December5日(Sun)のランキング

1
アニメ『阿波連さんははかれない』追加キャストにM・A・O、花澤香菜 ビジュアルも解禁

アニメ『阿波連さんははかれない』追加キャストにM・A・O、花澤香菜 ビジュアルも解禁

 テレビアニメ『阿波連さんははかれない』の第1弾キービジュアル、追加キャスト情報が公開された。大城みつき役をM・A・O、桃原先生役を花澤香菜が担当する。【画像】大胆ボディで太もも全開!新キャラ・大城みつきの設定画 『阿波連さんははかれない』は、ジャンプ+にて連載中の水あさと氏による同名漫画が原作。「小さくて」、「物静か」な阿波連れいなと、その阿波連さんの隣の席に座るライドウくんとの「遠すぎたり」「近すぎたり」する距離感が、色んな意味で、“はかれない”青春コメディー。阿波連れいな役を水瀬いのり、ライドウ役を寺島拓篤が担当することが決まっている。 今回、大城みつき役のM・A・O、桃原先生役の花澤香菜からコメントが到着。M・A・Oは自身が演じる大城みつきという女の子について「背が高くスラッとしているのに、小動物のような可愛らしさを持っている女の子で、恥ずかしがり屋さんでありながら大胆な一面もある」といい、「葛藤しながら奮闘する姿がとてもチャーミングなので、その雰囲気をしっかりお伝えできるよう演じさせていただきたいと思っています!!」とコメント。 花澤は桃原先生について「普段のミステリアスな感じや授業中のキリッとした雰囲気から、いきなり、あはれ・をかしモードに突入するので、ギアを上げるのがいつも大変です(笑)」としながらも、「吐血等のリアクションも彼女の見せ場だと思うので、楽しんでいただけるよう頑張ります!」と意気込んでいる。

2
福本莉子「写真集」10位 北海道ロケでハタチの彼女を等身大の姿を収めた

福本莉子「写真集」10位 北海道ロケでハタチの彼女を等身大の姿を収めた

 女優の福本莉子の4年ぶりの写真集『Grace』(講談社)が、12/6付「オリコン週間BOOKランキング」ジャンル別「写真集」で、10位にランクインした。【写真集カット】彼氏目線で…美肌を大胆に露出し横になる福本莉子(全9枚) 福本は2016年の第8回『東宝シンデレラ』オーディションでグランプリを受賞。翌17年にドラマ『&美少女〜NEXT GIRL meets Tokyo〜』にて女優デビューすると、20年公開の映画「思い、思われ、ふり、ふられ。」では初主演を務めるなど着実にキャリアアップ。現在放送中のドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系)ではヒロインを熱演し、来春には松田元太(Travis Japan/ジャニーズjr)とW主演の映画『君が落とした青空』の公開も控えている。 自身21歳の誕生日となる11月25日に発売となった本作は、本人の希望で北海道を舞台にロケを敢行。普段は正統派な美しさを見せるクールな彼女が魅せた、ありのままのハタチ最後の等身大の姿と瞬間を収めた。 この写真集について福本は、「初めて出した写真集から4年。20歳という節目にまた写真集を出せたこと、本当にうれしく思います」とリリースの喜びを素直に吐露。さらに「北海道で 3 日間、東京で 1 日かけて撮影しました。私好みのメイクや衣装を沢山取り入れていただき、私自身も構成に参加してこだわりの 1 冊に仕上がりました。多くの方に手に取っていただければうれしいです」とアピールした。「オリコン週間“本”ランキング」は「2008/4/7付」よりスタート<クレジット:オリコン調べ 12/6付:集計期間:11月22日~28日>

3
タガメのオスの香りを忠実に再現した「バグズファーム 昆虫サワー」が登場!

タガメのオスの香りを忠実に再現した「バグズファーム 昆虫サワー」が登場!

アールオーエヌの昆虫食通販サイト バグズファームは取り扱いのある食用昆虫の中でも特に人気の高いタガメを使用した「バグズファーム 昆虫サワー」を12月1日(水)より発売開始した。タガメエキス入りの「昆虫サワー」数多くの昆虫食を取り扱う同社の中でも、その爽やかでフルーティーな香りで人気があるタイワンタガメ。その香りの源はオスのフェロモン香!同商品は、厳選したタイワンタガメのオスからエキスを抽出し配合した。オスのフルーティーな香りも、その中にわずかに感じるタガメ臭も忠実に再現したサワーに仕上げた。昆虫食に触れるキッカケとしてアールオーエヌは、タガメエキス入りの「昆虫サワー」で話題の昆虫食に触れるキッカケとして、また昆虫の食としての魅力が少しでも伝わり、食の可能性が広がる手伝いができればという。同商品の価格等の詳細、購入は「バグズファーム」で確認を。大きめのグラスとたっぷりの氷と共に「バグズファーム 昆虫サワー」で新しい食の可能性に乾杯してみては。【商品詳細】商品名:バグズファーム 昆虫サワー品目:リキュール発泡性①原料:タガメエキス、醸造アルコール、糖類(国内製造)/炭酸、酸味料、香料アルコール度:5%内容量:250ml

4
マギー、超ミニワンピで“圧巻の美脚”披露 「短すぎて屈んだら見えちゃう」の声

マギー、超ミニワンピで“圧巻の美脚”披露 「短すぎて屈んだら見えちゃう」の声

 モデルのマギーが4日、自身のインスタグラムを更新。ミニ丈のワンピース姿で圧巻の美脚を披露した。【写真あり】マギー、超ミニワンピで美脚チラリ「屈んだら見えちゃう」 「BERLUTI 銀座並木通り店」のクローズトークショーイベントに出席したマギーは「私の中で、革靴とバッグのイメージが強いブランドでしたが、アパレルもとーーーっても素敵でした!自分で欲しいアイテムがたくさん」と感想をつづった。 この日は、背中をざっくりと開ける大胆なコーディネートで、ファンからは「背中がセクシー!」「魅力的です」「脚が長くて、スタイル良すぎ」「足長っ!顔小さっ!」「ワンピースが短すぎて屈んだら見えちゃうよ」などの声が寄せられている。

5
田島亮、あの一件から8年ぶりにテレビ復帰 救世主は藤井道人監督

田島亮、あの一件から8年ぶりにテレビ復帰 救世主は藤井道人監督

 カンテレ・フジテレビ系で放送中の“月10”ドラマ『アバランチ』(毎週月曜 後10:00)に第4話より登場している毎朝ジャーナル記者・遠山役の田島亮。ある大きな過ちから、芸能活動を自粛。8年ぶりに映像作品への出演を果たした。救いの手を差し伸べたのは、映画『新聞記者』(2019年)で一躍、日本映画界における最重要人物の1人となり、『アバランチ』の脚本・演出も手がける藤井道人だった。ORICON NEWSの取材に、田島は自らの経験をさらけ出し、そこから学んだことを熱く語ってくれた。【写真】俳優たちからの信頼厚い藤井道人監督――2013年、出演舞台『効率学のススメ』に開演時刻の勘違いで遅刻し、公演が中止に。その後、4年間、活動を自粛されていたとのことですが…。【田島】はい。新国立劇場の舞台に穴を空けてしまったわけですから…。演劇文化にとても尊敬の念を抱いていた、なのに自分は泥を塗ってしまった。そして、多くの人に迷惑をかけ、応援してくれた人たちを裏切ってしまった。芸能活動を自粛するのは当然のことだし、「よくここまで成長して戻ってきたな」と言ってもらえるような戻り方ができるまでは復帰できないと思っていました。――2017年に演劇ユニット「serial number」のメンバーとして舞台に復帰するまで、何をしていたんですか?【田島】2013年の一件があった時に、藤井さんから「これからどうするの?」と連絡をいただいたんです。「しばらく休みます」と答えたら、「映画でも作ったら?」と励ましてくれたんです。 藤井さんとは彼がまだ日本大学芸術学部映画学科の学生だった時に、自主制作作品に僕が出演したのがきっかけで知り合って、その後、藤井さんがやっていたワークショップに参加していくうちに仲良くなっていったんです。藤井さんのひと言で、出る側から作る側としてエンターテインメント業界に踏みとどまることができました。 そこから3本ほど自主映画を撮ってみたはいいけど、300万円ぐらいの借金を抱えてしまったんです。親からもお金を借りてて。ただのクズですよね(笑)。どうしたらいいのか迷っていたら、劇作家で演出家の詩森ろばさん(映画『新聞記者』などの脚本家)が「自分の一番やりたいことをやるために何をすべきなのか、ライフデザインをしなさい」とアドバイスしてくれた。それから、僕は監督と脚本はすっぱりあきらめて、俳優としてやっていこうと決めた。そのために何をすべきかを考えたら、まずはお金を稼いで借金を返済することだと思ったので、藤井さんたちがやっている映像集団「BABEL LABEL」で働かせてもらい、藤井さんと一緒にミュージックビデオを撮ったり、CMや映画を作ったりしていました。借金の完済まで3年かかりました。お金を稼ぐ苦しさと、楽しさを学ばせてもらいました。■俳優を続ける理由――俳優で戻ると決めた理由はあるのですか? 【田島】ポレポレ東中野(東京・東中野にあるミニシアター)で『標的の村』(2012年)という沖縄の米軍基地問題のドキュメンタリー映画を観て感銘を受け、現地まで詩森さんと取材に行ったんです。そこで運動に参加していた農家の方が「なぜ、政治的な運動に参加するのか?」と聞かれて、「世の中に政治的な運動じゃないものなんてありません。僕が農家をやってることも政治だし、基地闘争に参加してることも政治です」と、堂々と答えていらっしゃったのを目の当たりにして、ズシンと自分の心に響いたんです。自分に置き換えたら、僕が演劇をするのも政治だし、休んでることも政治だし、復帰することも政治だし、ただ自分がやっていることに対して責任を持つ覚悟があるかどうか、周りから何を言われても自分で受け止められるかどうか、ということに気づかせてくれた。その沖縄取材を経てから、なぜ自分は舞台に立ちたいのか、なぜ役者でいたいのか、誰に何を言われても答えられる自分になろう、そういう自分の軸を持つことができて、結果、復帰できたのが2017年だったんです。――テレビ復帰にはさらに時間がかかりましたね。【田島】ありがたいことに声をかけてくださる方もいたのですが、自分の中でまだ、今じゃないんじゃないか、という思いがずっとあって…。実は去年、出演した舞台でものすごい挫折を味わったんです。ちょっと、その…、役者をあきらめた方がいいんじゃないかと思うくらい、情けない芝居をしてしまって、すごく落ち込んでいたら、また藤井さんが励ましてくれて。今度、テレビドラマをやるんだけど、出ないか、と。――それが『アバランチ』なんですね。藤井監督は、田島さんの救世主ですね。【田島】監督としての藤井さんは、人の良いところを見つける天才だと思いますし、役者の一番良い芝居、表情を切り取る天賦の才がある。藤井監督ならきっと魅力的に撮ってくれる、と信頼できるから役者たちにも慕われるんです。そこに、経験に基づくロジックが加わって、いま最強の域にいるんじゃないでしょうか。そんな藤井さんと、仲間・友達として付き合ってきて、お互いに気兼ねなく話をできる間柄ですけど、監督と俳優という関係性において話は別だと思っていました。相手はいまや売れっ子だし、僕は全然くすぶってるし。藤井監督作品に俳優として出演する自分が全くイメージできなかったので、『アバランチ』の話を聞いた時は内心びっくりしていました。――テレビドラマに復帰していかがでしたか?【田島】「BABEL LABEL」で裏方の仕事をさせていただき、撮影や照明、美術、メイクなど、俳優部以外の人たちの仕事を知ることができたおかげで、撮影現場の景色が全然違って見えました。最終的にテレビ画面に映っているのは僕たち俳優ですが、多くのスタッフがそのシーンを成立させるために力を尽くしてくれていることに気づけたし、それを信じられるし、『アバランチ』の撮影現場に行くのが本当に楽しみでした。――あの一件、その後の藤井監督や詩森さんなどとの出会いを経て、学んだことは?【田島】20代前半は「売れたい」という気持ちがすごく強くて、でもなかなか思い通り「売れる」ことはなくて、オーディションに落ちるたびに気持ちの落ち込みも半端なかった。おまけにせっかく手に入れた大きな舞台でしくじってしまいました。でもその後、詩森さんとの劇団活動、藤井さんの「BABEL LABEL」の元での裏方仕事を経て、生きる喜びはもっと深いところにあると知りました。 今は、自分なりに、明日もし死んだとしても、生きててよかった、幸せだったと思えるように毎日を生きる、それを一番の目標にしています。『アバランチ』に参加させてもらって、次、また次へという意欲はありますが、『アバランチ』で終わったとしても悔いはない。そう思えるような芝居をしようと思って臨んでいましたし、これを一つひとつ続いていけたらいいな、と思っています。こんな自分に手を差し伸べてくれた人、大切なことを教えてくれた人、チャンスを与えてくれたたくさんの人に、本当に感謝してます。これからも一生懸命に、うまくいかなかったことも次に生かして励んでいきたいと思っています。

