May16日(Mon)のランキング

1
乃木坂46、7月から『真夏の全国ツアー』 ファイナルは3年ぶり“聖地”神宮球場3days

乃木坂46、7月から『真夏の全国ツアー』 ファイナルは3年ぶり“聖地”神宮球場3days

 アイドルグループ・乃木坂46が15日、自身初にして最大規模の横浜・日産スタジアムでデビュー10周年記念ライブ『10th YEAR BIRTHDAY LIVE』DAY2を開催し、アンコールでは、7月から『乃木坂46 真夏の全国ツアー2022』(計15公演)を行うことがサプライズ発表された。【写真27点】なぁちゃん、まいやん、生駒ちゃんも! 7万人大興奮の日産スタジアム 『真夏の全国ツアー2022』は7月19日の大阪城ホール公演からスタート。同ツアーとしては7年ぶりに広島公演を、9年ぶりに北海道公演を行い、ファイナル8月29~31日に3年ぶりとなる“聖地”明治神宮野球場3daysで締めくくる。 キャプテンの秋元真夏は「今年は7都市で全国ツアーを行わせていただきます。3年ぶりに神宮でもライブを行うことができます。皆さんぜひお越しください」と声を弾ませ、7万人の大きな拍手が沸き起こった。■『乃木坂46 真夏の全国ツアー2022』日程7月19日(火):大阪・大阪城ホール7月20日(水):大阪・大阪城ホール7月23日(土):広島・広島グリーンアリーナ7月24日(日):広島・広島グリーンアリーナ7月30日(土):福岡・マリンメッセ福岡7月31日(日):福岡・マリンメッセ福岡8月11日(木):北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ8月12日(金):北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ8月20日(土):宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ8月21日(日):宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ8月24日(水):愛知・日本ガイシホール8月25日(木):愛知・日本ガイシホール8月29日(月):東京・明治神宮野球場8月30日(火):東京・明治神宮野球場8月31日(水):東京・明治神宮野球場

2
乃木坂46、10周年ライブに1期生OG続々 白石麻衣、西野七瀬、生駒里奈ら計7人

乃木坂46、10周年ライブに1期生OG続々 白石麻衣、西野七瀬、生駒里奈ら計7人

 アイドルグループ・乃木坂46が15日、自身最大規模の会場となる横浜・日産スタジアムでデビュー10周年を記念したライブ『10th YEAR BIRTHDAY LIVE』DAY2を開催し、前日のDAY1とあわせて14万人を動員した。10周年の節目のライブとあり、2日間で計7人の1期生OGが祝福に駆けつけた。【ライブ写真27点】なぁちゃん、まいやん、生駒ちゃんも! 7万人大興奮の日産スタジアム 初日に生駒里奈(4年ぶり)と伊藤万理華(4年半ぶり)がサプライズ出演したのに続き、2日目のサプライズで先陣を切ったのは、2018年ブロックに登場した西野七瀬。最初のMCが終わると会場にファンファーレが響き渡り、大型ビジョンが上昇すると西野が登場し、思わず歓声が漏れるほど歓喜に沸いた。 西野が乃木坂46のステージに立つのは2019年2月に京セラドーム大阪で開催された卒業コンサート以来、3年3ヶ月ぶり。卒業シングル「帰り道は遠回りしたくなる」のイントロが流れ、当時の衣装を着用した西野のもとに現役1期生の秋元真夏、齋藤飛鳥、樋口日奈、和田まあやの4人が駆け寄って笑顔を弾けさせると、西野は「日産のみんな、楽しんでますか? 盛り上がっていこうねー!」と声を張り上げた。 過去の映像を背に、メンバーに囲まれながらソロダンスや秋元とのペアダンスを披露。3期生の山下美月や佐藤楓ら後輩メンバーは感極まって涙をこぼした。西野は「広くてびっくりした」と目を丸くしつつ、「なんで私のタオルを持ってるんですか?」と、自身の名前が書かれた“推しタオル”を掲げている多数のファンに笑顔。サプライズ登場にもかかわらず用意周到なファンに笑みを浮かべ「懐かしい気持ちになりました」としみじみした。 また、当時の衣装で登場した西野は「衣装を(当時と)同じのを着るとは思ってなくて。丈が(短くて)…みんなと同じくらいにしてほしかった。すっごい恥ずかしい。ひざが出てる」と照れ笑い。それでも緊張より楽しさのほうが勝ったといい、「10周年あっと言う間だったけど、私も皆さんと同じく10周年をお祝いする気持ちでこのあとのライブも楽しみたいと思います」とあいさつし、現役の1期生4人とともにステージをあとにした。 そして、2020年ブロックの18曲目には、白石麻衣の卒業シングル「しあわせの保護色」の歌唱中にセットの扉が開き、白石が登場。2020年10月28日の卒業以来、1年半ぶりのステージとなった。1期生とハイタッチしながら歌う白石の目には涙が光り、間髪入れずに「シンクロニシティ」へ。白石卒業後、同曲のセンターを引き継いでいる3期生の梅澤美波は感極まって涙ぐんだ。 拍手喝采の中、白石を中心に1期生がぎゅっと集まって肩を抱き合った。白石は当初、2020年5月の東京ドーム公演をもって卒業予定だったが、コロナ禍で延期となり、同年10月に代々木第一体育館で開催された無観客配信コンサートで卒業した。 「有観客のコンサートが久しぶりだから、皆さんと久しぶりに会えた感じがしてすごくうれしいです」と語り、拍手を浴びた白石は「鳥肌立った。ドキドキした。今までにないくらい、ライブで緊張した」と打ち明け、「皆さんに会えたのもそうですし、みんなとパフォーマンスしたのもうれしくて」と声を弾ませた。 2021・2022年ブロックでは、昨年いっぱいをもってグループを卒業した生田絵梨花が5ヶ月ぶりに登場。秋元が抱きつき、生田が満面の笑みを浮かべると、会場が生田カラーの黄色に染まるなか、自身最後のセンター曲「最後のTight Hug」を披露。間奏では生田と秋元がタイトハグを交わして感動を誘うと、「皆さんありがとうございました。このあとも盛り上がってくださーい」と笑顔でステージをあとにした。 アンコールでは西野、白石、生田も参加し、さらに松村沙友理、高山一実の1期生OGが加わり、ファンは大興奮。10周年のお祭りを楽しんだ。

3
乃木坂46、5期生が先輩と初ライブ 7万人を前に堂々パフォーマンス「本当に夢がかなう場所」

乃木坂46、5期生が先輩と初ライブ 7万人を前に堂々パフォーマンス「本当に夢がかなう場所」

 アイドルグループ・乃木坂46が14・15日、デビュー10周年記念ライブ『乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE』を自身最大規模となる横浜・日産スタジアムで開催し、2月にお披露目された5期生がグループ全体のライブに初出演した。【写真27点】なぁちゃん、まいやん、生駒ちゃんも! 7万人大興奮の日産スタジアム 15日公演の冒頭、メンバーが期別に登場。1番手で登場した5期生11人を代表し、井上和(いのうえ・なぎ、17)が「皆さん、こんにちは。乃木坂46・5期生です。今年の2月に加入したばかりの私たちですが、先輩方と一緒に、乃木坂46 10回目の誕生日を盛り上げていきたいと思います。今日は1日、よろしくお願いします」とハツラツとあいさつした。 MCでは五百城茉央(いおき・まお、16)が「昨日初めてこの舞台に登場したとき、自分が思っていた何十倍もすごいたくさんの方がいて本当に緊張して。踊るときも歌うときも、今こうやってしゃべるのも、すごく不安で緊張してしまうのですが」とわずかに声を震わせながらあいさつ。 「初めて5期生が先輩方と立たせていただくライブが10周年のバースデーライブ、そして、日産スタジアムというすごく大切な場所に、何もまだしていない私たちが立たせていただいているので、全力で一生懸命頑張りたいと思っています。そして先輩方と同じくらい、このライブをステキなものにしたいです。よろしくお願いします」と初々しく意気込みを語った。 「2021・2022年ブロック」では5期生の紹介映像に続き、初のオリジナル曲「絶望の一秒前」を披露した。センターは井上が務め、ラップを絡めた難しい楽曲を堂々とパフォーマンスし、大きな拍手が送られた。 同ブロックの最後に披露されたのは、4月27日に活動再開した5期生の中西アルノがセンターを務める乃木坂46の最新シングル「Actually...」。響き渡る重低音と映像の演出で観客を魅了した。 各期の代表メンバーによるMCでは菅原咲月(すがわら・さつき、16)がスピーチ。「私がオーディションに応募したのは去年の夏です。自分に自信がなく、何事にも臆病だった私にとって、初めての大きな決断でした」と切り出すと、「あれからたった数ヶ月。今、私の目の前には、信じられないくらいの景色が広がっています。乃木坂は本当に夢がかなう場所でした」と感激。 「あのとき、私に勇気をくれたのも、乃木坂の先輩たちです。この10年、私のようにたくさんの方が勇気をもらったと思います。いつか今度は私が誰かに勇気を与えられるような存在になりたいです」と飛躍を誓っていた。

4
乃木坂46賀喜遥香、初版16万部写真集の裏表紙4パターン公開 秋元康「こんなに美しい白を見たことがない」

乃木坂46賀喜遥香、初版16万部写真集の裏表紙4パターン公開 秋元康「こんなに美しい白を見たことがない」

アイドルグループ・乃木坂46の賀喜遥香(20)の1st写真集『まっさら』(6月7日発売・新潮社)から、裏表紙4パターンと秋元康氏による帯コメントが公開された。通常版の裏表紙は夕焼けの海ではしゃぐ一枚。「綺麗な海に行ってみたい」という賀喜の願いで、東洋一とも言われる宮古島・与那覇前浜ビーチにて撮影された。楽天ブックス限定版は、制服姿で空を見上げる爽やかな一枚。宮古島と来間島を結ぶ、全長1690メートルの「来間大橋」で撮影された。 セブンネット限定版は白いシャツを来て寝転ぶ一枚。東京で撮影され、彼女感あふれる「おうちかっきー」が写っている。紀伊國屋書店限定版はTシャツ・短パン・ポニーテールの賀喜が、さとうきび畑でジャンプしている写真。宮古島で撮影された元気でフレッシュな一枚となっている。【裏表紙一覧】大ジャンプで美くびれちらり!笑顔の賀喜遥香宮古島と東京の2箇所で撮影された同写真集。裏表紙は4パターンだが、表紙が宮古島で撮影されたものは裏表紙を東京撮影のものに、表紙が東京で撮影されたものは裏表紙を宮古島で撮影されたものになっている。1冊で2つの顔を楽しむことができるお得感のある写真集となっている。グループのプロデューサーを務める秋元氏は、同写真集に「こんなに美しい白を見たことがない。彼女の心は、まっさらだ」と帯コメントを贈った。

