October26日(Tue)のランキング

1
指原莉乃、「おばさんポジション」で新境地 中居をはじめ先人たちから吸収したMC術の強度

指原莉乃、「おばさんポジション」で新境地 中居をはじめ先人たちから吸収したMC術の強度

 10月から新番組『超無敵クラス』(日本テレビ系)、『100%! アピ~ルちゃん』(MBS・TBS系)がスタートするなど、MCとして引っ張りだこの指原莉乃。これまでは年上共演者のなかで“若者代表”としての意見を番組で述べることが多かったが、『超無敵クラス』では10代の女子高生とトークを。あえて「もうJKについていけない」という立場をとり、年上の共演者と同じ側に立ちながらも、場面が切り替わると若年層とも積極的に会話を展開。いわば、若年層との“橋渡し役”だ。円滑に番組を進めるためにキャラを演じる展開は、中居正広もよく行っていた手法。同じアイドル出身でMCを極めた2人。その共通点とは?【全身ショット】美ふくらはぎ全開!超ミニスカで自慢の美脚を披露した指原莉乃■『超無敵クラス』で見せた“おばさんポジション”で新境地  『超無敵クラス』は、総フォロワー数1000万人を超える令和最強の10代の女子高生たちと芸能人が世の中のあれこれを発表し合うトークバラエティー。MCは芸人のかまいたちと指原莉乃だが、山内健司はひな壇側に。これまで何度か特番で放送されていたものがレギュラー化された。  10月19日の放送では最初のトピックスで、「今のJKはふくらはぎに命をかけている」という話題に。かまいたち山内は「まったく意味がわからない。どうでもよくない?」とコメント。指原も「ふくらはぎ、気にしたこと一度もない」と同調し、ふくらはぎが第二の顔と主張するJKに「えっ!?」と驚がく。その後、矛先は指原に向き、JKたちから「ふくらはぎを見せて!」という流れに。戸惑いながらも指原らしいノリの良さで披露していた。  そんな『超無敵クラス』の特番時代、指原のYouTubeには特番収録時の裏側で、かまいたちとどんな会話が交わされたかが収められており、山内は「この番組に出ている子は若いから、悪いけどさっしーがおばちゃんに見える」とポロリ。それに対し指原は「(これまで)おじさんとしかテレビに出てないじゃないですか、私。若い子役しかやったことないから、オバさん役どうしようと思って(笑)」とリアルな思いを吐露していた。  だが昇格してからの放送を見ると、その心配をよそに、先述の例のように見事に“橋渡し役”としてトークをつないでいる。JKからは想像もつかない話題が出てくるので、半分は本当に驚いているのかもしれないが、「指原が分からないポジションにいる」という同番組の作りは、これまでの指原のMCスタイルとは異なる新鮮さが感じられる。 ■周囲のことをよく観察しているからこそつらぬける“分かっていないキャラ”  「MCが要点を分かっていない立場でトークを進めるのは、基本中の基本の技術」と話すのはメディア研究家の衣輪晋一氏。「とくに明石家さんまさんや中居正広さんは分かりやすいですね。『恋のから騒ぎ』(フジテレビ系)では、さんまさんが“バカな男のフリ”をして素人女性の恋愛ネタを聞き出し、爆笑の展開に。さんまさん自体がきっかけとなって笑いが起こるのではなく、さんまさんへの素人女性のコメントや反論がきっかけで笑いが起こっていました。中居さんも視聴者が思わず信じてしまうほどの“鈍感キャラ”を貫くときがある。『中井正広のブラックバラエティ』では、その立ち回りを指摘されたことがあります」(同氏)  それは2012年、『中居正広のブラックバラエティ』(日テレ系)にKinKi Kidsの堂本剛が出演した時のこと。家庭を持つためにしっかりとした家族像を思い描きながらも、「自分の妻や子どもたちはいや応なしに世間から好奇の目にさらされ、知らないところで家族に迷惑をかけてしまうのではないか」などの不安を堂本は吐露。そんな中、中居は堂本の話を茶化したり、恋愛や結婚についてなぜ女性はこの行動をとるのか「分からない」という立場をつらぬいていた。  ここで堂本が中居にこう発言。「中居さんは、昔っからもう神経質ですから。だからそういう細かいことも全部気にしている人なんですね。僕に今こうおっしゃってますけども。だから、今日も僕がこういう話をしやすいために、あえてこのキャラをやってくださってます」。たまらず中居は「バラすなよ!」というニュアンスでギロリと眼光を向け(もちろんそれも冗談で、笑いに変えるかたちで)トークを展開していた。  明石家さんまを始め、MCは細かいこともすべて把握したうえで、気にすることができている。だからこそ、“分からないポジション”で立ち振る舞えるし、視聴者とコメントをする人の“橋渡し”の役割も果たせている。指原が今、MCで見せているトーク展開も過去の大先輩たちと類似性があるのではないか。 ■どう対応するか…「想定できる先輩がたくさんいるのはすごいことだと思う」  MCとしてのキャラクターは、周囲の共演者たちが一緒に作ってくれるものでもある。新番組『超無敵クラス』では、かまいたちが。『100%! アピ~ルちゃん』では麒麟・川島明が指原とともにMCを務めるが、どちらも能力の高さがたびたび話題になるMC陣。それぞれ手法は違っているが、それがさらに指原に新たなカラーを付与するのだ。指原自身も環境の大切さを痛感しているようで、過去のORICONNEWSのインタビューではこのような発言をしている。  「MCをさせていただくことが増えて、脳内で「この人だったらどうするだろう」と想定できる先輩がたくさんいるのは、すごいことだなと思います。(フットボールアワー)後藤(輝基)さんや、坂上(忍)さん、今田(耕司)さん、中居(正広)さんなど、いろんな人がパッと浮かぶのは、仕事に恵まれて、いろんな吸収をさせてもらっているからだと感じます。ただ、MCはあまり得意じゃないと思っているので、ひな壇の皆さんやゲストの方に支えていただきながら頑張っている状況」(2021年4月掲載)  非常に謙虚だが、前出の衣輪氏は「そもそも指原さんの俯瞰力、能力の高さがなければ成り立たない状態」と解説する。「今年7月に放送された『極楽とんぼのタイムリミット』(AmemaTV)で、加藤浩次さんは指原さんについて、『さっしーは短いセンテンスでスパッと入れていくのが本当にうまい』と称賛。藤森慎吾さんも『共演したら驚愕します』と応じ、西野未姫さんも『指原さんは、“使われるだろうな”ってコメントを一言で言うようにしているそうです』と話しています」  「実際、2017年の『有吉反省会』(日テレ系)では、野口五郎さんが『指原の発言はネットニュースになるので怖い(共演したくない)』と裏付けるような発言を。また同年のAmemaTV『テレビじゃ教えてくれない! 業界裏教科書』では陣内智則さんが『指原は頭が良い。立ち振る舞いというか、立ち回り方が何通りもあるというか、こっちに行った方が良いという臭覚がすごいですよ。あと、ほかの女性タレントを凌駕する危機管理能力の高さ。最悪なことを絶対免れることを彼女は瞬時に考えている』と分析。2016年には当時首相だった安倍晋三氏が『ワイドナショー』(フジ系)に出演。『指原さんは政治家に向いている。ざっくばらん、言いたい放題言っているようで、決してこれを超えてはいけないってところは超えない』と安倍さんお墨付きでした」(衣輪氏)  女性でMCがバリバリできる、しかも若手のタレントはそういない。おばさんポジションを手に入れ、この先の10年20年、彼女がどんなMCになっていくか。男性ばかりのMC業界に、彼女が風穴を開ける未来を期待したい。 (文/中野ナガ)

2
小諸市の文化・芸術・食をめぐり歩くまちなか回遊イベント「こもろ浪漫」が開催中!

小諸市の文化・芸術・食をめぐり歩くまちなか回遊イベント「こもろ浪漫」が開催中!

小諸マチナカ回遊プロジェクト実行委員会が、長野県小諸市にて、小諸市の文化・芸術・食をめぐり歩くまちなか回遊イベント「こもろ浪漫」を、11月21日(日)まで開催している。改めて地元の魅力を再発見できるイベント昨年から続く新型コロナウイルス感染拡大の影響により、大人から子どもまで長期間にわたる外出自粛を求められてきた中、全国的な緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ遠出を敬遠する人も多いのでは。そこで、遠出がしにくい今だからこそ、改めて地元の魅力を再発見してもらいたいとの想いから、小諸マチナカ回遊プロジェクト実行委員会は、北国街道最初の宿場町として栄えた小諸市のまちなかを回遊するイベント「こもろ浪漫」を企画した。魅力的なスポットを回るウォーキングマップ同イベントでは、小諸市や旧北国街道沿いの寺社、店舗、施設の協力を得て作成した、魅力的なスポットを歩いて回るウォーキングマップを用意。約2時間半のコースで、さまざまな文化や歴史、自然が融合した「こもろ浪漫」に触れることができる。ゴール地点「与良館(よらかん)」では、回遊で感じたことを一句詠んだり、アンケートに答えた人に粗品をプレゼント!イベントに参加する際は、小諸駅前の小諸駅のまどまたは小諸市観光案内所で「こもろ浪漫マップ」を受け取ろう。なお、参加費は無料だが、一部入場料がかかる場所もある。また、イベント期間中には、島崎藤村が原稿用紙に使用していた内山障子紙を使った「トラベルノート万覚帖」や、ドリンク・軽食付スターターキットの販売のほか、ガイドツアー、宿泊企画等の特別企画も開催。詳細は「こもろ浪漫」公式サイトにて確認を。寺社や建築物など見どころが満載!浅間山の麓にある小諸宿は、小諸城を中心とする城下町に宿場の機能が備わったことで大きく発展を遂げた。小諸城は城郭が城下町よりも低い場所に位置する日本唯一と言われる「穴城」で、城を取り囲むように城下町と自然風景を残すための多くの寺社が配置されている。また、旧北国街道沿いには、江戸、明治、大正、昭和の多くの建築物が混在し、近年では小諸に魅了された移住者や若い人が、既存の建物を活用して飲食店を開業するなど、新たな息吹も感じられるという。さらに、雄大な自然に囲まれ、上質な文化を育んできた小諸は、島崎藤村や高濱虚子など、多くの文化人や芸術家の感性を魅了してきた地でもある。地元の人ほど、なかなかその土地にある貴重な名所を訪れる機会がないもの。小諸城址の美しい紅葉も始まる季節にあわせ、自粛生活の気分転換に出かけてみては。

