二宮和也が思わず「ズルい」と声を上げた木村拓哉のアドリブ力

二宮和也が思わず「ズルい」と声を上げた木村拓哉のアドリブ力

 木村拓哉(45)と嵐・二宮和也(35)が20日、都内で開催された映画『検察側の罪人』(24日公開)の「夏の納涼試写会」に出席し、上映前に見どころなどを語った。映画やドラマで共演するのは、本作が初めてだった木村と二宮。2人とも検事役で、お互い“信頼”し合っていたが、やがて対決することになるストーリーだが、二宮は木村との共演を「楽しさしかなかった」と、振り返った。【写真】浴衣姿の観客と笑顔の木村拓哉&二宮和也 昨年の夏、猛暑の中で撮影していたという本作。二宮が「殺人事件の現場検証のシーンは、ブルーシートで覆われてためメチャクチャ暑かったです」と、思い出すだけでも暑そうな顔になると、木村も大きくうなずいて、「見ていただく前に言うのも何なんですが、あまりにも暑かったので、無理だなと思って、僕は速攻でジャケットを脱ぎます。現場慣れしているベテラン検察官ならそれもアリなんじゃないかな、と思って。本番でやってみたら監督からもOKが出て。その後、ニノが『ズッリ~』とずっと言ってたんですよ」と、笑い話に。二宮は「だって、その後のシーンはずっと、ジャケットなしで撮影できたんですよ」と、口を尖らせていた。 そんな機転の効く木村の芝居に、終始、刺激を受けていたという二宮。そもそもメガホンをとった原田眞人監督は、俳優たちに「何かやってくれる?」と丸投げすることがよくあるそう。同映画のテレビCMや予告編でも印象的に使われている、被疑者の松倉(酒向芳)が取り調べ中に口を「パッ」と鳴らすクセも監督からの無茶振り。この日、サプライズゲストとして登壇した酒向本人が明かしていた。 「(被疑者・弓岡役の)大倉孝二さんも、『撮影の2日前に50メートルくらいあるエスカレーターに乗っているシーンをワンカットで撮るから、頼むね』と言われたらしくて、頭を抱えていました」と、木村。二宮は「木村くんも、監督からここもうちょっと、何か動きがほしいんだけど、何かある?って言われて、やっていました。そういうシーンがけっこうあります。信頼しているからこそ、そういう(無茶振りも)言えるんだと思います」と、話していた。 さらに二宮は木村との共演を「初めて聞いたときは、衝撃でした。僕の知っている木村拓哉ですか?と聞き返したくらい。その次に原田監督が撮ってくれるという衝撃があって、喜びはその後だった」と振り返り、「プロ野球選手に一緒に混じってプレーしている感じだった」と例えた。「自分もちょっとうまくなった気になるというか。どんな珠を投げてもどこに打っても拾ってくれるし取ってくれるので、何をやってもうまくできちゃうんです。楽しさしかないでしょう」と話していた。

凄い(@ ̄□ ̄@;)!!

カテゴリ