5
乃木坂46、10周年で日産スタジアム2days14万人動員 白石麻衣、西野七瀬、生駒里奈ら1期生OG続々

乃木坂46、10周年で日産スタジアム2days14万人動員 白石麻衣、西野七瀬、生駒里奈ら1期生OG続々

 アイドルグループ・乃木坂46が15日、自身最大規模の会場となる横浜・日産スタジアムでデビュー10周年を記念したライブ『10th YEAR BIRTHDAY LIVE』DAY2を開催し、前日のDAY1とあわせて14万人を動員した。10周年の節目のライブとあり、1期生のOGも続々登場。初日は生駒里奈(4年ぶり)と伊藤万理華(4年半ぶり)、2日目は西野七瀬(3年3ヶ月ぶり)、白石麻衣(1年半ぶり)、生田絵梨花(5ヶ月ぶり)、松村沙友理(11ヶ月ぶり)、高山一実(半年ぶり)と2日間で計7人のOGが卒業後初めて、乃木坂46のライブに駆けつけた。【ライブ写真27点】なぁちゃん、まいやん、生駒ちゃんも! 7万人大興奮の日産スタジアム 乃木坂46は2011年8月21日、“AKB48の公式ライバル”として結成され、2012年2月22日にシングル「ぐるぐるカーテン」でデビュー。今年2月に10周年を迎え、今回の『10th YEAR BIRTHDAY LIVE』では、その歴史を「DAY1:2011-2016」「DAY2:2017-2022」に分けてパフォーマンスすることに。DAY1はデビュー曲から16thシングル「サヨナラの意味」までの119曲の中から厳選して披露し、この日のDAY2は日本レコード大賞を初受賞した「インフルエンサー」以降の122曲の中から選りすぐった。 応募総数3万8934人の中から選ばれた34人の1期生は10周年を迎えた現在、秋元真夏(28)、齋藤飛鳥(23)、樋口日奈(24)、和田まあや(24)の4人となった。2期生は2人、3期生は11人、4期生は16人、そして、2月にお披露目された5期生11人の総勢44人。オープニングは5期生から順に期別に登場し、1期生の齋藤は「皆さんの予想の倍、張り切っていきたいと思います」と宣言した。 オープニングは「インフルエンサー」でド派手に幕開け。7万人がペンライトで日産スタジアムを一面紫に染めると、真っ赤な風船3万個が空に向けて放たれ、真っ赤な紙テープの“祝砲”が上がった。続いて、新型コロナウイルス感染のため初日公演を欠席し、この公演から復帰した3期生の与田祐希がWセンターの一角を務める「逃げ水」を披露。間奏で与田が大きく映し出されると一際大きな拍手が送られ、勢いよくウォーターキャノンが噴射された。 広大なステージには、縦150メートル、横100メートルの外周や、向正面に作られたBステージのほか、両サイドには3階スタンド最前列と同じ高さのステージ(地上15メートル)も設けられた。トロッコなども使用し、メンバーは縦横無尽に走り回って極力ファンの近くで応援に応えた。 乃木坂46のコンサートに卒業生が出演することは稀だが、10周年の特別ライブとあり、1期生のOGが駆けつけた。西野七瀬が11曲目の「帰り道は遠回りしたくなる」で卒業から3年3ヶ月ぶりに登場したのを皮切りに、白石麻衣が17曲目の「しあわせの保護色」と18曲目の「シンクロニシティ」で1年半ぶり、生田絵梨花が25曲目の「最後のTight Hug」で5ヶ月ぶりに登場。いずれも卒業後初めて、乃木坂46のステージに立つサプライズを連発し、声援を我慢している観客からも思わず歓声が漏れ、後輩メンバーたちも感極まって涙。会場は興奮のるつぼと化した。 終盤では10歳の誕生日と11年目のスタートを祝うセレモニーも行われた。ドローンによる空撮での記念撮影後、会場の外に設けられた10周年記念のモニュメント付近と中継をつなぐと、白石、西野、生田のOG3人が「きょうは私たち卒業生からみんなに、プレゼントがあります」と伝え、 “聖火リレー”する形で10本の“巨大ローソク”に1本1本点火。10本目を3人で点火すると、会場から拍手が沸き起こった。 西野は「これまで乃木坂46を応援してくださったみなさん、本当にありがとうございます。私たち卒業生もこれからも乃木坂46が皆様に愛されるグループになれるよう願っています」とメッセージ。白石は「乃木坂は11年目に入りますが、11本目のローソクはステージに用意してあります。11本目の火は皆さんで灯してください」とバトンタッチした。 その言葉を受け、メンバーを代表して現役1期生4人が手を重ね合わせて点火ボタンを押すと、セットの上に“聖火”が灯り、キャプテンの秋元は「この火と同じように、グループもどんどんグループを大きくしていきたいと思います」と宣言。壮大なオーケストラによる生演奏を背に、「きっかけ」「サヨナラの意味」「君の名は希望」の3曲を力強く歌い上げ、ペンライトが激しく揺れた。■さらに2人の1期生OGが登場 まいやんの煽りも復活 アンコールでは、白石、西野、生田が両サイドのステージに登場。さらに、昨年7月に卒業した松村沙友理、昨年11月に卒業した高山一実も加わった。声を弾ませた齋藤が「久々に“アレ”を聞きたいので、まいやん、お願いします」とリクエスト。それに応えて白石は、定番の「騒げ」を“コロナ禍アレンジ”し、「日産スタジアム~、出し切れ~!」とあおり、「ガールズルール」を披露。続いて、西野センターの人気曲「ロマンスのスタート」ではメンバー全員が外周に散らばって、タオルやペンライトを振る観客に応えた。 広い会場を激しく動き回り、卒業生たちは肩で息をしながらも「めちゃくちゃ楽しかったです」(西野)、「乃木坂の10周年というすばらしいライブに私たち卒業生も出演することができて本当にうれしく思うし、これからもずっとずっとファンとして応援し続けるから、これからもみんなで頑張ってほしいな。本当に10周年おめでとう」(白石)、「私たちも10周年をお祝いすることができて本当にうれしかったです。卒業してもずっと乃木坂ファミリーだから。みんなもどんどん力を発揮して光輝いてほしいなと思います」(生田)と現役メンバーたちにエール。 アンコールで初登場となった松村は「最近みんなどんどん卒業して、個々の活動をやってるんですけど、こうやって集まると、乃木坂46から始まったんだなって改めて感じられて、このホーム感、私たちには絶対、乃木坂があるんだって安心して生きていけるなと思いました。本当に乃木坂大好きー!」と笑顔。高山は「ヤッホー! やっぱり乃木坂最高です。ライブを初めて観させていただいて、一体感に感動しました。メンバーの頑張り、スタッフさんのお力添え、ファンの皆さんの会場づくりに感動した1日でした」と胸を打たれていた。 また、松村は「あそこらへんでずっとライブを観てたんですけど。お兄ちゃんたちと」とスタンドを指差すと、乃木坂46の“公式お兄ちゃん”ことバナナマンの設楽統と日村勇紀が映し出された。設楽は白石の“はふーん”ネタを、日村はかつてメンバーに直伝した“バルシャーク”ポーズを見せ、“乃木坂ファミリー”の絆の深さで観客を沸かせる一幕もあった。 最後には、乃木坂46と同じ10歳の少女がVTRで7月19日から夏の全国ツアーをスタートさせることをサプライズ発表。ファイナルは8月29・30・31日に、3年ぶりとなる東京・明治神宮野球場3daysが行われる。■『乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」』DAY1セットリストOVERTURE【2011・2012年ブロック】01. ぐるぐるカーテン02. おいでシャンプー03. 走れ!Bicycle04. 指望遠鏡05. せっかちなかたつむり06. 狼に口笛を07. 制服のマネキン【2013年ブロック】08. でこぴん09. 他の星から10. バレッタ11. 君の名は希望12. ロマンティックいか焼き13. ガールズルール【2014年ブロック】14. 気づいたら片想い15. 夏のFree&Easy16. 何度目の青空か?17. ここにいる理由【2015年ブロック】18. 命は美しい19. 僕がいる場所20. 今、話したい誰かがいる21. 太陽ノック22. 悲しみの忘れ方【2016年ブロック】23. ハルジオンが咲く頃24. サヨナラの意味25. 裸足でSummer26. きっかけ27. 絶望の一秒前【10周年ブロック】28. ごめんねFingers crossed29. インフルエンサー30. 他人のそら似31. I see...32. スカイダイビング33. 君に叱られた34. ジコチューで行こう!【オーケストラブロック】35. 夜明けまで強がらなくてもいい36. 僕は僕を好きになる37. Sing Out!【アンコール】EN1. 会いたかったかもしれないEN2. ハウス!EN3. 乃木坂の詩■『乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」』DAY2セットリストOVERTURE【2017年ブロック】01. インフルエンサー02. 逃げ水03. いつかできるから今日できる04. スカイダイビング05. 三番目の風06. 日常【2018年ブロック】07. 誰よりそばにいたい08. キャラバンは眠らない09. ジコチューで行こう!10. 空扉11. 帰り道は遠回りしたくなる【2019年ブロック】12. ありがちな恋愛13. 夜明けまで強がらなくてもいい14. Sing Out!15. 4番目の光【2020年ブロック】16. 毎日がBrand new day17. I see...18. しあわせの保護色19. シンクロニシティ20. 世界中の隣人よ21. Route 246【2021・2022年ブロック】22. 僕は僕を好きになる23. ごめんねFingers crossed24. 君に叱られた25. 最後のTight Hug26. 絶望の一秒前27. 届かなくたって...28. Actually...【10周年ブロック】29. 制服のマネキン30. 世界で一番 孤独なLover31. 他人のそら似32. おいでシャンプー33. 夏のFree&Easy34. 太陽ノック35. 裸足でSummer【オーケストラブロック】36. きっかけ37. サヨナラの意味38. 君の名は希望【アンコール】EN1. ガールズルールEN2. ロマンスのスタートEN3. 乃木坂の詩■乃木坂46『BIRTHDAY LIVE』のあゆみ1st YEAR BIRTHDAY LIVE:幕張メッセイベントホール(2013年2月)2nd YEAR BIRTHDAY LIVE:横浜アリーナ(2014年2月)3rd YEAR BIRTHDAY LIVE:西武ドーム(2015年2月)4th YEAR BIRTHDAY LIVE:明治神宮野球場(2016年8月)5th YEAR BIRTHDAY LIVE:さいたまスーパーアリーナ(2017年2月)6th YEAR BIRTHDAY LIVE:明治神宮野球場&秩父宮ラグビー場(2018年7月)7th YEAR BIRTHDAY LIVE:京セラドーム大阪(2019年2月)8th YEAR BIRTHDAY LIVE:バンテリンドームナゴヤ(2020年2月)9th YEAR BIRTHDAY LIVE:幕張メッセイベントホール(2021年2・3・5月)※無観客生配信10th YEAR BIRTHDAY LIVE:日産スタジアム(2022年5月)

6
ViViモデルズ“リンクコーデ”で表紙に集結 藤井サチ・古畑星夏・藤田ニコルら豪華5人

ViViモデルズ“リンクコーデ”で表紙に集結 藤井サチ・古畑星夏・藤田ニコルら豪華5人

 女性ファッション誌『ViVi』モデルのmiu、藤井サチ、古畑星夏、藤田ニコル、愛花の5人が、23日発売の同誌7月号の表紙に集結した。【表紙カット】特別&増刊版表紙を飾ったJO1 フェスやライブなどのイベントや、旅行なども復活しはじめたいま、友達とリンクコーデでお出かけしてほしいという気持ちを込めて、コーデの参考になるように、表紙は赤コーデで、中ページでは3パターンのリンクコーデをまとった。 撮影当日は暑いくらいの快晴。ViViモデルが5人も集まり、きゃぴきゃぴと話す様子に、スタッフたちも「5人組なんて久しぶりでうれしいね」と大盛り上がり。撮影中に急遽ゲリラインスタライブをやってみたり、TikTok動画を撮ったりとにぎやかな現場となった。 同時発売の増刊と特別版の表紙は、11人組ボーイズグループのJO1。この3種全てに『美少女戦士セーラームーン』のそれぞれ異なるステッカーが付いてくる。

7
乃木坂46運営代表・今野義雄氏が異例の影ナレ担当「10年前は想像もしていませんでした」

乃木坂46運営代表・今野義雄氏が異例の影ナレ担当「10年前は想像もしていませんでした」

 アイドルグループ・乃木坂46が15日、デビュー10周年記念ライブ『乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE』を自身初にして最大規模となる横浜・日産スタジアムで開催し、前日とあわせて2日間計14万人を動員した。開演前には運営の乃木坂46合同会社代表の今野義雄氏が異例の“影ナレ”を担当し、10周年を迎えた感謝を伝えた。【写真27点】生駒ちゃん、なぁちゃん、まいやんも! 7万人大興奮の日産スタジアム 乃木坂46がライブ前の注意事項をアナウンスする“影ナレ”は通常、メンバーが担当している。しかしこの日は、ファンからも「今野さん」と親しまれている同氏が担当し、歓声やコールなどの諸注意事項を伝えたうえでファンに向けて語り始めた。 「乃木坂46は2012年2月22日にデビューいたしました。それから10年が経ちます。今週の天気のように、デビューから今まで何度も雨に降られて、くじけそうになりましたが、メンバーもスタッフ一同も決してあきらめることなく、青空を信じて走ってきた10年でした」 「10年前は、乃木坂46が日産スタジアムでコンサートを開催できる日が来るのを想像もしていませんでした。ひとえに、今まで応援してくださったファンの皆様のおかげだと思っております。本当にありがとうございます。心よりお礼申し上げます」 そうファンに感謝を伝えると、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。 今野氏は続けて「10年の節目のコンサートとなります。まだ制限があるコンサートとなりますが、皆様、ぜひ、ぜひ、楽しんでいただければと思います。そして、これからも乃木坂46の応援を何卒よろしくお願い申し上げます」と呼びかけると、「『乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE』まもなく開演となります」と開演宣言。「みなさん楽しむ準備はできていますか? 最高に楽しんで、きょう1日お過ごしください」と伝えた。 SNSでは「影ナレがまさかの今野さんだったのはビックリ」「影ナレ今野さんは 卒メン登場レベルの衝撃」とファンも驚いた様子。「今野さんの影ナレでぐっときた」「今野さんの影ナレ 泣きそうになった」「今野さんの影ナレ心に染みましたね」といった声があがっていた。

