June17日(Thu)のランキング

1
AKB48超人気メンバー“銀髪の女性生徒会長”に大胆変身 『ぐるナイ』コスプレ企画に登場

AKB48超人気メンバー“銀髪の女性生徒会長”に大胆変身 『ぐるナイ』コスプレ企画に登場

 17日放送の日本テレビ系バラエティー『ぐるぐるナインティナイン』(後7:56)では、コスプレをしている有名人を当てる「ダレダレ?コスプレショー」を行う。【動画】AKB48超人気メンバー“銀髪の女性生徒会長”に変身 『ぐるナイ』コスプレ企画 司会を矢部浩之とぼる塾・あんりが務め、レポーターの岡村隆史もコスプレ姿で進行。回答者はフットボールアワー後藤輝基、森川葵、ぼる塾の田辺智加ときりやが務める。 興行収入400億円超えのあの大ヒットアニメ映画の“ピンクに毛先が黄緑ヘアー”が特徴的なキャラで登場したのは大物芸人M。斜めに構えた立ち姿だが「この角度から動けない」と言われるほど顔にヒントが隠されている。アニメ同様の殺陣さばきは矢部に「若さは感じない!」と突っ込まれるも、エアロビではうって変わってノリノリでスタジオ大盛り上がりとなる。 俳優Hは本人たっての希望で、この春“シリーズ最終章”と話題沸騰のアニメ映画のイケメンキャラになりきって登場。出てきた瞬間「カッコイイ!」と女性陣はメロメロも、リクエストされた「泣きの演技」でまさかの展開が待ち受ける。さらに、超人気学園漫画の“銀髪の女性生徒会長”で登場したのは現役AKB48の超人気メンバー。美しい顔立ちでスタイル抜群も、知性チェックで天然な一面がさく裂する。さらに美声が特徴の芸人Kやナイナイと因縁の関係の女性タレントMもノリノリで大胆に大変身する。 番組ではそのほか、有名人たちがアバター姿で大喜利に挑戦する「アバター大喜利」が行われる。

2
堀未央奈、胸元チラリなキャミ姿「セクシー!」「デコルテ綺麗」

堀未央奈、胸元チラリなキャミ姿「セクシー!」「デコルテ綺麗」

 元乃木坂46のメンバーで女優の堀未央奈が16日、自身のインスタグラムを更新。胸元チラリな肌見せショットを公開した。【写真】「妖艶」「透明感すごい!!!」キャミから胸元チラリな堀未央奈 自身のフォトブック『乃木坂46卒業記念 堀 未央奈 1stフォトブック いつのまにか』(主婦と生活社)が発売中の堀は、「1st photo book love team」というコメントとともに撮影カットをアップ。胸元がチラリとのぞくキャミソールワンピースをまとい、美麗なデコルテなど透き通るような色白美肌を披露した。 ファンからは「最高傑作です!」「絵になる女性」「これはセクシーでラブリー!!」「肌白くて艶やか」「デコルテ綺麗」「妖艶」「この未央奈ちゃんの甘甘な感じが超すきもう」「透明感すごい!!!」「めっちゃセクシー!」など悶絶コメントが相次いでいる。

3
乃木坂46秋元真夏の“とんかつラジオ”大反響 ツイッタートレンド1位獲得

乃木坂46秋元真夏の“とんかつラジオ”大反響 ツイッタートレンド1位獲得

 文化放送は、13日深夜にASMR特番『とんかつ特番 feat.秋元真夏(乃木坂46)~「国民の嫁・秋元真夏」がファン全員にとんかつをひたすら作り続ける音をお届けしてみた。本人は一切しゃべりませんのでご了承いただけますと幸いですSP~』(深2:00)を放送。タイトル通りのシュールな内容に反響が相次ぎ、番組推奨ハッシュタグの「#とんかつ特番」が番組終了直後にツイッタートレンドで1位を獲得した。【写真】できあがった“とんかつ”を笑顔でアピールする秋元真夏 同番組は、一昨年末から始まった高音質の音の魅力にフォーカスした長尺の“ASMR”特番シリーズで、今回が第10弾。料理上手で「国民の嫁」と呼ばれる、乃木坂46のキャプテン・秋元真夏が、得意料理のひとつであるとんかつを90分間ひたすら作り続ける音を届ける。 “ASMR”特番シリーズ放送10回目を記念し、初めてタレントを迎えて放送。依然続くコロナ禍において「ちゃんと食べて難局を乗り越えよう」というコンセプトを掲げ、多くの人が好むもの、意外性があるもの、ASMR音声が心地良いものから「とんかつ」を作る音を取り上げる番組を企画し、秋元の起用を決定した。 番組ではキッチンスタジオにて、秋元の耳元にASMR用のマイクを付けた状態で実際に秋元がとんかつを作り、臨場感のある音を収録。これまでと同様に“音のプロ”である文化放送の音声技術スタッフが、すぐそばでとんかつを作っている感覚が味わえる「3Dオーディオ」技術を駆使して演出・編集し、AM放送では実現できない番組に仕上げた。 ツイッターでは「食べたくなるなぁ。とんかつを切る音がたまりません。思わず出ちゃう独り言が可愛かった」「不思議と調理工程の映像が浮かび上がってきました。蛇口から落ちた水がシンクに触れる瞬間の音がすごくよかったです」「ホンマにすぐ近くで作ってるかのような臨場感でしたね。面白かった」「卵をかき混ぜてると思われる音が一番好きでした」「とんかつ揚げる音が耳から離れない」などの感想があふれた。 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

4
Nissy新曲「Do Do」MV公開 コロナ禍のエンタメ業界への想いを込めた作品に

Nissy新曲「Do Do」MV公開 コロナ禍のエンタメ業界への想いを込めた作品に

 NissyことAAAの西島隆弘が17日、新曲「Do Do」を配信リリースし、ミュージックビデオ(MV)を公開した。【動画】NissyのフルCGでのドームライブシーンにも注目「Do Do」MV 色鮮やかな雰囲気の中で軽やかに展開するMVの冒頭は、前作「Say Yes」MVから続くようにスタート。コロナ禍でエンターテインメント業界が深刻な打撃を受けるなか、それに対する想いが込められた作品となっている。 「ライブをやりたい」との想いがあふれ、気づくとそこにはステージが出現。オーディエンスの歓声を受け、コロナ禍以前のようにライブパフォーマンスを披露する。 しかし、それは想像の世界の出来事。現実にはステージもダンサーもオーディエンスも誰もいない。そこにあるのはコロナ禍の「今」だけ。さまざまなことに制限がかかったこの状況に向き合っているすべての人々の想いに通じる作品となっている。フルCGでのドームライブシーンや異空間の部屋の中でのNissyにも注目だ。  MVの最後には次回予告として、「Do Do」BackStage ver.の映像が一部公開されている。

5
安倍なつみ、3年ぶりメディア露出は子どもも大好きな『パウ・パトロール』 映画吹替初挑戦

安倍なつみ、3年ぶりメディア露出は子どもも大好きな『パウ・パトロール』 映画吹替初挑戦

 タレントの安倍なつみが、子どもたちに人気のアニメシリーズを映画化した『パウ・パトロール ザ・ムービー』(8月20日公開)の新キャラクター、ダックスフンドのリバティ役の吹替を担当することが17日、わかった。安倍は2018年5月のベストマザー賞以来、約3年ぶりのメディア露出となり、さらに本作が映画吹替え初挑戦。現在2歳&4歳の息子のママである安倍は、親子そろって『パウ・パトロール』のファンだったことから今回の起用につながった。【画像】映画『パウ・パトロール ザ・ムービー』ポスタービジュアル 巻き起こるさまざまなトラブルを、正義の味方でキュートな子犬たちがパウっと解決! 「パウフェクト!」を合い言葉に、みんなに元気と笑顔を届けているアニメシリーズ『パウ・パトロール』。2019年4月よりテレビ東京系で放送中(毎週金曜 後5:55)、NetflixやAmazon primeなどでも配信されており、男児女児関係なく子どもたちから注目を集めている。 安倍が演じるリバティは、大都会のアドベンチャーシティで暮らしつつも、下町育ちで元気いっぱい好奇心旺盛な女の子。ひょんなことからパウ・パトロールへ任務を依頼し、自らも手伝うことに。悪いことがあれば恐れず、すぐに立ち上がるリバティの誠実さややる気は、パウ・パトロールの仲間たちとも相性抜群! パウフェクトなチームワークで大活躍していく。 子どもとアニメを観る機会が増え、吹替えにも興味があったという安倍は「3年ぶりということもあり緊張もしましたが、ワクワクとした気持ちのほうが勝っています。アフレコをやっていてもそうですが、この映画の中でリバティがどんなふうに活躍するんだろうと演じながらワクワク楽しんで演じました。この作品は、お子さんはもちろん、親も夢中になれるような作品になっていて、映像も音楽も全てにおいてパウジョンアップしています。みんなで観に行って楽しんで、家族で盛り上がってもらえればなと思うので、楽しみに待っていて欲しいです。私自身も8月の公開が待ち遠しくて仕方ないです!」と、喜びのコメントを寄せている。 今回、ポスタービジュアルもあわせて解禁された。キュートなビジュアルが印象的なリバティの姿はもちろん、パウ・パトロールの仲間たちが住むアドベンチャー・ベイから、新たに本作でアドベンチャーシティへ飛び出すリーダーのケント、警察犬のシェパード”チェイス”や、消防犬のダルメシアン”マーシャル”、工場作業が得意なブルドッグの”ラブル”など、お馴染みのパウ・パトロールたちが集結。困った人々を助けるため、ポリスカーやファイヤートラック、フライングヘリなどを大都会で乗りこなし、パウッと出動する彼らの活躍に期待が膨らむビジュアルとなっている。