6
『日本沈没』第8話あらすじ 総理へ“国民の怒り”が爆発する…次週は最終回

『日本沈没』第8話あらすじ 総理へ“国民の怒り”が爆発する…次週は最終回

 俳優・小栗旬が主演を務めるTBS系日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(毎週日曜 後9:00)の第8話が、きょう5日に放送される。【写真15枚】瀬戸大也の妻・馬淵優佳が登場!中国の女性通訳者役で 原作は幾度となく映像化されてきた1973年刊行の小松左京による不朽の名作SF小説。今回は原作にアレンジを加え、主人公を含むオリジナルキャラクターたちが2023年の東京を舞台に“沈没”という目に見えない危機に立ち向かっていくさまを描く。■第8話のあらすじアメリカの会見を受けて、中国は日本政府との移民交渉を完全に遮断。そして、世界各国も中国の動きに同調し、もはや世界との移民交渉の窓口は閉じられた。また、日本沈没という情報が全世界に知れ渡り、日本国内でも政府や東山総理(仲村トオル)に対しての怒りやデモは日増しに高まっていた。そんな中、中国に再度交渉しに行った日本政府は、到底不可能な条件を突きつけられる。天海(小栗旬)と常盤(松山ケンイチ)は、何とか移民交渉を進めるために中心となって動くが、なかなかうまくいかない。八方塞がりの中、田所博士(香川照之)からは日本沈没はいつ起きてもおかしくないという話を聞かされる。追い込まれた天海は、唯一の打開策を思いつく─。それは、中国に対しての一か八かの危険な賭け。里城副総理(石橋蓮司)の協力も得て、その賭けに出る天海だったが…。そして、衝撃的な出来事が待ち受けていた…

7
松岡昌宏、11年ぶり日テレ土曜ドラマで成田凌を追い詰める ハードなアクションも「100%を出してやっていきたい」

松岡昌宏、11年ぶり日テレ土曜ドラマで成田凌を追い詰める ハードなアクションも「100%を出してやっていきたい」

 人気グループ・TOKIOの松岡昌宏が、来年1月15日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『逃亡医F』(毎週土曜 後10:00)に出演が決定した。成田凌演じる主人公“天才外科医”藤木圭介に妹を殺されたと知り、復讐に燃える元自衛官・八神拓郎役に起用された。松岡は成田と今作が初共演となる。『サイコメトラーEIJI』や『ヤスコとケンジ』など、同局の土曜ドラマに多数出演してきた松岡にとって、11年ぶりの帰還となる。【写真】ワイルドな“赤髪”にチェンジした成田凌 原作・伊月慶悟氏、作画・佐藤マコト氏による原作コミック(J コミックテラス刊)を実写化。恋人殺しの濡れ衣を着せられた主人公の天才外科医・藤木圭介が、医師としてのプライド、超一流の技術、そしてわずかな手術道具を持って、極限の逃亡生活を送りながら、「彼にしか救けられない患者」たちに遭遇。追手が迫り来るなか、それでも彼は目の前の命に手を差し伸べる…。 オファーを受け、松岡は「脚本を読ませていただいたときにまず頭に浮かんだことは、率直に『この番組のロケは大変だぞ』、そして『また日本テレビ土曜枠に帰ってきてしまったな……』ということでした(笑)」と過去の出演作を踏まえて笑いを誘う。 八神は藤木に殺された恋人の兄でレンジャー部隊に所属していた元自衛官。幼くして両親を亡くしたため、妹を娘のように溺愛していた。藤木が最愛の妹を殺害したと知らされてからは復讐の鬼として、執拗に藤木を追い続ける。ハードなアクションシーンにも挑戦することから「これまでの松岡を見て下さっている方々に恥ずかしくないように、今の松岡ができる限界まで、持っている100%を出してやっていきたいですね」と決意を語る。 また、今回松岡が追うことになる成田については「すごくソフトに見える中に、野郎にしかわからない、芯が一本びしっと通った男のカッコよさをお持ちになっている俳優さん。今から本編で出会うのを楽しみにしています」と初共演に向けて期待を寄せる。そのほかの登場人物、キャストについては今後随時情報が解禁予定。■松岡昌宏コメント今回のオファーをいただいて、脚本を読ませていただいたときにまず頭に浮かんだことは、率直に「この番組のロケは大変だぞ」、そして「また日本テレビ土曜枠に帰ってきてしまったな……」ということでした(笑)。プロデューサーから、拓郎について説明を受けた時に「松岡さんにアクションをたくさんやってほしい」と言われまして、チーフ監督に至っては30年前から、他の監督も25年前の『サイコメトラーEIJI』からのお付き合いで、カメラさんも技術さんも同じく、殺陣師の方も10代の時からお世話になっている方なんです。最近アクションをやっていないのでどのくらい頑張れるか分かりませんが(笑)、これまでの松岡を見てくださっている方々に恥ずかしくないように、今の松岡ができる限界まで、持っている100%を出してやっていきたいですね。僕の演じる八神拓郎は、妹を殺されたという復讐心から、成田さん演じる天才外科医 藤木を執念深く追い続ける役どころです。自分がどれだけ気迫と執着をもって、成田さんを追い詰めていけるかがこの番組のキーになってくると思っています。成田さんとは初共演ですが、作品はたくさん拝見しています。すごくソフトに見える中に、野郎にしかわからない、芯が一本びしっと通った男のカッコよさをお持ちになっている俳優さんだと思います。今から本編で出会うのをとても楽しみにしています。ぜひ、1月15日のオンエアを楽しみにしていてください!