8
『SPY×FAMILY』作者、乃木坂46へ感謝のイラスト公開で反響 ペンライト持つアーニャの姿に「尊い」「かずみん推し」

『SPY×FAMILY』作者、乃木坂46へ感謝のイラスト公開で反響 ペンライト持つアーニャの姿に「尊い」「かずみん推し」

 人気漫画『SPY×FAMILY』作者の遠藤達哉氏が15日、自身のツイッターを更新し、アイドルグループ・乃木坂46を応援するイラストを公開した。【画像】尊い…乃木坂46を応援するアーニャ!公開された描き下ろしイラスト 15日に乃木坂46は、自身最大規模の会場となる横浜・日産スタジアムでデビュー10周年を記念したライブ『10th YEAR BIRTHDAY LIVE』DAY2を開催し、前日のDAY1とあわせて14万人を動員。10周年の節目のライブとあり、2日間で計7人の1期生OGが祝福に駆けつけファンを楽しませていた。 同作のファンブックで高山一実と対談もしたことがある遠藤氏は、乃木坂46ファンで知られている。今回のライブ開催を受け、投稿したイラストには「あああああ あざざます おねいさんたち あざざます」「アーニャってかずみん推しなの」と感謝の言葉とともにペンライトを持って応援するアーニャの姿が描かれている。 このイラストにファンは「アーニャちゃん 大好きなかずみおねえさんに会えて本当によかったね」「アーニャちゃんに10thバスラ仕様のペンライト持たせてくれてありがとうございます」「アーニャちゃんはヲタの鑑ですね」「アーニャが乃木オタしてる世界線w」「完全燃焼アーニャの背中が尊い」などと反応している。

9
生駒里奈、乃木坂ライブに4年ぶり登場で即トレンド入りの大反響「セーラー服が恥ずかしくなりました!!」

生駒里奈、乃木坂ライブに4年ぶり登場で即トレンド入りの大反響「セーラー服が恥ずかしくなりました!!」

 アイドルグループ・乃木坂46が14・15日、デビュー10周年記念ライブ『乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE』を自身最大規模となる横浜・日産スタジアムで開催した。10周年の節目とあり、1期生の卒業生が続々と登場。初日にはデビュー曲から5作連続でセンターを務めるなどした初期の顔・生駒里奈(26)が、2018年5月のグループ卒業以来4年ぶりに乃木坂46のステージに立ってセンターを張り、大きな反響が広がった。【写真27点】初日に生駒ちゃん、まりっか登場で会場もSNSも大盛り上がり 10周年ライブはこれまでの楽曲を厳選し、「DAY1:2011-2016」「DAY2:2017-2022」と2日間に分けてパフォーマンス。初日の「2011・2012年ブロック」最後の「制服のマネキン」では、「もうやらないと思ったけど、今日は特別に。」という直筆コメントがビジョンに映し出されると、当時のセーラー服衣装を着た生駒がサプライズで登場した。会場では思わず歓声が上がり、センターでパフォーマンスする姿にファンは大興奮。生配信を観ていたファンも即反応し、すぐさま愛称の「生駒ちゃん」がトレンド入りした。 初日には生駒のほか、2017年にグループを卒業した同期・伊藤万理華(26)も卒業から4年6ヶ月ぶりにサプライズ出演。アンコールでは2人そろって再登場すると、「会いたかったかもしれない」「ハウス!」の2曲を歌い、ファンの感動を誘った。 生駒は初日終演後、自身のインスタグラムを更新。セーラー服衣装を着用し「制服のマネキン」の決めポーズをした写真を添え、「久しぶりの乃木坂46、すごく楽しかったです!!みんな大好き!!同期の絆半端ない!!」「ファンの皆様も本当にありがとうございます。皆さんから漏れた熱い想い。受け止めました」とファンの反応に感謝を伝えた。 さらに15日付のインスタでは、伊藤とのツーショットやセーラー服衣装の別カットを投稿。「乃木坂46が10年の歴史をこの世に刻みました。外からお祝いすると思っていましたが、初日公演に参加させて頂きました!!メンバー、スタッフさん呼んで下さって本当にありがとうございます〜!」と喜んだ。 自身にとっても、グループにとっても代表曲の一つである「制服のマネキン」のパフォーマンスについては「責任を持って臨みました!!何せ、約4年振り!!振り付けは完璧でした!」としつつも、「セーラー服が恥ずかしくなりました!!笑」と本音も。 サプライズ出演だったものの、会場には自身のグッズを身に着けていたファンもいたといい、「全員に手を振れたか不安ですが、あるーって思って嬉しかったです!!本当にありがとうございます」と感謝した。 活動期間がかぶっていないメンバーにも話しかけたという生駒は「みんな可愛くて生駒はドキドキしました。あと、とにかく乃木坂ってすごい!!アイドルはすごいって思いました!!すごいのよアイドルは!!」と強調。「1期生で活動出来た事は、ずっと私の力になって、私を支えてくれます。誇りに思いながら、明日からも頑張ります」と、古巣から刺激をもらって気持ちを新たにしていた。

10
前田敦子、11年前の名言再び? ホリケンのフリに乗っかり「ネプリーグのことは嫌いにならないで…」

前田敦子、11年前の名言再び? ホリケンのフリに乗っかり「ネプリーグのことは嫌いにならないで…」

 16日放送のフジテレビ系バラエティー『ネプリーグSP』(後7:00)では、舞台『パンドラの鐘』チームVS芸人チームVS日本代表アスリートチームを実施。舞台『パンドラの鐘』チームは、成田凌、葵わかな、前田敦子、柄本時生、林修、芸人チームは、ネプチューンの名倉潤と原田泰造に加え、井上裕介(NON STYLE)、児嶋一哉(アンジャッシュ)、ぺこぱ(シュウペイ、松陰寺太勇)、日本代表アスリートチームは、堀内健、狩野舞子、土井レミイ杏利、本並健治、松本薫が登場する。【番組カット】芸人チームは名倉、児嶋、ノンスタ井上、ぺこぱ 1stステージは、超常識問題をひとり1文字ずつ解答し、全員で5文字の答えを完成させる「ハイパーファイブリーグ」。舞台『パンドラの鐘』チームは、問題が出題される度に「あれ1文字足りない?」「あってるかな?」と曖昧な状態で解答していく前田に対して、キャプテン・成田が「このチームは、意外と前田さんがウイークポイントなのかな…」と心配そうに見つめる。そんな中、売上日本一の100円ショップの店名を答える問題が出題されると、前田と柄本が自信ありげに解答するが、惜しくも不正解となる。 引っかけ問題の餌食となってしまった2人の誤答に、別室で見ていた井上が「それじゃあ、“ハイパー100円ショップ”ですよ」とツッコミ。そして、「あっちゃん、ネプリーグのことは嫌いにならないでね」とかつての前田の名セリフを引き出そうと話す堀内に対して、前田もみんなの期待に応えるようにあの11年前の名セリフに乗っけてリアクションする。 芸人チームは、あるスペイン料理の名前を答える超簡単問題で、自信が無いと言っていた児嶋が、ある意味期待を裏切らない不正解ぶりで、チーム内から非難を受ける。続く問題でも、シュウペイが初歩的なミスを犯し、相方の松陰寺が「美容のエステ、行ってる暇あったら勉強しろ!」とツッコむ。悪い空気でスタートした芸人チームだが、果たして、この後のステージで挽回することはできるのか。 日本代表アスリートチームは、メダリストの松本や狩野、サッカー日本代表の守護神・本並が登場。ハンドボール日本代表のキャプテンで、フォロワー数580万人越えでTikTokerとしても人気の土井が、キャプテン・堀内と共に常識力クイズに挑む。番組初登場の松本の天然ぶりもさく裂し、一同大爆笑となる。 2ndステージは、世の中の人が考える“お題にピッタリな芸能人は?”を答える「キャスティングミュージアム」。成田と松本が2問連続で同じ解答をし、意気投合する。成田と気が合うことにうれしさを感じた松本は、思わず笑みがこぼれる。そんな松本と成田は、“もしも名画、ムンクの『叫び』の人物役をキャスティングするなら誰?”という問題で、キャスティング力を発揮し、得点を稼ぐ。 3rdステージ「類語ミステリー」、4thステージ「パーセントバルーン」、5thステージ「ハイパーボンバー」で、三つどもえ決戦。成田は「そろそろチームワークが固まってきたので、ここでしっかりポイントをとりたい!」と意気込むも、あるテーマに沿って、世の中の%を当てる「パーセントバルーン」の問題で、成田が攻めすぎた解答をしてしまい足を引っ張る。葵や前田ら女性陣に責められる成田は、ぐうの音も出ず落ち込む。しかし、続く葵も的外れの解答でさらにピンチとなる。 勝負所となる芸人チームは、トップバッター名倉がミスを犯すも、児嶋と井上のファインプレー連発で一同安堵(あんど)の表情を見せる。児嶋も満面の笑みでガッツポーズして大喜び。しかし、この後、予想外の展開が芸人チームを襲うことに…。井上が「(僕は)女性にお金を出させたことがないので、わからなかった…」とドヤ顔で語った悲劇の展開とは。

11
生田絵梨花、乃木坂同期との5ショット投稿に反響「泣いた」 さゆまい、たかせまる、からあげ姉妹そろう

生田絵梨花、乃木坂同期との5ショット投稿に反響「泣いた」 さゆまい、たかせまる、からあげ姉妹そろう

 アイドルグループ・乃木坂46が14・15日、デビュー10周年記念ライブ『乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE』を自身最大規模となる横浜・日産スタジアムで開催した。2日目には1期生のOG、白石麻衣、西野七瀬、生田絵梨花、松村沙友理、高山一実がサプライズ登場。生田は終演後、自身のインスタグラムを更新し、5人での記念写真を投稿した。【写真27点】いくちゃん、なぁちゃん、まいやんも! 7万人大興奮の日産スタジアム 昨年いっぱいでグループを卒業し、約5ヶ月ぶりに駆けつけた生田は、終演後に投稿したインスタで「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE お邪魔しました。みんなの輝きに胸がときめきっぱなしでした」と感想をつづり、「10周年おめでとう!!」と祝福。「これからもファンの皆さんと共に全力で応援します」とエールを送ると、「#乃木坂46」「#OG」「#大好き」のハッシュタグを添えて、5人そろって白い歯を見せ、Vサインを向ける写真を投稿した。 この日のライブでは、卒業から3年3ヶ月ぶりに西野が「帰り道は遠回りしたくなる」、1年半ぶりの白石は「しあわせの保護色」と「シンクロニシティ」、生田は「最後のTight Hug」に当時の衣装で登場。自身の卒業シングルなどでセンターを務め、会場の7万人と生配信の視聴者を興奮させた。 また、アンコールでは松村と高山も加わって5人がそろって登場。ファンの間で人気が高かった、白石&松村の“さゆまい”、高山&西野の“たかせまる”、生田&松村の“からあげ姉妹”といった名コンビがそろい、ファンを沸かせた。 SNSでは「いくちゃんのインスタ見て泣いちゃった」「いくちゃんのインスタ最高かよ」「100万回いいねしたい」「いくちゃんのインスタ尊すぎる」と感激。深夜にもかかわらず、投稿から4時間ほどで15万超のいいねが付く反響を呼んでいる。 また、高山もインスタのストーリーズで5人の写真を2枚投稿し、「大好き!乃木坂10周年おめでとうでした!」と節目を迎えた古巣を祝福。「楽しかった。サプライズで出たのに高山グッズ持ってた人いた!びっくり!ありがとう!」とファンに感謝した。

12
岡野昭仁×井口理、23日放送『CDTV』で初コラボ曲披露へ Hey! Say! JUMP、Sexy Zone、JO1も登場

岡野昭仁×井口理、23日放送『CDTV』で初コラボ曲披露へ Hey! Say! JUMP、Sexy Zone、JO1も登場

 TBS系音楽番組『CDTVライブ!ライブ!』(毎週月曜 後9:00)の23日放送回の出演アーティストと曲目が発表され、Hey! Say! JUMP、Sexy Zone、JO1ら7組の出演が決定。岡野昭仁×井口理は話題の初コラボ曲をフルサイズでテレビ初歌唱することが決定した。【写真】岡野昭仁×井口理×高木祥太が裸の付き合い!? 入浴ショット ポルノグラフィティのボーカル・岡野昭仁とKing Gnuのボーカル・井口理は、今月9日に初コラボ曲「MELODY(prod.by BREIMEN)」を配信リリースしたばかり。作詞作曲を担当した高木祥太率いる5人組ミクスチャーファンクバンド、BREIMENも演奏で参加することから、熱いステージが期待できそう。 Hey! Say! JUMPは、切ない恋心を赤裸々に歌った最新曲「恋をするんだ」をフルサイズでテレビ初披露する。不器用な恋をしている人に捧げる共感必至の片想いソングとなっている。 Sexy Zoneは、約2年4ヶ月ぶりのオリジナルアルバム『ザ・ハイライト』の中からリード曲「Forever Gold」を披露することに。『CDTVライブ!ライブ!』でしか見られないレトロな演出でパフォーマンスする。 JO1は2ndアルバム『KIZUNA』のリード曲「With Us」をフルサイズでテレビ初披露。ファンとJO1の「絆」を描いた楽曲で、「たとえ困難があろうとも、いつまでも僕たちと一緒に歩んでいこう」というJO1からのメッセージが込められている。 Novelbrightは、メジャー2ndフルアルバム『Assort』収録曲の中から、「今まで出してきた曲の中でも、なかなか違ったテイスト」という心温まるポップなラブソング「愛とか恋とか」を演奏。デビュー30周年のアニバーサリーイヤーを迎えたOriginal Love は、TikTokで若い世代に流行したことをきっかけにリバイバルヒットしている「接吻」(1993年)を歌唱する。 2020年8月にメジャーデビューした3人組バンド・羊文学は初登場。神秘的な魅力を秘めた歌声と、独自の世界観を醸し出す楽曲が若者たちに刺さり、人気を博している。今回は自身初となるテレビアニメ主題歌「光るとき」、メジャーデビューアルバム『POWERS』から「あいまいでいいよ」を演奏する。 さらに、放送日の5月23日は、日本で初めてキスシーンが登場する映画が公開された「キスの日」であることにちなみ、「キスソング名曲集」も届ける。■出演アーティスト・歌唱曲岡野昭仁×井口理「MELODY(prod.by BREIMEN)」Original Love「接吻」JO1「With Us」Sexy Zone「Forever Gold」Novelbright「愛とか恋とか」羊文学「光るとき」「あいまいでいいよ」Hey! Say! JUMP「恋をするんだ」※アーティスト名50音順