3
自分へのご褒美にも欲しい!ブルーボトル×コーディーハドソンの「ホリデーギフトコレクション」がお目見え

自分へのご褒美にも欲しい!ブルーボトル×コーディーハドソンの「ホリデーギフトコレクション」がお目見え

ホリデーアイテムが続々とお目見えする、これからの季節。ブルーボトルコーヒーでは「ホリデーギフトコレクション 2021」の販売が11月9日(火)より順次スタート。その一部アイテムをご紹介します。ホリデー限定コーヒーをチェックブルーボトルコーヒー、今年のホリデーギフトは“This Winter, Invite Warmth In - この冬、温もりを迎え入れよう。”がテーマ。テーマにあわせた『ウィンターブレンド』(税込1836円)は、コーヒー好きへのプレゼントにもおすすめです。全世界共通の『ホリデースパイスラテ』(税込715円)は、デーツシロップのやさしい甘みにナツメグがやわらかに香る、心まで温まるフレーバーなのだとか。ギフトにぴったりなコラボアイテムアーティスト、コーディ・ハドソン氏とコラボしたアイテムもマストチェック。『スパイスクッキー』(税込972円)は、ちょっとしたギフトやコーヒーブレイクのお供に。『ブルーボトル×コーディーハドソン ミニカップ』(税込3960円)は、11月中旬発売予定です。12月には、ブルーボトル初のクリスマスオーナメントも登場しますよ。ご紹介したアイテムは全国のブルーボトルコーヒーカフェ、公式オンラインストアなどにて順次販売がスタート。公式オンラインストアのホリデーコレクション2021 特設ページでは、一部アイテムの先行予約を受付け中です。※HUMAN MADEカフェでの販売はありません。ホリデーシーズンのデザートも登場全国のブルーボトルコーヒーカフェでは、コーヒーと相性抜群のホリデーシーズンデザートも同時発売。『チョコレート ラムレーズン パウンドケーキ』(税込440円)はカフェ全店に登場。ブランド初『キャロットケーキ』(税込495円)は、グルテンフリーなのにしっかりと満足感のある食べ応え。六本木、広尾、みなとみらい、京都木屋町カフェにてイートイン限定で楽しめますよ。さらにパティシエユニット「Tangentes(タンジェント)」監修のスペシャルメニューも登場。『ホリデーパフェ マロンwith オレンジソース』(税込770円)は、清澄白河フラッグシップカフェ、青山、渋谷、京都、梅田茶屋町カフェで味わえます。『シーズナルタルト ラズベリー、レッドカラント、フロマージュブラン​​』(税込880円)は、清澄白河フラッグシップカフェ限定のスペシャルタルト。いずれも数量&期間限定なので、この季節ならではのメニューを楽しみたい人はお早めにチェックしてくださいね。※表示価格は税込10%のイートイン価格です。BLUE BOTTLE COFFEE 公式 オンラインストアhttps://store.bluebottlecoffee.jp/

4
SEVENTEEN、『Attacca』が通算5作目の1位 エスクプス「少しでも幸せな気持ちになってもらえたら」【オリコンランキング】

SEVENTEEN、『Attacca』が通算5作目の1位 エスクプス「少しでも幸せな気持ちになってもらえたら」【オリコンランキング】

 13人組ボーイズグループ・SEVENTEENの最新アルバム『Attacca』(アタッカ)が、初週16.4万枚を売り上げ、10月26日発表の最新「オリコン週間アルバムランキング」で初登場1位を獲得した。【写真27点】SEVENTEENがカムバック会見 メンバーソロショットも 自身通算5作目の1位獲得となり、これで海外男性アーティストによる「アルバム通算1位獲得作品数」記録【※】は、サイモン&ガーファンクル、ボン・ジョヴィに並ぶ歴代3位タイとなった。 この記録にメンバーのエスクプスは、「今作『Attacca』は、前作『Your Choice』に続いて“愛”について語った作品ですが、CARAT(ファンの呼称)の皆さんがたくさんの愛を送ってくださったおかげで幸せな気持ちで今回の『Attacca』を準備することができました。いつも幸せな気持ちで作品を準備することができるのは、CARATの皆さんの存在があるからです。改めて、感謝の気持ちでいっぱいです」とファンへ感謝。「そんなCARATの皆さんに、感謝の気持ちを直接お伝えすることができないのはとても残念ですが、『Attacca』に僕たち13人から皆さんへのメッセージを込めました。僕たちが、皆さんからの愛をたくさんもらって一生懸命準備した『Attacca』を通して、少しでも幸せな気持ちになってもらえたら嬉しいです」と本作をアピールした。 本作のタイトル『Attacca』は、一つの楽章で各曲の境目を切れ目なく演奏する音楽用語。今回のアルバムでは、止められない情熱的な心、より深くなった愛の熱気を伝えようという想いが詰まっている。メンバーのウジが作詞・作曲、バーノン、ジョシュアが作詞に参加したロックで疾走感あふれるリード曲「Rock with you」の他、全6曲が収録されている。 ■SEVENTEEN・エスクプスのコメント全文 僕たち SEVENTEENの韓国9枚目となるミニアルバム『Attacca』がオリコン週間アルバムランキングにて1位を獲得することができました。いつも一緒に歩んでくれるCARATの皆さん、本当にありがとうございます。 今作『Attacca』は、前作「Your Choice」に続いて”愛”について語った作品ですが、CARATの皆さんがたくさんの愛を送ってくださったおかげで幸せな気持ちで今回の『Attacca』を準備することができました。いつも幸せな気持ちで作品を準備することができるのは、CARATの皆さんの存在があるからです。改めて、感謝の気持ちでいっぱいです。 そんなCARATの皆さんに、感謝の気持ちを直接お伝えすることができないのはとても残念ですが、『Attacca』に僕たち13人から皆さんへのメッセージを込めました。僕たちが、皆さんからの愛をたくさんもらって一生懸命準備した『Attacca』を通して、少しでも幸せな気持ちになってもらえたら嬉しいです。 直接会えるその日まで、それぞれの場所でお互いに頑張りましょう。寒くなってきたので、身体には気を付けてくださいね。CARATの皆さん、ありがとうございます。そして、おめでとうございます。愛してます。【※】海外男性アーティストによる「アルバム通算1位獲得作品数」記録/1位:BTS(9作)、2位:東方神起(8作)、3位:サイモン&ガーファンクル、ボン・ジョヴィ、SEVENTEEN(5作) ※達成順<クレジット:オリコン調べ(11/1付:集計期間:10月18日〜10月24日)>