8
イラク、クルディスタン、シリア、レバノンの国境地帯をゆくドキュメンタリー

イラク、クルディスタン、シリア、レバノンの国境地帯をゆくドキュメンタリー

 『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』と『海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜』でベルリン、ベネチアをドキュメンタリー映画で初めて制し、アカデミー賞ノミネートも果たした名匠ジャンフランコ・ロージの監督最新作『国境の夜想曲』が、2022年2月11日よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開される。【動画】ドキュメンタリー映画『国境の夜想曲』予告編 『国境の夜想曲』は、3年以上の歳月をかけて、イラク、クルディスタン、シリア、レバノンの国境地帯で撮影された。この地域は2001年の9.11米同時多発テロ、2010年のアラブの春に端を発し、直近ではアメリカのアフガニスタンからの撤退と、現在と地続きで、侵略、圧政、テロリズムにより、数多くの人々が犠牲になっている。 そんな幾多の痛みに満ちた場所をロージ監督は通訳を伴わずにひとり旅をし、そこに残された母親や子供、若者の声に耳を傾け続ける。母親たちの死を悼む哀悼歌、癒えることのない痛みを抱えた子供たち、精神病院の患者たちによる政治の無意味さについての演劇。そこには夜の暗闇から、一条の希望を見出し生きようとする者達の姿があった──。 解禁されたビジュアルは、どこか遠くを見つめる少年の表情が大きく印象的に使われ、国境地帯に住む人々の営みをとらえた場面写真の数々とどこまでも続く海のブルーが相まって、添えられた「どんな場所でも、どんな夜でも、かならず朝は来る」というキャッチコピーで、希望の夜明けを感じさせる。 予告編は、オレンジ色の囚人服を着た無数の男たちが刑務所を徘徊する衝撃的なシーンで幕を開ける。アメリカ国旗を掲げた装甲車が物々しく並ぶ場面が差し込まれつつも、亡き息子を想う母親、心に深い傷を負った子どもたちなど、戦争や侵略に翻弄され辛い状況に置かれた人々の苦境と「空が綺麗だ」と笑い合う恋人たちの姿が映し出す。 ショパンのノクターン第8番の旋律に乗せて「この作品の静謐さは、まるで俳句のようだ。感動し、圧倒された」というアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥのコメントで締めくくられる予告編は、どんな状況にあっても生きることをあきらめない人々の力強さと希望のメッセージとして心を揺さぶる。(C)21 UNO FILM / STEMAL ENTERTAINMENT / LES FILMS D’ICI / ARTE FRANCE CINEMA / Notturno NATION FILMS GMBH / MIZZI STOCK ENTERTAINMENT GBR

9
三遊亭圓丈さん、心不全のため死去 76歳  新作落語の名手として活躍

三遊亭圓丈さん、心不全のため死去 76歳  新作落語の名手として活躍

 落語家の三遊亭圓丈さん(本名・大角弘)が亡くなっていたことを5日、一般社団法人落語協会が発表した。76歳。葬儀は近親者のみで執り行われた。【写真】NHK大河ドラマで三遊亭圓生を演じた中村七之助 落語協会はホームページで「当協会理事の三遊亭圓丈(本名:大角弘 おおすみひろし)が11月30日(火)午後3時5分に心不全の為、永眠致しました」と伝え、葬儀は近親者のみで済ませたことを報告。香典や供花は故人の遺志により辞退するとし、「謹んでご冥福をお祈りいたします」と追悼した。 圓丈さんは1944年12月10日生まれ。名古屋市で育ち、上京後の64年に六代目三遊亭圓生にぬう生の名で入門し、69年に二ツ目に昇進。奇想天外な独自の実験落語で人気を博し、上方の六代目桂文枝にも影響を与えた。代表作に「悲しみは埼玉に向けて」など。 78年に初代三遊亭圓丈として真打昇進。81年に第9回日本放送演芸大賞最優秀ホープ賞を受賞。2001年には落語協会の役員に就任し、14年から理事を務めていた。

10
『鬼滅の刃』遊郭編、本日放送で告知色紙に反響 宇髄役・小西克幸「ド派手に」

『鬼滅の刃』遊郭編、本日放送で告知色紙に反響 宇髄役・小西克幸「ド派手に」

 フジテレビで5日より放送がスタートする人気アニメ『鬼滅の刃』の第2期『鬼滅の刃』遊郭編(毎週日曜 午後11時15分~ 初回は1時間の特別放送)。公式ツイッターでは5日、カウントダウンとあわせてキャストによる直筆色紙が公開された。【写真】宇髄役「ド派手に」告知! 公開された『鬼滅の刃』声優の直筆色紙 ツイッターでは「【本日放送】キャストによるカウントダウン色紙を公開。本日は宇髄天元役、小西克幸さん」と呼びかけ。 色紙には「遊郭編いよいよ開幕 ド派手に 天元」と書かれており、ファンは「楽しみすぎるー」「推しの天元 派手派手にお願いします」「いよいよだ…朝から落ち着かない」「いよいよ派手派手に始まりますな」などと反応している。 第2期は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の続きを描き、鬼殺隊最高位の剣士<柱>の一人、音柱の宇髄天元とともに炭治郎たちが、鬼の棲む遊郭に向かうストーリーとなる。主題歌はAimerが担当し、タイトルはOPテーマが「残響散歌」、EDテーマが「朝が来る」。「朝が来る」は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」を手掛けた梶浦由記氏が楽曲提供している。■キャスト竈門炭治郎(かまど・たんじろう):花江夏樹竈門禰豆子(かまど・ねずこ):鬼頭明里我妻善逸(あがつま・ぜんいつ):下野紘嘴平伊之助(はしびら・いのすけ):松岡禎丞宇髄天元(うずい・てんげん):小西克幸堕姫(上弦の陸)(だき・じょうげんのろく):沢城みゆき

11
【かけがえのない1本】藤森慎吾、『コマンドー』「シュワちゃんを目指して筋トレしている自分がいる」

【かけがえのない1本】藤森慎吾、『コマンドー』「シュワちゃんを目指して筋トレしている自分がいる」

 お気に入りの映画の話から、気になるあの人の心の中を少しだけのぞき見る【かけがえのない1本】シリーズ。今回は、テレビ、映画、舞台、YouTubeと幅広く活躍している藤森慎吾(38)さんに“かけがえのない1本”を聞きました。(※映画のネタバレ要素を含みます)【動画】映画『コマンドー』について語る藤森慎吾### 私、藤森のかけがえのない1本は、アーノルド・シュワルツェネッガー主演『コマンドー』(1985年)です。最初に観たのは小学生の時。それから38歳になるまで、たぶん人生で一番見返してる作品だと思います。 ものすごくシンプルなアクション映画です。シュワちゃん演じる主人公が、さらわれた娘を助けるために、一人でとある国家に挑んでいくという、“ザ・シュワちゃん”映画という感じなんですけれど、『ターミネーター』(1984年)や『プレデター』(1987年)といった作品がある中で最初に出会ったのが『コマンドー』でした。 幼心にかっこいいな、と最初に思ったのがシュワちゃん。“シュワちゃん”なんて気安く呼んでいますけど、1回、映画の宣伝でシュワちゃんが来日した時にバラエティー番組で共演させていただいた思い出もありまして、より一層好きになりました。最近の若い方はもしかしたらシュワちゃんのことを知らないかもしれないですし、結構な年齢のおじいちゃんになっちゃってますけど、若い時のキレキレの肉体と、素晴らしい演技、それからアクションは本当にすばらしい。 いまだに筋トレをしながら、どこかでシュワちゃんを追い求めてる自分がいる。今の自分がある原点だと思っています。「I’ll be back」だけじゃない、シュワちゃんをぜひ楽しんでいただきたいと思います。###■映画『コマンドー』1985年、アメリカ、マーク・L・レスター監督 1984年公開の『ターミネーター』で一躍人気を集めたアーノルド・シュワルツェネッガーが主演するアクション映画。かつて特殊部隊のリーダーだった男の娘が誘拐された。敵の目的は、彼の殺人能力で某国の首相を暗殺すること。だが男は飛行機から密かに脱出! その事実が敵に発覚する前に、巨大な悪の軍団のアジトを探し出し、たった一人で潜入する。■藤森慎吾のプロフィール 中田敦彦とコンビを組みオリエンタルラジオとして2005年にデビュー。リズムネタ「武勇伝」でブレークした後、「チャラ男」キャラを開眼し人気を博す。音楽ユニット「RADIO FISH」としてNHK紅白歌合戦に出場も果たした。映像作品や舞台で俳優としても活躍している。2021年11月26日より動画配信サービス「Hulu」で独占配信されるHuluオリジナル『未来世紀SHIBUYA』(全6話)に出演。

12
“胸キュン”できるアメリカ映画、“初デート”の約束を交わす本編映像解禁

“胸キュン”できるアメリカ映画、“初デート”の約束を交わす本編映像解禁

 運命的な恋に落ちた二人が過酷な運命を乗り越えていく奇跡の物語を描いたアメリカ映画『君といた108日』(12日31日公開)より、“初デート”の約束を交わす本編映像が解禁となった。【動画&画像】“初デート”の約束を交わす本編映像ほか予告編や場面写真 本作は、音楽と愛する人に出会った青年が、恋に落ち、運命と向き合い、奇跡を信じ、愛を胸に生きていくことを誓った真実のラブストーリー。原題『I Still Believe』が意味するのは、クリスチャン・シンガーソングライターとして活躍するジェレミー・キャンプの楽曲名。その曲を含むアルバム『Stay』をはじめ、これまでに4度のゴールドディスクを獲得し、20代前半で輝かしい名声と実績を手にしたジェレミーは、どのように音楽の道を切り開いたのか、また彼の音楽制作を突き動かしたものは何か――この映画の中で描かれる。 20歳で運命的な恋に落ちるジェレミーとメリッサを演じるのは、KJ・アパとブリット・ロバートソン。ジェレミー役のKJ・アパは、ティーンに人気のドラマシリーズ『リバーデイル』の主人公アーチー役によって若手スターの仲間入り。本作では音楽シーンのすべてを吹き替えなしで挑んだ。メリッサ役のブリット・ロバートソンは、ジョージ・クルーニーと共演した『トゥモローランド』(2015年)で注目を浴びた。ジェレミーとの恋愛だけでなく、病と闘う姿を繊細かつ力強く演じている。KJ・アパとは『僕のワンダフル・ライフ』(17年)に続いて2度目の共演。 家族のもとを離れ大学生活をスタートさせたジェレミーは、大学で開催されたライブイベントでメリッサと運命的な出会いをする。大勢の観客のなかで互いに目が合い、心を奪われ、2人の関係は自然と恋愛に発展。彼女にアタックし続けるジェレミーだったが、メリッサには迷いがあり、なかなかデートを承諾してもらえないでいた。そんなメリッサに一途にアタックし続けたジェレミーに転機が訪れる。 解禁された本編映像は、互いにひかれ合うジェレミーとメリッサが、やっとのことでデートの約束を交わす胸キュン必至のワンシーン。メリッサが朝一番にジェレミーの部屋を訪れ、緊張した面持ちで「一晩中じっくり考えてみたの」と話し出し、ジェレミーから受けていたデートのお誘いを承諾をする場面を見ることができる。 扉を開け、メリッサを出迎えたジェレミーは、メリッサが「OKよ」と言う意味をすぐには理解できず、「OK?」と聞き返してしまう。そして、メリッサがジェレミーが誘ったデートのことを言っているのだと伝えると、ジェレミーはうれしそうな表情をしながらようやくその意味を理解をする。思いも寄らない返事に、ジェレミーも何度も「OK」と言葉を繰り返しながら、デートを約束する2人のぎこちないやりとりがほほえましいシーンだ。 しかし、メリッサにはジェレミーに伝えていないある秘密があった。二人はやがて結婚し、過酷な運命を共にすることとなる。