13
『BOSS』担当者、『ウマ娘』好きでコラボ企画実現 新宿駅に大型広告掲出で愛伝える「右手にウマ娘、左手にBOSS」

『BOSS』担当者、『ウマ娘』好きでコラボ企画実現 新宿駅に大型広告掲出で愛伝える「右手にウマ娘、左手にBOSS」

 サントリーコーヒー「BOSS」と人気ゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」のコラボレーションキャンペーンが16日よりスタートした。【写真】『ウマ娘』にハマったサントリー社員がこちら BOSS担当者が愛を語った大型広告 「BOSS」は今年で発売開始から30年目となる大切な節目。今回のコラボは「BOSS」の開発担当者が以前より、個人的に「ウマ娘 プリティーダービー」にどっぷりハマっており、その愛や情熱を自らの仕事につなげたい、想いを伝えたい、そんなことがきっかけで企画がスタートして実現した。 キャンペーンでは、「ウマ娘 プリティーダービー」に登場するウマ娘たちが、初代から現在に至るまでの歴代ボスジャンを着用した、さまざまなオリジナルコラボグッズが登場する。 コラボレーションのメインは、ウマ娘たちがトレーニング中に身に着けているトレセン学園ジャージのデザインをベースに開発されたオリジナル仕様の「#加速スキル付きボスジャン」。「#加速スキル付きボスジャン」の背面には「逆噴射型 ファン」を2機搭載。その他、歴代ボスジャンを着たウマ娘たちのオリジナルデザインのコラボグッズが今後続々登場する。 また、開発担当者が「ウマ娘」への愛や情熱を伝えるための巨大な屋外広告を新宿駅のメトロプロムナードにて掲出されている。具体的な広告内容は担当者の姿が描かれており、「突然ですが、僕はウマ娘が大好きだ。」「右手にウマ娘、左手にBOSS。どちらも、働く人の相棒かも。」と愛を語り、ボスジャンを着たウマ娘が集結したビジュアルでは「担当者が個人的に好きすぎて、今年のボスは、ウマ娘コラボ!」と伝えられている。

14
極楽とんぼ、カンニング竹山&越智ゆらのと昭和旅in草津 加藤浩次が射的で腕前発揮

極楽とんぼ、カンニング竹山&越智ゆらのと昭和旅in草津 加藤浩次が射的で腕前発揮

 お笑いコンビ・極楽とんぼによるBS日テレのバラエティー番組『極楽とんぼの週末極楽旅』(毎週月曜 後11:00)。16日の放送では、カンニング竹山、越智ゆらのとともに昭和旅in群馬・草津の第3弾を届ける。【番組カット】極楽とんぼがドランクドラゴンにまさかの土下座 旅の予定について、加藤浩次が「まず、鶴太郎さんの美術館行こう。最後ポークジンジャー食べて、ジップラインやって、温泉で終わろうよ」と提案し、そのプランを採用。車中では、1日目の夜に気持ちよく酔っ払った竹山が、山本がやっていたラジオ生放送に乱入したことが明かされるなど、旅行ならではのエピソードも続出した。 「昭和旅」を積極的に楽しむ姿勢の越智に、加藤浩次も「すごい!」としみじみ。温泉プリン、串ぬれおかきなど草津グルメに舌鼓を打った一行は、くせ強めの店主がいる射的場を訪れる。ハイテンションでトークをしていく店主に、4人もノリノリで射的を楽しむが、加藤の腕前がさく裂し、越智が「私の狙っているやつ、狙わないでくださいよ。大人げない」と嘆いた。「極楽とんぼの週末極楽旅」公式YouTubeチャンネルにて「極楽とんぼの反省会」など、オリジナル動画配信中https://www.youtube.com/channel/UC0kz0xi7_3gtKjrAaZ6wixw

15
芦田愛菜と宮本信子がデュエットした映画主題歌「これさえあれば」初公開

芦田愛菜と宮本信子がデュエットした映画主題歌「これさえあれば」初公開

 女優の芦田愛菜と宮本信子の共演で、ボーイズラブ“BL”でつながった17歳と75歳の年齢を超えた友情と挑戦を描く、映画『メタモルフォーゼの縁側』(6月17日公開)より、うららを演じる芦田と雪を演じる宮本の二人が初デュエットした主題歌「これさえあれば」(T字路s)をバックに、BL漫画を通じて友情を深めていく2人の日常を切り取った予告映像が解禁された。【動画】映画『メタモルフォーゼの縁側』主題歌入り予告映像 引っ込み思案でこっそりとBL漫画を楽しむ女子高生のうららと、夫に先立たれ孤独に暮らす老婦人の雪をつないだBL漫画「君のことだけ見ていたい」。そして、うららの涙の理由とは? 今回解禁された映像には、楽しそうに二人の時間を過ごすうららと雪の様子や、うららの幼なじみの紡(高橋恭平)、「君のことだけ見ていたい」の作者・コメダ優(古川琴音)、雪の娘の花江(生田智子)の新カットも含まれる。 “好きなもの”でつながる本作のテーマにぴったりのT字路sの「これさえあれば」を「うららと雪」が息を合わせて優しく歌う主題歌にのせ、笑いあり、涙あり、二人の青春が映し出される。

16
別府市にある紙器メーカーが手がける「copaco」の紙製時計が先行発売!

別府市にある紙器メーカーが手がける「copaco」の紙製時計が先行発売!

樋口紙器工業所は、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、スマホひとつでつくる紙の時計「copaco(コパコ)」の特別価格での先行販売を5月12日(木)より開始した。一人一人に寄り添うブランド「copaco」「copaco」は、紙の道具を通じて一人一人の思いによりそい、思いを届けるブランドだ。パッケージメーカーとして、長年紙と向き合ってきた同社だからこそ作ることができる「人の心を動かす紙の道具」の構想を続け、沢山の笑顔をつくっていくことをブランドコンセプトとしている。同時に、持続可能な社会に向け、これまでのあたりまえを覆し、古紙や再生紙といったサスティナブルな素材を積極的に活用することで、持続可能なものづくりを進めていくという。スマホひとつで作れるオーダーメイドの紙時計スマホやパソコンの中にある写真やイラストを使って、誰でも簡単にオリジナルの掛け時計を作ることができる「わたしだけの掛け時計」5,830円(税込)。完成イメージを画面で確認しながら、写真をレイアウトし、全8色のフレームの色、全4色の時計針の色、10種の文字盤のデザインと15色の色を選べる。作る工程も楽しい、世界にひとつだけの紙製掛け時計だ。時計針とムーブメント以外が紙で構成されており、紙の優しく温もりのある風合いが部屋を柔らかく彩る。また、強度と耐久性を高めるため細部にまで様々な加工が施されており、紙製ながら時計として十分な強度を持っている。本体重量は約180gと軽く、落ちても割れないため、子供部屋での使用や災害時などにも安心だ。写真やポストカードを貼って楽しむ紙時計写真やポストカード、ToDoリストなどを磁石で貼り付けることができる紙製の置き時計「わたしによりそう置き時計」5,830円(税込)。盤面に直接印刷を施すものではないため、季節や気分に応じて様々なものを貼って楽しめる。また、紙製のオリジナルスタンドが付属され、縦置き、横置きどちらでも使用できる。自宅やワークスペースでの使用はもちろん、家族や友人への贈り物にもぴったりだ。本体にはステンレス板が内蔵されており、写真やポストカード、メモやToDoリストなどを磁石で貼りつけることが可能。部屋のインテリアとしてはもちろん、ワークスペースでの使用にもぴったりだ。縦置き、横置き、どちらにも対応できる紙製スタンドが付属。簡単に組み立てることができ、持ち運びにも便利だ。本体と同じファインペーパーが使用され、後ろ姿にもデザイン性が加えられている。紙器メーカーのこだわりが詰まったパッケージ紙器メーカーだからこそ、パッケージにも沢山のこだわりを詰め込んだという。送る人も送られる人も温かな気持ちになれるよう、こだわりのパッケージに入れて届けてもらえる。「copaco」の紙時計で自宅をおしゃれに彩ってみては。「copaco」WEBサイト:https://copaco-re.studio.site/Makuake:https://www.makuake.comプロジェクト名:時間をみるたび心はずむ。 ひとりひとりの「好き」にこたえる紙時計「copaco」

17
ジャネット・ジャクソン、ランディ&マイケルらと暮らした生家を訪問「びっくりするくらい狭いわ」

ジャネット・ジャクソン、ランディ&マイケルらと暮らした生家を訪問「びっくりするくらい狭いわ」

 本日、5月16日はジャネット・ジャクソンの誕生日。これまで語られることの無かった伝説のシンガー“ジャネット・ジャクソン”の50年余りの人生を、本人と著名な友人たちが語る完全保存版ドキュメンタリー番組『ジャネット・ジャクソン 私の全て』(全4話)の第1話から本編映像の一部と、新画像2点が解禁された。同番組は、CS放送「ヒストリーチャンネル」にて6月12日午後8時より放送開始となる(毎週日曜 後8:00)。【写真&動画あり】幼少期のジャネット・ジャクソン 今回、解禁されたシーンは、ジャネット・ジャクソン本人と、兄ランディ・ジャクソンが今でも残されている生家を訪れる場面。生家はジャクソン通りという道路の近くに建っており、ジャネットは「私たちが由来だと思われているけど、もとからこの名前よ」と説明する。 兄ランディは生家の前で、「よくこの道で遊んだ。とても懐かしい。ジャネットとは特別に仲がよかった」と、当時の様子を笑いながら懐かしむ。ジャネットも「ケンカしたし、からかわれたけど仲よしだった。ランディにマイケルと私。3人トリオだったのよ」と、彼女の印象も兄とまったく同じだった。兄妹仲は良かったようだ。 その後、家の前でジャネットは兄ランディと合流し、当時まだ小さく記憶が曖昧なジャネットのために、ランディが家の詳細を説明する。「62平米くらいかな。9人兄弟でね。それに加えて両親。子どもの頃は広く感じたな。ここで育ち遊び音楽を奏でた。この家が出発点だ」という説明に対し、ジャネットは感慨深い表情を浮かべ、「かわいい家よね」とつぶやく。 そして二人で久々に家の中へと入っていく。ジャネットは早速「びっくりするくらい狭いわ」と驚きの声を上げる。ランディはこの狭い家でみんながどのようにして寝ていたかを説明。「ここにソファがあって、女の子3人はここで寝てた」。そこでジャネットの姉リビー・ジャクソンのインタビューコメントが入り、「わたしが16歳の時、彼女(ジャネット)が生まれた。妹ができて本当にうれしかった。男の子たちは偉ぶるからもう一人妹が欲しかったの」と笑いながら当時の気持ちを語る。 ジャネットとランディは部屋の中を進み、残り6人の男の子の子ども部屋を訪れる。「こっちが僕らの部屋。3段ベッドがあったんだ。ジャッキーが下で、マーロンと僕とマイケルが真ん中、残り2人が上だ」。それを聞いてジャネットは「3人が1段に寝てたの?」と驚く。「マーロンたちがおねしょして、動けなくなったよ」と、ランディは笑いながら説明する。ジャネットは終始驚いた様子だったが、自身のルーツに触れる貴重な体験となったようだ。 同番組は、ジャクソン5、マイケル・ジャクソンの後を追う存在から、「リズム・ネイション」の世界的な大ヒットを経て、女性黒人R&Bシンガーの先駆者に至るまで。世界的なアーティストとして登り詰めた彼女の、今まで一切語られなかった“妹”から見た兄マイケル・ジャクソン、ランティ・ジャクソンとの思い出や、父との確執、ジャクソン5に参加した理由や、“母”としてのジャネット・ジャクソンの姿、“妻”として元夫との思い出がプライベート映像とともに綴られていく。 “アーティスト”として成功を収めた彼女と隣り合わせだったスキャンダラスな日常、2004年に起こったスーパーボウル史に残る“あの事件”など、今まで語られなかった“真実”も明かされる。 サミュエル・L・ジャクソン、マライア・キャリー、ウーピー・ゴールドバーグ、ポーラ・アブドゥル、ミッシー・エリオットなど、アメリカショービズ界を代表する俳優やアーティストから見た“ジャネット・ジャクソン”のインタビューも交え、多角的な視点で1人の女性アーティストの“真実”を浮かび上がらせる。

