18 日本代表に選出。「ゴールへの嗅覚がすごかった」と稲本が語るように、圧倒的な存在感を発揮し、当時の高校選抜相手にゴールを決めた。 当時を知る元プロサッカー選手の中澤佑二氏は、黄金世代の中での飛び級の代表選出について、「考えられない」「天才中の天才」と、その才能と能力を絶賛。  そして天才は、当時の最年少記録となる異例の速さでJリーグデビューを果たした。1年目から活躍し、チームの主力となっていくプレイヤーになると誰もが思っていた。稲本も「ワールドカップに一緒に出ているイメージはできていた」と期待を寄せていた。 しかし、その彼が、ワールドカップ前年のJリーグに出場したのはわずか5試合。その後、天才は代表に招集されることのないまま22歳の若さで表舞台から姿を消した。 日韓W杯で稲本らとともに活躍するはずだった天才は、なぜ姿を消したのか? 天才と対戦経験があり、真相を知りたいという中澤が本人を直撃。すると、若さゆえに抱いた驚きの苦悩を激白。当時を回想した天才が「死ぬしかない…」と語った言葉の真意とは?

7
カップルが同棲してから「結婚を辞めて別れた」理由

カップルが同棲してから「結婚を辞めて別れた」理由

「カップルは同棲すると別れる」ってジンクス、聞いたことありますか?結婚を少しでも考えるからこそ、同棲に踏み切っている2人が多いはずなのに、なぜこんな風に言われてしまうのでしょうか?結婚前提で同棲し始めたのに、結婚を断念した男性たちに話を聞いてみました。彼女の貯金が思ったよりも少なかった「付き合い始めの頃から、デート代は基本的にいつも割り勘だったし、会社にも毎日お弁当を作って行ってたみたいだったので、金銭感覚の問題はないと思っていました。でもいざ同棲し始めたら、彼女に貯金がほとんどなくて……。結婚後は家計を任せられる人じゃないとと思っていたので、別れました」(29歳/飲食)最近の男性は、自分だけの収入で家族を養うのは大変だから、奥さんになる人にもある程度稼いでほしいと考えることが増えてきました。その上で、しっかりと家計を管理し、貯金なども計画的に行える人でないと結婚は難しいと感じているようです。部屋の掃除の頻度が違った「小さなことって言われそうですけど、僕と彼女の部屋の掃除の頻度にあまりにも差があって我慢できなくて。同棲する前からお互いの家に遊びに行ったりはしていて、キレイ好きだと思っていたのに、実は僕が遊びに行く前の日だけ掃除してたみたいで。僕は基本的に2日に1回は掃除機かけないと無理で。彼女は2週間に1回だったんです」(32歳/教育)お互いの部屋に遊びに行っているから、相手の家での行動を把握できているかというと、そんなことはありません。わかったつもりで、実は決定的な部分に違いがあったことに同棲してから気づくことも少なくないのです。部屋の掃除の回数などは、極端に違いがあると、一緒に暮らしていくのに支障が出てしまいます。特に結婚して何十年も一緒に暮らすことを考えたら、別れを選んでも仕方がないのかもしれません。同棲してから週末デートに行かなくなった「同棲してみたら、彼女が全然外に出たがらなくなったんです。僕は休みの日家でダラダラ過ごすのが嫌いで、週末を無駄にした気がしちゃうんです。それで何度も喧嘩になって別れました」(28歳/教育)本当はインドア派な彼女は、彼に合わせていたんでしょうね。週末の過ごし方にも人それぞれ特徴があります。できれば一日家の中で過ごしたい人と、一日に1回は外に出ないと気が済まない人では、そもそもの相性が悪かったのでしょう……。結婚式への意識が高すぎた「同棲しながら結婚式の準備を始めたら、結婚式へ対する彼女の情熱が強すぎて。資金もどんどん膨れ上がるし、これは無理だなって」(36歳/自動車)女性の方が結婚式に対して思い入れがある場合が多いですよね。でも、あまりにも譲れない気持ちが強すぎると男の人は引いてしまうことも。せめて自分がやりたい結婚式をひらけるくらいの貯金は必要そうです。おわりに同棲までするカップルなら、そんなに簡単に別れを選ばないはず……と思うでしょう。しかし実際には、同棲したからこそどうしようもない価値観の差に気づくことも。結婚前で良かったと思うしかないのかもしれません……。(大木アンヌ/ライター)(愛カツ編集部)