6
NiziU、大好きな「たまごっち」とコラボ「夢のよう」 RIMAは4つ同時に育てた思い出も

NiziU、大好きな「たまごっち」とコラボ「夢のよう」 RIMAは4つ同時に育てた思い出も

 9人組ガールズグループ・NiziUが、誕生25周年を迎えるバンダイの携帯型育成玩具「たまごっち」シリーズの新商品「たまごっちスマート」(11月23日発売)のスペシャルサポーターに就任したことが明らかになった。【動画】NiziUがトランポリンに挑戦したティザー映像&メイキングも NiziUは「私たちはデビューしてまだ半年ほどですが、たまごっちは今年でデビュー25年ということで大大大先輩です。そんな大先輩の25周年という大切な年を一緒に盛り上げていけるのは本当に嬉しいです」とコメント。メンバーが生まれる前の1996年の発売当時に一世を風靡し、社会現象となったが、メンバーも子どもの頃は「たまごっち」で遊んでいたという。 MIIHIは「小学生くらいのときにたまごっちにハマっていて、家に帰ってきたらすぐにたまごっちをしたり、お友達の家に行くときもたまごっちを持って通信をしていました。ごはんとかおやつをあげて、ずっとたまごっちをやっていたなという思い出があります」と回想。 RIMAは「私の子どもの頃の思い出といえば、たまごっちなんです。たまごっちの大ファンで、おばあちゃんの家に行く電車の中で、たまごっち4台を首からぶら下げて、必死に全部育ててました(笑)」と楽しそうに振り返り、MAYAも「小さい頃からたまごっちが本当に大好きで、スペシャルサポーターとしてコラボすることが出来て、本当に夢のようです」と胸を高鳴らせた。 誕生25周年を記念して11月23日に発売される新商品の「たまごっちスマート」は、たまごっちがスマートウォッチ化。ユーザーが答えた質問の内容を記憶して話したり行動したりと、育て方によって成長するキャラクターが変化する。 タッチ液晶とマイクを搭載したことにより、頭をなでたり、話しかけたりといったコミュニケーションを取れば取るほど、ユーザーに懐くたまごっちに成長。カウントされた歩数によってもたまごっちのリアクションが変化したり、動きを検知して遊べるダンスゲームなども楽しめる。■NiziUメンバー歓喜「私のたまごっち進化した!」 「たまごっちスマート」のティザームービーでは、NiziUがたまごの殻を破って“誕生”する撮影が行われた。実際に「たまごっちスマート」を身に着けたメンバーは、タッチパネルを操作しながらお互いに画面を見せ合い、「かわいい!」「見て見て!」「私のたまごっち進化した!」「服買ってあげたい!」と大はしゃぎ。メンバー全員が我が子のようにたまごっちをかわいがった。 トランポリンでの撮影はメンバーが見守る中で一人ずつ行われ、自宅にもトランポリンがあるというRIOがトップバッターを買って出た。メンバーは「さすが私たちのRIO!」「トランポリン選手みたい!」と絶賛し、ラスト3ショットと声をかけられると、3回全て違うポーズを決め、メンバーから拍手が沸き起こった。 AYAKAはバランスを崩しても、笑顔は一切崩さず。NINAは飛びながら空中で髪の毛を後ろに流す仕草を見せ、監督は思わず「いいね~!」と称賛した。逆に万能型のリーダーMAKOは恐る恐るのジャンプで高さが出ず、監督から「トランポリンの意味がないからもう少し飛ぼう!(笑)」と指摘されて笑いが起こる場面も。「怖い、大丈夫かな…」と心配そうにトランポリンに向かったMAYAに向けては、メンバーがMAYAコールで応援した。 「行ってきます!」と自信たっぷりのRIMAは、体操選手のようなポーズをとったり、監督からのリクエストも難なくクリア。MIIHIがウサギのようにぴょんぴょん跳ねると、メンバーからは「私たちのトッキー!(ウサギ)」と声が上がった。はじめはジャンプをするたびに「キャー!」と叫んでいたものの、次第にこれまで誰もやっていなかった新しいポーズを次々と繰り出した。 MAYUKAは終始満面の笑顔で飛び続け、空中でスカートを持つアレンジを自ら加える余裕も。「エビ反りをしてみよう!」という監督のリクエストにも完璧に応えた。トリを任されたRIKUは監督の期待どおり、さまざまなポーズを確実に決め、メンバーから「(腕の)たまごっち見せてー!」とリクエストされるとすぐさま対応。大きなリアクションでスタジオを盛り上げた。 「たまごっちスマート」の公式サイトやYouTubeのバンダイ公式チャンネルでは、このティザームービーやスペシャルサポーター就任コメントなどを公開中。

7
『たまごっち』25周年最新機種が11・23発売 スマートウォッチ化&タッチ液晶を採用

『たまごっち』25周年最新機種が11・23発売 スマートウォッチ化&タッチ液晶を採用

 1996年の発売開始から25周年を迎える携帯型育成玩具『たまごっち』。シリーズ最新機種となる『Tamagotchi Smart(たまごっちスマート)』が11月23日に発売されることが17日、発表された。「スマートなたまごっち」をコンセプトに、時代に合わせた新機能を搭載し、スマートウォッチのように身に着けられるウェアラブル型と、タッチ液晶を採用した。【動画】NiziUがトランポリンに挑戦したティザー映像&メイキングも 『たまごっち』は、発売から約2年半で、全世界にて累計約4000万個を販売し、社会現象となるほどのブームを巻き起こした。その後、2004年に『かえってきた!たまごっちプラス』を発売し、赤外線通信機能による通信遊びが話題に。「たまごっちプラスシリーズ」以降、全世界で累計約4300万個以上を販売し、1996年からこれまでに累計8300万個以上を販売した。 最新機種発売に先駆け、バンダイナムコグループの公式通販サイト「プレミアムバンダイ」にてきょう17日~7月2日まで『Tamagotchi Smart 25thアニバーサリーセット』の先行抽選販売が実施される。 また、9人組ガールズグループ・NiziUが本商品のスペシャルサポーターに就任。タイアップ動画が順次公開される。■『Tamagotchi Smart』4つの進化ポイント進化1:あなたに懐くたまごっちお世話をすればするほどたまごっちが懐いてくれて、会話が増えたり、あなたの好みを覚える。あまり懐いていないと会話や態度に距離を感じることがあるかもしれません。進化2:タッチとマイクで触れ合えるタッチ液晶でたまごっちの頭を撫でて喜ばせたり、マイク機能で声をかけて反応を楽しんだり、より直接的なコミュニケーションをとれる。進化3:ウェアラブル型でいつでも一緒スマートウォッチのように身に着けられる形状を採用し、ウェアラブル型ならではの遊びも搭載している。進化4:「たまスマカード」であなた好みのスタイルに本商品の連動アイテム「たまスマカード」(11月23日発売、1100円税別)を本体に挿入すると、育てられるたまごっちやカスタマイズ用のさまざまなアイテムを本体内にダウンロードすることができる。多種多様なテーマでシリーズとして継続的に展開予定。■『Tamagotchi Smart(たまごっちスマート)』の概要発売日:2021年11月23日(火・祝)価格:6380 円(+税)種類:全2色(コーラルピンク/ミントブルー)サイズ:【本体】W 約55ミリ×H 約65ミリ×D 約20ミリ(本体部分)※ベルトサイズは約12.5センチ~18.5センチ に対応、【パッケージ】W 約120ミリ×H 約110ミリ×D 約70ミリ電池:リチウムイオン電池(充電式)販売ルート:全国の玩具店、百貨店・家電店・量販店の玩具売り場、オンラインショップなど