5
ディズニー新作『ミラベルと魔法だらけの家』圧倒的歌唱力で斎藤瑠希をヒロインに抜てき

ディズニー新作『ミラベルと魔法だらけの家』圧倒的歌唱力で斎藤瑠希をヒロインに抜てき

 ディズニー長編アニメーション60作目を飾る新作『ミラベルと魔法だらけの家』(11月26日公開)の新ヒロイン・ミラベル役の日本版声優に、US本社のオーディションを経て、ドラマ『ドラゴン桜』(TBS)に生徒役で出演してた19歳の新人女優・斎藤瑠希(さいとう・るき)が大抜てきされた。ミラベル役として決定したときの気持ちを斎藤は「本当に信じられないくらいびっくりして、夢なんじゃないかっていうくらい驚きました。楽譜と台本をいただいて、やっと実感が湧き、幸せを噛み締めました」と、大役を勝ち取った驚きと喜びを語っている。【動画】ディズニーの新ヒロイン・ミラベル役の斎藤瑠希からごあいさつ 本作は、『モアナと伝説の海』(2017年)以来4年ぶりの新作オリジナル・ミュージカル、さらにディズニー長編アニメーション60作目を飾る記念作。その主役に斎藤が抜てきされた最大の理由は、なんといっても圧倒的な歌唱力。同時に解禁となったミラベルが歌う「ふしぎなマドリガル家」は、ミラベルが大好きな家族を紹介する楽曲。『美女と野獣』(1991年)の「朝の風景」や『アナと雪の女王2』(2019年)の「ずっとかわらないもの」のように、その1曲で観客をたちまち物語の世界へと誘う、劇中冒頭に登場する盛大な幕開けを飾る一曲だ。 楽曲を手掛けたのは、ブロードウェイミュージカル「イン・ザ・ハイツ」(2008年)や脚本・作詞・作曲・主演を務めたミュージカル「ハミルトン」(15年)でトニー賞、グラミー賞など数々の賞を受賞したリン=マニュエル・ミランダ。リンならではの魅力があふれた心躍るラテン系のアップテンポなリズムに乗せられ、せりふのような歌や独特のリズム感のあるこの楽曲について、ディズニー作品の日本版で多くの音楽を手掛けてきた音楽演出の市之瀬洋一は、「ラテン音楽は日本人があまり触れることのない音楽です。最大の特徴はリズムと表現の激しさです。数値化された西洋音楽とは違い、割り切れないリズムで表現され、そこに表現の幅や自由さが生まれることが魅力でもあります」と、今作の楽曲の難易度の高さを語る。 この難曲を見事歌いあげた斎藤の歌声について、「この難しいリズムの中にいろいろな表情を織り込んで歌ってくれました。こちらの要求に対する反応はとにかく素晴らしかったです。収録は毎回ワクワク・ドキドキ、限界を超える集中力の連続でした。こちらが脂汗をかくくらい彼女は的確に迅速に答えてくれました。ですから聴けば聴くほど彼女の歌の凄さがおわかりいただけると思います。US本社からも”鳥肌がたった”と絶賛されました」と、明かしている。  主人公ミラベルは魔法の力を与えられた不思議な家に暮らすマドリガル家に生まれた少女。彼女の家族は5歳の誕生日を迎えると1人1人が特別な個性を持つ”魔法のギフト(才能)”を家から与えられるが、ただ1人だけ”魔法のギフト“を与えられなかったのがミラベルだ。魔法を持たずとも、家族と仲良く暮らしていたミラベルは、ある日家に大きな亀裂があることに気づく──このままでは世界から魔法の力が失われていくと知った彼女は家族を救うため、”唯一の希望“として立ち上がる。 ミラベルは笑顔で過ごす反面、彼女の目には、魅力的な魔法のギフトを持つ2人の姉や家族が”完璧“な存在に映り、心の奥底では疎外感や不安を抱えていた。そんなミラベルと同じく3姉妹の三女だという斎藤は、「自分自身も姉と自分を比べて落ち込んでしまったりしたことがあるので、魔法が使える姉と何も持たない自分を比べてコンプレックスを感じるミラベルにとても共感しました」とミラベル重なる部分があったと語った。そんな斎藤だからこそ、ミラベルの複雑な気持ちにも感情を寄せながら、見事に演じ切っている。 ミラベル役に大抜てきされ、難易度の高い曲をただ歌うだけではなく、音楽演出担当の想像を遥かに上回る歌唱力を見せつけた斎藤は「幼い頃に『メリー・ポピンズ』をみて、音楽が好きになりました。初めて洋楽を歌うきっかけになったのも『ハイスクール・ミュージカル』だったので、ディズニー作品はいつも私にきっかけをくれる特別な存在です」と語る。まさになるべくして新たなディズニーヒロイン・ミラベル役を射止めた。 魔法を持たない存在であっても、家族に危機が迫る時、ただ一人、前に突き進むことを決めたミラベルの姿に斎藤は「社会の中で周りと自分を比べてしまうことがあると思います。その中でも自分だからできること、自分にしかできないことがきっとあって、それを信じて突き進む勇気をミラベルが教えてくれると思います。この映画を観終わったあと、“よし明日も頑張るぞ”という活力にしていただけたらうれしいです」と勇気がもらえると語る。 ミラベルは私たちに<奇跡を起こす方法は、魔法だけじゃない>と勇気を与え、いまの時代だからこそ観客の心を明るく照らしてくれる存在になりそうだ。斎藤の圧巻の歌声で彩る<魔法×音楽>に満ちあふれた新たなミュージカル・ファンタジー『ミラベルと魔法だらけの家』への期待が高まる。

6
金メダリスト・須崎優衣がクイズ初挑戦 レスリング経験生かし“自分を信じる”と奮闘

金メダリスト・須崎優衣がクイズ初挑戦 レスリング経験生かし“自分を信じる”と奮闘

 東京オリンピックのレスリング金メダリスト・須崎由衣が、26日放送のフジテレビ系クイズバラエティー番組『今夜はナゾトレ!超タメになる秋の紅葉絶景旅雑学!不思議映像クイズ2時間SP』(後7:00~21:00)にゲスト出演。女優・高畑淳子とペアを組んで難問に挑む。【写真】今回は「ZY」? クイズに意気込むDAIGO 頭を柔らかくして楽しむ『今夜はナゾトレ』の2時間スペシャル。東京オリンピックのレスリング女子フリースタイル50キロ級で圧倒的な強さを見せた須崎が、大好きだというクイズ番組に初登場。緊張しながらも楽しみ、「ペアを組んだ高畑さんがすごく優しくて。高畑さんのおかげで緊張がほぐれて感謝しています」と語る。 また、柔道金メダリストのウルフ・アロンが2度目の出演をはたし、「顔が似ているのでは?」言われているタカ(タカアンドトシ)と再度ペアを組む。このほか、DAIGOと柳原可奈子、鷲見玲奈とトシ(タカアンドトシ)、フワちゃんとマヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)、石原良純と有田哲平(くりぃむしちゅー)、久本雅美と宇治原史規(ロザン)がペアを組む。「ひらめき国語辞典」「ホントorウソ」「ハイorロー」などのクイズに挑むが、果たして勝利の行方は…。■須崎優衣 コメント――収録を終えての感想「はじめてのクイズ番組出演だったのですが、すごく楽しかったです。テレビを見るのもクイズ番組を見るのも好きなので、『今夜はナゾトレ』も普段から見ていて。でもテレビで見て答えることとスタジオで答えることとでは全然違いました。特に松丸さんが出題する“東大ナゾトレ”は、テレビで見ていても解けたことがなかったのですが、今日も難しかったです。実はちょっと緊張していたのですが、ペアを組んだ高畑さんがすごく優しくて。高畑さんのおかげで緊張がほぐれて感謝しています。ウルフ・アロンさんとは以前も他の番組でご一緒したことがあるのですが、本当にいつも面白い方だなと今日も思いました」――難しかったところは?「“ウソかホントか”を答えるクイズでは、裏を読み過ぎてしまいました。もっとシンプルに考えたり、自分の直感を信じた方がよかったと思いました。今回改めて、試合の時のように“自分を信じる”ことが大切だと感じました。試合も楽しめると本当に強い自分が出せるので、レスリングも普段から“楽しむ”という気持ちを大事にしています。テレビも大好きなので、バラエティ番組に出させていただいた時も、心から楽しむようにしています」――視聴者に見どころを「本当に楽しかったので、視聴者の皆様も、見ながら是非一緒に参加して、楽しんでいただきたいなと思います」

7
石原さとみ、水卜麻美アナに語る“仕事への向かい方” 『ZIP!』×『そして、バトンは渡された』SP企画が放送

石原さとみ、水卜麻美アナに語る“仕事への向かい方” 『ZIP!』×『そして、バトンは渡された』SP企画が放送

 女優の石原さとみが、27日放送の日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』(月~金 前5:50)に出演する。総合司会の水卜麻美アナが話題の人に迫る『mito_meets』のコーナーでは、石原出演の映画『そして、バトンは渡された』の29日公開を前に、スペシャル企画として水卜アナが石原にインタビューする。【動画】稲垣来泉、石原さとみに「いつか会いたいと思っていた」メイキング映像 劇中では初めてシングルマザー役に挑戦した石原。血のつながらない娘を愛情をもって育てる母親であり、目的のためには手段を選ばない魔性の女・梨花を好演している。デビューから約20年第一線で活躍し続ける石原の仕事への向き合い方に水卜アナが迫る。石原が「女優としての変化」、「目標のたて方」、「迷いの克服法」をたっぷり語る。  さらに、ショウビズコーナーでは、『そして、バトンは渡された』の撮影現場に番組カメラが密着。4回も苗字が変わり今は血のつながらない父・森宮さん(田中圭)と一緒に暮らす優子(永野芽郁)の家に、優子が恋心を抱く同級生で天才ピアニストの同級生・早瀬くん(岡田健史)を招き、3人で食卓を囲みながら森宮さんの作った餃子を食べるというドキドキのシーン。撮影の裏側では番組カメラだけに、永野が気づいた“田中圭の意外な行動”を教えてくれている。

8
柔道金メダリストのウルフ・アロン、変身企画で海外俳優のようなクールガイに!

柔道金メダリストのウルフ・アロン、変身企画で海外俳優のようなクールガイに!