13
『スパイダーマン:スパイダーバース』続編2022年公開 初映像解禁

『スパイダーマン:スパイダーバース』続編2022年公開 初映像解禁

 2019年に公開されたアニメーション映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の続編となる『SPIDER-MAN: ACROSS THE SPIDER-VERSE (PART ONE)』(原題/スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース パート1)が、2022年に劇場公開されることが決定。タイトルに「PART1」とあるように、「PART2」が現在製作されていることも、脚本・製作を務めるフィル・ロード&クリストファー・ミラーから発表された。ファーストルック映像&場面写真もお披露目となった。【動画】解禁されたファーストルック映像 新たなスパイダーマンの誕生を描き、主人公のマイルス・モラレスのもとにマルチバースから様々なスパイダーマンが集結した本作は、『スパイダーマン』映画シリーズにおいて初の快挙となる「第91回アカデミー賞」長編アニメーション賞を受賞したほか、第76回ゴールデン・グローブ賞(アニメーション作品賞)を受賞、第46回アニー賞では長編アニメーション賞を含む最多7部門を受賞するなど、各映画賞を席巻。コミックスをそのままアニメーションにしたような革新的映像が、屈指の好評価を受けた。 ファーストルック映像は現地時間4日に開催されたブラジル・コミコンでお披露目された。この映像は、マイルス・モラレスのもとに、別のユニバースからグウェンが登場し、2人が再会を果たすシーンから始まる。そして映像後半では、マイルスがユニバース間を移動しながら、謎のスパイダーマンと戦うアクロバティックなシーンが。彼は、前作のポストクレジットに登場したスパイダーマン2099なのか? 早くも憶測を呼ぶ映像となっている。

14
航空機業界の知られざる闇を暴く 仏映画『ブラックボックス』予告編

航空機業界の知られざる闇を暴く 仏映画『ブラックボックス』予告編

 映画『イヴ・サンローラン』(2014年)でフランス本国のみならず全世界で賞賛の声が上がったピエール・ニネが主演を務める映画『ブラックボックス:音声分析捜査』(2022年1月21日公開)の予告編が到着。ピエール・ニネが演じるのは、音を聴くだけで、故障ならどの箇所か、事故なら何と接触したのか、事件なら犯人の人物像まで割り出すことができる音声分析官マシュー。フィクションかリアルか、加速するスリルの中、航空機業界の知られざる闇が暴かれる。【動画】映画『ブラックボックス:音声分析捜査』予告編 ヨーロピアン航空の最新型機がアルプスで墜落し、乗客・乗務員316人全員の死亡が確認される。謎の失踪を遂げた上司に代わり責任者として調査をまとめるよう任命されたマシュー。被害者の一人が夫に残した事故直前の留守電を聞いて、ブラックボックスの音と違うことに愕然とする。キャリアと命をかけたマチューの危険な探求が始まる。 予告編は、幕開けとともに緊張が走る。画面に浮かぶ<AM 7:56 アルプス上空>の文字。その奥にあるオレンジ色の箱に黒字で[COCKPIT VOICE RECORDER DO NOT OPEN]と書かれている。つまりこの箱はブラックボックスだということがわかる。不穏な音が飛び交う。叫び声? 誰かが呼びかける。「ヨーロピアン24 応答せよ」「降下してるようだ 問題が?」「応答せよ」。返事がない。音が次第に騒がしくなる、その瞬間映像が切り替わる。ピエール・ニネ演じる音声分析官のマチューが音の波形を凝視しながらその音声を注意深く聴き入っている。 そして「最新型航空機の原因不明の墜落事故」が発生したとナレーションが続く。乗客300人の生存が絶望的であることを告げるアナウンス。冒頭の不穏な音の結末がこの痛ましい大事故であるということがわかる。 墜落の真相解明に命じられた音声分析官マチュー。今回も天才的ともいえる分析で事故の原因は「テロ」としてすぐに解決した…かに思えたが、そのあと何かに気づいたマチューがつぶやく。「おかしい」「データが改ざんされている」と! 再びPCに向かって真相を探ろうとするマチュー。キーボードを叩く音にあわせて「本当はなにが起きたのか?」と一文字ずつ画面に出てきて一瞬の静寂。そしてすぐに音楽が畳みかける。「ブラックボックスに取りつかれている」と指摘されながらも謎を解くために突き進むマチュー。狂気じみた彼の執念と不安定な精神を表したかのような曲が<それは開けてはならないパンドラの箱>というナレーションまで続く…。 自らのキャリアだけでなく命さえも危険にさらしてまでマチューが見たがる<真相>=<ブラックボックス>=<パンドラの箱>にはいったいなにがあるのか。その答えはこの予告編の中に隠されている!?

15
アニメ『魔法科高校の劣等生 追憶編』31日より放送開始、年越しSP 第1弾PV公開

アニメ『魔法科高校の劣等生 追憶編』31日より放送開始、年越しSP 第1弾PV公開

 アニメ『魔法科高校の劣等生 追憶編』が、12月31日23時57分より放送されることが決定した。TOKYO MX・とちぎテレビ・群馬テレビ・BS11では、年越しでのスペシャル放送で、お正月の特別映像も放送する。【動画】幼い時から美少女!大胆ボディの深雪がチラリ 『追憶編』の第1弾PV 『魔法科高校の劣等生』は、魔法が技術として確立された世界を舞台に、通称“魔法科高校”に通う1組の兄妹と仲間たちの波乱の日々を描いた物語。テレビアニメ、劇場アニメ、コミックス、ゲームなど多くのメディアミックスが展開されており、2021年7月に10周年を迎えた。 原作・佐島勤、イラスト・石田可奈によるシリーズ累計2000万部突破(原作小説シリーズ累計1200万部)を突破している作品で、「魔法科高校の劣等生 追憶編」は達也と深雪の過去を描く。<放送情報>■TOKYO MX・とちぎテレビ・群馬テレビ・BS112021年12月31日(金)23:57~■MBS2022年1月4日(火)26:35~■テレビ愛知2022年1月3日(月)27:10~■AT-X2022年1月1日(土)20:30~

16
『最愛』容疑者5人の“考察合戦”が過熱  “加瀬犯人説”浮上も「違ってほしい」「犯人なら泣く」

『最愛』容疑者5人の“考察合戦”が過熱  “加瀬犯人説”浮上も「違ってほしい」「犯人なら泣く」

 女優・吉高由里子が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『最愛』(毎週金曜 後10:00)。第8話で昭(酒向芳)殺害事件の容疑者が5人に絞られたことで、ネット上では犯人の“考察合戦”が繰り広げられている。【写真50枚】梨央へ“愛”を伝えた加瀬…視聴者胸キュン 昭(酒向芳)の遺体と一緒に池から発見されたウェルネスホームのペンは、梓(薬師丸ひろ子)が会社設立の記念品として作った特注品だった。持っているのは梨央(吉高由里子)、加瀬(井浦新)、後藤(及川光博)、政信(奥野瑛太)、梓の5人。警察はその中の誰かが事件の時に落とした可能性があるとにらんでいる。 ネット上では「加瀬にとっての最愛は家族。昭を池にしずめて梨央を守り、罪をきせられた優を救う事でヒーローになり、本当の家族になりたかった?」「これまで優や大輝に比べて加瀬さんの心情そのものに焦点が当たることが殆ど無くて、あくまで梨央のサポートという立場だったけれども、ここから最終回まで加瀬さんに焦点がもっと当たっていきそう… 何が言いたいかと言うと、加瀬さんがやっぱり怪しい… 悲しいけど」など、加瀬に多数の疑惑の目が向けられているようだ。 しかし、これまで梨央をそばで守り続けてきた“家族愛”があふれるキャラクターなだけに「加瀬さんが犯人なら泣く」「加瀬さん、怪しいけど犯人説は絶対に違ってほしい」「加瀬さんが犯人っぽいけど、そうならないで」などの声が寄せられている。