8
“UQ三姉妹”新CM 深田恭子&永野芽郁が“分身” 次から次へと登場

“UQ三姉妹”新CM 深田恭子&永野芽郁が“分身” 次から次へと登場

 女優・深田恭子、多部未華子、永野芽郁が“UQ三姉妹”として出演する『UQ mobile』(KDDI)の新TVCM「深田さんがいっぱい」篇、「永野さんがいっぱい」篇が17日より全国で放映開始する。【CM動画】深田恭子&永野芽郁が“分身” UQ三姉妹でお馴じみの深田と永野が、分身のように次々と登場し『UQ mobile』の魅力訴求。「深田さんがいっぱい」篇は、冒頭、スマホを手に持った深田が登場。「スマホの料金が安くてもちゃんとつながるの?って思っているあなた」と言うと、「分かります、その気持ち」ともう一人の深田が現れ「auの回線を使っているから全国の広いエリアでちゃんとつながる」と言いながら3人目の深田が出てくる。 さらに4人目、5人目の深田が分身のように次々と登場。最後は『UQ mobile』のロゴの前でピンクガチャとブルームクと共に深田が「家族みんなでUQ、だぞっ」と言って締める。 「永野さんがいっぱい」篇は、冒頭、UQカラーのピンク色のトップスに身を包んだ永野が登場。「スマホ、どんなに安くても、つながらなかったら、意味ないと思いませんか?」と言うと「UQならauの回線を使っているから」「全国の広いエリアでちゃんとつながる」と、2人目、3人目の永野さんが話し始める。 その後も、4人目、5人目の永野が分身のように次々と登場。最後に『UQ mobile』のロゴの前でピンクガチャとブルームクと共に永野さんが「家族みんなでUQ、だぞっ」と言ってCMの幕を閉じる。

9
1日限定!「ドライブスルー八百屋」京浜島で父の日「ひまわり」をプレゼント

1日限定!「ドライブスルー八百屋」京浜島で父の日「ひまわり」をプレゼント

6月19日(土)、「ドライブスルー八百屋」京浜島にて、いつも太陽のように明るく頑張っているおとうさんへの感謝のプレゼントとして、父の日「ひまわり」が無料配布される。お父さんに喜んでもらいたい!いまだに続く新型コロナウイルスの影響で、飲食業界は厳しい状況が続く。そんな中、少しでも明るい話題を発信したい、そして大切に育ててくれた生産者の役に立ちたい、いつも頑張っているお父さんたちに少しでも喜んでもらいたいという思いで企画されたのが「ひまわり無料プレゼント」だ。花の廃棄ロスも防ぐ6月19日(土)9:00~16:00に、「ドライブスルー八百屋」京浜島に来店した人に感謝の気持ちを込めて「ひまわり」が無料でプレゼントされる企画で、生産者を守り、花の廃棄ロスを防ぐといったことにもつながる。「ドライブスルー八百屋」京浜島の父の日「ひまわり」で、家族に笑顔を広げよう!■「ドライブスルー八百屋」京浜島住所:東京都大田区京浜島1-4-3 松和MKB京浜島物流センター

10
ご褒美ミルクレープにマンゴーが仲間入り。夏のお楽しみが「Afternoon Tea LOVE&TABLE」で始まりますよ

ご褒美ミルクレープにマンゴーが仲間入り。夏のお楽しみが「Afternoon Tea LOVE&TABLE」で始まりますよ

Afternoon Tea LOVE&TABLE(アフタヌーンティー ラブアンドテーブル)に、夏季限定スイーツ&ドリンクがお目見え。6月24日(木)から全国5店舗(表参道店、ルミネ新宿、ルミネ横浜、静岡パルシェ、ルクア大阪)にて順次販売がスタートしますよ。自慢のミルクレープに「マンゴー」が登場アフタヌーンティー ラブ&テーブルのクレープは、風味豊かな国産発酵バター、ライ麦粉、ブラウンシュガーに、もちもち食感を生み出すタピオカ粉をプラスしたこだわりの生地がお楽しみ。今年4月にスタートした自家製ミルクレープは、一枚一枚丁寧に焼き上げられたこだわりのクレープ生地にフルーツやクリームを重ねた自慢のスイーツなのだそうですよ。7月15日(木)からは、夏季限定『マンゴーのミルクレープ(お茶付き)』(税込1980円)がお目見え。芳醇な香りのフレッシュアップルマンゴー×パッションフルーツリキュール入りクリームをたっぷり重ねた、夏だけの贅沢仕立てが楽しめそうです。こちらは数量限定なくなり次第終了となるので、気になる人は早めにチェックしてくださいね。この夏の限定メニューをチェック6月24日(木)から登場する『フルーツシュゼット マンゴー&マスカルポーネ(お茶付き)』(税込1540円)もマストチェック!こだわりのクレープにマスカルポーネアイスクリーム、アップルマンゴー、パッションフルーツのソースをあわせたシュゼット風仕立て。ココナッツがアクセントをプラスします。自家製コンフィチュール入りレモネードソーダ×ミルクバニラアイスをあわせた、『フランス産アイスクリームのクリームソーダ』(各 税込858円)も同時発売。レモネード&ミルクバニラ、レッドグレープフルーツレモネード&マスカルポーネの2種類がお目見えです。クリームソーダは、テイクアウト(税込 各680円)でも楽しめますよ。ご紹介したメニューは9月1日(水)までの夏季限定で販売。夏のご褒美を楽しみたい人は足を運んでみてくださいね。※表参道店ではフルーツシュゼットの販売はありません。※新型コロナ感染拡大防止による臨時休業や営業時間の短縮などにより、販売店舗や期間が変更される場合があります。アフタヌーンティーブランドサイトhttps://www.afternoon-tea.net/

11
はちみつレモン×ほうじ茶の爽やかコラボ。京都の焙じ茶専門店「HOHO HOJICHA」に夏の新作がお目見え

はちみつレモン×ほうじ茶の爽やかコラボ。京都の焙じ茶専門店「HOHO HOJICHA」に夏の新作がお目見え

京都の焙じ茶専門店「HOHO HOJICHA 焙茶専門店」に、柑橘×焙じ茶の新作スイーツ、ミニパフェの夏バージョンが登場。6月19日(土)より宇治本店、四条河原町店にて販売がスタートします。宇治本店だけの柑橘×焙じ茶スイーツ「HOHO HOJICHA(ホホ ホウジチャ)」は 日本茶茶師が選定する、香ばしく芳醇な味わいの宇治・焙じ茶が楽しめる京都で唯一の焙じ茶専門店です。この夏、宇治本店限定で、はちみつレモン×焙じ茶の新作スイーツ2種類がお目見えしますよ。『焙じ茶と蜂蜜の檸檬パフェ』(税込1080円)は、はちみつ仕立てのレモンソース、特製焙じ茶アイス、白玉、ぷるぷるのゼリーなど、12種の素材を重ねた夏だけのひんやりグラスパフェ。爽やかながら濃密な、レモン×はちみつ×焙じ茶のハーモニーが楽しめるそうですよ。『焙じ茶と蜂蜜の檸檬ケーキ』(税込880円)は、焙じ茶が練り込まれたしっとり生地にレモンの蜜とホイップクリームをサンド。いずれもイートイン限定、夏季限定での販売です。濃いめの焙じ茶ソフトも気になる『極上の碾茶焙じ茶ソフト』(税込380円)は、宇治本店、四条河原町店にお目見え中です。茶師厳選の香り高い焙じ茶を粉砕して、ふんだんに練り込んだ、ちょっと濃いめの焙じ茶ソフトクリーム。北海道ミルクが焙じ茶の奥深い香りを引き立ててくれるそうですよ。焙じ茶ソフトを使ったミニパフェもさらに宇治本店で販売中の『栗と焙じ茶のミニパフェ』(税込380円)が、6月19日から四条河原町店にも登場予定。濃いめの焙じ茶ソフトに白玉、栗、焙じ茶カステラ、餡を盛り合わせたミニカップは散策のひと休みにちょうど良いサイズ感ですよ。ぷるぷるゼリーが涼しげなミニパフェの夏バージョン『ゼリーと焙じ茶のミニパフェ』(税込380円)も宇治本店、四条河原町店にて6月19日に同時発売される予定なのだとか。香ばしく、ほっこり優しい味わいの焙じ茶スイーツを楽しみたい人はチェックしてみてくださいね。HOHO HOJICHA 焙茶専門店https://www.hohohojicha.com