 東京五輪の柔道男子100キロ級金メダリストのウルフ・アロン選手が、25日発売の男性ファッション誌『smart』12月号(宝島社)に登場。プロのヘア&メイクのテクニックで、クールガイに変身した。【写真多数】クールガイに変身したウルフ・アロン選手 全身カットも 金メダル獲得以来、メディアで大活躍中のウルフ選手。今回は人気ヘアメイク・アーティストのRYO氏が話題の人物を変身させる人気連載「外見至上『手技』!!」のモデルとして、普段のラフなアスリートスタイルから一点、驚きの変身を遂げた。 ヘアは襟足から後頭部、サイドにかけて刈り上げて前髪を上げた7:3分けに。無精ヒゲも整えて清潔感をプラスし、まるで海外俳優のような色気を漂わせる仕上がりとなった。 RYO氏のインスタグラムでは、ウルフ選手を変身させた『手技』の一部始終をmovieで公開。モデルとしてシューティングされる堂々としたウルフ選手のポージングも収めている。

9
倖田來未“薄着姿”で谷間チラリ… 撮影オフショットが大反響「エロカッコイイ!!」「奇跡の38歳」

倖田來未“薄着姿”で谷間チラリ… 撮影オフショットが大反響「エロカッコイイ!!」「奇跡の38歳」

 歌手の倖田來未(38)が25日、自身のインスタグラムを更新。「キューティー(ハニーの)ジャケ写の時の撮影でございました!!」とつづり、オールタイムベストアルバム『BEST~2000-2020~』(12月6日発売)撮影オフショットを公開した。【写真あり】“薄着姿”で谷間チラリ…倖田來未がオフショット公開「エロカッコイイ!!」 投稿した写真と動画は、胸元やお腹周りがあらわとなる薄着姿の倖田がスタジオ内の様子を紹介。ファンからは「可愛い!綺麗!セクシー!」「美しい」「エロカッコイイ!!」「奇跡の38歳だわ」などの声が寄せられている。

10
映画『DUNE』運命を悟る主人公ポール 本編映像解禁

映画『DUNE』運命を悟る主人公ポール 本編映像解禁

 ティモシー・シャラメが主演する映画『DUNE/デューン 砂の惑星』(公開中)より、主人公ポール・アトレイデス(ティモシー)と母ジェシカ(レベッカ・ファーガソン)が不穏な会話を交わすシーンの本編映像が解禁となった。【動画】映画『DUNE』ベネ・ゲゼリットに言及する本編映像 映像は、「帝国の政治を陰で密かに操る」存在として、ベネ・ゲゼリットに言及するシーン。ベネ・ゲゼリットは謎の女性集団で、ジェシカもそのメンバー。“ボイス”と呼ばれる力を通して自身の言葉を武器に変え、他人の行動をコントロールすることができる。アトレイデス家の領主・レト公爵(オスカー・アイザック)の側室となったジェシカは、ベネ・ゲゼリットから娘を産むことを求められていたが、授かったのは息子ポールだった。 アトレイデス家の跡継ぎとして、幼い頃から戦闘技術と頭脳を磨くための訓練を行い、家柄につきまとう重い責任を負うための準備にずっと取り組んできたポール。一方で、ポールは未来を視る能力を持っていた。その力をより良い未来のために使える人になるように、ジェシカはポールを教育し、“ボイス”の使い方を訓練してきた。 ベネ・ゲゼリットの教母とジェシカの話を聞いてしまったポールは「何のことです?」と、母を問いただす。「数千年にわたり血統を入念に操作してきた」と打ち明けるジェシカ。ポールは「全ては計画の一部」と、何かを悟ったような物悲しい表情を見せる。 宇宙帝国の皇帝からの命令で砂の惑星/デューンへと移住したポールとアトレイデス一族。ところがそれは恐るべき罠だった。これまでデューンを治めてきた凶暴なハルコンネン家と皇帝が手を結び、民衆から敬愛され勢力を広げつつあったアトレイデス一族を一気に滅亡させるのが狙いだったのだ。砂の惑星で父を殺されたポールは、一夜にして全宇宙から命を狙われる存在になってしまう。 本作は、アトレイデス家の跡継ぎとして生まれ、なぜ変な夢をみるのか、その理由も、その力の本当の意味もわからず、自分のアイデンティティにもがき、自分の生き方を模索していたポールが、なるべき大人に成長していく物語。その背景にあるのは、過酷な環境の砂の惑星/デューンで繰り広げられる領家同士のライバル争い、原住民フレメンとの部族間衝突、ハリケーン級の砂嵐や巨大な砂虫(サンドワーム)に襲われるという自然災害的なもの、社会的抑圧といった、現代社会にも通じるもので、それらをすべて幻想的に、壮大なスケールで描いた作品。 今月22日にアメリカはじめ、イギリス、韓国、中国、ブラジル、メキシコ、カナダなどでも公開され、現在76ヶ国で上映中。アメリカ、イギリス、フランスなど34の国と地域で初週興行収入初登場1位を獲得した。全世界の興行収入は2億2000万ドル(約250億円※)を突破し、特に中国では10月22日から24日までの3日間で2200万ドル(約25億円※)を記録した。※1ドル=113円で計算

11
映画『ノイズ』藤原竜也・松山ケンイチ・神木隆之介の隠ぺい工作が動き出す本予告解禁

映画『ノイズ』藤原竜也・松山ケンイチ・神木隆之介の隠ぺい工作が動き出す本予告解禁

 俳優の藤原竜也と松山ケンイチがダブル主演するサスペンス映画『ノイズ』(2022年1月28日公開)の本予告映像が解禁となった。本予告は、平和な島で暮らす親友の3人の日常が、一人の”ノイズ”を誤って殺してしまったことで崩壊していくところから始まり、真一郎が言い放つ「全部、なかったことにしましょう」という決意のせりふから、死体を隠しきるための3人の隠ぺい工作が動き出す。【動画】映画『ノイズ』本予告映像 「予告犯」「マンホール」「有害都市」などの作品で知られる漫画家・筒井哲也が2017年から20年まで「グランドジャンプ」(集英社)で連載していた同名漫画を、『ヴァイヴレータ』、Netflix映画『彼女』などの廣木隆一監督が実写映画化。 猪狩島・復興の期待を一身に背負いながらも、島を訪れた元受刑者のサイコキラーを殺してしまった泉圭太役を藤原。そして、圭太の殺人を隠ぺいすべく死体隠しに協力する幼馴染の田辺純役に松山。圭太と純の幼なじみであり幼い頃からの夢だった、故郷の猪狩島にある駐在所での勤務が決まったばかりの新米警察官の守屋真一郎役を神木隆之介がそれぞれ演じる。そのほか、圭太の妻・泉加奈役に黒木華、島に突如訪れたサイコキラー・小御坂睦雄役に渡辺大知、圭太たち幼なじみ3人を追い詰める県警の刑事・畠山努役に永瀬正敏が出演する。 <死体がバレたら終わり>という極限状況の中、彼らが殺してしまったのは、警察に追われていた凶悪犯の小御坂睦男であるということが発覚する。【県警の出動】【島民からの期待】【“不安”による疑心暗鬼】など、さまざまなプレッシャーが3人に襲い掛かり、島中に警察の捜査の手が張り巡らされることで、捜査の手がジリジリと3人にも迫りくる。そんな中、【新たな死体】の存在も明らかになり、事態は急展開を迎える。 映像の後半では、「もう何やったって駄目だ…」と絶望する圭太の姿も映し出されており、幼なじみ3人が県警の捜査の手を逃れ、死体を隠しきることができるのか、一瞬たりとも目が離せない展開となっている。 3人を取り巻く新たなキャストも解禁。3人を追い詰める刑事・畠山の相棒・青木千尋役に伊藤歩、農家・床吉の息子・横田昭一役に酒向芳、町長・庄司の部下・野毛二郎役に迫田孝也、真一郎の母・守屋仁美役に鶴田真由、地方創生局員として猪狩島に訪れる酒井義昭役に波岡一喜、真一郎の先輩として前任の駐在員を務めた岡崎正役に寺島進、猪狩島の復興を第一に考える町長・庄司華江役に余貴美子、そして圭太と純の隣人で、物語の重要なカギを握る農家・横田庄吉役に柄本明らが出演。 ポスタービジュアルも、タイトル同様“ノイズ”がかかったような加工がなされ、映画全体の殺伐としたヒリヒリする空気感が伝わってくる仕上がりだ。3人は島民たちとどのように絡み合い、全てを隠し通せるのか? そして解禁映像の最後に、登場する真一郎(神木)は深刻な面持ちで何を伝えようとしているのか? 一人の凶悪犯が持ち込んだ1つのノイズが平和な島を飲み込み、島中の人間を巻き込んでいくことで、狂気の暴走が止まらなくなる。<死体がバレたら終わり>の新感覚サスペンスの行方に注目だ。

12
若槻千夏、パスポート用の証明写真に反響「余った1枚ください」「可愛過ぎで逮捕します」

若槻千夏、パスポート用の証明写真に反響「余った1枚ください」「可愛過ぎで逮捕します」

 タレントの若槻千夏(37)が25日、自身のインスタグラムを更新。パスポート用に撮影した証明写真が話題になっている。【写真あり】「可愛過ぎで逮捕します」若槻千夏がパスポート用の証明写真を公開 若槻は「パスポートの顔が納得いかず今まで5年しか作ってこなかったけど。とうとう年齢も視野に入れて10年パスポート作るしかねぇ!ってなり、初の10年パスポートで更新」と説明。その際に撮影した証明写真をアップし「なんか緊張してエラに力入れすぎたけど仕方ない。若い時だけだ、5年にしとこ!ってやつは」とつづった。 この投稿を見たフォロワーからは「証明写真でこれは可愛すぎる!!」「可愛過ぎで逮捕します」「写真大きくして飾りたい」「余った1枚ください。大切にしますからーっ」などと絶賛のコメントが寄せられた。