18
“憧れ”からよりリアルな“投影”へ 女性の「おしゃれ欲」を満たしてきた『リカちゃん』の55年

“憧れ”からよりリアルな“投影”へ 女性の「おしゃれ欲」を満たしてきた『リカちゃん』の55年

 1967年の誕生から、今年で55年を迎える『リカちゃん』。“着せ替え人形”というジャンルで、普段着はもちろん、お姫様のような豪華なドレス、ファストフードやアイスクリームショップの店員さんの制服など、“子どもたちのなりたい”を叶えてきた。近年では、好きな服を着せてSNSに公開する“#リカ活”投稿も増加。子どもだけでなく、大人の夢を叶える存在にもなっている。幅広く愛され続けるリカちゃんへの思いと、なくてはならない洋服へのこだわりについて、同社のリカちゃん事業部・向井里奈さんに聞いた。【写真】恋と仕事でニキビ顔に? リカちゃんが悩み多き30代中堅OLに成長■グループサウンズ風に海外モデル…初代誕生から子どもの“憧れ”を着こなす 『リカちゃん』が誕生したのは、1967年。“ごっこ遊び”や“おしゃれ遊び”を楽しめる玩具として、子どもたちから絶大な人気を集めた。当時は街に次々と百貨店が誕生し、ザ・タイガースなどのグループサウンズが流行した時代。『リカちゃん』も、グループサウンズ風や、海外モデルの影響でトレンドとなったミニスカートなど、様々なファッションを着こなしていた。 発売当初のラインナップは全部で15種類。「エレガントワンピース」や「軽井沢」「江の島」「フランス語のおべんきょう」「デラックス<ローマ>」など、パーティードレスやワンピース、パンツルックなど、テーマに合わせたドレスの数々に、おしゃれが大好きな子どもたちは夢中に。その後も、トレンドのカジュアルな服、ドレッシーな服、お店屋さんの制服やウェディングドレス、お姫さまドレスなど、子どもたちの憧れのお洋服を網羅。現在でも常に40~50種類のラインナップを取り揃えており、これまでに発売した洋服は数知れず。 様々なラインナップの中で、初めてリカちゃんと出会う人へむけた入門セットとして人気なのが、『リカちゃん LD-01 だいすきリカちゃん ギフトセット』。リボンをあしらったワンピース、シンプルなワンピース、ドレスの3着がセットになっている。「この3着がセットになっている理由は、上下が分かれておらず、3歳くらいの小さなお子様や、着せ替え遊びが初めての子でも着せつけしやすいことと、ワンピースやドレスなど普遍的に人気のシルエットなためです」(向井さん、以下同)■従来とは異なる挑戦的デザインも着手 しかし「リカちゃんが一番かわいく見えるシルエット」を根幹に ドレスのデザインは、デザイン画、または試作の段階で子どもたちにアンケートをとり、人気の高かったものを商品化。一番のこだわりは、その時代ごとの憧れや、子どもに好まれるデザインをしっかり取り入れることだと向井さんは言う。「商品化しないデザインもたくさん作成し、お子様に直接ご意見を聞く場を設けています。昨年発売した『#Licca』シリーズは、従来のリカちゃんとは異なる、ピープス系、ガールズクラッシュ系などの尖ったデザインも多く、ある意味挑戦でしたが、小学生ユーザーに好評で、販売も好調です」 好みのほか、着せた時に最もかわいいシルエットになるかどうかも重要な基準。生地や柄のサイズ感にもこだわり、ドレス製作を行なっている。「着ぶくれしないよう生地の厚さを考えたり、人形サイズにしても違和感のないパーツや柄を取り入れています。プリーツの幅やギャザーなど細部にもこだわっており、何より、お子さまに遊んでいただくものとして安心安全な品質で製品作りをしています」 また、デザイン検討のために、人気のアパレルやファッション誌でトレンドもチェック。時代に合わせたトレンド性の強いものと、普遍的に人気なデザインの両軸で展開している。 2020年に発売された『ゆめいろリカちゃん』は、トレンドワードの“ゆめかわ”から派生されたシリーズ。発売から2年経った今でも一番人気のドールへ成長し、ドレスのデザインも含めて、ファンの心をつかんでいる。「髪の毛の色が変わるというギミックも一因かと思いますが、パープルの髪色に、パステルカラーのドレスなど、全身“ゆめかわ”なデザインが、大変好評をいただいております。今年4月には2色のミックスカラーをカールできる新ドール『にじキュンカールリカちゃん』も登場いたしました」■自分の分身であることは変わらず「ずっと寄り添っていきたい」 リカちゃんは、着せる服によってちょっと背伸びしたお姉さん、お姫さま、ショップ店員、医者など、どんな人にでもなることができる。長きにわたり、子どもたちの夢を広げる存在として君臨し続けてきた。そして、現在ではSNSの普及と共に大人ファンも増加。2014年にツイッターを、翌年インスタグラムの公式アカウントをそれぞれ開設すると、大きな反響に。今では両アカウントの合わせてフォロワー数は22万を超える。時代や季節のトレンドに合わせて、オリジナルのファッションも投稿され、「着こなしが素敵」「こんな服、着てみたい」とコメントも多数寄せられている。 また、近年では、大人がリカちゃんに洋服を着せて楽しむ活動“#リカ活”がインスタグラムで定着。自身が着ているのを同じような服を着せ替え、ポーズを付けて撮影したり、お出かけに連れて行ったりと、その楽しみ方は様々。「リカ活」のハッシュタグをつけ、連日多くの投稿が行われ、新たなムーブメントにもなっている。「SNSの普及もあり、お子様から大人の方まで幅広い方々にリカちゃんを楽しんでいる様子をみて、私たちも楽しませていただいています。多くの方がリカちゃんと関わってくださっていることを、SNSなどを通して感じています」(向井さん) 子どもの頃に抱いていた「こんなお姉さんになりたい」から、大人になると「今の気持ちを表現したい」「自分もこんなファッションを着こなしたい」と人形を自身に投影するような人も。『リカちゃん』が“自分の分身”や“憧れ”を表現するツールにもなっていく。その一端を洋服がリアルと非日常の絶妙なバランスを捉え、担っているのかもしれない。「近年、他企業様による広告起用の機会も多く、様々な場面でリカちゃんを目にしていただく機会が増えたかと思います。子ども時代はもちろんですが、大人になっても、玩具以外の形でもみなさんに寄り添っていけたら嬉しく思います」 子どもの玩具という範疇を超えて愛された所以は、常に時代のトレンドを追い、服作りにもこだわってきたタカラトミーの思いに他ならない。55年の時を経て、愛され続けてきた『リカちゃん』。今後もファッションやトレンドと共に進化を遂げ、子どもから大人まで、幅広い層の夢を叶え続けていくだろう。

19
【ちむどんどん】東京編でも“借金問題”は継続… 賢秀の「ファイトマネー」はウソだった【ネタバレあり】

【ちむどんどん】東京編でも“借金問題”は継続… 賢秀の「ファイトマネー」はウソだった【ネタバレあり】

 俳優の黒島結菜がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説 『ちむどんどん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)の第26回が16日、放送された。【写真】しょんぼり…”人生最大のピンチ”に暗い顔の暢子 本作は今年で本土復帰50年となる沖縄が舞台。ヒロイン・黒島結菜は、豊かな自然に恵まれた「やんばる地方」のサトウキビ農家の次女として育つ比嘉暢子(のぶこ)を演じる。物語は、本土復帰前の1960年代からスタート。本土復帰となった1972年に高校を卒業した暢子は、東京へ。レストランで修行に励む中、人生を変える人々との出会い、そして運命の恋。愛する沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語が描かれる。※以下、ネタバレあり 1972年5月。高校を卒業した比嘉暢子(黒島結菜)は、本土復帰した沖縄から東京に、料理人になるためにやってきた。 大都会の人ごみ、行き交う車に衝撃を受け、そして銀座のレストランの西洋料理にびっくり!レストランのオーナー(原田美枝子)らの失笑を買う。そして、兄・賢秀(竜星涼)がいるボクシングジムを訪問したところ、衝撃の事実が待っていた。上京初日から、暢子に人生最大のピンチが訪れる…という第26回のストーリーだった。 暢子が安里ジムを訪れたものの賢秀の姿はない。そこにトレーナーが現れ「比嘉は逃げた」と告げる。デビュー戦の相手は、体調不良でたまたま勝利し、2戦目の相手には惨敗。試合中に「ありえん、やめた!」と勝手にリングを降り、逃亡してしまったという。 さらに一家の借金問題を解決した”ファイトマネー”も「会長に散々泣きついて、前借りしただけ。その他にも、みんなに借りまくっていた」ということが明らかに。東京編でも新たな”借金”が生まれてしまった。