17
仲万美、鬼束ちひろとCoccoの曲を聴いて役作り 映画『偽りのないhappy end』インタビュー

仲万美、鬼束ちひろとCoccoの曲を聴いて役作り 映画『偽りのないhappy end』インタビュー

 連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)でドラマデビューし、CMを中心に活躍中の鳴海唯と、マドンナのバックダンサーとしてワールドツアーに約1年半同行し、舞台Rock Opera『R&J』ではヒロイン役を演じた仲万美がダブル主演を務める映画『偽りのないhappy end』(12月17日より全国順次公開)より、仲のオフィシャルインタビューが届いた。【動画】映画『偽りのないhappy end』予告編 本作は、“行方不明になった妹を探す”中で知り合った二人の姉、エイミ(鳴海)とヒヨリ(仲)。やがてヒヨリの妹が遺体となって見つかる。いなくなって初めて妹のことを何も知らなかったと気づいた二人の姉が、共に真相を捜すミステリーをベースに、その心の揺れを丁寧に描く。監督・脚本は、2011年の『ヒミズ』から10年間、園子温監督のほとんどの作品の助監督を務め、園監督に師事してきた松尾大輔。満を持して、本作で長編映画監督デビューを果たす。――本作出演の経緯をお教えください。【仲】オファーがあり、台本を読んだらすごく面白かったんです。今までの自分のお芝居と全然違う挑戦だったので、「ぜひやってみたいです」とお話をして、出演が決まりました。――演じたヒヨリはどんな女性だと思いましたか?【仲】よっぽどのことがあるから彼女も大声を出したりわめいたりできるんだと思うんですけれど、すごく強い子だなと思いました。自分自身も強いところはありますが、彼女ほどではないです。――松尾監督とはヒヨリについて、イン前にどのような話をしましたか?おしゃれをしている役だったので、きっとデザイナーさんなのか、ファッション関係で、名前が出ている人なんじゃないかなという話をしました。リハーサルの時に、「この映画はこうなんだ」という熱いお話をしていただきました。現場は、基本ピリピリとした緊張感がある現場でした。ニュアンスをちょっと変えるというのはあったんですけれど、あまり「違う」ということはなく、「自分で考えなさい」ではないですけれど、「もう少し違うやり方でやってみようか」という感じだったので、「もっと引き出さなきゃ」と思った現場でした。――ヒヨリの妹とのシーンは本編にはないですが、妹への想いは、どのように作っていきましたか?【仲】2つ上に姉がいて、すごく仲が良いので、妹なりに考えて照らし合わせました。自分のお姉ちゃんはここまでやらないだろうなと思いましたが。(笑)――演じたヒヨリは、もう一人の主人公のエイミと違い、本作の登場時点から妹が既に行方不明になっていて、楽しいシーンはなかったかと思いますが、演じていてつらくなかったですか?【仲】すごくつらかったです。(笑)スタートからずっと怒っていて、どんどん崩れていって、泣いて、という感じだったので、カメラが回っていない時も引きずっていました。鬼束ちひろさんとCoccoさんの曲を永遠とリピートして、入り込んでいました。――ヒヨリが記者と湖で対峙するシーンは迫真の演技でしたが、撮影の裏話はありますか?【仲】お芝居を含め、人生において胸ぐらを掴んだことがなかったので、「胸ぐらってどうやって掴むんですか?」というところからでした。お芝居もお芝居で、叫んでいて、頭の中も混乱しているので、首とかをひっかいちゃったのではないかというくらい思いっきりやらせていただきました。「もっとやっていいよ。気にしないから」と言ってくださったので、自分でも歯止めが利かなくなっているのはやっていてわかりました。――ヒヨリが下着姿でナイフで脅すシーンもすごい迫力でしたが、撮影の裏話はありますか?【仲】結構緊張しました。人に突撃するというのもやったことがなかったですが、緻密に指示していただいたので、冷静にできたかと思います。カトウシンスケさんは、リハーサルの時から足を引きずって入り込んでいらっしゃいました。――「妹は自殺なんてしない」と言っていたヒヨリが、実は妹のことはわからないというのが、家族や親しい友人などが行方不明になってから直面する現実を描いているように思いましたが、その葛藤についてはどのように感じましたか?【仲】もどかしいなと思いました。もっと心も物理的にも近かったらわかっていたこともあったんだと思うんですけれど、亡くなってから知るのは、「離れていたんだから当たり前だよ」とも思います。「遠い存在だったんだろうな」と悲しく、もどかしくなりました。――風俗店の壁一面の行方不明者の写真に囲まれた時は、偽物と分かっていても、気味が悪いものでしたか?【仲】めちゃくちゃ気味が悪かったです。現場に入った途端、「怖い怖い怖い怖い!」って鳥肌が立っちゃいました。それを背に座ると、すごく視線を感じるんです。フェイクの写真でしたが、実際だったら、こんなところには堂々と座れないと思いました。――本作の見どころはどこだと思いますか?【仲】一方(ヒヨリ)は最初怒っていたのが壊れて泣き崩れ、一方(エイミ)は、優しい静かな子だと思っていたら、凶変していく、人がどんどん壊れていく姿はとてもリアルだし、見どころだと思います。――読者にメッセージをお願いします。【仲】これを見てきっと悲しかったり、もどかしかったり、悔しかったり、辛かったり、いろんな感情があると思うんですけれど、これがハッピーエンドです。皆、幸せに向かって走っていると思うんですけれど、『偽りのないhappy end』というのをぜひ劇場で体感してほしいです。

18
町田のパーソナルトレーニングジム「STREAM」に月額19,800円~の受け放題プランが登場

町田のパーソナルトレーニングジム「STREAM」に月額19,800円~の受け放題プランが登場

今年4月、町田駅徒歩3分の場所にオープンしたパーソナルトレーニングジム「STREAM」に、業界最安級の「パーソナルトレーニング受け放題プラン/月額19,800円~」が登場した。週3回通えば1回あたりの料金が1,650円にプロのトレーナーがマンツーマンでトレーニングや食事を指導する、パーソナルトレーニング。効率良くダイエットやボディメイクできるのが特徴だが、料金が高いものが多く、1時間あたり1万円以上がおおよその料金相場となっている。このような料金では、パーソナルトレーニングをしたくても、経済的な理由で断念してしまうことが少なくないようだ。そんな人たちにオススメしたいサービスが、パーソナルトレーニングジム「STREAM」の「パーソナルトレーニング受け放題プラン/月額19,800円~」。このプランは定額制で回数は無制限、パーソナルトレーニングを何回受けても料金は一定のまま!仮に週3回のペースで1ヶ月通った場合、1回あたりの料金はなんと1,650円。とてもリーズナブルにパーソナルトレーニングを受けることができる。体重・体型・体調の徹底管理で目標達成をサポートまた、料金が安いだけではなく、一人一人に合わせた完全オーダーメードのトレーニングプログラムや専用カルテの活用、日々のトレーニングの記録や体重・体型・体調の「3体」の徹底管理により、目標達成をサポートしてくれるのもポイントだ。在籍している6名のトレーナーは、そのほとんどがボディメイクの大会実績があり、また自社の研修を通して共通の心理学等も学んでいるので、運動が苦手な人に対しても決して厳しい指導をするのではなく、より楽しみながら効率的にトレーニングが受けられるよう、工夫を凝らしている。ジムがあるのはガラス張りの高級感のあるビルジムがあるのは、JR町田駅近くの、路面店かつガラス張りの高級感のあるテナントビル。完全個室の環境が整備されており、女性専用のパウダールームや更衣室、シャワールーム、トイレも完備しているので、女性も安心して利用できる。受け放題プラン500円トライアルを実施中現在キャンペーンとして、受け放題プラン500円トライアルを実施中。このトライアルは、なんの制限もなく2週間、パーソナルトレーニングがワンコインで受け放題で、さらに75分の無料体験とカウンセリング、体組成計測が付いている。コロナ禍による外出自粛で体力低下を感じている人は、この機会にパーソナルトレーニングジム「STREAM」をチェックしてみて。■STREAM住所:東京都町田市原町田4-10-12 フィルパーク町田3階HP:https://stream-gym.co.jp

19
大泉洋、「バカヤロー!」に込めたさまざまな思い “浅草キッド祭り”の開催も決定

大泉洋、「バカヤロー!」に込めたさまざまな思い “浅草キッド祭り”の開催も決定

 芸人としてだけではなく、俳優、絵画などその才能は多岐にわたり、映画監督・北野武としては“世界のキタノ”と呼ばれ、まさに日本を代表する“唯一無二の天才”ビートたけしの原点であり、師匠である深見千三郎と過ごした日々を描いたNetflix映画『浅草キッド』(12月9日より独占配信)より、劇団ひとり監督、出演する大泉洋・柳楽優弥が、“伝説の天才芸人・深見”と、“唯一無二の天才・ビートたけし”について語るフィーチャレット映像が解禁となった。【動画】Netflix映画『浅草キッド』フィーチャレット映像 ビートたけし本人や実際に深見千三郎に会ったことがある芸人たちから話を聞いた劇団ひとり監督は「とにかく格好良かったみたいですね。みんなすごく影響されていたみたいです」と語る。本作で深見千三郎を演じた大泉も「僕は逆に、深見さんを現在のビートたけしさんに重ねた」と役作りについて語っている。 一方、“唯一無二の天才・ビートたけし”の青春時代を演じた柳楽は「北野たけし役を演じるというのがものすごく大変」だと語っている。しかし監督は「孤高な感じが通ずるんですよね」と、柳楽が演じる“タケシ”を絶賛した。 また、ビートたけしといえば「バカヤロー!」が印象的だが、元々は深見の口癖だったということで、劇中で深見が発するありとあらゆる「バカヤロー!」が飛び交う本編映像が切り取られている。監督は「愛情たっぷりのバカヤローもあれば、本当にバカヤローと思っている時のバカヤローもあるから、ニュアンスは見てもらわないと汲み取れないかもしれない」と、「バカヤロー!」のひと言に込めたさまざまな思いについて語っている。■ゆかりの深い東京・浅草で“浅草キッド祭り”開催決定 国内外とつながり、共存・還元していく持続可能な文化発信地をコンセプトに、東京・浅草六区地区でまちづくり活動「浅草六区 - Connect with the world -」を展開している一般社団法人浅草六区エリアマネジメント協会(代表理事:安田 和章)とNetflixが同作の公開を記念し、映画『浅草キッド』公開記念「浅草キッド祭り」を開催することが決定。 「浅草キッド祭り」期間中は、浅草六区ブロードウェイ(全長300メートル)及び浅草新仲見世商店街(全長380メートル)に、「バカヤロー! 芸人なら芸で笑いを取れ!」などの劇中の名せりふなど、『浅草キッド』にまつわる広告が展開。加えて、昭和を駆け抜けた芸人の物語を感じる施策をたくさん楽しむことができる。