13
相馬藩の殿が自ら育て作った牛乳を使用した、無添加&完全手作りの「殿様プリン」発売

相馬藩の殿が自ら育て作った牛乳を使用した、無添加&完全手作りの「殿様プリン」発売

相馬藩第34代当主、相馬行胤(そうま・みちたね)氏が自らの営む牧場の牛乳を使って作った手作りプリンを、東の食の会がプロデュース。「殿様布顛(プリン)」として、10月25日(月)よりオンライン産直市場「ポケットマルシェ」にて発売を開始した。最高の素材の味が際立つ優しい甘さ今回発売の「殿様プリン」は、相馬行胤氏が広島県神石高原町の自然豊かな環境の中で営む牧場にて24時間365日昼夜自然放牧で育てた牛の生乳に、本来の味を損なわないようノンホモ・低音殺菌処理を行った牛乳と、広島県福山市の天心山農園で自由に走り回って育った平飼い放牧鶏の有精卵を使用した手作りプリン。添加物を使用せず、カラメルも入れず、最高の素材の味が際立つ優しい甘さの珠玉の逸品に仕上げている。また、浄めの意味も込めて塩を一振りしているのもポイントだ。商品の詳細希望小売価格は1個(90g)480円(税別)で、「ポケットマルシェ」での販売価格は6個/2980円(税込)。当面は「ポケットマルシェ」にて販売され、今後は順次、販路を拡大していく予定だという。収益の一部を馬事文化継承の活動に寄付なお、同商品の収益の一部は、一千有余年の歴史と伝統を誇る「相馬野馬追」の維持をはじめ、馬事文化を継承するための活動に寄付される。この機会に、相馬藩の殿が自ら育て作った牛乳を使用した、無添加・完全手作りのプリンを手にとってみては。

14
後藤真希、しなやかボディ惜しみなく披露 10年ぶり写真集から“圧倒的透明感”カット解禁

後藤真希、しなやかボディ惜しみなく披露 10年ぶり写真集から“圧倒的透明感”カット解禁

 元モーニング娘。でタレントの後藤真希(36)が、約10年ぶりに発売する写真集『ramus』(11月29日発売・講談社)の先行カットが公開された。今あらためて「レジェント」として若い女性を中心にそのエイジレスな「ゴマキビューティ」に視線が集まるなか、惜しみなく美しい肢体を披露。ランジェリーカットをはじめ、開放的な空間でしなやかなボディを贅沢に捉えたカット数々が収録される。【写真集カット】ジュースを片手に…健康的な美BODY披露の後藤真希 本作は、アイドル時代を経て、ひとりのアーティストとして、ひとりの女性としてさまざまな経験を重ねオトナになった今だからこその「自分らしさ」を表現。「オトナになった今が、一番飾らない自分でいられる」、そんな想いを抱いての、ほんの少しのエスケープ。開放感に満ちた空間で、光を浴び、風を感じながら自らを解き放った姿を追った。 夏のある日プールではしゃぎ、朝食のフルーツをほおばるチャーミングな様子、バスタイムのピュアな姿、リラックスタイムに放った美しい肢体.....。奇跡の36歳とも語られる圧倒的透明感、女性が憧れる思わず触れたくなるやわらかな肌、ヌーディーな世界に宿るその輝きを存分に感じられる写真集となる。 後藤は「36歳になった私がまた1つ作品を残せる事をうれしく思います。そして、今回この一冊を自分自身でみて、今までの私よりもっとナチュラルに自然な私で居ることに気付きました。肩の力を抜いて、たくさん笑って、とても楽しい撮影でした。ぜひたくさんの方に手にとっていただけたらと思います」とコメントを寄せた。 タイトルはラテン語で「枝」の意味で、後藤自らが命名。四柱推命で自身の星が「花」であることから、これまで支えてくれたすべてのファンは彼女を照らす太陽であり、育ててくれる土であり、心に潤いを与える水だと感じている、との思いでタイトルに想いを巡らせる中、たどりついた。 撮影は女性誌をはじめ第一線で活躍するフォトグラファー菊地泰久氏が担当。後藤本人がすべてのセレクトにも参加した衣装やヘアメイクなど、「いま」をリアルに感じる高いビジュアル度に仕上がっている。 メイキングムービーを楽しめる「特別版」も発売予定となっている。

15
福原遥、超負けず嫌いな性格&転機エピソードを告白 『ラジハII』八嶋智人は「手相がすごいシンプル」

福原遥、超負けず嫌いな性格&転機エピソードを告白 『ラジハII』八嶋智人は「手相がすごいシンプル」

 女優・福原遥が、フジテレビ系で27日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(毎週水曜 後10:00)に出演。自身の転機となった作品や出会いについて語る。【写真】メガネを外すと… 占い結果に笑う八嶋智人 今回は「豪華俳優陣&人気お笑い芸人ガチ占いスペシャル!」題して放送され、福原は工藤阿須加とともにゲストとして登場。福原は「半年前に携帯電話を変えるタイミングで番組を見させていただいて番号を変えました!」と期待を寄せ、占い師・シウマの鑑定に臨む。「超泣けず嫌いな性格」と指摘されると、首を縦にふり、意外な負けず嫌いエピソードを披露。また、シウマが「福原が昨年が(女優としての)殻を破るのに一番よかった時期」と語ると、福原もそれにうなずき、自らの転機となった作品・出会いについて語る。 対して、工藤も性格や性質を矢継ぎ早に指摘されて「合ってるかもしれないですね…」と納得の表情。さらに「体に心配な点が…」と占われると、工藤は自覚ある表情で「はい」と一言。自身の母が施した病気療養法や、父・工藤公康氏との野球エピソード、芸能界に入ったきっかけなどを明かす。最後に「オレ、いつ結婚すんのかなって…」と工藤が質問すると、予想外の占い結果が…。 このほか、同局の月9ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』に出演中の八嶋智人と浅野和之、さらにお笑い芸人の中岡創一(ロッチ)と狩野英孝がゲスト出演。八嶋は「手相がすごいシンプルです。単純な方」と即断され、「(全部)バレちゃったなー」と苦笑い。さらに俳優以外の天職や、トレードマークのメガネを外すと“あるもの”が漏れ漏れになると指摘される。

16
新垣結衣“初の共演者”とペアルックで登場 11年目のCMに「もう、すっかり…風物詩ですね」

新垣結衣“初の共演者”とペアルックで登場 11年目のCMに「もう、すっかり…風物詩ですね」

 女優の新垣結衣が出演する、明治『メルティーキッス』新TVCM「今年も雪のようなくちどけを」篇が、26日から全国にて順次オンエアする。【動画】“初の共演者”とペアルックで登場した新垣結衣 新垣を『メルティーキッス』の広告キャラクターに起用し、今年で11年目の冬。毎年冬の到来を感じさせるCMだが、今年は新垣にとって、初の共演者が登場する。しかも、新垣とペアルック。新垣も思わず「クオリティが素晴らしいなと思いながら、感激しておりました」と語るほど。メイキング映像に収録されている、撮影の合間に共演者と戯れている新垣は必見だ。 11年目の『メルティーキッス』のCM撮影に「もう、すっかり…風物詩ですね」という新垣。「私の中でこの撮影が始まると、冬が来るって思いますし、テレビでCMが流れ始めると、『冬が来たなって思う』と、周りの人にも言われるので、まさか11年も続くとは思っていませんでした。今年は3年ぶりのショコラ・いちご・抹茶のCMということで、久しぶりに原点に戻ったような気持ちにもなりました」とコメント。 ファンに向け「いよいよ発売開始しました、メルティーキッス。みなさんもぜひ、『今年も雪のようなくちどけを。』楽しんでください」とメッセージを寄せている。

17
STU48、最新シングル「ヘタレたちよ」で通算6作目の1位獲得【オリコンランキング】

STU48、最新シングル「ヘタレたちよ」で通算6作目の1位獲得【オリコンランキング】

 STU48の最新シングル「ヘタレたちよ」が、前作「独り言で語るくらいなら」の初週売上17.5万枚を上回る、初週18.6万枚を売り上げ、10月26日発表の最新「オリコン週間シングルランキング」で初登場1位を獲得。STU48にとって、2020/9/14付での「思い出せる恋をしよう」以来、1年2ヵ月ぶり、通算6作目の1位となった。【写真32点】7thシングル「ヘタレたちよ」選抜メンバー16人 昼・夜公演写真も 元気あふれる応援歌となっている本作では、1期生の瀧野由美子が「思い出せる恋をしよう」(2020年9月発売)以来2作ぶり、6度目となるセンターを担当している。なお、AKB48とSTU48を兼任していた岡田奈々の兼任解除が発表されており、岡田にとって最後のSTU48シングル参加作品となった。 ミュージックビデオは、岡山県・宇野港沖の無人島・KUJIRA-JIMA(くじら島)を舞台に撮影され、グランピングやカヤック、花火など、実際にレジャーを楽しむメンバーの様子が描かれたドキュメンタリーの仕上がりに。また、センターの瀧野がサプライズで兼任解除となる岡田に宛てた手紙を用意。ミュージックビデオ終盤、手紙を読み終えた瀧野が岡田にエールを送るシーンも見どころとなっている。<クレジット:オリコン調べ(11/1付:集計期間:10月18日〜10月24日)>