20
【ANN55周年連載Vol.1】Creepy Nuts&金子D鼎談(前編) 「数え切れないほどの絆を与えてくれた」ラジオがブレイクの原動力に

【ANN55周年連載Vol.1】Creepy Nuts&金子D鼎談(前編) 「数え切れないほどの絆を与えてくれた」ラジオがブレイクの原動力に

 1967年10月2日の深夜1時。「君が踊り僕が歌うとき、新しい時代の夜が生まれる。太陽のかわりに音楽を、青空のかわりに夢を。フレッシュな夜をリードするオールナイトニッポン!」という糸居五郎の第一声で、ニッポン放送“深夜ラジオの代名詞”『オールナイトニッポン(ANN)』が幕開けした。現在にいたるまで、才能豊かな数々のパーソナリティーを見出し、リスナーに寄り添い、常に時代の最先端を見つめ、話題や文化を発信してきた『ANN』が、この4月から55周年YEARを迎えた。【写真】Creepy Nuts、菅田将暉の後任で4月から月曜『ANN』担当 番組内で発表 ORICON NEWSでは、毎月1組のパーソナリティーにスポットを当てて『ANN』の“今”を紹介する連載企画をスタート。トップバッターは、4年間にわたって『ANN0』(深3:00)の火曜パーソナリティーを務め、4月から『ANN』月曜を担当するCreepy Nuts。全3回にわたる初回と第2回は、番組を手がける金子司ディレクターとの鼎談を届ける。■R指定「曲紹介は、お互いに聞かせている感じ」 DJ松永「ライブに来てくれる方の層も変わってきた」 2016年11月を皮切りに4度の単発特番を経て、18年4月から『ANN0』がスタート。その当時、R-指定は「ラジオ経由で日本語ラップ好きを増やしていきたい」、DJ松永は「おこがましいですが、深夜ラジオリスナーにHIPHOPを普及させるつもりでやります!」との意気込みを寄せていた。番組では楽曲紹介やコーナーなどを通して、ヒップホップの世界を伝えてきたが、4年の月日が経ち、その言葉はかなり実現に近づいている。【DJ松永】当時の言葉を今聞くと、ただ自分がやりたいだけなのに、大義名分をつけているんじゃねーよと(笑)。本人がやりたいだけだろと、自分に対して思いました(笑)。【R-指定】ただ「ラジオやりたかったっす」だけじゃなくて、一応自分たちがやる上で何か言わないと、と思ったんでしょうね(笑)。でも、ホンマに自分たちでラジオをやるとしたら、松永さんと昔からやっていた「これ聞いた?」みたいなことをやりたくて。いまだに、松永さんの曲紹介でも「これ聞いた?」みたいな感じで話しているので、お互いに聞かせている感じがあって。【松永】その人たちが持っている特性というか、面白さがどれだけラジオに反映できるかが大事だと思っていて。好きなパーソナリティーが、自分の知らない世界のことをしゃべっていても、ラジオリスナーとして「興味深いな」と感じることもあって。そう考えた時に、自分たちの特性はヒップホップで、ヒップホップの話をするラジオっていうのが一番自然だし、一番やるべきラジオだなと。芸人さんみたいな内容を目指すのではなく、我々の生業や個性で勝負しないといけない。【R-指定】ヒップホップの人たちが各々の土俵でかましまくっているから、曲紹介のコーナーで「この曲は…」と話した時に、リスナーの皆さんも名前だけを聞いて「あっ、この人の名前を聞いたことある」とか「曲聞いたことある」って、ピンときているようになっている感じがあります。そもそも、ヒップホップ自体が、前よりも聞いている人が増えた印象です。【松永】自分たちのライブに来てくれる方の層も変わってきている印象があって。変な言い方かもしれないですけど「一般の方」という感じがしますね。ファッションや見た目に年齢層も何か特別に偏っているわけじゃなく、パッと見、本当に色んな方たちが来てくださっているなと。それはすごくありがたいことで。その人たちに、オレらがやっていることが広く届いているんだなと感じることができています。■松永「もはやラジオがライフワーク」 金子D「『ANN0』の今の土壌ができたのは、お2人のおかげ」 Creepy Nutsが広い層に届くようになった大きな要因のひとつにはあるのは、『ANN0』の存在だ。松永は「最初の頃は、オレらよりもラジオの存在の方が圧倒的に強かったから、ここで知ってもらっていたっていう気持ちもありました。今は、オレらの普段の活動をラジオで補完しているという部分がありますし、もはやラジオがライフワークになっているところもあって。やっていて、楽しくてやっているなっていう実感もあります」と言葉に力を込める。【松永】ブログ、SNS、ツイッター等だけでは、話しきれない自分の大切な話とか、たまに『ANN0』でもやっていた、ちゃんと自分の言葉で話して誤解を解きたい時とか、ああいう時に本当にラジオをやっていてよかったなって思います。文章では伝わらない空気感もありますし、深夜ラジオって、その番組にたどり着くまでにハードルがある分、ちゃんと向き合ってくれる人たちが集ってくれます。その人たちの前でしゃべることができるっていうのがすごくありがたいです。自分の間(ま)や空気に温度感のまま、完パケでお届けして、理解のある人たちの前で伝えられる媒体として、やはりラジオは貴重です。【金子司】そういう意味では、ラジオ自体の環境も変わってきた気もします。お2人が『ANN0』を始めた時は、割とこれから人気になるような方々が横並びでやっていたんですけど、そこから4年が経って、SNSとか動画配信とかもあって、聴いてくれている人も増えて、気づいたら、横並びがエグいことになっていたっていう(笑)。【松永】実質、今の『ANN0』の並びは実質一部(『ANN』)ですし(笑)、深夜0時からの『ANNX』も国民的な方々がやっていますから。【金子】お2人が今の『ANN0』の土壌を作ってくれたということでもあります。2年目3年目くらいから、『ANN0』を引っ張っていく番組という立ち位置だったなと。【松永】単発時代の『ANNR』も金子さんが担当してくれていたんですけど、本当にその時のオレたちなんて「誰?」でしたから(笑)。そんな状態で単発をやって、まさかそんなに売れないまま『ANN0』をやらせてもらえるなんて…。【金子】正直な話をすると、当時のお2人くらいのポジションで『ANN0』をやって、残念ながら1年で終わってしまうようなパーソナリティーはたくさんいたと思うんです。でも、やっぱり番組が面白くて、続いていったことで、『ANN0』は長くやると、これだけ聴いてくれる人がいるというモデルになったという印象があります。それ以前から三四郎さんがやってきましたが、佐久間宣行さんが入ってきたり、霜降り明星さんやマヂカルラブリーさんが来たり、『ANN0』の今の土壌ができたのは、お2人のおかげでもあります。■ターニングポイントは1回目の改編突破 ラジオがなかったら「マジでちゃんと売れてなかったと思います」 番組のターニングポイントを聞いてみると、そろって1年目の『ANN0』を突破したタイミングだという答えが返ってきた。【松永】1年目を突破した辺りで『ANN0』の中で、リスナーさんがちゃんとついてくださっていて。「『ANN0』聴いています」みたいな人たちが各媒体にいて、それでブッキングしてもらうことがめちゃくちゃ多くなりました。オレら、牛歩ながら進んでいく様(さま)を全部リアルタイムでやっているじゃん。それこそ、Rが『フリースタイルダンジョン』の2代目ラスボスになった話とか、オレが世界大会(「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2019」)で優勝した時とかも、全部ラジオで話すことができましたし。テレビの露出も増えてきた時、現場で「ラジオ聴いてます」って言ってくださることが本当に多くて。あとは「オレもリトルトゥース(『オードリーANN』リスナーの愛称)です」というテレビのスタッフさんが本当に多い(笑)。そこの絆みたいなものがすごくて…。本当にラジオが与えてくれた絆、人間関係とか仕事だったり、人と人とのつながりみたいなものが数え切れないほどあります。オレらの活動って、良くも悪くも全部ひっくるめて、人間性を楽しんでもらうっていうもので、曲作りもそうじゃないですか。そうしたアーティスト性とラジオとの親和性がすごくあって。オレらのいいところ、悪いところ全部出して、そこで好きになってくれて、曲もそことの親和性があるから。【R-指定】ラジオがあることで、書ける曲の幅が広がっています。ソロで最初に作ったアルバムの時は、やっぱりMCバトルのイメージがあったから、「ゴリゴリのラッパーと自分の人間性は違うんです」という説明にアルバム1枚を費やさないといけなかった。Creepy Nutsで『たりないふたり』を出した時も、いい作品ができたんですけど、その説明に費やす部分もあって…。それが、ラジオがあったことで全部しゃべることができて、自分たちの人間性の部分が織り込み済みになったからこそ、その先のことが表現できるし、そういう2人がヒップホップのカッコつけ方をするっていうのも、クッションを何個も入れることなくできるようになりました。【松永】Rが言ったみたいに、逆にめちゃくちゃカッコつけに全振りした作品を作りやすくなりました。ラジオが続いていなかったら、もしかしたら、もう少しファニーになっていたかもしれないです。自分たちが持っている、その部分を知ってもらわないといけないので。【R-指定】どうしても、素直に出てしまう部分をラジオで出せているよね。そこがなかったら、ステージの上だけで全部をわかってほしいから、説明しないといけないし。そういう部分をすっ飛ばして、普段ああいうことを言っている人間がカッコつけるというのができる。昔は、30分から40分くらいのステージでも、人となりから説明して、フリースタイルもやったりして、曲をやるみたいな。今はすべてすっ飛ばして、オレらの見せたい曲だけで終わることができています。【松永】逆に、ラジオであれだけふざけていた人がこれを書く…みたいな文脈も生まれています。本当にたまに考えるんですよ。ラジオをやれなかった世界線を想像すると、マジでゾッとします。マジでちゃんと売れてなかったと思います(笑)。本当に売れずにひぃひぃー言っていたと思います。多分今もバイトしてたかもしれない。■念願の1部昇格も… DJ松永が2週間休演 ゲストの「田中樹さんに助けられました」 4月からは、菅田将暉のバトンを引き継ぐ形で『ANN』月曜を担当。両者のつながりは深く、以前『菅田ANN』に、Creepy Nutsがゲスト出演した際、DJ松永が、菅田に楽曲提供したいとアピール。菅田は、小沢健二とスチャダラパーによる「今夜はブギー・バック」のような曲に挑戦したいと応じ、番組内で“本当にコラボする”と明言していたが、その後にコラボ楽曲「サントラ」を完成させた。まさに、映画みたいな展開となったが、開始早々、DJ松永が新型コロナウイルスに感染し、2週間休演を余儀なくされた。【DJ松永】番組に2週間も出られないっていうことは初めてでした。【金子司】1週目は、放送当日に松永さんがお休みされることが決まったんでしたね。【R-指定】ちょうど、SixTONESの田中樹さんがゲストで来てくれる回だったので、僕は、それを聞いて「おっ」ていう感じでした。基本的にはゲストが来た時は、スムーズな話とかは松永さんがやってくれて、自分はインタビューしたりっていうのがあまり得意じゃなくて…。どうしようという気持ちだったのですが、樹さんが楽しくしてくれて、助けられました。ひとりは焦りましたけど、金子さん、福田さん(放送作家の福田卓也氏)、リスナーさん、みんなに支えてもらいました。その翌週は完全ひとりで、しかも2時間だったので…。【金子】『ANN0』は1時間半だったので、いまだに2時間のタイム感が慣れないですよね。【松永】まぁ、オレは知らない話題ですけど(笑)。 来週配信の後編では、番組チームのカラー、放送当日のルーティーン、今後の番組について3人がディープにトークを繰り広げていく。【Creepy Nuts】MCバトル日本3連覇のラッパー「R-指定」と、DJバトル世界一のDJであり、トラックメイカーとして活躍する「DJ松永」による1MC1DJのHIPHOPユニット。業界屈指のスキルを持つこの2人だからこそ実現できる唯一無二のライブパフォーマンスは必見。2018年4月から「オールナイトニッポン0(ZERO)」火曜日を担当し、22年4月から『オールナイトニッポン』月曜日を担当している。

21
“Z世代最強の童顔美乳”長月翠、21歳の「ラストグラビア」卒業から1年の心境も告白

“Z世代最強の童顔美乳”長月翠、21歳の「ラストグラビア」卒業から1年の心境も告白

 元「ラストアイドル」でタレント・俳優の長月翠(21)が、16日発売の『週刊ヤングマガジン』24号(講談社)の表紙&巻頭グラビアに登場。“Z世代最強の童顔美乳”が、ありのままの心情をさらけ出した。【表紙カット】純白衣装で豊満美BODY披露!色っぽい表情の長月翠 長月はラストアイドルで圧倒的な人気を誇り、1st写真集『意外性』を発売するなどグループの中心として活躍。昨年7月末に卒業し、現在は新たに俳優としての道を歩み始めた。キュートなビジュアルと圧巻のスタイルを生かしてグラビアでも人気を集める。 22歳の誕生日前日に発売となる今号のグラビアでは、キュートな笑顔ともちもちSEXY美肌、さらに身長152・B77・W54・H80センチの圧巻ボディをたっぷり披露。22歳の抱負&ソロになってから1年の変化についても打ち明けている。 また、同号の巻末グラビアにはキャスターの刈川くるみ(23)、田崎さくら(23)、矢尻萌(23)が登場。意外な特技を持っている3人が、テレビでは見せないプライベートを見せる。