20
『ビヨジェネ』声優が解禁 松本梨香、森川智之、中尾隆聖、玄田哲章が登場 最強の悪魔・ディアブロは上田燿司

『ビヨジェネ』声優が解禁 松本梨香、森川智之、中尾隆聖、玄田哲章が登場 最強の悪魔・ディアブロは上田燿司

 1971年の『仮面ライダー』誕生から、現在放送中の仮面ライダー生誕50周年記念作品『仮面ライダーリバイス』まで半世紀にわたる仮面ライダー史を揺るがす全てを超越(BEYOND)した予測不能な物語の仮面ライダー50周年記念映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』(12月17日公開)。登場する強敵と豪華声優陣が解禁となった。【写真】ショッカー幹部役で出演する立木文彦 仮面ライダーリバイ、仮面ライダーバイスたちの前に登場する悪魔たちの全貌が明らかに。ある封印が解けて現れたディアブロと、そのディアブロの体内から生まれた4人の悪魔。4人の悪魔の名前はヒミコ・クリスパー、クフ・クリスパー、エジソン・クリスパー、レオニダス・クリスパー。古代中国の史書に期されている倭国の女王・卑弥呼、古代エジプトの王でギザの大ピラミッドを建造されたとするクフ、電気を発明したエジソン、スパルタ随一の英雄として壮絶な死を遂げたレオニダスら、歴史上の偉人の遺伝子情報が収められたクリスパースタンプを用いて出現する悪魔となる。 この悪魔たちの声を担当するのは、特撮作品を支えてきた豪華レジェンド声優陣。『仮面ライダー鎧武』、『宇宙戦隊キュウレンジャー』、『魔進戦隊キラメイジャー』などで声優を務めた上田燿司がディアブロ役を担当。『仮面ライダー龍騎』ではテレビシリーズ初の女性ボーカル主題歌を担当し、『高速戦隊ターボレンジャー』、『地球戦隊ファイブマン』、『鳥人戦隊ジェットマン』、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』などでも声優を務めた松本梨香がヒミコ・クリスパー役。『獣電戦隊キョウリュウジャー』の賢神トリン/キョウリュウシルバーを演じた森川智之がクフ・クリスパー役。『特捜戦隊デカレンジャー』、『電子戦隊デンジマン』、『仮面ライダー電王』、『仮面ライダーキバ』、『天装戦隊ゴセイジャー』、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』で知られる中尾隆聖がエジソン・クリスパー役。『特命戦隊ゴーバスターズ』のゴリサキ・バナナ、『仮面ライダー(新)』、『忍者戦隊カクレンジャー』、『魔法戦隊マジレンジャー』、『海賊戦隊ゴーカイジャー』、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』で声優を務めた玄田哲章がレオニダス・クリスパー役を担当することとなった。 また、1971年から2021年にやってきた、ショッカー研究員の百瀬龍之介(中尾明慶)と研究を共にする、悪の秘密結社・ショッカーの幹部を演じるのは立木文彦に決定した。

21
立木文彦、ショッカー幹部役で『ビヨンド・ジェネレーション』登場 仮面ライダーの前に立ちはだかる

立木文彦、ショッカー幹部役で『ビヨンド・ジェネレーション』登場 仮面ライダーの前に立ちはだかる

 1971年の『仮面ライダー』誕生から、現在放送中の仮面ライダー生誕50周年記念作品『仮面ライダーリバイス』まで半世紀にわたる仮面ライダー史を揺るがす全てを超越(BEYOND)した予測不能な物語の仮面ライダー50周年記念映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』(12月17日公開)。登場する強敵と豪華声優陣が解禁となった。【画像】『ビヨジェネ』に登場する5人の悪魔と、その声優 1971年から2021年にやってきた、ショッカー研究員の百瀬龍之介(中尾明慶)と研究を共にする、悪の秘密結社・ショッカーの幹部を演じるのは立木文彦に決定した。『仮面ライダーW』のガイアメモリ音声のほか、『仮面ライダークウガ』、『仮面ライダー剣』、『仮面ライダーディケイド』など、シリーズを声優として支えてきた立木が、仮面ライダー50周年を迎えた本作に俳優として登場し、仮面ライダーの前に立ちはだかる。 また、仮面ライダーリバイ、仮面ライダーバイスたちの前に登場する悪魔たちの全貌も明らかに。ある封印が解けて現れたディアブロと、そのディアブロの体内から生まれた4人の悪魔。4人の悪魔の名前はヒミコ・クリスパー、クフ・クリスパー、エジソン・クリスパー、レオニダス・クリスパー。古代中国の史書に期されている倭国の女王・卑弥呼、古代エジプトの王でギザの大ピラミッドを建造されたとするクフ、電気を発明したエジソン、スパルタ随一の英雄として壮絶な死を遂げたレオニダスら、歴史上の偉人の遺伝子情報が収められたクリスパースタンプを用いて出現する悪魔となる。 ヒミコ・クリスパーの声は松本梨香、クフ・クリスパーの声は森川智之、エジソン・クリスパーの声は中尾隆聖、レオニダス・クリスパーの声は玄田哲章が担当。封印されし最強の悪魔・ディアブロの声は上田燿司が務めることとなる。

22
マンガ『WIND BREAKER』キャラ人気投票開催 1位はマガポケの作品アイコンに

マンガ『WIND BREAKER』キャラ人気投票開催 1位はマガポケの作品アイコンに

 マガポケで連載中の漫画『WIND BREAKER』のキャラクター人気投票がスタートした。【画像】どんな漫画?気になる作品『WIND BREAKER』 第1位に選ばれたキャラクターは、期間限定でマガポケの作品アイコンになる。■『WIND BREAKER』あらすじ(公式より)彼らは、最強の不良軍団。そして、街の英雄───。偏差値は最底辺、喧嘩は最強。超不良校として名高い学校・風鈴(ふうりん)高校。この春、そんな風鈴のトップを目指して街にやってきた風鈴高校1年生・桜遥(さくらはるか)は、風鈴高校が“防風鈴(ボウフウリン)”と名付けられた街を守る集団となっていたことを知る。そして桜は、風鈴の一員として街を守るため戦い始めることに──!

23
『GIRLS graph.』が「写真集」6位 “令和のグラビアクイーン”沢口愛華が極上ボディを惜しげもなく披露

『GIRLS graph.』が「写真集」6位 “令和のグラビアクイーン”沢口愛華が極上ボディを惜しげもなく披露

 沢口愛華ら美女20人が登場する『GIRLS graph. 003』(宝島社)が、12/6付「オリコン週間BOOKランキング」ジャンル別「写真集」で、6位にランクインした。【写真】あふれんばかりに弾けそうな“たわわ”…極上ボディを大胆に披露した沢口愛華 本作は昨年12月に発売されたグラビア誌『GIRLS graph』(宝島社)の第3弾。今回は、“令和のグラビアクイーン”の呼び声高い沢口愛華が満を持して登場。表紙+巻頭グラビア24ページに加え、特大サイズの両面ポスターで、極上ボディを惜しげもなく披露している。 また沢口以外にも、裏表紙を務めた人気コスプレイヤー・篠崎こころが20ページ撮りおろし、美脚クイーン・岩﨑名美が14ページ撮りおろしとグラビア満載。ほか、高梨瑞樹、嬉野ゆみ、清瀬汐希、和地つかさ、佐々木みかこ、瀬山しろ、犬童美乃梨、立花はる、篠原みなみ、太田和さくら、白雪りら、きゃん、野球お姉さんせりな、など総勢20人の美女が登場する。「オリコン週間“本”ランキング」は「2008/4/7付」よりスタート<クレジット:オリコン調べ 12/6付:集計期間:11月22日~28日>

24
鈴木奈々“すっぴん”で美人兄嫁と2ショット「少女みたい」「美人すぎて失神しちゃう」

鈴木奈々“すっぴん”で美人兄嫁と2ショット「少女みたい」「美人すぎて失神しちゃう」

 タレントの鈴木奈々が4日、自身のインスタグラムを更新。「お兄ちゃんのお嫁さんと」とつづり、ディズニーランドで笑顔を浮かべる鈴木と義姉の2ショット写真を公開した。【写真あり】鈴木奈々“すっぴん”公開!兄嫁と2ショット「美人すぎて失神しちゃう」 ミニーマウスの被り物を付けてノリノリの鈴木は「お兄ちゃんのお嫁さんと 私はスッピンで行きました カラコンはしてます!」と、ピースサインを決めた写真を投稿。 ファンからは「ディズニーいいなぁー スッピンかわいい」「少女みたい」「奈々ちゃんめっちゃ可愛い」「2人とも美人すぎて失神しちゃう」などの声が寄せられている。