8
ドン引き!男性が「この子、腹黒そう…」と思う女性の特徴4つ

ドン引き!男性が「この子、腹黒そう…」と思う女性の特徴4つ

【モデルプレス=2019/08/24】女性同士の人間関係だと「あの子、何となく腹黒そう…」と考えることもありますよね。しかし、その腹黒さというのは男性にも伝わっているのです。今回は、男性が「この子、腹黒そう…」と思う女性の特徴をご紹介します。♥愛想は良いのに周りからの評判が良くない「俺から見るといつもニコニコしているし優しいな~って思うけど、男女問わず友達から聞くと“いや、正直性格そんな良いとは思わない”みたいな話を聞くと、俺には見えない腹黒さを持っているのかなって考えたりする」(28歳/経理)自分から見ると何も悪いところがないように見えるのに、周りから聞く評判は何だか良くない…。こういう状況の女性に出会うと「自分が気づいていないだけで、この子にはどこか腹黒いところがあるのかな…?」なんて考えてしまうのだとか。好きな彼の前では可愛いと思われようと頑張る女性も多くいると思いますが、彼の見えないところでの振る舞いも気をつけるようにしましょう。♥「○○がこんな事を言ってた~」という会話が多い「女子から聞く“○○がこんな事を言ってた~”とか“△△がこんな話してて~”とか、そういうのはちょっと怖い。褒めることじゃなくて悪口とかだと余計に怖く感じる…。俺のことも陰で何か言ってんじゃないかなって」(26歳/金融)彼と話す話題がなかったりすると、共通の知り合いの名前を出してその人のことについて話したりしますよね。そんな女性の様子を見て男性は「この子、いつも誰かの話を人にしているのかな…」と考えるよう。特に「誰々がこんな事を言っていた~」という話題は、男性もどう対応したら良いか分からないことがほとんどです。誰かの話題よりも彼に意識を向けた話題を振って、会話をしていきましょう。♥「いっつも友達扱いされるの~」が口癖「“男の人からいっつも友達扱いされてて~”とか“全然2人で出かけるけど向こうに何とも思われてないよ~”とかいう子を見ると、いやいやありえないから!ってツッコんじゃう。友達扱いされてるんじゃなくて、あわよくばを狙われているだけだから!って感じ」(23歳/大学院生)いつも男性から友達扱いされている~という話も、男性から見ると「いやいや…」となりがち。人によっては「それ言ってモテてるアピール?」と思うこともあるみたいですよ。それが“腹黒いのかも…”と思われる原因になったりもするので、この手の話題は控えた方がベターです。♥地位が高い人に媚びている「職場の飲み会とかで、同僚の女の子が偉い人に媚を売っているのを見ると“うわーやってること腹黒いなあ”って思う。そういう子が結局、上手く世の中を渡っていけるんだろうけど」(26歳/営業)地位が高い人やお金を持っていそうな人と出会うと、どうしても目の色が変わってしまう…という女性もいるでしょう。そうなってしまうのは仕方ありませんが、あまりにもあからさまに出すのはNG。男性は「うわ、そういうところでしか男を見ない腹黒い人なんだ…」と引いてしまいます。上手く立ち回ってどんな立場の人にも平等に接していけるようにしましょう。男性は、意外と女性の言動を見ています。こういった一面が目に入ると腹黒さを感じてしまうため、やっている自覚がもあるなら控えるようにしましょうね。(modelpress編集部)【Not Sponsored 記事】

10
ぬるぺた アニメ情報

ぬるぺた アニメ情報

天才少女「ぬる」は、お姉ちゃんを事故で亡くしてしまう。 でも大丈夫! 持ち前の知識で、大好きだったお姉ちゃん「ぺた」をロボットとしてつくることに成功! ただ、ロボットとして復活したお姉ちゃんは生前よりも、ちょっとちがう? 妹「ぬる」と、姉ロボ「ぺた」が繰り広げる、姉妹ドタバタコメディ! 『お姉ちゃん! コンセント抜けてるよ!』 (あにぶ編集部/あにぶ編集部)

14
パティスリーキハチの“秋スイーツ”を召し上がれ!

パティスリーキハチの“秋スイーツ”を召し上がれ!

「パティスリー キハチ」の各店舗(一部店舗を除く)では、新作3種を含む旬を迎えるぶどうスイーツ計4種と、新作1種を含む深まる秋におすすめの栗スイーツ計2種を8月28日(水)より順次発売する。“ぶどうスイーツ”の新作として登場するのが、ベルガモットが香るブラマンジェに、ミントと白ワインのマスカットのジュレを重ね、さらにシャインマスカットをトッピングした「シャインマスカットのベリーヌ」584円(税込)と、ワインが香るぶどうのジュレに甘酸っぱいブルーベリーを閉じ込め、さわやかな甘さと酸味のナガノパープルを飾った大人の味わいのグラススイーツ「ナガノパープルのベリーヌ」584円(税込)、シャインマスカットを贅沢に丸ごと使用した「季節のロール シャインマスカット」1カット584円/約14cm2268円(いずれも税込)。その他にも、シャインマスカットと安芸クイーン、2種類のぶどうが楽しめる季節限定のショートケーキ「ぶどうのショート」605円(税込)がラインナップしている。“栗スイーツ”には、食感が楽しめる大きさに刻んだ渋皮栗と、コクのあるマスカルポーネクリームを香り豊かなコーヒーシフォン生地で巻き上げた秋限定のロールケーキ「マロンティラミスロール」1カット540円/約14cm2160円(いずれも税込)が新作として登場するほか、「パティスリー キハチ」の定番人気スイーツ「和栗のモンブラン」594円(税込)を取り揃えている。さらに、季節限定商品として「マロングラッセ スペシャリテ」1296円(税込)や、かぼちゃの甘みとキャラメルのほろ苦さが楽しめる「パンプキンモンブラン」562円(税込)、季節限定の詰め合わせギフトも店頭に並ぶのでそちらもお見逃しなく!「パティスリー キハチ」の“秋スイーツ”をいち早く味わってみてはいかが?