12
浜辺美波、大人ドレスで背中を大胆露出 ハタチの思いとことん語る

浜辺美波、大人ドレスで背中を大胆露出 ハタチの思いとことん語る

 女優の浜辺美波が、22日発売のビューティー誌『VOCE』8月号(講談社)の表紙に登場。20歳を迎えてから初めての同誌カバーということで、衣装はかわいらしいものだけではなく、大胆に背中を露出したドレスをまとった。【表紙カット】明るい印象で増刊表紙も飾った浜辺美波 1年ぶりのカバーモデルに起用された浜辺。雰囲気が全く違う衣装をそれぞれに合わせた表情で着こなすその姿には、もはや20歳とは思えない風格を感じさせる。キラキラと輝くメイクに包まれながら、まだ10代だった昨年とは違う大人の美しさを披露した。 インタビューでは、記念すべき20歳の今に迫るべく50問50答に挑戦。VOCE公式インタグラムに寄せられた約3万件もの質問の中から、キレイの秘密、仕事やプライベートの話、恋愛や結婚についてまで……。ハタチの思いをとことん答えた。 同号にはそのほか、松本まりか、ジェシー(SixTONES)、北村匠海、磯村勇斗、山田裕貴、吉沢亮などが登場。Kis-My-Ft2の人気連載「キスマイと過ごす理想のお部屋時間 7EVEN’S ROOM」では、宮田俊哉がクールな表情を披露する。

13
無理すぎる…男性に聞いた、彼女への愛情が冷めた瞬間

無理すぎる…男性に聞いた、彼女への愛情が冷めた瞬間

ケンカやトラブルなど起きていないのに、彼から突然「別れたい」と言われてしまった。そんなふうに困惑したことがある女性もいるのではないでしょうか?今回は、男性に「彼女への愛情が冷めた瞬間」について聞きました。彼女の本性を知ってしまった「知り合ったときはおっとりしていてかわいかったのに、最近『友達の○○がウザい』と平気でグチを言ってくるようになった。これが本当の彼女の姿なんだと思うと、気持ちが冷めてきました」(28歳/商社)「じつは鬼嫁タイプだとわかったとき。結婚したら尻に敷かれそうなので別れました」(30歳/教育関係)最初は控えめな印象だったのに、付き合いが長くなるにつれて怖い性格が垣間見えることもあります。騙すつもりはなかったとしても、彼としては「思っていたのと違う」と引いてしまうのでしょう。はじめからモテキャラを演じるのではなく、素の自分も見せていきましょう。その方が、付き合い始めてからもずっとラブラブでいられるはずですよ。ワガママすぎる「次の日も朝早いのに、『もっと電話していたい!』とワガママを言う彼女。付き合いたての頃は彼女に合わせていたけれど、もうそろそろ限界です……」(25歳/福祉)「あれ買って!」「もっと会いたい!」など、彼女のワガママはだんだん苦痛になってしまうもの。そのうち「また何かワガママを言われるんじゃないか……」と怯えてしまう男性もいるでしょう。ワガママにうんざりしてくると、彼女のことを「面倒くさい相手」としか思えなくなるそうです。どんなに彼との仲が深まっても、ワガママはほどほどにしましょう。彼女からの愛情を感じられない「エッチの時はいつも『恥ずかしい』と言って、体を布団で隠してしまうんです。そういう姿を見て物足りなさを感じてしまい、浮気をしてしまったことがあります」(28歳/販売)デートでも「どこでもいい」「○○君が決めて」と彼任せ。朝から夜まで、受け身すぎる性格を見せていると、彼もだんだん退屈になってしまうようです。愛されている実感が湧かないため、彼女への気持ちは薄れてしまうかもしれません。「付き合っているのだから、愛されているのは当たり前」とは思わず、自分から愛情表現することも大切ですよ。ささいな不満が愛をすり減らせる女性の悪気のない行動から、相性の悪さを感じてしまうのは仕方ないことかもしれません。しかし、彼女へのささいな不満が積もりつづけると、愛情がだんだんすり減ってしまうでしょう。ずっとラブラブでいたいのなら、小さな思いやりも大切にしましょう。(和/ライター)(愛カツ編集部)●なんかもう無理かも…じつは男性が「不満に思っている」こと

14
望月理恵アナがセント・フォース取締役就任 同社では初、所属タレントが役員に

望月理恵アナがセント・フォース取締役就任 同社では初、所属タレントが役員に

 フリーアナウンサーでタレントの望月理恵(49)が、所属事務所であるセント・フォースの取締役に就任することが16日、わかった。所属タレントが同社の取締役に就任するのは今回が初。【写真】ひざ上スカートで抜群のスタイルを披露した望月理恵 望月は2004年10月から日本テレビ『ズームイン!! サタデー』の司会を務めるほか、過去にTBS系『世界ふしぎ発見』のミステリーハンターや、フジテレビ系『土曜LIVEワッツ!?ニッポン』などに幅広く出演。フードコーディネーターなどの資格も取得している。 同社は望月の取締役就任にあたり「望月さんは弊社所属のフリーアナウンサーとして、20年以上に渡って第一線で活躍して貰っております。その積み重ねた知識と経験を活かし、今までとは違う位地でも力を発揮して頂けたらと思います。望月さんを取締役に迎え、我々もより一層精進してまいる所存です。引き続きのご指導ご鞭撻を何卒よろしくお願い申し上げます」と期待を寄せる。 望月も「お話を頂いた時は驚きましたが、今までお世話になった事務所に違う形でお役に立てるかと思うと感無量です。プレーヤーからの目線で、名ばかりではなくしっかり貢献できるよう努めてまいります」と決意を語った。

15
スーパーマンのグルメ漫画、『イブニング』などで連載決定 日本で食べるランチ楽しむ

スーパーマンのグルメ漫画、『イブニング』などで連載決定 日本で食べるランチ楽しむ

 講談社は17日、DCコミックスとの共同プロジェクトの新タイトルとして、22日発売の青年コミック誌『イブニング』14号、ウェブコミック配信サイト『コミックDAYS』にて、グルメ漫画『SUPERMAN vs飯 スーパーマンのひとり飯』の新連載をスタートさせることを発表した。【記念イラスト】箸と茶碗を持って飛ぶ!日本のランチを楽しむスーパーマン 「スーパーマン」「ワンダーウーマン」そ「バットマン」など、数多くのキャラクターを生み出してきたアメリカを代表する出版社であるDCコミックスと、「神の雫」「とんがり帽子のアトリエ」「聖☆おにいさん」など英語版でも多くの作品を出版している講談社の週刊青年コミック誌「モーニング」&兄弟誌「イブニング」。 両社が「お互いの強みを生かして本当に面白い漫画を作りたい」という思いで発足させた同プロジェクトは、すでに週刊モーニング2021年4・5合併号より『BATMAN JUSTICE BUSTER(バットマン ジャスティスバスター)』、同2021年6号より『ワンオペJOKER』、それぞれ連載をスタートさせ大きな反響となっている。 プロジェクトの次なる展開として新たにスタートする連載のヒーローは「スーパーマン」。誰もが知るスーパーヒーロー「スーパーマン」が美味しいランチを求めて日本を飛び回る、DCコミックス公認のスーパーマン×グルメ漫画『SUPERMAN vs飯 スーパーマンのひとり飯(すーぱーまん ぶいえすめし すーぱーまんのひとりめし)』が、22日発売の「イブニング」14号にてスタートし、講談社の運営するウェブコミック配信サイト『コミックDAYS』での同時連載も決定した。 『SUPERMAN vs飯 スーパーマンのひとり飯』は、原作:宮川サトシ(みやがわさとし)、作画:北郷海(きたごうかい)が担当。「スーパーヒーローも腹は減る」とし、地上最強の男・スーパーマンとして忙しく働く彼の毎日の楽しみ、それは日本で食べるランチだった。超人的聴力で自分のお腹が鳴る音が聞こえたら、路地裏でスーツを脱ぎ捨て、日本の外食チェーンへ飛んでいく。釜飯を熱光線で温めたり、牛と豚を間違えたり、天丼の具材でジャスティスリーグを結成したり、ランチタイムのスーパーマンはマイペースで、DCコミックス公認のスーパーマン×グルメ漫画となる。