22
坂口健太郎&杏“月9”でW主演  公正取引委員会が舞台で凸凹公取委バディに【コメント全文掲載】

坂口健太郎&杏“月9”でW主演  公正取引委員会が舞台で凸凹公取委バディに【コメント全文掲載】

 俳優の坂口健太郎と杏が、7月スタートのフジテレビ系“月9”『競争の番人』(毎週月曜 後9:00)でW主演を務めることが決定した。坂口は今作が月9ドラマ初主演。杏は『デート~恋とはどんなものかしら~』(2015年1月期)以来、7年ぶりの月9主演となる。坂口と杏の共演は、2016年公開の映画『オケ老人!』以来、6年ぶり、ドラマでの共演は今作が初。【写真】“月9”『競争の番人』の原作書影 舞台は、今までドラマとして描かれることがなかった『公正取引委員会』。原作は、4月から放送がスタートした月9ドラマ『元彼の遺言状』(宝島社)の原作者であり、第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新進気鋭の作家・新川帆立氏が、『小説現代』(講談社)で連載し、5月9日に発売された待望の最新刊『競争の番人』(講談社)。同じ原作者の作品を2クール連続で放送するというのはフジテレビ史上過去にない異例のケースとなる。 今作は、坂口演じる天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉(こしょうぶ・つとむ)と、杏が演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(しろくま・かえで)が、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく。 誰もが一度は聞いた事があるがその実態についてはあまり知られていない行政機関・公正取引委員会を舞台とした “凸凹バディのエンタメ・ミステリー”で、実際に公正取引委員会で撮影を行うなど、公正取引委員会全面協力の元、リアリティーあふれる作品に仕上がっている。 坂口と杏の共演は、2016年公開の映画『オケ老人!』以来、6年ぶり。ドラマでの共演は今作が初となる2人だが、坂口は「小勝負と白熊としての僕と杏さんの空気感は自然と出来上がっていきました」、杏は「年齢も近いので、考え方などにギャップを感じることもなく、一緒に演じるのは楽しいですね」とお互いが信頼を寄せている。 原作の新川氏は今回のドラマ化決定を受けて「主人公の2人はそれぞれに異なる想いを抱え、ときに衝突しながらも、悪に立ち向かいます。坂口健太郎さん、杏さんがどのようなコンビとして活躍してくれるか楽しみにしています」とメッセージを寄せている。■『競争の番人』第一話あらすじ刑事としてとある事件の犯人を追う白熊楓(杏)は、犯人を目前で取り逃がしてしまう。白熊は犯人を取り逃がしたことを問題視され、公正取引委員会への異動を命じられる。突然のことに動揺したまま、公正取引委員会・第六審査へと赴いた白熊。そこで、小勝負勉(坂口健太郎)ら、第六審査・通称“ダイロク”の面々と出会う。刑事から公正取引委員会という右も左も分からない場所へとやってきた白熊の教育係を任せられた小勝負だが、白熊に手取り足取り、公取委の仕事を教える気など一切ない様子。そんな中で、2人が調査することになったのは、複数のホテルで行われているウエディング費用のカルテル問題。調査の中で、自由奔放に行動する小勝負と、刑事と公取委での世間の認知度や扱いの違いに苦しむ白熊。そんな2人は、なぜか調査中に警察に追われる立場に?性格や考え方など、なにもかもが正反対の小勝負と白熊が調査する中で、さまざまな問題が起き、それに振り回されるダイロクの面々は、カルテル問題の真相にたどり着くことができるのか!?■坂口健太郎&杏&原作・新川帆立氏、プロデュース・野田悠介氏コメント全文【坂口健太郎】――月9ドラマ初主演を務めることについて「僕は月9というと、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(2016年)以来の出演になります。フジテレビ制作の作品も久しぶりですね。身が引き締まるというのはどの作品も同じなのですが、“月9枠で杏さんとW主演”というのは、もう一段上の気合が入った感じがします。今回、公正取引委員会の話だと伺った時は、正直良くわかりませんでした。もちろん、公正取引委員会という名前を聞いたことはありますが、弁護士ものや警察ものとは違いそうですし…。一体、どういう話になるんだろう?と思いましたが、台本をいただいて一読したら、ものすごく面白い話だったので、楽しく撮影に臨めそうだなと思いました」――小勝負を演じて、意識されているところは?「ストーリーの中で“悪”となる人物がいるんです。小勝負がそんな悪と対峙(たいじ)する時、そんな悪によって救われている人もいることも考えてしまうんです。ですので、小勝負としては100%の正義でポジショントークをしてはいけないと、どこかで思っています。そういったシーンを演じるのはすごく難しいですね。小勝負のパーソナリティーについては、全てが明らかになっていません。小勝負は、過去に何か深いものを抱えていそうなんです。それが何かわかるまでは捉えどころのない人物でいようと思っていますし、さりげなくポンッと放った言葉が相手に効くような存在になれたら良いですね」――杏さんとの共演について「小勝負は、杏さんが演じる白熊と一緒に行動することがすごく多いんですが、小勝負と白熊としての僕と杏さんの空気感は自然と出来上がっていきました。小勝負が所属するダイロク(公正取引委員会 審査局 第六審査)のみなさんとお芝居をするときは、そんな小勝負と白熊の雰囲気が一緒にいるみなさんにも伝わっているからか、現場の空気感がすごく心地良いです。現場の空気感は、どうしても作品に出てくると思いますので、心地良い空気感のある作品になっているんだろうなと思いますね」――視聴者の方々へのメッセージ「このドラマで描かれる公正取引委員会というのは、 “弱小官庁”なんです。僕自身、時には“戦わずに負けても良い”と思うことがあります。そんな中で、小勝負の“弱くても、戦わなきゃいけない”というセリフが僕は好きなんです。まだまだうっ屈とした世の中で、小勝負、白熊、そしてダイロクメンバーといろいろな人物が登場しますが、彼らがやっていることを見て、次の日のちょっとした活力やパワーにしていただけたらと思いますし、そんな作品になるのではないかなと思っています」【杏】――7年ぶりの月9ドラマ出演および主演について「フジテレビのスタジオに帰ってくるのも本当に7年ぶりでしたので、社会情勢もこの7年でガラッと変わった中で、また月9というエンターテインメントをみなさまに届ける枠に戻ってくることができたのはすごくうれしいし、演じる意義みたいなものを感じています」――台本を読んでの感想「公正取引委員会という組織には馴染(なじ)みがありませんし、セリフの専門用語も口にしたことが無さすぎて、難しいんです。でも、白熊として演じていると、実は私たちの身近な世界を扱っていることがわかってきました。私たちが普段触れる商品が、いろいろな競争を経て価格が決められて世に出されているんだということですね。企業間の正当な競争がないと、資本主義世界は回っていきません。そんな“競争の番人”、不正が起きないように審判として目を配る方として公正取引委員会があるということは新鮮でした。一方で、弱小官庁で…というエピソードもあるのが面白いですよね(笑)。実際に公正取引委員会の方に監修に入っていただいていますので、リアリティーがありつつ楽しい作品になっていると思います」――白熊を演じて、意識されているところは?「まずは、新しいことを始めるのに、今までにお見せしてきた私へのイメージを一度なくして、新しい役として見ていただくために髪をカットしました。白熊はもともと警察官だったのですが、いろいろとあって公正取引委員会に飛ばされた人物です。ですので、最初は不本意な気持ちでいますし、“なんなのここ?”という感じは、視聴者のみなさんと同じ目線で、寄り添いながら物語を進めていく存在になると思います。最初のうちは白熊は戸惑ったり、疑問を感じたりしています。ストーリーがどんどん進むにつれて、白熊が公正取引委員会で働く意義を見出(いだ)していきます。社会人としてある程度経験を積んだ上で、まるっきり違う職場に移る白熊ですが、そんな白熊のように30代半ばで転職される方も多いと思うので、まるっきり違う環境で仕事を始めるという白熊の気持ちは、多くの方々に寄り添っていただけて、応援していただけるのではないかなと思います」――坂口さんとの共演について「映画での共演はありましたが、タッグを組むようなお芝居をするという意味では初めてです。小勝負と白熊の関係も自分たちとかけ離れたイメージを持ち込むことなく、自然な感じで出来ていますし、年齢も近いので、考え方などにギャップを感じることもなく、一緒に演じるのは楽しいですね」――視聴者の方々へのメッセージ「この作品をきっかけに公正取引委員会の歴史はまだそんなに古くないことを知りました。商売の歴史はずっと続いているのですが、そこに“競争を守る”という概念を取り入れたのは戦後からということなんです。今の生活で販売されている水は何百、何千種類とあり、デザインなど全てが競争の中で取り扱われているんだと知って、スーパーに買い物に行った時のちょっとした目線が変わった気がします。そんな競争をジャッジするのが小勝負や白熊なのですが、その中でいろいろな人の人生と社会が混ざり合っていく様子が、上手(うま)く表現されていると思うのでワクワクしています。このワクワク感をみなさんにも味わっていただけたらと思います」【原作 新川帆立】――ドラマ化決定を受けて「原作は“令和版『HERO』”のイメージで、『Can You Keep A Secret?』を聴きながら書いたため、月9ドラマ化が実現してとてもうれしいです。公正な競争は社会にとって非常に重要なインフラです。競争を守り支える公正取引委員会の取り組みが、より広く知られるきっかけになればいいなと思います。主人公の2人はそれぞれに異なる想いを抱え、ときに衝突しながらも、悪に立ち向かいます。坂口健太郎さん、杏さんがどのようなコンビとして活躍してくれるか楽しみにしています」【プロデュース 野田悠介】(フジテレビ第一制作部)――企画意図「“企業の不正を暴き、弱者を救う”。一度は聞いたことがあるけど、何をしているのかまではあまり知られていない公正取引委員会。警察や検察のように逮捕や強制捜査などの権力もない、税務署のように身近な存在でもない。ただ、公取委の方々は人知れず、競争を歪めようとする企業の不正と向き合い、消費者の方々に不利益を被らせないように努め、公正な競争を促進している。行なっている仕事は本当に地味かもしれませんが、新川先生の原作を読んだ時、立場の弱い人たちの背中をそっと押す、応援歌としてのメッセージも感じました。2クール連続で新川先生の原作をドラマ化させて頂くことは大変光栄で、新川先生からは“原作とドラマでどちらが面白い作品を作れるか競争ですね”と仰って頂いているので、視聴者の方々にも原作とドラマで2度楽しめるドラマに仕上げていきたいと思います!本作は働いている人なら誰しもが共感できる親会社と下請け企業、上司・部下の関係性、企業間などの横のつながり。いろいろなしがらみがある中で、公正取引委員会がどのように救っていくのか。そして第六審査に所属する6人のメンバーたちの個性豊かな掛け合いも本作ならではの魅力の一つです。ドラマ史上初めての公正取引委員会を舞台にした凸凹バディのエンタメ・ミステリーを、是非お楽しみに!」――キャスティングについて「このドラマを盛り上げるべく、今をときめくすてきな主演のお2人に参加して頂きます!坂口健太郎さんは小勝負勉という、誰に対しても物おじせず、他の人とは違う着眼点を持っている人物です。一見つかみどころのない存在だが、内に秘める芯の強さがあります。その原動力となった案件は何なのか?物語が進む中でそのベールが明かされていきます。柔らかさと芯の強さを同時に体現できるのは坂口健太郎さんしか思い浮かびませんでした。そして杏さんは白熊楓を演じて頂きます。実直で、頭より気持ちと身体で体当たりしていく性格。一直線な熱さを持つため自分のことは二の次。白熊というキャラクターを演じるため、杏さんは髪を切り、イメージを一新して役作りをして頂きました。杏さんが持ち合わせる前向きさ、ひた向きさ、立場の弱い人に対する寄り添い方など、白熊楓を体現して頂けると思いました。それぞれ性格もやり方も違う個性的な凸凹バディに、是非ご期待下さい!!」

23
フレッシュキャスター3人『ヤンマガ』グラビアで“意外な特技”披露

フレッシュキャスター3人『ヤンマガ』グラビアで“意外な特技”披露

 キャスターの刈川くるみ(23)、田崎さくら(23)、矢尻萌(23)が、16日発売の『週刊ヤングマガジン』24号(講談社)のグラビアに登場。意外な特技を持っている3人が、テレビでは見せないプライベートを見せる。【別カット】趣味を活かしたショット!人気キャスターの田崎さくら&刈川くるみ&谷尻萌 「人気キャスター技あり一本!」と題したグラビアで、刈川は乗馬、田崎はバドミントン、谷尻はフルートと3人は特技を披露。インタビューではそれぞれとの出合いや学生時代の思い出、現在の仕事に生かされていることなども語っている。 また、同号の表紙&巻頭グラビアには、元「ラストアイドル」でタレント・俳優の長月翠(21)が登場。22歳の誕生日前日に発売となるグラビアで、“Z世代最強の童顔美乳”がありのままの心情をさらけ出した。

24
船橋市にパーキンソン病専門住宅型有料老人ホーム「PDハウス船橋」オープン予定

船橋市にパーキンソン病専門住宅型有料老人ホーム「PDハウス船橋」オープン予定

関東・関西を中心に全国で介護施設を運営するサンウェルズは、6月1日(水)に関東に5施設目、千葉県では初となるパーキンソン病専門の住宅型有料老人ホーム「PDハウス船橋」をオープンする。PDハウスについてPDハウスはパーキンソン病(進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症)専門の介護施設。「パーキンソン病だからできない」ではなく「パーキンソン病でもできる」を実現する為に、利用者ひとりひとりに合わせた生活ケア、リハビリテーション、看護を提供する。PDハウスは専門的な医療・看護・リハビリを提供し、運動機能の維持・改善を目指す。同施設の3つのサービスを紹介しよう。パーキンソン病に特化したリハビリプログラム同施設には、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリハビリスタッフが在籍。神経内科専門医監修によるリハビリプログラムを365日提供できる体制を整えている。入居者ひとりひとりの状態に応じたリハビリを提供し評価をしていく。神経内科専門の医師による訪問診療パーキンソン病では脳神経内科医師による専門的医療がとても重要となる。同施設では脳神経内科病院と連携し、専門の医師が訪問診療を行う事で入居後も安心して専門的治療を継続できる体制を整えた。さらに同施設の看護師・介護・リハビリ職員とのチーム医療体制を築いており、安心・安全で豊かな生活環境を目指している。看取りまで対応の24時間の看護体制パーキンソン病は特に薬剤コントロールが重要だ。看護師が24時間365日対応することで服薬管理はもちろん、細かな症状の変化や副作用の状況も適切に把握することができ、薬調整のサポートをする。また、手厚い人員体制により看取りまで対応する。利用料金利用料金は、月額162,000円~(内訳:家賃75,000円、管理費22,000円、食費54,000円、光熱費11,000円)。なお、介護保険料、医療保険料、オムツ代は別途。敷金が100,000円。千葉県では初となるパーキンソン病専門の住宅型有料老人ホーム「PDハウス船橋」のその他詳細は、公式サイトで確認できる。■PDハウス船橋住所:千葉県船橋市二子町561居室数:45室PDハウス船橋公式サイト:https://sunwels.jp/pdh/facility/pdhouse-funabashi/

25
手作りメンチカツ専門店「メンチの鉄人」2号店が亀戸駅前にオープン!

手作りメンチカツ専門店「メンチの鉄人」2号店が亀戸駅前にオープン!

手作りメンチカツ専門店「メンチの鉄人」の2号店が、5月12日(木)に亀戸駅前にオープンした。1日2,000個完売のメンチカツ!3月に江東区住吉にオープンした1号店では、ジュワッと肉汁あふれる自家製メンチカツが1日に2,000個が完売!今回オープンした2号店でも、プレーンな味の定番「鉄人メンチ」200円(税込)のほか、子どもに人気の「コーンメンチ」190円(税込)、女性に人気の「青しそメンチ」210円(税込)、刻んだ紅しょうががくせになる「紅しょうがメンチ」220円(税込)、「とろーりチーズメンチ」など、日替わり限定商品も含めバラエティ豊かなメンチカツを販売。また、黒胡椒とニンニクのパンチが効いた牛たっぷりの「プレミアムメンチ」260円(税込)など、リピーター続出の一品も試してみて。食卓の様々なシーンで活躍また、バラエティ豊富なメニューから好みのメンチカツを2個選択し、温かいごはん(国産米使用)とともに、注文後に盛り付け完成する「選べるWメンチ弁当」650円(税込)も大人気!晩御飯のおかずにはもちろん、お弁当、お酒のつまみや子どものおやつ代わりに、ホームパーティーなど、様々な食卓のシーンで活躍しそうだ。美味しさの秘密は店仕込み同店のメンチカツは、しっかりと味を練りこみ、玉ねぎやその他の具材と合わせて丁寧にひとつひとつ丹精込めて作られている。最大限に肉の旨味を引き出すため、計算されたサイズの粗挽き肉と特製スパイス&特製香味ダレをシャキシャキの玉ねぎと共に毎日お店でしっかりと練りこみ、成型。さらにタレの味と肉の旨味がしっかりと調和するまで、少しお肉を休ませるという。その後、肉汁を逃さぬように開発した特製卵液をくぐらせふんわりとパン粉まとわせ、サックサクの仕上がりの揚げたてを店頭に陳列している。手作りメンチカツ専門店「メンチの鉄人」2号店の、ジュワッとあふれる肉汁メンチを堪能しては。■メンチの鉄人 亀戸店住所:東京都江東区亀戸5-2-2

26
ちょっと待ってこれはびっくり。1回500円のクレーンゲームでFRED PERRYのポロシャツGETできちゃうの!?