15
ユアン・マクレガー、「またオビ=ワン・ケノービを演じるの?」に「イエス!」

ユアン・マクレガー、「またオビ=ワン・ケノービを演じるの?」に「イエス!」

 米カリフォルニア州アナハイムで現地時間23日、ディズニーファンの世界的祭典『D23 Expo2019』が開幕(25日まで)。同日午後、7000人収容のホールD23で行われた、新しいディズニーの映像配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のショーケースが2時間にわたって行われ、ユアン・マクレガーがオビ=ワン・ケノービ役で主演する「スター・ウォーズ」シリーズの新作(タイトル未定)が待機中であることが、正式に発表された。【画像】新作を含む「スター・ウォーズ」シリーズ一覧 ショーケースのトリで紹介されたのが、「スター・ウォーズ」作品。ルーカス・フィルムのキャスリーン・ケネディ社長から、アニメーション作品『スターウォーズ:クローンウォーズ』の新シーズンが2020年2月に配信開始されることや、ドラマ『The Mandalorian(原題:マンダロリアン)』と、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のスピンオフ作品が紹介された後、ケネディ氏は「最後にもう一つアナウンスすることがあるわ」と切り出した。 「これまで話せなかったけれど、大好きな『スター・ウオーズ』ファミリーのメンバーを連れて(ここに)来れることに興奮しているわ」ということばを合図に音楽が盛り上がり、ステージにユアンが登場。割れんばかりの歓声が沸き起こった。 ユアンは「キャスリン、ここいる人たちが目撃者だ、この人たちの目の前で、お願いだから、『僕がまたオビ=ワン・ケノービを演じることになるの?』と、僕に聞いてくれないか?」と、ケネディ氏にねだると、オウム返しに「ユアン、あなたはオビ=ワン・ケノービをもう一度演じるの?」 と尋ねる。 再び盛り上がった歓声を味わうように間を置いて、 ユアンは「イエスだよ」とキキメ顔。「4年間、僕はずっと、『わかないよ。僕らはそれについて話している。もし彼らが電話してきたら、僕はハッピーだよ』と言っていたけど、今、『僕らはそれをやるよ』と言えるのはナイス! すばらしいことだよ」とコメントした。 ケネディ氏は「脚本は出来上がっているので、来年、撮影を始めるのが待ちきれないわ」と、撮影はこれからであることも明かしていた。 ユアンは『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999年)、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002年)、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005年)でオビ=ワン・ケノービを演じた。オビ=ワン・ケノービは、アナキン・スカイウォーカー(後のダース・ベイダー)とルーク・スカイウォーカーの親子にフォースの道を教えた、シリーズ中でも重要な人物の一人。 「Disney+」は、米国で11月12日にサービス開始予定。