16
ディズニー映画『ジャングル・クルーズ』アマゾンの奥地へ出発だ!【新ポスター解禁】

ディズニー映画『ジャングル・クルーズ』アマゾンの奥地へ出発だ!【新ポスター解禁】

 ディズニーランドの人気アトラクションから誕生したディズニー実写映画の新作『ジャングル・クルーズ』(映画館で7月29日公開、ディズニープラス プレミア アクセスで7月30日より配信)のポスタービジュアルが新たに解禁された。【動画】映画『ジャングル・クルーズ』本予告編 <不老不死の花>を目指し、まさに今からジャングルの奥地を目指そうとする主要キャラクターたちの姿が描かれた本ポスター。先頭に立ち、松明を手に行く先を照らそうとしているフランク(ドウェイン・ジョンソン)は、これから起こるどんな困難もものともしないような毅然(きぜん)とした姿で、その横に立つ相棒のリリー(エミリー・ブラント)も、自分の目的を果たすという決意に満ちた表情を浮かべている。 その一方で、決してジャングル向きとは言えない真っ白なスーツで決めるリリーの弟・マクレガー(ジャック・ホワイトホール)は、2人とは正反対におびえ、今にも不安に押しつぶされそうな面持ち。この3人にどんな冒険が待ち受けているのだろうか。そして本予告編にも登場しているヨアキム王子とどのような戦いを繰り広げることになるのか…。 本作は、1955年、ウォルト・ディズニーによる世界で最初のディズニーランドがオープンしたのと同時に作られたアトラクション、ジャングルをボートで探検する「ジャングルクルーズ」から誕生したスペクタクル・アドベンチャー。クルーズ船の船長フランクと、女性博士のリリーは、あらゆる病気を治し永遠の命が手に入る<不老不死の花>を求めてアマゾン上流の奥深くへ。そこで彼らを待ち受ける驚くべき真実とは? ミステリアスなジャングルを舞台に、アマゾンに眠る秘宝をめぐる、壮大なスケールの争奪戦が開幕する。

17
石原さとみ&綾野剛、『恋ぷに』で笑顔の「おかえり」と「ただいま」

石原さとみ&綾野剛、『恋ぷに』で笑顔の「おかえり」と「ただいま」

 女優の石原さとみと俳優の綾野剛がW主演する日本テレビ系連続ドラマ『恋はDeepに』(毎週水曜 後10:00)のスペシャルストーリー『恋はもっとDeepにー運命の再会スペシャルー』が16日、放送された。海を愛する海洋学者として地上で暮らす、“人魚”の渚海音(石原)と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司・“人間”の蓮田倫太郎(綾野)の運命的な恋の後日談と本当の結末が描かれた。【場面カット】倫太郎が経営するペンション『marine sound』に集まる一同 先週放送された最終話では、2人が別れてから3年後の再会がラストに待っていた。この空白の期間に、倫太郎は何を思い、どんな日々を過ごしていたのかを描いており、鴨居研究室や蓮田トラストのメンバーには、どんな出来事が起きていたのか。海音(石原さとみ)が海へと帰ったあの日―。倫太郎は悲しみを押し殺し、蓮田家へと車を走らせていた。心配する光太郎(大谷亮平)と榮太郎(渡邊圭祐)の待つ家に着いた倫太郎は、感情を抑えきれず、静かに泣き崩れる…。そして職場に戻った倫太郎は海中展望タワーの建設中止を正式に発表する。 1週間後、海音のいない寂しさに沈む鴨居(橋本じゅん)の元に、Mr.エニシ(福山翔大)が現れる。エニシは、海音がみんなに向けて残したという動画を手渡す。鴨居は研究室に藍花(今田美桜)たち仲間を集め、海音の動画の鑑賞会を企画。そこに倫太郎も駆けつける。動画の中で海音は仲間たち一人一人と過ごしたかけがえのない時間と感謝の気持ちを投げかける。 最後に「海に帰ります」と言い、海音はいよいよ倫太郎について話し始める。倫太郎はそこで動画を一時停止すると、「……一人で見てもいいですか?」と断り、画面の海音と二人きりの時間を過ごす。海音の口から語られたのは、スタジオでの出会い、分け合ったあたたかい焼き芋、自分のせいで母が亡くなったと苦しむ倫太郎を理解したいと願ったこと、そして恋に落ちた2人が過ごした優しい日々だった。 1年後、星ヶ浜でペンション経営を始めることにした倫太郎。スーパームーンの日、研究室メンバーやエニシ、榮太郎が集まるなか、わずかな期待を胸に海と向き合うが海音が帰ってくることはなく、2年後もそれは同じだった。ついに新たな夢だった、海の生物たちが自由に水槽と行き来することのできる水族館を完成させた倫太郎と、みんながが新たな進路を見出した3年後、奇跡の再会が訪れる。そこには笑顔あふれる「おかえり」と「ただいま」が待っていた。 SNSでは、ここまで物語を見届けたファンからの「ツッコミながら見るのめっちゃ楽しかった」「最後の綾野剛と石原さとみの笑顔でぜんぶ解決」「倫太郎よかったねーー!!!って言えるハッピーエンドで本当によかった」と幸せな結末に安堵する声や、やっと和解した蓮田三兄弟には「仲直りした3兄弟のわちゃわちゃ、もっと見せてくれていいんだよ?」「仲良し3兄弟」「ほんとこうたろとりんたろの距離の縮まり方よw」とほっこりする声も寄せられた。

18
『全裸監督』新ヒロイン恒松祐里、出演を両親に相談「差別や偏見を受け入れる覚悟で臨んだ」

『全裸監督』新ヒロイン恒松祐里、出演を両親に相談「差別や偏見を受け入れる覚悟で臨んだ」

 山田孝之主演のNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督 シーズン2』で、新たなヒロインを務める恒松祐里。2005年のドラマ『瑠璃の島』で子役としてデビューして16年、現在は医療ドラマ『泣くな研修医』や朝ドラ『おかえりモネ』にも出演。“清純”イメージの強い彼女が、大胆なラブシーンも多い『全裸監督』への出演を決めた理由とは? “脱ぐ”勇気、そしてそれにまつわる偏見や差別について聞いた。【場面写真】『全裸監督シーズン2』で過激な濡れ場シーンに挑んだ恒松祐里■「ラブシーンに抵抗はない」も、将来の夫や子どもへの偏見に不安 同作は、エロス界の風雲児・村西とおるの半生をベースにした作品の第2弾。前作では山田孝之演じる村西とおるが黒木香(森田望智)と出会い、アダルトビデオ業界をのし上がって行く姿が描かれた。今作では、バブル崩壊後の“規格外”の転落が描かれる。恒松が演じるのは、村西が見出した新たな女優で、村西の拠り所となる乃木真梨子だ。――本作のオファーをもらった時に、たくさん悩んだ末に「やりたい」が勝ったとおっしゃっていました。どんな思いでしたか?【恒松】やはり、ラブシーンについての不安はありました。私自身、あまり抵抗はなかったんですけど、よくよく考えていく中で、いつか私が結婚をして子どもが生まれたりした時に、夫や子ども…大切な人がこの作品を通して偏見を持たれないか、ということです。子どもが小学校で「お前のお母さん、こういう作品に出ているんだろう」と言われたらどうしようって。それですごく心が苦しくなったのを覚えています。――出演の決め手となったのは?【恒松】今はコロナ禍で何が起こるかわからない世界じゃないですか。女優という職業も、今はありがたく仕事をいただけていますけど、いつオファーが途絶えてしまってもおかしくはない。そんな未来が不可視な中で、自分に通じるものがある役柄、さらには「やりたい」と思っている役柄が来ているのに、それを手放すというのはすごくもったいないことだと思ったんです。今、できることをやりたい…その気持ちが勝ってオファーを受けました。――自分に通ずる…というのは例えばどんな部分でしょう。【恒松】私が演じる乃木真梨子は包容力があり、愛を体現する役柄。人を許す心、野心の強さ、どの場にも順応できる力…その欠片の要素が私にも少しあるように感じました。――ご両親は反対されなかったのでしょうか。【恒松】実はこれまでにもラブシーンがあるかもしれない作品の話が何度かあって、その都度両親に相談していました。両親は芸術が好きで、映画をアートとして観るタイプ。いつも「いいね、賛成するよ」と背中を押してくれたんです。結局ご縁がなくて出演はなかったのですが、今作でも「いいんじゃない、しかも今回は結構大きな作品だね」って、やはり賛成してくれました。■職業に偏見や差別を持ってしまう人はいる「私は挑戦を面白いと思う方と仕事がしたい」――改めて、「乃木真梨子」という役柄について教えて下さい。【恒松】元々はデパートの美容部員。そんな彼女がある日、村西監督の黒木香が出演する作品を観たことで、「こんなに刺激的な世界があるんだ」ということに気づいて村西監督の世界に入門します。実際の乃木さんの映像を観させていただいたんですけど、可愛らしさもありながら品のある方でした。本作はフィクションですが、インタビュー映像を観ながら、喋り方や声のテンポ、話し方は実際の乃木さんからいただきながら役作りをしました。――先ほど、将来的に自分の夫や子どもが傷つくかもしれないとおっしゃっていました。それこそセクシー女優や、大胆なラブシーンを演じることへの偏見や差別が今もあるということだと思います。その差別についてどうお考えですか?【恒松】どの世代にも色々な考えを持つ人がいて、偏見や差別を持ってしまう人がいるということは承知の上で行動するべきだと思っています。ただ、どの職業にも情熱を持っている人はいる。本作の村西も、自分の信条や情熱があってやっていたと思うんですね。それを誰も非難することは出来ないと思います。私も俳優業に情熱を持ってやっていますし、今回私は、これを受け入れる覚悟をしました。偏見や差別の感情を持つ人は持つし、持たない人は持たない。逆に「面白い」って言ってくれる方もいます。私は同じ感性を持っている、受け入れてくれる方々と仕事をしていきたい。将来的に起こるかもしれない問題については、その都度、対処・解決していけたらと思います。――主演の山田孝之さんとの現場はいかがでしたか?【恒松】山田さんは毎日大変なシーンが多かったのでいつも集中していらして、いつ話しかけたらいいのかわからない状況でした。ただ1日だけ、ゆるめのシーンの時に、山田さんに「ミュージカルに出られるんですね」というお話を。私、ミュージカルが好きなんです。そこから2人だけで少しの間お話出来たのはうれしかったですね。■「今まで諦めてきたような表現も発信できる時代」自由度が高いからこその“重責”も――本作監督の武正晴さんが、恒松さんの挑戦こそが『全裸監督 シーズン2』の真骨頂であると語っておられました。【恒松】本作の撮影期間が半年ぐらいあったんですけど、それぐらい長く、大きな作品に関わることはありませんでしたので、この作品で演じきれたことは一つの自信になりました。この自信が今後の作品の現場での佇まいなどにつながっていくでしょうし、そうした意味でも女優としてまた一つ、ステップアップできたかなと思います。――Netflixで配信される作品ですが、テレビドラマの撮影と違うところは?【恒松】やはり自由度が違うと思います。ドラマだと、誰がテレビをつけて観ているかわかりません。ですから、より多くの人に受け入れられる表現やわかりやすいお芝居をしなければならないと感じます。でも、配信のドラマはユーザーの方がお金を払って、しかもご自身が観たいものを選択して観る方法ですので、観客が自分の意志で観ることができる分、こちらもより自由な表現ができます。でも、大きな制限がないからこそ、そこにはちゃんとアートであったり芸術であったり、そういった責任感は私たちについて回ります。そんな重責もありますが、より面白いものが作れる環境なのかもしれないと思いました。――日本だけじゃなく、世界に自身の“挑戦”を観てもらえることについては?【恒松】多分、昔の方々もこうしたチャンスを求めてもがき、自ら海外へ行ったりしていたと思うんですけど、VODですと、日本人だけで作る日本の作品で、世界で勝負ができます。さらには、今まで諦めてきたような表現もできるようになっていると思うので、これを機に、日本の芸術や職人芸を広めていけたら。その作品に携われているということは、私にとっても大きなチャンスだと感じています。――今回の“挑戦”を経て、どんな女優になっていきたいですか。【恒松】人生経験を生かしていかなきゃいけないなと。そのためにいろんな経験をしたいと思います。例えば私、デザインが好きなんですよ。なので、仲里依紗さんがYou Tubeをやったり、山田孝之さんがプロデュースや演出をやってらっしゃるように、私もいろんなモノづくりに関わって、そこで得たものを女優として表現していけたら、とも思っています。(取材・文/衣輪晋一)