18
松田聖子、通算53作目のTOP10入り 女性アーティストによる「アルバム通算TOP10入り獲得作品数」は歴代1位タイ【オリコンランキング】

松田聖子、通算53作目のTOP10入り 女性アーティストによる「アルバム通算TOP10入り獲得作品数」は歴代1位タイ【オリコンランキング】

 松田聖子の最新アルバム『続・40周年記念アルバム「SEIKO MATSUDA 2021」』が、初週2.0万枚を売り上げ、10月26日発表の最新「オリコン週間アルバムランキング」で初登場4位を獲得した。【動画】松田聖子「青い珊瑚礁」のセルフカバーMV “聖子ちゃんカット”も! これで通算53作目のTOP10入りとなり、「アルバム通算TOP10入り獲得作品数」記録【※1】は歴代2位タイ、女性アーティストでは浜崎あゆみに並ぶ歴代1位タイとなった。 本作は、昨年デビュー40周年記念として発売した『SEIKO MATSUDA 2020』の続編となるアルバム。セルフカバー5曲と新曲5曲を収録しており、「青い珊瑚礁 ~Blue Lagoon~」のミュージックビデオでは約40年ぶりの”聖子ちゃんカット”を披露して話題となった。 なお、本作でセルフカバーした「チェリーブラッサム」「瞳はダイアモンド」「時間の国のアリス」は、当時の「オリコン週間シングルランキング」で1位【※2】を獲得している。【※1】「アルバム通算TOP10入り獲得作品数」記録/1位:矢沢永吉(55作)、2位:浜崎あゆみ、松田聖子(53作) ※達成順【※2】「チェリーブラッサム」は1981/2/9付~3/2付で「オリコン週間シングルランキング」4週連続1位、「瞳はダイアモンド」(当時は「蒼いフォトグラフ」との両A面シングル)は1983/11/7付、11/21付で「オリコン週間シングルランキング」通算2週1位、「時間の国のアリス」は1984/5/21付~5/28付で「オリコン週間シングルランキング」2週連続1位<クレジット:オリコン調べ(11/1付:集計期間:10月18日〜10月24日)>

19
板野友美、ヤクルトのセ制覇に「おめでとうございます」 夫・高橋奎二投手が所属

板野友美、ヤクルトのセ制覇に「おめでとうございます」 夫・高橋奎二投手が所属

 元AKB48メンバーの歌手・板野友美が26日、自身のツイッターを更新し、プロ野球セ・リーグ・東京ヤクルトスワローズのリーグ優勝を祝福した。【写真あり】板野友美がヤクルトの優勝を祝福! この日、ヤクルトが横浜に勝利。2位阪神が破れたため6年ぶり優勝が決まり、「わぁーーーー。ヤクルト優勝おめでとうございます」と金メダルなどの絵文字を交えながら投稿。 板野は今年1月、同チームの左腕・高橋奎二投手と結婚し、10月には第1子を出産。高橋選手はこの日も好リリーフを見せており、ファンからは「立派なピッチングしてましたよ!パパさん活躍してました!」と喜びの声が寄せられている。

20
大橋彩香、3年ぶり“有観客”バースデーイベント 27歳の抱負は「体型維持」「ギターを継続」

大橋彩香、3年ぶり“有観客”バースデーイベント 27歳の抱負は「体型維持」「ギターを継続」

 声優アーティストの大橋彩香(27)が24日、自身のバースデーイベント『はっしーバースデー2021』を昼夜2部制で開催した。有観客での実施は約3年ぶりでファン待望のイベントとなった。【イベント写真】27歳のバースデーサプライズを受けた大橋彩香 ギターを手に登場した大橋が登場し、最近練習しているというギター演奏でイベントがスタート。まだまだつたない演奏ではあったが、大橋の愛きょうが際立つ開幕にファンから笑顔と拍手があふれた。そして、OPトークが始まるかと思うと恒例のサプライズケーキが、今回はイベント冒頭から行われた。ファンも協力してサプライズで客席に色画用紙で「27」と「ハート」が表現され大橋を驚かせた。夜の部では幕が開くとともにドラムセットに囲まれた大橋が登場し自身の人気楽曲「ダイスキ。」を披露し観客を沸かせた。 昼夜共通で最初のコーナーは「はっしーの活動振り返りトーク」。こちらは2020年9月に配信で開催されたバースデーイベントから今日までのトピックを当時の画像や映像を見ながら振り返りファンと共に多忙な1年間を懐かしんだ。続いて「クイズ共演者に聞きました!」。今まで大橋が番組やイベントで共演したことのある「共演者」が。お祝いコメントと共にクイズを出題。共演者ならではの問題を、大橋も楽しみながら答えていた。 その後は「世界へはばたけ!はっしーチャレンジ!!」と題された、ホリプロインターナショナルならでは?のコーナー。1分間で鉛筆を立てるギネス記録など昼夜で6つの世界記録に挑んだ。結果は何回かチャレンジしたり、甘めの優しさ溢れる判定などもありつつ、上手くいかずに困ったり、声をあげながらチャレンジする大橋を会場のファンが微笑ましく見守り応援していた。 そして「メッセージ紹介」のコーナーでは、いつも応援してくれているファンから届いたメッセージに大橋がその場で答え、これまでのファンとの繋がりを感じつつ、これからもファンの皆さんの期待に応えていこうとする大橋の姿勢が伺えた。 最後のコーナーは、近年の大橋の表現の一つになりつつある「アコースティックライブコーナー」。ワンマンライブでも共演してきた、ギターの渡辺キョータを呼び込み、昼の部では「突破口/SUPERBEAVER」「水平線/backnumber」「innocence/LAMPINTERREN」、夜の部では「シャッター/優里」「Q-vism/Who-yaExtended」「アポトーシス/Official髭男dism」を披露。アコースティックカバーということで、大橋自身も自分名義の曲とは違ったオススメ曲で熱が入ったようだ。普段の大橋ソロライブとは違った雰囲気の歌唱に、ファンも聴き入っていた。 エンディングでは、「みなさん本当に今日は私の27歳のお誕生日を会場で、そして配信で、お祝いに来て下さって、ありがとうございいます。着々と健康に年を積み重ねられている事を本当に嬉しく思います。今日は同じ空間・時間を皆さんと過ごせて、ハッピーなお誕生日を迎えられて嬉しいです!」とコメント。 27歳の抱負として、昼の部では、「体型維持を目標にがんばりたいと思います!健康的に、無理な食事制限をせず、体型を維持して皆さんの前に立たせて頂きたいなと思いますので、見守っていてください。」と宣言し、夜の部では、「アコースティックギターを継続する!というのを目標にさせていただきたいと思います!また来年のバースデーで成長したんだと思っていただけるような努力をしたいなと思います」と宣言した。 「27歳も更なる飛躍の年にしてがんばっていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願い致します!ありがとうございました!」とファンへ伝え最後は、会場の隅々まで手を振り、配信にも挨拶をして締めくくった。

21
佐藤健、怒りに震える迫真演技の舞台裏 『護られなかった者たちへ』メイキング映像

佐藤健、怒りに震える迫真演技の舞台裏 『護られなかった者たちへ』メイキング映像

 俳優の佐藤健、阿部寛らの共演で、人気ミステリー作家・中山七里の同名小説を映画化した『護られなかった者たちへ』(公開中)より、佐藤演じる利根が、福祉保健事務所で働く三雲(永山瑛太)と城之内(緒形直人)の元へ行き、三雲に掴みかかる緊迫したシーンのメイキング映像が解禁となった。【動画】佐藤健、怒りで震えるメイキング映像 利根が、起きてしまったある事件に対して怒りを抑えられず、事件の原因を作ったと思われる三雲と城之内の元へ向かい感情のままに掴みかかっていく場面。映像には、時折笑顔を見せながらも、この後のシーンで叩くことになる車窓の強度を確認し、細かな演出についてじっくりと話し合う佐藤と瀬々敬久監督の姿を見ることができる。 画面が変わり、利根が三雲に掴みかかるシーン。「(利根は、三雲から)引きはがされて後ろに下がる方がいい」と、永山・緒形を含む3人の動きについて、自ら提案する佐藤。“利根”という役として、彼の怒りをどう表現・体現するのか、突き詰める佐藤健のこだわりが垣間見えるメイキング映像となっている。 佐藤自身も、このシーンは最も思い入れが強かったと話しており、「理不尽なことに対する怒りややるせなさを、作品を通して観客の方に共感してもらうことが今回の使命と思っていました。このシーンは台本を読んだ時点で大切なシーンだと思い、監督にも何回も確認し、瑛太さんにも何回も付き合っていただきました」と、語っている。現場でも、「本番!」のかけ声がかかるずっと前から怒りの感情を作り、ワナワナと震えていた佐藤。その集中力や本気度に、撮影スタッフも一目置いた場面だ。 本作は、震災から10年目の仙台で発生した、連続“餓死”殺人事件を追うミステリー。容疑者として捜査線上に上がってきたのは、別の事件の刑期を終え、出所してきたばかりの男・利根。刑事の笘篠(阿部)は利根を追い詰めていくが、決定的な証拠がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた――。なぜ、このような無残な殺し方をしたのか? 利根の過去に何があったのか。やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく――。

22
えなこ“ツインテ魔女っ子”姿で豊満な胸元&お腹チラリ「刺激が強すぎる」「谷間がくっきり!」の声

えなこ“ツインテ魔女っ子”姿で豊満な胸元&お腹チラリ「刺激が強すぎる」「谷間がくっきり!」の声

 人気コスプレイヤー・えなこが25日、自身のインスタグラムを更新。「ツインテールの魔女っ子ちゃん 本日発売の『ヤングキング』の表紙なので見てみてね」とつづり、谷間やお腹をチラリとのぞかせたコスプレ姿を披露した。【写真あり】豊満な胸元がチラリ!えなこが“ツインテ魔女っ子”姿を公開 ファンからは「かわせくし〜素敵です」「谷間がくっきり!」「可愛い」「刺激が強すぎる」などの声が寄せられている。