16
田中珠里、出演ドラマの地下アイドル役が話題 「サニサイで紅白に出たい」

田中珠里、出演ドラマの地下アイドル役が話題 「サニサイで紅白に出たい」

 NHK総合で放送中のよるドラ『だから私は推しました』(毎週土曜 後11:30~11:59)。地下アイドルと出会い、オタク沼にどんどんハマっていく三十路間近の独身OL、愛(桜井ユキ)の愛と葛藤の物語は後半戦に突入。そんな中、主人公の「推し」がいるアイドルグループ、サニーサイドアップ(以下、サニサイ)が、劇中だけでなく、視聴者の心も掴んで現実世界でも、人気急上昇中だ。サニサイメンバーの一人、凜怜を演じる田中珠里が、「サニサイとして紅白に出たい」と夢を語ってくれた。【場面写真】サニサイの凜怜(田中珠里) 劇中のアイドルグループ、サニーサイドアップは、歌唱力抜群のセンターでリーダーの花梨(松田るか)、ふんわりお嬢様キャラの詩織(松川星)、クールビューティーの凜怜(田中)、元気印の紀子(天木じゅん)、そして、主人公・愛が推すハナ(白石聖)の5人組。 第1回が放送され、第2回が放送される日の日中に行われたイベントには1040人もの観衆が集まり、田中は「想像以上のお客さんが集まってくださって、うれしかったです。私が演じる凜怜のテーマカラーは紫なのですが、全身紫系のコーディネートで応援してくれていた女の子がいて、感動しました」と振り返る。 放送を重ねるごとに、番組ホームページの掲示板には、老若男女から「ドラマもですがサニサイにもドはまりしてしまいました」「サニーサイドアップを実際にデビューさせる気はないのかな?」と、いった趣旨の投稿は、増える一方。サニーサイドアップのパフォーマンスやミュージックビデオ、楽曲のクオリティーがガチなのだ。 こうした意見は田中も望むところ。「撮影が終わっても、またみんなで会いたいね、タコパ(たこ焼きパーティー)しよう、と連絡をとりあっているんです。そんな中で、またみんなと歌えたらいいな、NHKといえば『紅白』だよね、という話もしていました」。 ドラマの撮影中から、すぐに仲良くなったという5人。「一つの楽屋に集まって、みんなで完パケのDVDを観て、感想を言い合ったり、一緒に寝たり、ご飯食べたりしていました。修学旅行というか、楽しすぎる合宿というか。大阪で撮影していたので、たこ焼き、お好み焼き、タピオカのお店にもみんなで並びました(笑)」 サニサイメンバーの素顔について聞くと、「るかさんはメンバーの中で一番年上ということもあって、まさにリーダーとして私たちを引っ張ってくれました。天木じゅんちゃんは、劇中でも元気キャラなんですが、本人も『きょうも元気に行きましょう!』という感じでいつも元気いっぱい。あかりちゃん(松川)は、私服もお嬢様系、聖ちゃんもほぼ役のイメージのまま。私もステージに上がると、クールぶってしまうところがあるので、私たちが持っているものをうまく引き出していただいたんだな、と思います」。 メンバーの仲良しエピソードを聴いたばかりだが、24日放送の第5回では、花梨と、凛怜が大激突する事態に。夏フェス以降、人気も知名度も上がったサニサイにはさまざまな仕事が舞い込んでくるようになるのだが、忙しくなるにつれてメンバーのプロ意識にズレが生じ始める。センターと2番手の衝突は、オタクたちをも巻き込んだ代理戦争になっていく…。 第5回で描かれるような、メンバー同士の対立は、程度の差こそあれ「アイドルあるあるだと思う」と田中。昨年まで、オスカープロモーション主催『全日本国民的美少女コンテスト』のファイナリストで構成された女性アイドルグループ、「X21」の元メンバーとして活動していた経験を持つだけに、「両方の気持ちがわかる」という。 さらに、本作について思い入れたっぷりに語ってくれた。 「モーニング娘。さんや乃木坂46さんなど、女性アイドルグループを応援している女性の方も多いですよね。私もX21の時に、男性ファンだけじゃなく女性ファンも結構いるなと感じていました。女性ファンには、男性ファンにはない“熱さ”がある、気がします。憧れを抱いて応援してくれる方も多くて、私自身も女性のファンの方に憧れてもらえるような自分になろう、と励みにしてきました。なので、このドラマは、いまだからできるドラマだな、と思っていて、そこに携われたことがうれしいです」。 田中自身の目標は「歌える女優」。本作への出演は、オーディションを受けて決まったものだが、目標に向かってどストレートに全力投球できる願ってもないチャンスと捉えたそう。「母も歌手を目指していたほど、歌が上手で。それを聴いて育ったので、自然と私も歌が好きになりました。X21のメンバーとして、メジャーデビューできたのは、母娘2代の夢がかなった瞬間でもあったのですが、これからが本当の戦いだな、と思っているんです」。 同じ事務所の米倉涼子や、「歌える女優」の筆頭である柴咲コウにも憧れるが、なりたい自分をイメージして、次のように語った。「脇を固められる女優として、時に意地悪な人だったり、めちゃくちゃいい人だったり、コミカルなキャラだったり、いろんな役を演じてみたい。主役と共に、あるいはそれ以上に印象に残るような。悪役をやるなら、視聴者から思いっきり嫌われるくらい、役を自分のものにできて、『歌も歌えるらしいよ』と、評判になるような女優になりたい」。実現するために、「一日、一日を大切に過ごしていきたいです」と、話していた。

17
旭山動物園、漫画『こはる日和とアニマルボイス』とコラボ 声優による園内アナウンスなど

旭山動物園、漫画『こはる日和とアニマルボイス』とコラボ 声優による園内アナウンスなど

 『月刊ASUKA』で連載中の北海道を舞台に繰り広げられる動物との触れ合いを描いた漫画『こはる日和とアニマルボイス』(作者:加藤えりこ)が、日本最北の動物園である旭川市旭山動物園とコラボレーションすることが24日、発表された。【画像】動物との触れ合いを描いた原作1ページ 作者の加藤氏が旭川市在住であることと、コミックス第2巻内でも旭山動物園をモチーフとした動物園が登場しているという縁から、コラボ企画が実施される運びとなった。 コラボ内容には、主人公である小野小陽(CV:石井孝英)による園内アナウンスや、加藤氏描き下ろしの旭山動物園の動物紹介イラストの展示などを予定。また、旭山動物園内でも人気の高いキリン舎&かば館内では、小陽によるアミメキリン紹介ボイスを聞くことができる。 開催期間は24日から10月20日まで。