19
田中れいな「ドすっぴんでCHANEL行ってきた」 写真公開にファン反応「オーラが違う」「惚れた」

田中れいな「ドすっぴんでCHANEL行ってきた」 写真公開にファン反応「オーラが違う」「惚れた」

 元モーニング娘。で女優の田中れいなが16日、自身のインスタグラムを更新。「ドッすっぴんでCHANEL行ってきた」と報告し、写真を投稿した。【写真】田中れいなが公開「ドッすっぴんでCHANEL行ってきた」 前日にデニムのロングスカートを紹介する写真を公開していた田中は「前回の投稿でよくお化粧いつもと違う?って気付いたね すごいね」とファンの反響に驚きつつ「いつもと違うというか この日はドッすっぴんよ笑 ドッすっぴんでCHANEL行ってきた笑」とマスク姿で報告。 さらに「最近ブランド物が好きになってきてね 節約家の私がこの歳でブランド物に目覚めてしまうとわ。。笑笑笑」と好みの変化を明かすと「まずはずっとほしかったCHANELのボームエサンシエルトランスパラン GET」「これしか買うつもりなかったのにたまたま嗅いだ香水が どタイプで追加 嬉しーー」など、購入品を紹介した。 ファンからは「すっぴんもかわいいです!」「惚れた」「どすっぴんでこれは可愛いにも程がある」「どすっぴんで帽子かぶってマスクしても美人さを隠しきれていない!」「オーラが違う…!」など絶賛の声が相次いでいる。

20
【おかえりモネ】第25回見どころ 百音の初仕事が実現に近づく

【おかえりモネ】第25回見どころ 百音の初仕事が実現に近づく

 女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。18日放送の第25回あらすじを紹介する。【場面写真】引き続き百音に勉強を教える菅波先生 第5週(14日~18日)のタイトルは「勉強はじめました」。第25回では、百音(清原)は、学童机づくりが納期に間に合わない最大の要因が木材の乾燥期間にあることに着目し、使われていないビニールハウスを使って乾燥を早めることを提案する。 しかし、加工のスピードも上げなければならず、やはり無理かと一同があきらめかけたところへ、川久保(でんでん)が、画期的な一手を打つ。さまざまな人の助けを借りて、百音の初仕事である学童机づくりは実現へと近づいていく。 本作は、現代劇で、宮城・気仙沼で生まれ育ったヒロイン・永浦百音が、天気の魅力、可能性に目覚めて気象予報士の資格を取り、上京。さまざまなことが天気にかかわっているということを経験し、故郷や家族、仲間のために何ができるかを考えながら成長していく物語。

21
平手友梨奈、『ザ・ファブル』笑顔失ったヒロインの過去とは? 場面写真&最新映像が公開  

平手友梨奈、『ザ・ファブル』笑顔失ったヒロインの過去とは? 場面写真&最新映像が公開  

 女優の平手友梨奈が出演する映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(18日公開)で平手演じる壮絶な過去を持つヒロイン・ヒナコの新たな場面写真と、最新映像が17日、解禁された。【動画】かつては笑顔も…平手友梨奈演じるヒナコの過去 ヒナコは因縁の相手として敵対するファブルと宇津帆(堤真一)が関わった、4年前のある事件に巻き込まれ、車椅子での生活を余儀なくされ、同時期に両親をも殺害されるという壮絶な過去をもつ。心を閉ざし“復讐”だけを生きがいに、公園でリハビリをしていた時に偶然出会った佐藤アキラ(殺し屋休業中のファブルの偽名)に、「歩けるようになる…」と声をかけられる。この“再会”を機に少しずつヒナコの中に変化が表れる。 今回、到着した3点の新場面写真と最新映像では、ごく一般的な家庭で育ち、教室で楽しそうに笑顔を浮かべるかつてのヒナコ。そこから一転、反抗期で家出をし、ぼんやりと夜の街をうろつく様子、そして事件後、大きなトラウマを抱え心を閉ざしたヒナコの姿が映し出される。 笑顔の似合う本来のかわいらしいヒナコの姿を見ると、余計に胸が締め付けられるような笑顔を失った今のヒナコの姿だが、伝説の殺し屋であるファブルがそんなヒナコを救う“希望”として、因縁の男であり最狂の敵・宇津帆と彼女を巡って激化する大騒動に立ち向かう。クライマックスに向かって揺れ動くヒナコの葛藤と魂の叫びは劇中の大きな見どころとなっている。

22
松本まりか『VOCE』初登場で多数の美容アイテム持参 撮影前日にはマッサージも

松本まりか『VOCE』初登場で多数の美容アイテム持参 撮影前日にはマッサージも

 女優の松本まりかが、22日発売のビューティー誌『VOCE』8月号(講談社)に登場。同誌の看板企画であるベストコスメで“1位を獲得したコスメ”だけを使って、“5つのメイク”をまとった表情を披露した。【写真】大胆な衣装で素肌をさらけだす松本まりか 撮影当日は、自前の美顔器2台、腸内調整用のジュースクレンズ、アーモンドミルク+プロテインなど数々の美容アイテムを持参。「初めてのVOCEの撮影だから万全の状態にしておきたくて、きのうはマッサージに行って全身のむくみを流してもらってきました」と明かし、美意識の高さにスタッフも思わず感嘆の声を上げる。 メイク前にはヘアメイクの美顔器も加えて、合計3台の美顔器を駆使し、頭皮、顔、首筋、デコルテを1時間半近く念入りにケアを行ってからメイクに入るなど、並々ならぬ気合いで撮影に臨んだ松本。「10代でデビューし、友人たちがどんどん売れっ子になっていく姿を見てきましたが、私は他の女優さんたちみたいにいわゆる整っている顔ではないから、努力するしかなかったんですよね。だから、こういった美容ケアも食事も、もはや私にとっては当たり前でなにも特別なことではないんです。デビューから20年経ちますが、『いつ声をかけていただいても大丈夫なように万全な状態でいたい』という思いでやってきました」と、自身の姿勢について語った。 同号にはそのほか、ジェシー(SixTONES)、北村匠海、磯村勇斗、山田裕貴、吉沢亮などが登場。Kis-My-Ft2の人気連載「キスマイと過ごす理想のお部屋時間 7EVEN’S ROOM」では、宮田俊哉がクールな表情を披露する。表紙を飾ったのは、女優の浜辺美波。