23
彼氏にフラれて…ボディメイクで人生変わった歯科衛生士「今は元カレよりも美意識の高い仲間に夢中」

彼氏にフラれて…ボディメイクで人生変わった歯科衛生士「今は元カレよりも美意識の高い仲間に夢中」

 先ごろ、筋肉だけではない健康的なボディの美しさを競うコンテスト『ベストボディ・ジャパン(BBJ)』の東京大会が開催された。ガールズクラス(18歳~29歳)に出場した歯科衛生士の長島実咲さんは、彼氏にフラれたことで大会出場を決意。「トレーニングを始めて心境の変化があった」と言う彼女は、今年開催の奈良大会では2位に入賞し、横浜大会でも4位を獲得した。今大会では、美意識の高い仲間に刺激を受けながら切磋琢磨し、磨き上げられた美ボディを披露した。【写真】プリッと上がった美尻&美くびれも…笑顔が光る長島実咲さん◆美ボディ大会で結果を残せているから、彼氏にフラれたことはもうどうでもよくなった――いつ頃からトレーニングを始めたのでしょうか? そのきっかけを教えてください。【長島実咲さん】 体型維持のために始めました。それほどストイックにトレーニングに打ち込んでいるというわけではないのですが、始めてから3年くらいになります。――トレーニングを始めるようになって、周囲から言われて嬉しかった言葉を教えてください。【長島実咲さん】 「(長島さんの)美意識が高いから、そういう人が自分の近くにいると自分自身の美意識も高くなる」と言われたことです。――大会に出場しようと思ったきっかけを教えてください。【長島実咲さん】 1年前に彼氏にフラれたことをきっかけに、大会に出場しようと思いました。――“彼氏を見返してやろう!”といった気持ちがあったのでしょうか?【長島実咲さん】 はい、そうですね。昨年は7つの大会に出場しました。今年は奈良、横浜、今回の東京大会にエントリーしました。奈良大会では2位に入賞し、横浜大会でも4位を獲得しました。――トレーニングを始めて心境の変化はありましたか?【長島実咲さん】 彼氏にフラれたことは、もうどうでもよくなりました(笑)。今は自分が頑張ってトレーニングをしてきた、その努力に対して結果を残せているから気にならなくなりました。――近年は『BBJ』を始め、筋肉だけでなくバランスの取れた美しいボディを競い合うコンテストが人気を博しています。そうした美ボディ大会の魅力とは?【長島実咲さん】 美意識の高い人がたくさんいること。そういう人を間近で見たり話をすることで、私自身も刺激をもらいます。日常生活でこのような刺激を受けることはほとんどないので、とても貴重な機会だと思っています。◆大会出場者には美意識の高い人がたくさんいて、日常生活にはない刺激をもらう――食事制限やトレーニングを続けることは大変だと思います。モチベーションを持ち続けるためには、どのようなことを心がけていますか?【長島実咲さん】 おいしいものを食べるために頑張ろう、と思うことです。それがモチベーションに繋がります。――憧れの人はいますか?【長島実咲さん】 ローラさんです。美意識がとても高い人なので憧れています。――自信のあるボディパーツはどこですか?【長島実咲さん】 ボディパーツというよりは、笑顔に自信があります(笑)。――トレーニングの魅力とは?【長島実咲さん】 自分自身がいつでも自信のある体型でいられること、それがトレーニングの魅力です。(文/地原緑)

24
【おかえりモネ】第118回見どころ 胸にしまってきた“あの日”に触れる

【おかえりモネ】第118回見どころ 胸にしまってきた“あの日”に触れる

 女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。27日放送の第118回あらすじを紹介する。【場面写真】海に向かって手を合わせる菅波&百音 最終週(25日~29日)のタイトルは「あなたが思う未来へ」。百音(清原)は遠藤(山寺宏一)らに、気象情報の投稿アプリとコミュニティFMとを連動できないか?と提案する。双方向に情報をやりとりして、災害時の避難行動につなげようと考えたのだ。皆は、提案に興味を示してくれる。百音の仕事は、少しずつではあるが軌道に乗り始めていた。 一方で未知(蒔田彩珠)は、大学に行くかどうかで悩んでいた。百音は、未知の心の内を聞こうと、ずっと胸にしまってきた“あの日”に触れる。 本作は、現代劇で、宮城・気仙沼で生まれ育ったヒロイン・永浦百音が、天気の魅力、可能性に目覚めて気象予報士の資格を取り、上京。さまざまなことが天気にかかわっているということを経験し、故郷や家族、仲間のために何ができるかを考えながら成長していく物語。

25
ザ・プリンス パークタワー東京に「デジタルデトックスステイ」プランが登場

ザ・プリンス パークタワー東京に「デジタルデトックスステイ」プランが登場

今や生活に欠かせない携帯電話やパソコンなどのデジタル機器は、便利な一方で、使い過ぎにより知らない間に心身の疲労を蓄積させているのだとか。近年は、デジタル機器を手放す時間を持つ「デジタルデトックス」に注目が集まっている。そこで、東京都港区芝公園にある「ザ・プリンス パークタワー東京」では、日々使うデジタル機器から離れ、リラックスしながら心身を休める宿泊プラン「デジタルデトックスステイ-Free yourself at Park-」を10月21日(木)~2022年3月31日(木)の期間で提供中だ。チェックイン時にデジタル機器をフロントへこのプランは、ホテルに到着し、チェックインと同時に持ってきたデジタル機器をフロントの専用BOXに預けるところからスタート。その後は、デジタルデトックス特別コースのトリートメント(120分コース)を堪能。デジタル疲れ特有の身体と目の疲れからくる頭の緊張をほぐしていく。さらに、それぞれの状態に合わせ、デジタル疲れによる不調に効果的なセルフエステをセラピストが伝授。また、充実したバスタイムが過ごせる入浴剤とシートマスクも用意されている。芝公園周辺散策マップ付き&東京タワー側の部屋確約プランには芝公園周辺散策マップも付いているので、散策マップを片手に芝公園周辺をお散歩したりできるほか、確約された東京タワー側のお部屋で景色を眺めながらゆっくりと過ごしたりと、デジタル機器から解放された時間をそれぞれに満喫することができる。チェックアウトは15:00までとなっているので、ゆっくりと過ごせるのも嬉しい。料金は1室2名利用時で1名¥38,000(税・サ料込み)~。「デジタルデトックスステイ」を利用して、心と体をリフレッシュしてみては。※プラン内容は10月21日(木)時点の情報であり、変更になる場合もある※写真はイメージ

26
神尾楓珠「朝から笑顔で」 『めざましテレビ』11月エンタメプレゼンターに就任

神尾楓珠「朝から笑顔で」 『めざましテレビ』11月エンタメプレゼンターに就任

 俳優・神尾楓珠が、フジテレビ系『めざましテレビ』(月~金 前5:25)の11月マンスリーエンタメプレゼンターを務める。【貴重ショット】幼い頃からイケメン…神尾楓珠の幼少期写真 6時台のエンタメコーナーをはじめ、「イマドキ」や「めざましじゃんけん」、生原稿読みなどを行い、7時台からはMCとして番組終了まで登場。エンタメ担当の軽部真一アナウンサーとかけあい、さまざまなエンタメニュースを伝える。神尾は「皆さんに元気を届けられるように、朝から笑顔で頑張りたいと思います」と意気込でいる。 神尾は1999年1月生まれの22歳。ドラマや映画で“国宝級イケメン”として注目を集め、現在は東海テレビ・フジテレビ系の土ドラ『顔だけ先生』(毎週土曜 深11:40)に主演し、問題山積みの私立高校に赴任した“ポンコツ先生”遠藤一誠役を演じている。■神尾楓珠 コメント――この話が来た時の率直な感想は?「“朝、早いだろうな”と思いました(笑)。そして、生放送の経験がまだ少ないので“不安だな”と。不安が大きかったです」――『めざましテレビ』と言えば?「“きょうのわんこ”は、僕が生まれる前から放送している企画ですよね。僕は実家で犬を飼っているので、毎朝学校に行く前に見ていました。“きょうのわんこ”が始まったら、“もう家を出ないと!”と思っていたのを覚えています」――エンタメプレゼンターとしてやってみたいことは?「難しそうですけど、原稿読みをやってみたいです。エンタメ担当の軽部さんは優しそうな印象があるので、いろいろと助けてもらえるかなと思っています。また、お天気担当の阿部華也子さんはドラマで共演しているのですが、共演者のボケに毎回ちゃんとツッコミを入れているのを見て、すごいなと思っています。鋭いツッコミはちょっと怖いですが…頑張って応えたいと思います」――意気込みをお願いします「11月のマンスリーエンタメプレゼンターの、神尾楓珠です。僕は朝がそんなに得意ではないのですが、皆さんに元気を届けられるように、朝から笑顔で頑張りたいと思います。よろしく願いします!」