18
星野源を動かす原動力…「好きなこと」と「売れること」どちらも捨てない人生哲学

星野源を動かす原動力…「好きなこと」と「売れること」どちらも捨てない人生哲学

 俳優、アーティスト、文筆業など様々なジャンルで活躍する星野源。そんな彼が、初めて時代劇映画で主演を務めたのが『引越し大名』(8月30日公開)だ。演じたのは、人付き合いが苦手で、いつも書庫にこもり、自分の好きなことだけに没頭する一風変わった侍・片桐春之介。「好きなことを捨てずに前に進む」という生き方が、自分と似ていると言う。今や誰もが知るスターとなった星野を支えた人生哲学、そして今に至る意外な“転機”とは?【写真】星野源が高橋一生をおんぶ?ちょっと萌えそう…な場面写真■演じたのは“職場に引きこもった侍”、「僕もなるべく好きなことしかしたくない」――星野さんが演じた春之介という侍について、どんな印象を持ちましたか?【星野源】江戸時代の社会通念では変わった人なのかもしれませんが、現代社会においては非常にスタンダードな考え方をする人。彼を身近に感じる人も多いのかなと思いました。台本を読んで、自分と似ているところもあるなと感じましたね。――どういった部分が似ているのでしょう?【星野源】“引きこもり侍”と表現されていますが、春之介が特殊なのは、職場に引きこもっているということ。本が大好きで、書庫から出てこない。僕も、“なるべく好きなことしかしたくない”という思いがあるので、そういう部分は似ているなと。学生のころも、授業を受けないでずっとギターの練習をしていたり、演劇の稽古をしていたんです(笑)。――そんな春之介は、自分の意図せぬところで大役に任命され、運命に翻弄されていきます。【星野源】主人公がやりたくないことをやらされて、嫌々ながらも才能を発揮して…という話って結構あると思うんです。でも、僕がこの作品でいいと思うところは、“自分の好きなものを捨てる”という自己犠牲の美徳を伝えているのではなく、好きなことを生かして、周囲を変えて道を切り開いていくところなんです。こういう物語の進み方は、時代劇では珍しいですよね。■見つけたら突き進むべし、「“好きなこと”は人を動かす原動力になる」――やはり、好きなことは突き詰めていくべきですか? 世の中にも、星野さんと同じように授業に出たくない、好きなことだけやりたいけど…と悩む人も多いと思います。【星野源】好きなものに囲まれて自分だけで楽しむのはとても居心地がいいし、それだけをしていたいと思っていた時期もありました。でも僕の場合、一方で人前に立ちたい、ステージに立ちたいという思いもあった。どうにかして両方実現できないか? そう考える性格だったんです。“売れなくても好きなことだけしていたい”という考えでもなかったし、逆に、“好きなものを捨ててまで売れたい”とも思わなかった。わがままというか、どっちも好きで、やりたいことだったんですよね。――なるほど。【星野源】自分の性格をわかっていると、やりやすいのかもしれません。そういう意味で、“好きなこと”は人を動かす原動力になる。人はどうしても、言い訳をしたり、自分を偽ってごまかしたりしてしまいがちですが、しっかり自分の好きなものを捨てなかった春之介の生き方はとても面白いと思う。だから、好きなことを見つけたら突き進んだ方がいいと思います。■「外見と内面のギャップ」のせい? 回ってくるのは“一筋縄ではいかない役”――本作もそうですが、星野さんがこれまで演じてきた役は、一筋縄ではいかないような個性的で多面的な役柄が多いような気がします。【星野源】「この役を星野に」と言ってくださる方が、殻を破り、最終的は爆発するような、スタートと終着点が違うような役を、僕に与えたいと思ってくださるのかもしれませんね。――そういう役のオファーが多いのは、星野さんが多面的に見えるから?【星野源】どうなんでしょう。あまり自分を多面的な人間だと感じたことはなくて、わりと単純だと思っているんですが。ただ、外見はまったりしていて大人しそうに見えるのに、内側は活発でやりたいことがいっぱい…みたいな(笑)、そんなギャップを感じていただけているのかもしれません。――一筋縄でいかなそうな役のオファーは嬉しいですか?【星野源】そうですね。さらに、もっとムチャクチャな役をやりたいです(笑)。最近はあまりやれていませんが、宮藤(官九郎)さんが昔書いてくださったような、ムチャクチャな感じのコメディもやりたいです。死ぬほど悪い役とかもいいですね。――色々な人や出来事との出会いで春之介は大きく変わっていきますが、星野さん自身、自分が大きく変わったと思った出来事はありましたか?【星野源】歌は、30歳ぐらいまでは自分の中だけでこっそりやっていたんです。歌うことは好きだったのですが、それが批判にさらされるのが怖くて…。でも29歳のとき、ソロアルバムのお話をいただいたんです。ただ、僕が作るとものすごく暗い歌になってしまうと思って、躊躇していて…。そんなとき、ある人から「どうせなら、とんでもなく暗い歌を作ってみれば?」と言われて、一歩踏み出しました。『ばかのうた』(2010年)というアルバムだったのですが、発表してみたら喜んでくださる方がたくさんいた。自分が「ダメだ」と思い込んでいても、すごく良いと思ってくれる人もいると知って、見える景色が大きく変わりました。――そんな星野さんも、いまや歌に芝居に大活躍で、2月には5大ドームツアーも開催。取り巻く環境は大きく変わったのではないでしょうか?【星野源】その時々で変わっていくものだと思います。ドームツアーでお客さんと対峙したときも、温かく迎えていただき、みなさんがすごく楽しんでくださった。ドームのような大きな場所でも、ちゃんとファンとコミュニケーションが取れることが実感できて、幸せな気分になりました。――メジャーになればなるほど、ファンとの距離が遠くなってしまいがちですが、そういう気持ちになれたのは大きなことですね。【星野源】物理的な距離に縛られがちですが、そもそもが、演者とファンの距離というのは、キャパが広かろうが狭かろうが、ものすごく遠いものだと思うんです。というか別の次元、もちろんどちらが上とか下とかいうことではなく、別の場所にいるんですよ。そのなかで、どれだけ精神的な距離が近くいられるか。どうやってもその距離は変わらないのだという前提の中で対峙をしなければ、心の距離は縮まらないと思うんです。その意味で、今回のドームツアーで心の距離が変わらないと感じられたのは大きな収穫でした。(文:磯部正和)