25
宮沢りえ“真帆”の不倫&誘拐偽装説に西島秀俊“凌介”は…『真犯人フラグ』第8話あらすじ公開

宮沢りえ“真帆”の不倫&誘拐偽装説に西島秀俊“凌介”は…『真犯人フラグ』第8話あらすじ公開

 俳優の西島秀俊が主演する日本テレビ系連続ドラマ『真犯人フラグ』(毎週日曜 後10:30)第8話が5日放送される。このほど、場面カットとあらすじが公開された。【写真】第8話場面カット 今作は企画・原案の秋元康氏はじめ、大ヒットした同局連ドラ『あなたの番です』(2019)制作スタッフが集結し、来年1月期まで2クール連続で放送。平凡なサラリーマンの凌介(西島)は、妻・真帆(宮沢りえ)と高校生の娘と小学生の息子がある日突然、謎の失踪を遂げ“疑惑の夫”として世間の注目を浴びることになる。「あのダンナが殺したんじゃないの?」と、家族を殺害した“真犯人フラグ”を立てられながらも、頼れる部下・二宮瑞穂(芳根京子)の助けを借り、真実を暴く戦いに挑んでいく。■第8話あらすじ 凌介に届いた真帆(宮沢りえ)と林(深水元基)の密会写真。同じものがネット上でもみるみる拡散され、炎上。一星(佐野勇斗)は炎上に気づき、河村(田中哲司)に連絡。凌介を心配した河村は、林への接触を試みる。 マスコミは、真帆が不倫していたと半ば決めつけて報道。世間のバッシングの対象は真帆と林に移り、凌介は不倫された夫として同情されるように。しかし凌介は瑞穂に、真帆の不倫はありえないと断言。真帆を強く信じている凌介を前に、失踪が真帆の計画の可能性もあると睨む瑞穂と一星は2人の関係を調べ始める。 一方、密会写真を撮った人物が犯人の可能性が高いと睨んだ阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健悟)は、撮影者に心当たりがないか林に尋ねる。林は婚約者の茉莉奈(林田岬優)と会い、事情を説明しようとするが、ぷろびん(柄本時生)が現れて…。 週刊追求編集部では、真帆が凌介と別れるために誘拐事件を偽装したという説が持ち上がる。「不倫相手の林に片棒を担がせているのでは」という言葉に、思わず編集長の立場を忘れて真帆をかばう河村。そんななか、真帆の実家がマスコミに取り囲まれ、凌介は外に出られなくなった両親のため駆けつける。住愛ホームも釈明会見を開き、事態は収拾されたかに見えたが…。夜道を一人家路につく瑞穂は、誰かにつけられていると気づく。振り返るが誰もいない…。必死に走って逃げるが、追いつかれ―。

26
マヂカルラブリー、念願の『THE MANZAI』初登場 テレビ向きではないネタで勝負「これが僕らにとっての漫才」

マヂカルラブリー、念願の『THE MANZAI』初登場 テレビ向きではないネタで勝負「これが僕らにとっての漫才」

 お笑いコンビ・マヂカルラブリーが、5日放送のフジテレビ系『THE MANZAI 2021マスターズ』(後7:00)に出演。昨年の『M-1グランプリ』王者であるマヂラブが、念願の初登場を果たす。【写真】爆笑問題&霜降り明星も登場!マスターズ出演者一覧 体を張った「つり革」ネタでM-1王者に輝くも、世間ではネタをめぐって“漫才じゃない”論争が巻き起こる事態に。あれから1年、さらなる進化を遂げ確固たるスタイルを築き上げたマヂラブが「これが僕らにとっての漫才」と呼ぶネタで、悲願の『THE MANZAI』初ステージに挑む。 漫才を終えた2人がコメントを寄せた。■野田クリスタル――初ステージを終えてきらびやかでした。僕は無観客の『R-1ぐらんぷり』決勝で優勝し、そこからずっとテレビは無観客でやってきまして。『M-1グランプリ』で優勝した次の日の劇場も無観客。誰からも祝福されず1年がたち、すっかり無観客芸人になった今、こうして『THE MANZAI マスターズ』で目の前にお客さんがいらっしゃる。正直やりづらいです(笑)。有観客だと(スベった)結果が出てしまうので、ちょっと勘弁してくれと。――今回披露した漫才について僕が単純に好きなネタでして。今回M-1決勝くらいの意識で臨んだので、普通にやるネタじゃ嫌だなと。何周もした結果、テレビ向きではないものを選びました。“ザ・漫才”と言われたときに違和感があるネタ。“ザ”ではないだろ、っていう(笑)。でも、これが僕らにとっての漫才です、というアンサーではあります。■村上(マヂカルラブリー)――視聴者の方へのメッセージ僕たちの“漫才じゃない風”というのは氷山の一角だったということを知っていただきたいです。まだまだ下にはたくさん変なものが眠っていますので(笑)。

27
コードネーム『L-MES2』、設計思想だけでなく“ララァの魂”を宿したキュベレイ 「永野護さんの美しいデザインを損なわないように気を付けた」

コードネーム『L-MES2』、設計思想だけでなく“ララァの魂”を宿したキュベレイ 「永野護さんの美しいデザインを損なわないように気を付けた」

 ガンダムシリーズに登場するさまざまなパイロットを、専用機とは異なるモビルスーツ(MS)に乗せた「if設定」機体を数多く制作・発表。その作品のクオリティと、整合性のとれた物語の発想が、多くの人から支持を集めているモデラーのK1さん(@K1h0923)。その近作は、白のイメージの強いキュベレイを、ララァ・スンのエメラルドグリーンに染めた『キュベレイ〈高速飛行実験機〉』。「もしララァが生きていたら」という“ありがち”な発想ではないところから着想したという本作は、いったいどのような経緯で誕生したのだろうか?【写真】大きなブースタータンクや肩のバインダー内の推進装置を強化しながら、オリジナルデザインを損なわない『キュベレイ〈高速飛行実験機〉』■しなかやな曲線美を持つキュベレイと回想シーンのララァが重ねる――K1さんは、ジオン軍のエースパイロットたちをオリジナルの水陸両用機体に搭乗させる「水泳部化計画」というシリーズを制作・発表されています。本作は久しぶりにこのシリーズ外のMSの制作と伺いましたが、キュベレイを作ろうと思われたきっかけは?【K1】ここ最近は水陸両用機体を中心に制作活動をしていたのですが、春頃に制作したハイゴッグの生物的なデザインや大きな肩のデザインがキュベレイに似ていて。「水泳部化計画」シリーズ以外の作品を作る際の、機体選定の第一候補になりました。――キュベレイといえば、アクシズ(のちのネオジオン)の女性指導者にして、MSのパイロットとしても高い技量を誇るハマーン・カーンの専用機。なぜその機体を、同じ女性のララア・スン仕様にしたのですか?本作制作の背景でイメージした物語を教えてください。【K1】2018年に公開された劇場作品『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』の劇中のストーリーと設定からヒントをいただきました。 悲劇の最期を迎え、ニュータイプ研究施設で検体となった少女と、その少女の魂を宿したパイロット無人のMSをモデルに、ララァとキュベレイを重ねてみました。ありがちな「もしもララァが生きていたら」という機体設定ではなく、「ララァの魂を宿したMS」というコンセプトで制作することに至りました。――そのコンセプトはどのように深堀していったんですか?【K1】キュベレイの開発コード〈L-MES2〉=ララァの専用モビルアーマーの名称を受け継いでいる機体という点も考慮し、キュベレイである必然性につながっています。また、後の作品において、回想場面で白鳥を模した姿でララァが登場するシーンが記憶にありました。水鳥のようなしなやかな曲線の躯体を持つキュベレイは、そんなイメージにもぴったりとハマり、持ってこいでした。■戦闘力はかなりのものだが、戦わない理由――ご自身も「永野さんの美しいデザインを損なわないように気を付けながら」とツイートされてました。デザインを手がけた永野護氏への想いを感じる、キュベレイのどこか女性的な曲線美を最大限に生かしたカスタムですね。【K1】ありがとうございます。『重戦機エルガイム』など、永野さんの携わった作品は全て好きですね。曲線と直線を上手く組み合わせ、細身でありながら力強さと重量感を表現されたデザイン。本当に惚れ惚れしています。――実際、制作時にこだわったところはどんなところですか?【K1】「光の速さでも追いつけそうもない」という『ガンダムNT』のクライマックスのセリフを基にひと目で高速飛行が可能とイメージしてもらえるように追加装備しました。背面の躯体よりも大きなブースタータンクや特長的な肩のバインダー内の推進装置にはこだわりました。――追加装備も含め、ララァの想いも乗せたキュベレイの戦闘力もかなりのものではないかと予想されます。前述でイメージされた物語の結末はどうなるのでしょうか?【K1】そうですね、ファンネルによる遠隔攻撃や接近戦用の巨大なネイルは凶暴なイメージを与え、戦闘力も高いと思います。ですが、このキュベレイは、戦闘には加わることなくララァの魂とともに宇宙を彷徨い、アムロとシャアのふたりを見守っている存在でいて欲しいですね。後の『逆襲のシャア』でのふたりの最後の戦いを見届けて欲しいと。――なるほど、物語がつながっていくわけですね。本作発表後の反応はいかがでした?【K1】たくさんの反響をいただきました。なかでも「ララァの魂が宿る機体に胸が熱くなりました」「妄想が膨らみます」といったように、作品から何らかのインスピレーションを感じ取ってくれたようなコメントは格別にうれしいものでした。――本作以外にも『ララァ専用ハイゴック』なども制作されていますが、『ララァ専用機』の新たなシリーズが始まるのでしょうか?【K1】個人的に、ララァは更なる活躍を期待していたキャラクターのひとりだったので、早くに物語から去ってしまったことは非常に残念です。その想いから、ララァ専用モビルアーマーやナイチンゲール、クシャトリア、キュベレイと言ったジオンのニュータイプ専用機体の要素を詰め込んだ先駆け的なコンセプトでハイゴッグを制作しました。今回のキュベレイは、そのハイゴッグの発展機体として制作しましたが、いずれ他の機体で『ララァ専用機』シリーズを作りたいですね。