23
丸山桂里奈、すっぴんまでを“実況公開” ファンから反響「全然変わらない」「肌モチモチ」

丸山桂里奈、すっぴんまでを“実況公開” ファンから反響「全然変わらない」「肌モチモチ」

 タレントの丸山桂里奈が16日、自身のYouTubeチャンネル『マルっとカリっとさくさくチャンネル』を更新し、すっぴんになっていく過程を実況公開した。【動画】丸山桂里奈、すっぴん“実況公開” 丸山は「まゆ毛がないから、独身の時もそうだし、今も夜寝る前にまゆ毛を書くの。その顔を(夫の)本並さんに見せたくないじゃないですか」と思いを吐露しながら「初めてかもしれない! 顔を人前で落とすの。ちょっとやり方が難しいかもしれないですけど、やってみたいと思います」と笑顔で呼びかけた。 すっぴんを公開した丸山に、ファンからは「すっぴん全然変わらない、かわいい」「肌がとってもモチモチ」「お風呂上がりでもまゆ毛書くのかわいい」などの声が寄せられている。

24
アンジェリーナ・ジョリー主演最新作、9月3日公開 少年を守り戦うサバイバルサスペンス【予告編】

アンジェリーナ・ジョリー主演最新作、9月3日公開 少年を守り戦うサバイバルサスペンス【予告編】

 『Mr. & Mrs. スミス』(2005年)、『ウォンテッド』(08年)では殺し屋、『ソルト』(10年)ではCIA諜報員を演じるなど、数々の作品で体を張ったキレキレのアクションを披露し、アクションヒロインの筆頭として世界的な地位を不動のものにしたアカデミー賞受賞女優アンジェリーナ・ジョリー。そんな彼女の最新作にして、11年ぶりにアクションに挑む映画『モンタナの目撃者』(原題:Those who wish me dead)の日本での公開日が、9月3日に決定、予告編が解禁された。【動画】映画『モンタナの目撃者』予告編 本作でアンジーが演じるのは、人間では太刀打ちできない「大自然の脅威」と凄腕の「暗殺者」に行く手を阻まれながらも少年を守るために戦う森林消防隊員のハンナ。過去に壮絶な事件を”目撃”したことで心に大きなトラウマを抱えていた。 解禁された予告映像ではハンナが、その“トラウマとなった山火事”を思い返しながら、「風を読み間違えたの」、「助けに行くべきだったのに」と自責の念を打ち明ける姿からスタート。そして、モンタナの大自然を見下ろす監視塔で、暗殺者に追われる身の12歳の少年コナー(フィン・リトル)を見つける。暗殺者による父の死を間近で”目撃”し、父が命懸けで守り抜いた“秘密”のために暗殺者に追われていたのだ。 ともに“目撃者”である2人。ハンナはコナーを暗殺者から守り抜くと心に決め、行動を共にしていく。コナーの命を狙う暗殺者たちが迫りくる中、行く手には広大なモンタナの大自然に燃え広がる未曾有の山林火災が立ちはだかり…。無情な暗殺者に、灼熱の炎も猛烈なスピードで迫ってくるという極限状態、「もうどこにも逃げ場がない」という緊張と興奮のサバイバルサスペンスが繰り広げられる。モンタナの大自然の中で、人間と自然の両方を相手にした戦いを余儀なくされるハンナとコナー。「戦うしかない」と決意を見せるハンナは、心に傷を負った少年を守り抜くことができるのか!? 監督・脚本は、『ボーダーライン』(15年)で初脚本を務め、監督デビュー作『ウインド・リバー』(17年)で『第70回カンヌ国際映画祭』ある視点部門監督賞を受賞し、骨太なサスペンスアクションを撮らせたい監督の筆頭としてハリウッドで最も注目を浴びるテイラー・シェリダン。 「木を切り、火をおこす方法から教わった」と語るアンジーは、森林消防隊員のハンナを演じることは大自然でのサバイバルの連続だったと語っている。俳優として一線で輝き続けながら監督としても実力を発揮し、母親としても6人の子どもを育てるアンジー。そんな今の彼女だからこそ演じることができる、“スマート”で”最強”で”完璧”なアクションヒロイン像を封印した、心に傷を負った少年を守り戦う新たなアンジーのアクション。そして、森林消防隊員として鍛え上げられた洞察力とサバイバル・スキルで困難を突破していく彼女の姿に心を揺さぶられること間違いなしだ。

25
松坂桃李主演、映画『孤狼の血 LEVEL2』 2種類の予告編が公開

松坂桃李主演、映画『孤狼の血 LEVEL2』 2種類の予告編が公開

 俳優の松坂桃李が主演する映画『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開)の予告映像が17日、解禁された。同作は、2018年公開の前作『孤狼の血』から、3年後が舞台。広島の裏社会を治めていた伝説の刑事・大上(役所広司)亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一(松坂桃李)。権力を用い、暴力組織を取り仕切っていた日岡だったが、出所してきたたった一人の“悪魔”によって事態は急転していく。原作シリーズでは描かれていない、完全オリジナルストーリーとなっている。【予告編動画】松坂桃李と鈴木亮平の死闘 額を付けてにらみ合い 予告編は「死闘編」「陰謀編」の2パターン。「死闘編」は、前作で大上から日岡が引き継いだ狼の描かれたライターのアップからスタート。彼に迫りくるのは暴力団組織、マスコミ、警察ら様々な男たち、そして最凶の悪・上林(鈴木亮平)。繰り広げられるアクション満載の死闘がハイテンションに描かれる。「陰謀編」では、ある猟奇殺人事件の裏で巻き起こる、暴力団組織、マスコミ、警察、それぞれの思惑が描かれる。上林に迫る日岡は敵だらけの状況の中、真相に果たしてたどり着けるのか。事件の裏に隠された、想像を絶する展開とは。