19
西野七瀬 写真集TOP20返り咲き 8月に入り2作ランキング再上昇

西野七瀬 写真集TOP20返り咲き 8月に入り2作ランキング再上昇

 西野七瀬の写真集が好調だ。8月に入って再びランキングを上昇しており、最新の8/26付オリコン週間BOOKランキングジャンル別「写真集」で、1stフォトブック『わたしのこと』(2018年5月発売)が19位にランクイン。2nd写真集『風を着替えて』(2016年9月発売)も32位へと上昇している。【画像】くびれがキュッ!プールサイドに寝そべる西野七瀬 昨年5月の発売から1年以上のロングヒットを続けている『わたしのこと』は、19年7/22付で4ヶ月ぶりにTOP20入り。その後、8/5付の30位から、8/12付で28位、8/19付で27位、そして今週の8/26付で19位と再びTOP20に返り咲き。 一方、まもなく発売から3年が経つ『風を着替えて』も、7/1付で39位に再浮上後、30~40位を推移。8/5付では圏外だったが、8/12付で36位、さらに8/19付で33位、8/26付で32位と毎週ランクアップしている。両作ともに8月に入ってから、順位を再上昇させている。 西野といえば、今期連ドラNo.1の話題作となっている『あなたの番です-反撃編-』(日本テレビ系)のメインキャストの1人であり、謎が謎を呼ぶサスペンスミステリーの最重要人物として、SNS考察を楽しむ視聴者から注目されている。4月のスタートから2期にわたっての露出、加えてストーリーが佳境を迎えるタイミングで物語のカギとなるキャラクターを演じていることでの注目度のアップが重なり、もともとのフォトジェニックな容姿や彼女の人柄に関心を持つ人が増えていることがうかがえる。 ドラマは最終話に向かってさらに盛り上がっていきそうだ。8月に入って絶好調の西野写真集のこの先の動向にも期待したい。

20
彼が喜ぶ「感謝を伝えるタイミング」4つ

彼が喜ぶ「感謝を伝えるタイミング」4つ

彼氏にとって嬉しい瞬間のひとつが、彼女から感謝されたとき。日常の、ほんの些細なことに対して感謝されるだけでも、思わず幸せになってしまうものです。どんなときに感謝を伝えられるか、あなたも言えそうなタイミングを探してみませんか?〇〇してくれてありがとう彼になにかしてもらったときには、感謝を忘れずに伝えましょう。できるなら、「○○してくれて」と、理由を付けて感謝を伝えるのがベスト!ただ「ありがとう~」と言うより、温かい心を届けられます。たとえば、「迎えにきてくれてすごく助かったよ~!ありがとう!」と言ったり、「いつも褒めてくれてありがとう!」と言ったりすると、彼氏も「これからもがんばろうかな!」と、思ってくれるはずです。一緒に来てくれてありがとうこれは「ふたり一緒」を強調する感謝です。たとえば、見たい映画や舞台・コンサートに彼が付き合ってくれたときに言ってみましょう。彼のほうはそれほど好きじゃないのに、一緒に来てくれたり、忙しいなか時間を作ってくれたりしたのかもしれませんよね?そんなとき、「一緒に来てくれてありがとう」といえば、「この彼女の笑顔が見れるなら、どこへでもついていくぞー!」なんて、思わせられるかも。彼が行きたい場所についていくときにも、一言、誘ってくれたことに感謝していると伝えてみてください。きっとまた彼は、あなたを誘いたくなるはずです。電話くれてありがとういまどきのカップルなら、たいていの場合連絡はLINEで取りあうことが多いかと思います。でも、電話をしてもらえれば、彼の声を聞くことができます。大好きな彼なら、声を聴けるだけで嬉しい!そんな気持ちを大切にして、「電話をくれてありがとう」を伝えてみましょう。特に、体調が悪いときや、仕事で疲れているときなど。なにか悩みがあったり、嫌なことがあったりしたときは、彼に相談や愚痴を聞いてもらうついでに、「電話くれてありがとね。ちょっと元気出たよ」と感謝を伝えられます。ただ何気なく電話したという彼に、電話ありがとうと伝えるのもおすすめです。H後のありがとうHのあとに感謝の言葉は、少し恥ずかしいかもしれませんが、いまの気持ちと、具体的に何が嬉しかったのかをプラスすれば、自然に「ありがとう」が言えるかもしれません。たとえば、「気持ちよかったよ、ありがとう」や、「私のことわかってくれてるの嬉しい!ありがとう!」などと伝えてみるのはいかがでしょう?いつもより気持ちよかったときや、自分の好みにあったことをしてくれたときに伝えれば、次からも続けてくれるので、一石二鳥です!おわりに感謝できるポイントを見つければ、それだけ自身が得ている幸せにも気づくことができますよ。そして、それを伝えれられた彼氏も幸せになれるので、小さな感謝は、大きな幸せに繋がっていきます。いつでも丁寧に彼を想う気持ちを忘れずにいれば、きっとよりよい関係を築いていけるはずです。(橘 遥祐/ライター)(愛カツ編集部)

21
10月にアニメとデータカードダス『アイカツオンパレード!』登場!「レジェンドプレミアムドレス」「アイドル総選挙」で『アイカツ!』『アイカツスターズ!』『アイカツフレンズ!』が熱い!! 【アニメニュース】

10月にアニメとデータカードダス『アイカツオンパレード!』登場!「レジェンドプレミアムドレス」「アイドル総選挙」で『アイカツ!』『アイカツスターズ!』『アイカツフレンズ!』が熱い!! 【アニメニュース】