28
『M-1』大穴・ランジャタイの魅力を分析 大スベりすら怖くない“勝ち確定”の強み

『M-1』大穴・ランジャタイの魅力を分析 大スベりすら怖くない“勝ち確定”の強み

 奇妙奇天烈摩訶不思議、次の一手を誰も予想できないお笑いコンビ・ランジャタイが、“漫才日本一”を決める『M-1グランプリ2021』決勝戦へと進出した。その瞬間、2人を知るファンは皆「一体どうなっちゃうの」と頭の中がぐちゃぐちゃになっただろう。筆者もそのうちのひとりだ。【写真】アインシュタイン・見取り図ら…準決勝に登場した26組 同じくファイナリストになったのは、インディアンス、真空ジェシカ、モグライダー、ゆにばーす、ロングコートダディ、オズワルド、錦鯉、もも。2日の発表記者会見で、ロングコートダディ・堂前透が「週4ぐらいでお笑いライブに通っているファンが、高熱のときに見る夢みたいなメンバー」と表現したが、熱狂的なお笑いファンであればあるほど、その言葉に激しく同意しただろう。 ランジャタイがテレビ朝日系バラエティー『ロンドンハーツ』に出演した際、「地下芸人から地上に飛び出したモンスター」とのキャッチフレーズが付いていた。さまざまなメディアのインタビューでは「僕らは地下芸人で〜」と語っているが、ファンは全員「ランジャタイはもう地下芸人ではない」という真実に気づいている。「売れたらさみしい」というファン特有の気持ちもどこかにあるかもしれないが、心の底からそう思っている人はいないだろう。 記者会見後、『M-1』よりも『ランジャタイ』がツイッターのトレンド上位となっていた。たくさんの人が思わずつぶやきたくなってしまう、今大会のダークホースとも言える2人の魅力をひもといてみたい。■0か100、どちらに転んでも怖くない絶対的安心感 お笑い好きはもちろん、多くの視聴者が注目している、いわば“国民的笑いの祭典”である『M-1』の決勝で大スベりするということは、今後の芸人人生に致命的なダメージを与えると言っても過言ではない。ただ、ランジャタイの場合はちょっと違う。以前、2人への取材で目標を聞いた際、ツッコミの伊藤幸司が「M-1優勝」と話したことに対して、ボケの国崎和也は「M-1の決勝で信じられないぐらいスベること」と答えた。 これを言われてしまったら、もうかなわない。本来なら、芸人として一番避けて通りたい「スベること」すらも目標にしているのだから、恐れることは何もない。国崎の回答後に、伊藤は「絶対にイヤだよ」とすかさずツッコんだが、国崎が楽しんでいる様子を伊藤もまた楽しむだろう。ランジャタイは決勝に進出した時点で、もう“勝ち確定”なのだ。マリオカートでいうスター状態。無敵だ。 大ウケの100、大スベりの0、どちらに転んでもランジャタイは大丈夫だと思わせてくれる安心感のおかげで、ファンは寿命を縮ませることなく出番を心から楽しむことができる。■喜怒哀楽の「喜」と「楽」だけを見せてくれる ランジャタイから負の感情を感じることは一切ない。インタビューでは、スベった話も、お金がなさすぎた時代の話も、それがまるで悲しい出来事ではなかったかのように、ケラケラ笑いながら話してくれる。自分たちの不幸だけでなく、周りの芸人仲間がスベった時だって、愛情のこもった笑顔でケラケラ笑い飛ばす。「お笑い界って明るいんだなぁ、楽しそうだなぁ」と心の底から感じさせてくれる。 これは、とにかく笑いたくてお笑いを見ている人たちにとって、ありがたいことだ。ランジャタイを見ている瞬間だけは、その笑顔に釣られて負の感情をまるっと忘れることできる。「芸人」として100点満点の姿だと思う。国崎の弾けるような笑顔と、ミステリアスな風貌の伊藤が時折見せるかわいい笑顔は、ファンから「国ちゃん」「伊藤ちゃん」の愛称で親しまれる理由のひとつではないだろうか。 たとえ決勝で思うような順位でなかったとしても、2人は悲しみを見せずに笑っているだろうし、ファンもその姿を見て釣られ笑いしてしまうだろう。昨年の『M-1』敗者復活戦で望ましくない国民採点をくらい、国崎がインディアンス・田渕章裕のフレーズ「国民最高〜!」にかぶせる形で「国民最低〜!」と放った日から約1年。この一言が、今年どういった伏線回収を見せるのだろうか。 大ウケ? 大スベリ? 大絶賛? (エミちゃんからの)大叱責? どんな結果になろうとも、ファンの受け入れ態勢は万全だろう。当日“頑張ってほしい”よりも、思う存分“楽しんでほしい”。こういう心持ちではないだろうか。どういう展開が待ち受けているかわからないが、決勝の舞台で笑っている2人の姿だけは容易に想像できる。ただただ笑っている2人を見ることができれば、それで充分だが、できれば「国民最高〜!」と喜ぶ姿が見たい。(文・佐々木笑)

29
宮沢りえ×寺島しのぶ『女系家族』完結編 矢島家の女たちの暴挙に愛人がキレる

宮沢りえ×寺島しのぶ『女系家族』完結編 矢島家の女たちの暴挙に愛人がキレる

 作家・山崎豊子が遺産相続を題材に、人間の欲望、嫉妬、愛憎を赤裸々に描いた傑作小説を、宮沢りえ・寺島しのぶをダブル主演に迎えドラマ化した『2夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子 女系家族』の第二夜・完結編が5日(後9:00~)に放送される。【動画】罵り合う女たち キャラクター紹介 船場で四代続く“女系筋”の老舗木綿問屋「矢島商店」の当主・矢島嘉蔵(役所広司)が亡くなったことから始まった、矢島家の醜くもし烈な遺産相続争い。突然明らかになった、嘉蔵の愛人・文乃(宮沢)のお腹に嘉蔵の子どもがいるとわかり、矢島家が大きく揺れ動く中、昨夜(4日)放送された第一夜は幕を閉じた。 そして迎える第二夜。文乃の妊娠に取り乱した藤代(寺島)は、自らの相続分に不安を覚え、疑心暗鬼になっていく。つわりに苦しむ文乃のもとを訪れた藤代は、ついに文乃に向かって、「子どもを生むことは迷惑だ」と爆弾発言。さらには懇意にしている医師に、無理矢理文乃を診察させようとし、その行為にとうとう文乃の堪忍袋の緒が切れる。 矢島家の女たちの暴挙に、「恥を知りなさい、恥を!」と叫ぶ文乃。当主の子を身ごもった愛人と、3人の娘。その争いはどのような決着をみるのか。 ほかに、矢島三姉妹の次女・千寿役に水川あさみ、三女・雛子役に山本美月、叔母の芳子役に渡辺えり、そして矢島家の大番頭・大野宇市役に奥田瑛二らが出演する。■完結編 あらすじ 浜田文乃(宮沢)が亡き当主・矢島嘉蔵(役所)の子どもを身ごもっていることが判明し、総領娘・藤代(寺島)をはじめとする矢島家の人間たちは大騒ぎに。藤代は、父親の愛人の子どもという存在を知り、自らの相続分に不安を覚え始める。 一方、妊娠によるつわりがひどい文乃は、矢島家の大番頭・大野宇市(奥田瑛二)に「付添さんに来てもらいたい」と懇願。宇市は自分の愛人である小林君枝(余貴美子)に、しばらく文乃の付添をしてくれるように頼み…。 君枝が付き添う中、文乃のもとを訪れた藤代は、ついに文乃に向かって「子どもを生むことは迷惑だ」と言い放つ! 当主の子を身ごもった愛人と、娘3人――壮絶な遺産相続争いの行方は…!?

30
片倉養蜂場の「熟成生はちみつ」、長野県塩尻市のふるさと納税返礼品に選定!

片倉養蜂場の「熟成生はちみつ」、長野県塩尻市のふるさと納税返礼品に選定!

片倉養蜂場の「熟成生はちみつ」が、長野県塩尻市のふるさと納税返礼品に選ばれた。同商品は、長野県塩尻市の自社養蜂場で育てられた良質なミツバチから採れるはちみつだ。無添加はちみつを届ける長野県の「片倉養蜂場」1873年に長野で製糸業をスタートした片倉養蜂場は、当時日本の主力輸出品であった生糸の製造を行い、世界遺産の富岡製糸場を含めた国内外で製糸工場の運営をしてきた。より良い品質の生糸を製造するために蚕の改良・研究を行い、長年培ってきた昆虫研究をもとに1985年に養蜂業をスタート。現在は、長野県塩尻の地でミツバチを育てている。健康で良質なミツバチの飼育により、イチゴなどの園芸農家向けに日本初の交配専用ミツバチを販売する他、おいしい無添加はちみつを提供している。「熟成生はちみつ」がふるさと納税返礼品に長野県塩尻市のふるさと納税返礼品に選ばれた「熟成生はちみつ」は、ミツバチの巣内で夜間に濃縮・熟成されたはちみつを風味が最も高い早朝に採蜜している。添加物不使用の国産純粋生はちみつで、加水や加糖をせず、採れたそのままをビンに詰めて届ける。はちみつ本来の風味を保つため、熱を加えずに丁寧にろ過・充填。香り高くなめらかな口当たりだ。美味しいだけでなく、健康面にも効果が期待できるはちみつ。砂糖の3分の1で砂糖と同じ甘さがあり、気になる糖質を抑えたい人に最適。また、咳や喉の腫れなど風邪のひき始めにはスプーンひとさじのはちみつがおすすめだ。日々の暮らしに、「熟成生はちみつ」を取り入れてみよう。片倉の国産はちみつ専門店オンラインショップ:https://katakura-honey.com/

カテゴリ