ちょっと待ってこれはびっくり。1回500円のクレーンゲームでFRED PERRYのポロシャツGETできちゃうの!?

スポーティかつトラッドなデザインで人気を集める、イギリスのファッションブランド「FRED PERRY(フレッドペリー)」。東京・下北沢の商業施設「reload(リロード)」では、同ブランドの特別なポップアップショップが、5月16日(月)〜29日(日)の2週間限定でオープンしています。会場には、ブランドを象徴するアイテム「FRED PERRY SHIRT」を獲得できるクレーンゲームも設置されているんですよ。プレイ料金は1回500円。これは見逃すわけにいかないかも…。FRED PERRYといえば、胸元に刺繍をあしらった「ポロシャツ」でしょ1952年に誕生した「FRED PERRY」といえば、花冠のような“ローレルリース”。唯一無二の魅力を発揮するトレードマークです。それが胸元に小さくあしらわれた「FRED PERRY SHIRT」は、まさにブランドの代名詞的存在。60年以上前にデザインされて以来、当時のまま変わることなく製造され続けているといいます。下北沢reloadでは「FRED PERRY SHIRT」のポップアップを開催中    この投稿をInstagramで見る           reload(公式)(@reload_shimokita)がシェアした投稿そんな「FRED PERRY SHIRT」をフィーチャーしたポップアップが、5月16日(月)より、下北沢の線路跡地に位置する“個店街”「reload」のPOPUP SPACEにて開催中。会場では商品の販売のほか、「FRED PERRY SHIRT」を獲得できる“クレーンゲーム”も設置されているんです。ブランドの定番アイテムが“クレーンゲーム”でゲットできちゃうって何事!?クレーンゲームのプレイ料金は、通常1回500円。FRED PERRY会員なら、なんと500円で3回プレイできますよ。当日の入会でも会員価格の対象になるというから、ぜひその場で登録しちゃいましょう!獲得したポロシャツは、サイズ交換のみ可能です。カラーは変更不可なのでご注意くださいね。ゲットできたらラッキー。実力&運試しにいかが?    この投稿をInstagramで見る           Fred Perry(@fredperry)がシェアした投稿この夏活躍すること間違いなしのベーシックアイテムが、500円のクレーンゲームで獲得できちゃうって、ちょっとびっくりですよね。もし失敗しても、この値段ならまぁいいかって思えそう。ゲットできたらラッキー、くらいの気持ちで挑戦してみるのがいいかもしれません。気になる方はぜひ足を運んでみてくださいね。お出かけの際は、万全の感染対策をお忘れなく。FRED PERRY ポップアップショップ期間:5月16日(月)~29日(日)場所:東京都世田谷区北沢3-19-20「reload 下北沢 POPUP SPACE」営業時間:10:00~20:00※16日(月)は12:00~20:00、29日(日)は10:00~19:00公式HP:https://www.fredperry.jp/

27
肌を守って洗う!新スキンケアブランド「BISVEIL」から『泡ミツ洗顔』が発売

肌を守って洗う!新スキンケアブランド「BISVEIL」から『泡ミツ洗顔』が発売

「すべての女性に祝福のヴェールと喝采を」をコンセプトに掲げる新スキンケアブランド「BISVEIL(ビスベール)」が誕生。BISVEILより、肌を守りながら優しく洗う洗顔料『泡ミツ洗顔』を6月5日(日)より発売する。なお、オンラインショップにて5月14日(土)より予約販売を開始した。女性の悩みを解決する新商品が登場「メイク汚れや余分な皮脂は落としたいけれど、洗浄力が強すぎると肌がつっぱってしまう」や「マスク生活のせいで肌が敏感になってしまった」という女性の悩みに応えるために作られたのがBISVEILの泡ミツ洗顔だ。同商品は、泡自体が余分な皮脂や汚れを吸い取る力を持っている。肌を擦ることなく汚れを落とすことができるので、マスク生活によって敏感になっている肌も優しく洗える。また、世界三大美女であるクレオパトラも愛したと言われるはちみつを配合し、しっとりとした肌に。天然由来のソープナッツエキスパウダー、 アミノ酸系洗浄成分も配合し、洗いすぎによる乾燥や肌のつっぱりを防ぐ。上記の写真はBISVEILの泡ミツ洗顔とポンプタイプの泡洗顔を拡大したもの。ポンプタイプの洗顔と泡の大きさを比べると、2倍近く差があることがわかる。上記の写真はBISVEILの泡ミツ洗顔とポンプタイプの泡洗顔に、左側から赤い人工皮脂を落として4分後の写真だ。ポンプタイプの泡よりも、皮脂を吸い取っている様子がわかる。そのため、忙しい朝にもはちみつの香りとふわふわの泡に癒されながら、肌を擦ることなく洗顔ができる。肌を守りながら優しく洗える「泡ミツ洗顔」同商品は、包み込むようなふわふわの泡で、肌に負担をかけず優しく洗えるエアゾールタイプの濃密な炭酸泡洗顔。泡立てる必要がなく、ワンプッシュで簡単にふわふわ泡が作れる。アカシアはちみつ、醗酵ローズハチミツなどのはちみつ由来の保湿成分を配合。炭酸濃度約3000ppm。肌をやわらげ、くすみの原因となる余分な皮脂や角質・毛穴の汚れを落としてくれる。価格は、140gで4,400円(税込)だ。泡ミツ洗顔で、なめらかで美しい肌を手に入れよう。BISVEILオフィシャルサイト:https://bisveil.jp/

28
「琉球料理伝承人」の統括料理長による沖縄らしい朝食ビュッフェを満喫しよう!

「琉球料理伝承人」の統括料理長による沖縄らしい朝食ビュッフェを満喫しよう!

ヒルトン沖縄北谷リゾートのビュッフェレストラン「スリユン」では、和・洋・琉をテーマとした60種類以上の朝食メニューをビュッフェスタイルで提供。そんな「スリユン」の朝食ビュッフェメニューが5月9日(月)にリニューアル!「琉球料理伝承人」に認証された統括料理長による沖縄らしい朝食を提供中だ。沖縄の食材を中心とした朝食メニュー「琉球料理伝承人」に認証された統括料理長の留目則夫(とどめのりお)氏は、“作り手であるチームメンバー(従業員) にもっと沖縄料理の正しい調理法について知ってもらい、かつ、それをお客様に美味しく召し上がってほしい”との想いから、沖縄の食材を中心とした朝食メニューにリニューアル。今回のリニューアルにより、ホテル館内にいながらより沖縄らしい朝食を満喫することができる。沖縄料理を堪能メニューには、ゴーヤーや島豆腐など栄養価の高い食材が朝の元気をサポートする「ゴーヤーチャンプルー」をはじめ、県内のお祝いの席ではよく振舞われる具だくさんの味噌汁「イナムドゥチ」、同じくお祝いの席でよく振舞われる沖縄風の炊き込みご飯「ジューシー」のほか、「沖縄そば」や、「サーターアンダギー」など様々な沖縄料理を日替わりにて提供。そのほか、餅粉を使用することでもっちりとした食感が味わえ、さらに生クリームや季節のフルーツを自由にトッピングできる「紅芋パンケーキ」や、沖縄で大人気の家庭料理“ポークたまご”からインスパイアされた「ポークたまご風オムレツ」など、地元食材を現代風にアレンジしたメニューもラインアップし、カップルや家族で連泊しても飽きることのない豊富なセレクションを楽しむことができる。オープンキッチンで作られる料理の数々これらの料理は、ダイナミックで臨場感あふれるオープンキッチンで作られ、料理が完成するまでの工程や音、香りなどを五感で堪能できるのもグッドポイント。これからの季節には優しい潮風が感じられる外のテラス席が心地よく、東シナ海の絶景を眺めながら優雅な朝食のひと時を過ごすことができる。メニューの詳細朝食ビュッフェの価格は大人/3,600円(税・サ料込)、6〜12歳の小学生/2,100円(税・サ料込)。予約は公式webサイトにて受付中だ。「琉球料理伝承人」の統括料理長による伝統とモダンのラインアップをご堪能あれ!■ヒルトン沖縄北谷リゾート住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜40-1URL:https://hiltonhotels.jp/

29
部屋干しのストレスを解消!室内用小型乾燥機「カワクーナ」の追加生産分が入荷

部屋干しのストレスを解消!室内用小型乾燥機「カワクーナ」の追加生産分が入荷

部屋干しの悩みを解決する現役の母考案の衣類乾燥機「カワクーナ」は大好評につき品薄状態となっていたが、5月13日(金)に追加生産分が入荷した。Amazonから購入できる。料金は13,980円(税込)で送料無料だ。女性の悩みを解決する新商品が登場1日に何度も洗濯をする生活の中、雨の日などは洗濯物が乾かず洋服が足りなくなることも。「何度も洗うのは構わない。でも乾かないのは困る」という想いから、日本中の母たちの「洗濯物を干して乾かす」大変さを解消したいと、 主婦目線で新製品の開発に取り組み、生まれたのが室内用小型乾燥機「カワクーナ」だ。スタンドにぶら下げた衣類にカバーをかぶせて、その中で効率良く衣類を乾かすことができる。また、カバーの内部の温度を55度~70度にまで高めることで生乾きを防ぎ、除ダニ・除菌の効果。カバー内で乾かすので、外干しだと気になる花粉やホコリもつきにくくなる。ボックスタイプでたくさんの量が干せる新モデル従来の丸型タイプではコンパクトだが、ユーザーから一度干せる洗濯物の量が少ないという声が届いていた。ユーザーからの声をもとに、新型モデルは丸型からボックス型に形状を変更。箱型にすることで効率よく洗濯物が干せるので、丸型タイプ同様に半畳ほどの広さがあれば設置可能なコンパクト設計ながら、一度に干せる洗濯物の量を増やすことが可能になった。軽量設計・キャスター付きで移動・組立・解体が楽々だ。使用しない時は解体して押し入れなどにしまっておくこともできる。運転時サイズは高さ148cm×幅70cm×奥行45cm。カワクーナで家事を楽にしよう。

30
ボディークリームは香りも見た目もこだわりたい。この夏は「yogino」のエキゾチックな香りで心もリラックス

ボディークリームは香りも見た目もこだわりたい。この夏は「yogino」のエキゾチックな香りで心もリラックス

肌の露出が増えるシーズンが近づくと、ボディケアアイテムが気になりますよね。ライフバランス&スキンケアプロダクト「yogino(ヨギノ)」からは、ボディクリームが新しくお目見しました。リラックス効果のあるエキゾチックな香りを、潤った素肌からほのかに漂わせてみない?「yogino」から待望のプロダクト第2弾、ボディクリームがデビュー2021年にローンチした「yogino」は、“上質なリラックスの体感”をコンセプトに、安らぎと美しさを引き出すアイテムを生み出しています。第1弾では、『ヨギノ ハンドクリーム』(各 税込2728円)が3種類の香りでラインナップ。そして今回新たに、プロダクト第2弾となる『ヨギノ ボディクリーム サンウッド』(税込4928円)が仲間入りしました。ほのかに甘く、気品あるサンダルウッドの香りで心を鎮めよう『ヨギノ ボディクリーム サンウッド』は、ほのかに甘いエキゾチックなサンダルウッドの香りが楽しめて、心身ともに調和をもたらす成分がセレクトされているといいます。たおやかな香りに全身が包まれることで、心が鎮まったり、心の揺らぎを整えたりすることができるんだそう。肌を潤してくれるだけでなく、自分の内面にまでアプローチしてくれるなんてうれしいですよね。ハイセンスなパッケージや容器が、うっとりするほど美しい「yogino」の魅力の1つである、おしゃれなパッケージも見逃せないポイント。社内のクリエイティブチームが、テクスチャ/容器/パッケージにいたるまで、洗練されたデザインとなるよう試行錯誤を繰り返したそうですよ。ハイセンスな見た目はギフトにもおすすめ!心と体が解放されていくような、リラクゼーション効果たっぷりのボディクリームを試してみませんか?yogino公式サイトhttps://yogino.jp/

カテゴリ