2019年10月より、『アイカツ!』シリーズのアニメ&データカードダスが新シリーズへ! 『アイカツオンパレード!』が登場!! アニメ最新作『アイカツオンパレード!』は、10月5日(土)午前10:30から放送開始。 […]投稿 10月にアニメとデータカードダス『アイカツオンパレード!』登場!「レジェンドプレミアムドレス」「アイドル総選挙」で『アイカツ!』『アイカツスターズ!』『アイカツフレンズ!』が熱い!! は あにぶニュース に最初に表示されました。 このニュース記事の本文は、あにぶニュースサイトで更に詳しく読むことができます。ここをクリックしてください。(あにぶ編集部/あにぶニュース)

22
「ポケモンセンター・ハロウィンキャンペーン」でハロウィンルカリオをゲット!フィギュア「オーキド博士 with フシギダネ」、ソード・シールド「バトルスタジアム」もチェック! 【アニメニュース】

「ポケモンセンター・ハロウィンキャンペーン」でハロウィンルカリオをゲット!フィギュア「オーキド博士 with フシギダネ」、ソード・シールド「バトルスタジアム」もチェック! 【アニメニュース】

2019年9月7日(土)~10月31日(木)の期間中、「ポケモンセンター・ハロウィンキャンペーン」を開催!! 9月7日(土)から、全国のポケモンセンター・ポケモンストアで「ポケモンセンター・ハロウィンキャンペーン」を開催 […]投稿 「ポケモンセンター・ハロウィンキャンペーン」でハロウィンルカリオをゲット!フィギュア「オーキド博士 with フシギダネ」、ソード・シールド「バトルスタジアム」もチェック! は あにぶニュース に最初に表示されました。 このニュース記事の本文は、あにぶニュースサイトで更に詳しく読むことができます。ここをクリックしてください。(あにぶ編集部/あにぶニュース)

23
ライフル・イズ・ビューティフル アニメ情報

ライフル・イズ・ビューティフル アニメ情報

距離10m、直径1mm、弾数60発、競技時間45分 硬いジャケットを身にまとい、 見た目よりもずっと気力を振り絞る過酷な勝負の世界 ──ビームライフル競技。 ……のはずが、誰もわかってくれないのが 知名度の低いスポーツのつらいところ。 でも私、世界を目指してます! 千鳥高校に偶然集った、 小倉ひかり、渋沢泉水、姪浜エリカ、五十嵐雪緒 の女子高生4人がおくる、ゆるーいけどひたむきな射撃部ライフ!! (あにぶ編集部/あにぶ編集部)

24
無限の住人-IMMORTAL- アニメ情報

無限の住人-IMMORTAL- アニメ情報

武士というものがまだ存在していた江戸の世──。百人斬りと呼ばれた【不死身】の男がいた。その男の名は「万次」。万次は、父母を殺され復讐を誓う少女「凜」と出会う。凜は万次に、復讐の旅の用心棒になってくれないかと言う。初めは断る万次だが、凜に亡くした妹の面影を見た。一人では危うい凜の姿に、仕方なく手を貸すことに決める。しかし凜の仇は、剣の道を極めんとする集団──逸刀流。それは、不死身の万次すら追いつめる凄絶な死闘の始まりを意味していた。 (あにぶ編集部/あにぶ編集部)

25
ガンダムビルドダイバーズRe:RISE アニメ情報

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE アニメ情報

伝説のフォース、ビルドダイバーズがELダイバーを救った第2次有志連合戦から2年。その舞台となったガンプラバトル・ネクサスオンライン(GBN)は感覚をフィードバックしてより臨場感のあるプレイが楽しめるようにバージョンアップしていた。 しかし、さらに盛り上がりを見せるGBNとは関係なく、様々な想いでプレイするダイバー達もいる。傭兵プレイを続けながらディメンション(※電脳仮想空間)をひとりさまようダイバー、ヒロト。憧れの存在を目指し、様々なパーティを渡り歩くが孤高のお調子者ダイバー、カザミ。ガンプラバトルに明け暮れ、謎めいた雰囲気を漂わせるソロダイバー、メイ。協力プレイに興味を持ちながら、引っ込み思案でいまだそのきっかけを掴めずにいるひとりぼっちの初心者ダイバー、パルヴィーズ。 それぞれが孤独な彼らは、ある出来事がきっかけでもうひとつの「ビルドダイバーズ」を結成してしまうことになる。ヒロト達を待ち受けていたのは、GBNをこえる果てしない超体験だった。 (あにぶ編集部/あにぶ編集部)

26
神田川JET GIRLS アニメ情報

神田川JET GIRLS アニメ情報

マシンを操作する「ジェッター」とウォーターガンで対戦相手を攻撃する 「シューター」の二人一組でマシンに乗り、 水面を駆けるスポーツ「ジェットレース」がメジャーとなった世界。 伝説のジェッターを母に持ち、自身もジェットレーサーを夢見る波黄 凛は、 故郷の島を旅立ち、東京・浅草へとやってくる。 そこでクールな美少女、蒼井ミサと出会い、ふたりはパートナーに。 ライバルたちとレースを繰り広げながら少しずつ絆を深めていく。 (あにぶ編集部/あにぶ編集部)

27
XL上司。 アニメ情報

XL上司。 アニメ情報

「滅多にないXLサイズなら…ココにある」友達の紹介で、XLのゴムモニターになってしまった咲。彼氏もいないのに絶対ムリ…!とヤケ酒を飲んだ夜、自宅まで送ってくれた鬼上司・須藤さんに大量のゴムを見られてしまう!「何発ヤるつもりだ…?」って、ち、違うんです!!!事情を話すと、須藤さんが秘めたモノを露わにし――犬猿の上司と、XLゴムモニター…しかも全種類を制覇って…嘘でしょ!?(あにぶ編集部/あにぶ編集部)