26
馬場ふみか『捜査一課長』最終回にゲスト出演 フランスからやってきた捜査官役「フランス語も初めて」

馬場ふみか『捜査一課長』最終回にゲスト出演 フランスからやってきた捜査官役「フランス語も初めて」

 女優の馬場ふみかが17日放送に放送される内藤剛志主演のテレビ朝日系連続ドラマ『警視庁・捜査一課長season5』(毎週木曜 後8:00)の最終話2時間スペシャルにゲスト出演する。【写真】トリコロールカラーが艶やかな馬場ふみか ヒラ刑事からはい上がった“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤)と捜査員たちの熱き奮闘を描き、シリーズ誕生10年目を迎えた人気シリーズ。最終話では、日本独自の文化といわれる“食品サンプル”がからんだ謎深き殺人事件が発生。パリ警視庁からやって来た女性捜査官が合同捜査に加わるという衝撃のミステリーが展開する。そんなパリ警視庁の刑事・清水花絵を、馬場ふみかが熱演している。 最終話で大岩たちが挑むのは、カリスマ食品サンプルデザイナー・神下茂(林泰文)が刺殺された事件。彼はなんとナポリタンスパゲティーの食品サンプルを手にしたまま息絶えていた。実は、神下は10年前、大岩がまだ管理官だった時代に捜査した未解決殺人事件の被疑者だった人物。遺体が所持していたサンプルは、10年前の事件のきっかけとなった因縁の作品かと思われたが、そこに現れたのがパリ警視庁の捜査員・清水花絵。花絵によると、神下が10年前に作ったナポリタンのサンプルはフランスで芸術として認められ、パリの博物館に展示されていたものの、2日前に神下らしき男に盗みだされてしまったという。サンプルの行方を追う花絵は、捜査に参加。大岩たちとともに神下の死の謎、そして10年前の迷宮入り事件の真相に迫っていく。 馬場が演じた花絵は、フランス人の母と日本人の父の間に生まれ、現在、パリ警視庁の生活安全部に勤務する女性捜査官。フランスからやって来た刑事らしくトリコロールカラーのコーディネートに身を包んだ仕事のデキる美女だが、大岩一課長を「おじ様」と呼ぶなど、昔から大岩のことを知っている様子。刑事役初挑戦の馬場はオファーを受けた際に「単純に驚きましたが、挑戦してみようという気持ち」で現場に飛び込んだことを告白。「なるべく上品に見えるように所作や姿勢などは特に意識して演じました」と明かした。 加えて、花絵は、ナポリタンの上に乗った“たこウインナー”のことを“たこさま”と話すほど丁寧な日本語を使うという設定で、フランス語のせりふも。馬場は「『たこさま』『誠にありがとうございます』など普段の生活では使わないような言葉遣いのせりふばかりだったので、正直とても難しかったですし、初めて使うような言葉も多かったです。フランス語も初めてだったので日本語にはまったくない発音ばかりで苦労しました」と新境地に挑んだ。「なぜパリから花絵がやって来たのか、事件とどう関係しているのか、内藤さん演じる大岩捜査一課長と花絵の関係など、楽しんで見ていただけたらいいなと思います」とアピールした。 そして、これまで捜査に行き詰まる大岩一課長を励まし続けてきた笹川刑事部長(本田博太郎)が、突然「お前の成長した姿を最後に見せてくれ」「最後にいい報告を待っている」と意味深な発言を連発。笹川刑事部長はこの事件を最後に退いてしまうのか…。シュールな登場シーンで視聴者を驚かせてきた川刑事部長、その進退はいかに。そして、大岩一課長は10年間追い続けてきた真実をつかむことができるのか。■馬場ふみかコメント――本作で初めて刑事役に挑まれましたが、オファーを受けたときのお気持ちは?【馬場】オファーを受けたときは単純に驚きましたが、挑戦してみようという気持ちで現場に入りました。――パリ警視庁からやってきた捜査官・清水花絵を演じる上で意識されたところは?【馬場】なるべく上品に見えるように、所作や姿勢などは特に意識して演じました。――花絵はとても丁寧な日本語を話すという設定で、かつフランス語のせりふもありましたが、苦労は?【馬場】“タコさま”“誠にありがとうございます”など普段の生活では使わないような言葉遣いのせりふばかりだったので、正直とても難しかったですし、初めて使うような言葉も多かったです。フランス語も初めてだったので日本語にはまったくない発音ばかりで苦労しました。――内藤剛志さんをはじめ、レギュラーキャスト全員と共演されましたが、みなさんの印象はいかがでしたか?【馬場】みなさんとても優しく、明るい現場でした。撮影の合間にいろんな話をしていただいて変な緊張をすることなくお芝居することができました。――視聴者にメッセージを【馬場】なぜパリから花絵がやって来たのか、事件とどう関係しているのか、内藤さん演じる大岩捜査一課長と花絵の関係など、楽しんで見ていただけたらいいなと思っています。

27
神木隆之介、“船の上”で『コントが始まる』撮了「このドラマに出会えて良かった」

神木隆之介、“船の上”で『コントが始まる』撮了「このドラマに出会えて良かった」

俳優の神木隆之介が、19日に最終回を迎える日本テレビ系連続ドラマ『コントが始まる』(毎週土曜 後10:00)のクランクアップを迎えた。神木演じる朝吹瞬太の最後の撮影はなんと船の上。花束を手にした神木は「このドラマでは、今まで味わったことのないドラマの体験が出来ました」と噛み締めた。 今作は『俺の話は長い』(日テレ/2019)で、第38回向田邦子賞を受賞した金子茂樹氏が脚本を担当。プロデューサーは『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の福井雄太氏が務める。春斗(菅田将暉)、潤平(仲野太賀)、瞬太(神木隆之介)らお笑いトリオ・マクベスと、彼らがいつもネタ作りに集うファミレスのウェイトレス・里穂子(有村架純)、つむぎ(古川琴音)の5人の男女による青春群像劇を描く。【場面カット】瞬太(神木隆之介)が食べているのはまさかの…? 約3ヶ月の撮影を振り返り、神木は「とても早かったですね。全力で駆け抜けようという覚悟はもちろんありましたし、同世代の人たちが多かったので、みんなで一生懸命やってたら本当にあっという間に最終回でした」としみじみ。 「28歳という年齢でちょうど色んなことを考えるときに、このドラマに出会えて良かったと思います。感謝しかありません。本当にみなさんの愛情を受け取りながら、演じられた朝吹瞬太でもあり、みなさんと一心同体だったと思います。本当に、ありがとうございました!」と コメントを寄せた。

28
アニメ『彼女、お借りします』初のゲームアプリ制作決定 『マガジン』ヒロインたち集結

アニメ『彼女、お借りします』初のゲームアプリ制作決定 『マガジン』ヒロインたち集結

 enishは17日、アニメ「彼女、お借りします」初のゲームアプリ「彼女、お借りします ヒロインオールスターズ」を制作することを発表し、2021年9月に配信予定と発表した。【画像】マガジンのヒロイン集結!ゲームで彼女に出来る?キャラ一覧 ゲームは「彼女、お借りします」のキャラクターはもちろん、人気ラブコメのキャラクター達も「レンタル彼女」として登場する、ラブコメパズル。現在9作品20名のヒロイン達がフルボイスで登場し、このあとも多くの作品から続々と参加予定となっている。<登場ヒロイン>・「彼女、お借りします」水原千鶴七海麻美更科瑠夏桜沢墨・「FAIRY TAIL」ルーシィ・ハートフィリアエルザ・スカーレットウェンディ・マーベル・「ドメスティックな彼女」橘陽菜橘瑠衣・「七つの大罪 憤怒の審判」エリザベス・リオネスディアンヌマーリン・「カノジョも彼女」佐木咲水瀬渚・「炎炎ノ消防隊」アイリス茉希尾瀬環古達・「寄宿学校のジュリエット」ジュリエット・ペルシア・「山田くんと7人の魔女」白石うらら・「魔法先生ネギま!ANIME FINAL 」神楽坂明日菜

29
「Afternoon Tea×PEANUTS」東京をモチーフにしたコラボアイテムが登場!

「Afternoon Tea×PEANUTS」東京をモチーフにしたコラボアイテムが登場!

「Afternoon Tea LIVING」が、6月23日(水)より「PEANUTS(ピーナッツ)」とのコラボレーションアイテムを展開!今回は「SNOOPY IN TOKYO」をテーマに、「SNOOPY」や「PEANUTS」の仲間たちが東京の名所を旅するアートをモチーフにしたアイテムが登場する。東京の名所を旅するアートがモチーフ同シリーズでは、メイドインジャパンにこだわった和食器や、大人でも持ちやすいシンプルなアイテムがラインアップ。「豆皿」各¥880、「鉄玉(南部鉄器)」¥2,420、「レスト」各¥880、「箱入り箸」¥1,100、「コインケース」¥2,200、「ミニサイフ」¥3,520、「リール付きパスケース」¥2,750、「ティッシュケースポーチ」¥1,650、「クールトライアングルクッション」¥3,080、「ぬいぐるみS」¥1,760、「クールT-BOXクッション」¥3,520、「晴雨兼用傘」¥3,190、「扇子」¥1,980、「ワイプポーチ」¥660、「クールネックタオル(ポーチ付き)」¥1,430、「ワンタッチボトル(350ml)」¥4,400、「ステンレススリムマグ(290ml)」¥3,080などが並ぶ。価格はすべて税込。キュートなおりがみセットをプレゼントまた、今回のオリジナルアートをあしらった全6柄計30枚のおりがみをセットにした「オリジナルおりがみセット」(非売品)を、店頭と公式オンラインショップで対象商品を¥4,400(税込)以上購入の先着6,000名にプレゼント。おりがみとしてももちろん、手紙やラッピングとしても使える。1人1点限りで、なくなり次第終了となるので、興味のある人はお早めに!©2021PeanutsWorldwideLLC

30
アニメ『舞妓さんちのまかないさん』Eテレで10月から放送 声優は花澤香菜、M・A・Oら

アニメ『舞妓さんちのまかないさん』Eテレで10月から放送 声優は花澤香菜、M・A・Oら

 NHKワールドJAPANで2月から毎月放送されているアニメ『舞妓さんちのまかないさん』が、10月からEテレで放送されることが17日、発表された(全36回)。【画像】花澤香菜が演じるキヨ 原作は、小山愛子氏による人気漫画。青森から舞妓を目指して京都にやってきたキヨとすみれだが、ひょんなことからキヨは屋形のまかないさんになる。 花街(かがい)を舞台に、舞妓さんたちの食事を作るまかないさんとなったキヨ、舞妓として“百年にひとりの逸材”と将来を期待されるすみれ、そして一緒に共同生活を送る舞妓さんたちの日常が、おいしいごはんを通してほっこりと描かれる。 キヨを演じるのは花澤香菜。すみれをM・A・O。ほか、高山みなみ、松田颯水、片貝薫、小山力也らが出演する。

カテゴリ