27
板垣李光人、厩務員役のビジュアル解禁 主演の平手友梨奈に「背中を押されています」

板垣李光人、厩務員役のビジュアル解禁 主演の平手友梨奈に「背中を押されています」

 女優の平手友梨奈が主演を務めるNHK総合の土曜ドラマ『風の向こうへ駆け抜けろ』(12月18日・25日 後9:00~10:13)より、板垣李光人が演じる、馬には優しいが、人には心を閉ざした失声症の厩務員・木崎誠のビジュアルが26日、解禁になった。【全身ショット】失声症の厩務員を演じる板垣李光人 主人公は新人女性騎手・芦原瑞穂(平手)。養老牧場を営んでいた父を震災後に亡くし、その後、中央の競馬学校を卒業、プロデビューするものの成績は上がらず苦しんでいた。そんな瑞穂を迎え入れたのは、地方競馬の鈴田競馬場の緑川厩舎。 そこは、今にもつぶれそうなボロボロの厩舎で、やる気のない調教師の緑川光司(中村蒼)と、頑固で融通の利かないベテラン厩務員たちと、馬には優しいが人には心を閉ざした失声症の若い厩務員がいた。そこは、社会のあぶれものばかりが居るもくずの漂流先と言われ、ほかで使い物にならないと言われる者たちのたまり場だった。■板垣李光人コメント“声を使わない”ということは自分の中でも新しい表現方法で、撮影に入る前は若干の不安があったものの、いざ始まってみると監督や共演者の皆さんのおかげもあり、誠と共鳴し苦しくなるシーンもありましたがとても楽しい毎日です。特によく話しかけてくださる平手さんには癒されながらも、ジョッキーという危険と隣り合わせの撮影の中でひたすら役と向き合い作品を創り上げてゆく、瑞穂そのものの姿に、とても背中を押されています。キャストスタッフの人間陣はもちろんですが、馬たちも本当に頑張ってくれています。まさしく人馬一体となったこの作品は必ず素晴らしいものになると思いますので、楽しみにしていてください。■内藤愼介プロデューサーコメントドラマは、平手さん演じる女性騎手・瑞穂の成長物語ですが、同時に彼女が厩舎で出会う変な仲間たちの再生物語でもあります。板垣李光人さんが演じる木崎誠は、美男子で失声症の男です。彼の存在感とセンシティブな演技は、言葉を発せず意思を伝えていく、そのようなことが成立するのかと心配する私たちの不安をふっ飛ばしました。瑞穂とともに前に進む仲間たちの再生物語の中、板垣さんの馬を思う強いまなざし、チョットした細かいしぐさに目が離せなくなること必見です。ご期待ください。

28
愛知のイーアス春日井に、そば・ザンギ・焼き鳥専門店「美唄そば 大地」がオープン

愛知のイーアス春日井に、そば・ザンギ・焼き鳥専門店「美唄そば 大地」がオープン

飲食・小売店を運営するサーズは、愛知県春日井市に10月22日(金)オープンした新しいショッピングモール・イーアス春日井に、そばとザンギ、焼き鳥の専門店「美唄(びばい)そば 大地」を出店した。北海道美唄市のソウルフードを提供日本国内で3店舗目となる「美唄そば 大地」は、北海道美唄市のソウルフード「鶏(とり)もつそば」をメインに、焼き鳥やザンギ(鶏のからあげ)などのメニューを提供する。その昔、炭鉱で働く人や農業を営む人の栄養源として、愛されてきた美唄の焼き鳥、秘伝のタレを使用したザンギ、味わい深い道産そば。北海道の大地が生んだ、味わい深く、力強く豊かな味わいをストレートに届けている。「美唄そば 大地」を代表する「鶏もつそば」「鶏もつそば」780円は同店を代表するメニュー。鶏の旨味がたっぷりと染み込んだ濃い目の出汁にもつ串を入れて食べる同店の名物料理。出汁の中にもつ串の脂が広がり、一口啜るごと箸が止まらなくなる美味しさ。単品の他に「鶏めしセット」880円も。ザンギや焼き鳥も用意ザンギは、北海道で昔から慣れ親しんだ鶏の唐揚げ。同店のザンギは、秘伝のタレでしっかりと下味をつけた、深みのある味わい。テイクアウトもできる単品サイドメニューとしても定食としても用意している。価格は「ザンギ」1個50円、「塩ザンギ」1個100円、「ザンギ定食」780円。焼き鳥は同店で愛され、今まで守り続けてきた伝統の味をそのままに。単品サイドメニューやテイクアウトで人気のメニューだ。価格は「豚(塩・たれ)」140円、「ねぎま(塩・たれ)」160円、「皮(塩・たれ)」120円、「つくね(塩・たれ)」140円、「砂肝(塩)」160円、「ぽんぽち(塩)」120円。気になる人は、そばとザンギ、焼き鳥の専門店「美唄そば 大地」をチェックしてみて。■美唄そば 大地 イーアス春日井店住所:愛知県春日井市六軒屋町字東丘22 イーアス春日井1F フードホール※価格はすべて税込。また販売価格は予告なく変更になる場合がある。※写真はイメージ

29
水卜麻美アナ『ヴァイオレット』第3話絶賛! 「愛の伝わる…」書く手紙の変化に感動

水卜麻美アナ『ヴァイオレット』第3話絶賛! 「愛の伝わる…」書く手紙の変化に感動

 京都アニメーション制作のアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のテレビシリーズが、石立太一監督監修で新たに再構成した「特別編集版」として、10月29日に日本テレビの『金曜ロードショー』で放送される。また、翌週11月5日には2019年に劇場公開された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形―』が、本編ノーカットで地上波初放送されるが、同作のファンである同局の水卜麻美アナウンサーが、おすすめシーン&セリフを語った。【画像】世界が泣いた名シーン…公開された『ヴァイオレット』神回場面カット テレビアニメ第3話のヴァイオレットとルクリアが、高い塔の上から素敵な街の景色を見るシーンについて「もちろん言葉の大切さもあるのですが、美しい景色が人の心をパッと変えるというのも、すごく素敵なシーンだなと思いました」としみじみ。 また、妹・ルクリアから兄への手紙を書くシーンは「ヴァイオレットの書く手紙は、最初は報告書のような「異常ありません」みたいなの文章だったのですが、養成学校で出会ったこの兄妹に触れたことで、一言なのにすべてのあたたかさが伝わる、簡潔で素晴らしい愛の伝わる手紙に、劇的に変わっていくんです。そこがすごく好きですね」と伝えた。 同作は、暁佳奈氏によるライトノベルが原作で、『第5回京都アニメーション大賞』小説部門で大賞を受賞し、2018年1月~4月にテレビアニメが放送。かつて「武器」と呼ばれた少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、大戦終結後、相手の想いをすくい上げ、手紙を書く代筆業「自動手記人形」という仕事を通して描かれる、感情を持たない彼女が“愛”を知るまでの物語。「必ず泣ける」と高い評価を得ている作品で、2020年に公開されたオリジナル新作『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、興行収入21.3億円のヒットを記録、日本アカデミー賞優秀賞も受賞した。 放送される特別編集版は、物語の序章にあたる第1話から第3話までと、名作と言われる第7話、第9話、神回と絶賛された第10話を中心に、作品の魅力を濃縮した内容に。『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形―』は、自動手記人形として成長を重ねたヴァイオレットが、良家の子女のみが通う規律の厳しい女学校に通う新たな依頼主・イザベラの元へ教育係として雇われる物語。次第に心を通わせる2人や、イザベラの過去の秘密が明らかになる。

30
『カムイ伝』白土三平さん、89歳で死去 第二部作画の弟・岡本鉄二さんも4日後に亡くなる

『カムイ伝』白土三平さん、89歳で死去 第二部作画の弟・岡本鉄二さんも4日後に亡くなる

 『月刊漫画ガロ』の立ち上げに携わり、長編劇画『カムイ伝』などの作品で知られる漫画家・白土三平(しらと・さんぺい/本名・岡本登)さんが、誤嚥(えん)性肺炎のため10月8日に亡くなったことが26日、『ビッグコミック』編集部より発表された。89歳。また、『カムイ伝 第二部』の作画を手掛けた弟の岡本鉄二さんも4日後の12日、間質性肺炎のため亡くなったことが明かされた。【作品カット】力強い筆致で描かれた『カムイ外伝第二部』 白土さんは1932年2月15日、東京都生まれ。父は洋画家の岡本唐貴。紙芝居制作から画業をはじめ、1957年『こがらし剣士』で漫画家デビュー。貸本漫画の世界で1959年から大作『忍者武芸帳-影丸伝-』を発表。1964年より雑誌『月刊漫画ガロ』にて『カムイ伝』の連載を開始した。 また白土さんと長井勝一さんが立ち上げた『月刊漫画ガロ』誌は後進の育成にも大きな役割を果たす。少年漫画の世界でも『サスケ』『カムイ外伝』『ワタリ』など、特に忍者もので数々のヒット作をのこした。1975年「ビッグコミック」にて『神話伝説シリーズ』連載を開始し、1982年より『カムイ外伝』、1988年より『カムイ伝第二部』を同誌で発表。1963年『シートン動物記』『サスケ』にて第4回講談社児童まんが賞受賞。 岡本さんは1933年9月2日、東京都生まれ。白土さんの実弟。父・岡本唐貴について洋画家として修練を積むが、1960年頃より白土を手伝うようになり、『カムイ伝』シリーズなど多くの作品で作画を手がけた。 『カムイ伝』は江戸時代の階級差別によって苦しむ数多の人々を壮大なスケールで描いた作品。1964年の連載開始から『カムイ伝第一部』『カムイ外伝』『カムイ伝第二部』などを経て50年以上が経過した現在も未完となっている。

カテゴリ