28
浦島坂田船の日常 アニメ情報

浦島坂田船の日常 アニメ情報

学校生活ーー それは誰もが一度は経験する かけがえのない日々。 クラスの人気者になれば 誰もが羨むハイスクールデイズを 送れると相場は決まっていた。 転入生であるうらたは 高校デビューを華麗に決めようと どきどきしながら教室の扉を 開こうとしたーーその時だった。 立ち塞がったのは 同じく高校生の志麻、坂田、センラ! 彼らは敵か味方か、 それとも一体……!? わくわくどきどきな 転校”青春”ストーリーが 今、幕を開けるーー! (あにぶ編集部/あにぶ編集部)

29
アフリカのサラリーマン アニメ情報

アフリカのサラリーマン アニメ情報

サバンナも食物連鎖もカンケーない。日本的社会を生きるアフリカのサラリーマンの汗と涙の社蓄コメディ☆アフリカの大手企業に勤める、ライオン、オオハシ、トカゲの3人もとい3匹が織りなすのは、荒ぶる暴言&奇行で日本人的社会を突破する日々。プロジェクトの無理強い、容赦ない減給・・・。人間以上に世知辛いサラリーマン生活を、アニマルたちが大奮闘! 日本中のサラリーマンが共感すること必至! サバンナも食物連鎖も完全に忘れ去った、アニマル会社員の日常がここに!! (あにぶ編集部/あにぶ編集部)

30
ロバート・ダウニー・Jr.、ディズニー・レジェンド授賞式で爆笑スピーチ

ロバート・ダウニー・Jr.、ディズニー・レジェンド授賞式で爆笑スピーチ

 米カリフォルニア州アナハイムのコンベンションセンターで現地時間23日、ディズニーファンの世界的祭典『D23 Expo2019』が開幕(25日まで)。7000人収容のホールD23で最初に行われた「ディズニー・レジェンド授賞式」には、「アイアンマン」「アベンジャーズ」シリーズのロバート・ダウニー・Jr.や、『アイアンマン』『アイアンマン2』の監督、「アベンジャーズ」シリーズ製作総指揮、『ライオン・キング』では監督を務めたジョン・ファヴローなどが出席した。【画像】新作を含む「スター・ウォーズ」シリーズ一覧 オープニングは、クリスティーナ・アギレラがアニメーション映画『ムーラン』の主題歌「リフレクション」を熱唱し、満員の会場を一気に盛り上げた。同イベントは、ウォルト・ディズニー・カンパニーの会長兼CEOボブ・アイガー氏が主催し、同カンパニーに多大な創造的貢献をした個人を表彰するもの。 最初に紹介されたのが、ロバート・ダウニー・Jr.。セレモニーが始まる前、ジョン・ファヴローと自撮りをするなど、リラックスした雰囲気を漂わせていたが、受賞者スピーチでもマイペースぶりを発揮。いきなりの爆弾発言でファンの心をわしづかみにした。 「初めてディズニーランドに行った時、僕は逮捕されて、全然違うところに連れて行かれました。そこの人たちは驚くほど優しかったんですけど(笑)、僕は許可なしでゴンドラの下でマリファナを吸っていたということで捕まったんです。でも、ゴンドラでマリファナを吸っていい許可ってあるのですかね?」。そんな毒舌に、アイガー会長兼CEOは思わず苦笑い。 ひとしきり笑いが収まると、少し真面目にスピーチを再開。「今日は特別な日になるだろうと、僕は感じていました。今日の受賞者はみんな、とても多様で、非常に優れた人々。僕は、トニー(アイアンマン=トニー・スターク)をこんなに長いこと演じることができ、テクノロジーは人類にとっていいものを与えることもできれば、逆に破壊を導くこともできるというテーマを語ることができました。それは僕がいただいたすばらしいギフトです」と語った。 「これはファンの皆さんのおかげです。これからも拡大し続けるマーベル・シネマティック・ユニバースの一部に、僕はずっと存在していけるのです」と、感謝を伝えると、割れんばかりの大歓声。「ということで、未来へ乾杯」と結んで、さっそうとステージから去っていった。 今回の受賞者は12人で、ロバート・ダウニーJr、ジョン・ファヴロー、クリスティーナ・アギレラ、ケニー・オルテガ(映画監督、振付師、プロデューサー)、ダイアン・ソーヤー(ジャーナリスト)、ウィング・T・チャオ(デザイナー)、バーネット・リッチ(振付師)、ロビン・ロバーツ(キャスター)、ミン・ナ・ウェン(女優)が出席。「スター・ウォーズ」シリーズでダース・ベイダーの声を長年担当したジェームズ・アール・ジョーンズ(声優)はビデオレターを寄せ、ベット・ミドラー(歌手)は娘が登壇し、メッセージを代読した。 ディズニー・レジェンドは、1987年に俳優のフレッド・マクマリーを表彰したのにはじまり、今年の受賞者を含め290人を数える。なお、『D23 Expo』は、2009年にはじまり、11年、13年、15年、17年に行われ、今回が6回目。全米及び、世界47の国と地域のディズニーファンがチケットを購入したとアナウンスされている。

カテゴリ